【PR記事】 JR東日本など、JR「船橋」駅南口で複合ビルを開業、商業施設「シャポー船橋 南館」と宿泊特化型ホテル「ホテルメッツ船橋」がオープン 千葉県船橋市

2018.02.09
東日本旅客鉄道株式会社千葉支社(千葉市中央区)は2月9日、JR「船橋」駅(千葉県船橋市)南口で複合ビルを開業した。

同ビルには、地下1階~5階に商業施設「シャポー船橋 南館」が、6階~10階には宿泊特化型ホテル「ホテルメッツ船橋」が入居。
「シャポー船橋 南館」の運営は株式会社ジェイアール東日本都市開発(東京都渋谷区、出口秀已社長)、ホテルメッツ船橋の運営はJR東日本グループの日本ホテル株式会社(東京都豊島区、里見雅行社長)。

20180209ホテルメッツ船橋
(さらに…)

【PR記事】 マイステイズ・ホテル・マネジメント、旧成田エクセルホテル東急を「ホテルマイステイズプレミア成田」としてリブランドオープン 千葉県成田市

2018.02.06
株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント(東京都港区、麻野篤毅社長)は2月1日、旧成田エクセルホテル東急(千葉県成田市)を「ホテルマイステイズプレミア成田」としてリブランドオープンした。

同ホテルは1985年、「成田東急イン」として開業。
東関東自動車道の成田IC至近に立地し、成田空港までは車で10分。
フルサービス型のホテルとして、711室の客室、レストラン、日本庭園、宴会場、結婚式場、プール、テニスコート、サウナ、エクササイズルームを有する。
建物は地上11階・地下1階。

20180206ホテルマイステイズプレミア成田
(さらに…)

【ニュース】 ちばグリーンバス、佐倉市コミュニティバスの運行を開始、公共交通の空白地域で4路線を試験運行 千葉県佐倉市

2018.02.02
京成グループのちばグリーンバス株式会社(千葉県佐倉市、橋本武社長)は1月31日、佐倉市コミュニティバスの運行を開始した。

運行するのは「畔田・下志津ルート」1路線(臼井駅~ユーカリが丘駅)と、「南部地域ルート」3路線(第三工業団地停車場~榎戸駅、第三工業団地停車場~物井駅、第三工業団地停車場~千城台駅)の計4路線。
それぞれ公共交通の空白地域での試験運行となる。

20180202ちばグリーンバス
(さらに…)

【ニュース】 リード エグジビション ジャパン、 「地方創生EXPO」を幕張メッセで2月21日~23日に開催、「インバウンド対策」の製品・サービスが多数出品 千葉県千葉市

2018.02.01
リード エグジビション ジャパン株式会社(東京都新宿区、石積忠夫代表)は、2月21日~23日の3日間、 幕張メッセ(千葉市美浜区)で「地方創生EXPO」を開催する。

地方創生の鍵が「インバウンド」とされる中、自治体では多言語対応、外国人向けイベント、オリジナルグッズ作成、WiFi環境の整備など「インバウンド対策」が求められているという。
同展では、こうした需要に応える製品・サービスが多数出品する。
(さらに…)

【PR記事】 ホテル日航成田、日本茶とコーヒー豆を一緒に挽き、コーヒープレスで淹れる新しい発想のコーヒー「京茶珈琲」を3月1日~4月30日に販売 千葉県成田市

2018.01.30
ホテル日航成田(千葉県成田市、吉髙誠総支配人)は、日本茶とコーヒー豆を一緒に挽き、コーヒープレスで淹れる新しい発想のコーヒー「京茶珈琲(きょうちゃコーヒー)」を、3月1日~4月30日の期間、同ホテル本館1階「コーヒーラウンジ」で販売する。

同商品は、京都西陣の珈琲職人と、老舗茶問屋の茶匠が出会うことで、まったく新しいコーヒーとして誕生したもの。
製茶工場直送の宇治茶と、世界中から取り寄せた選りすぐりのコーヒー豆を独自製法で丁寧にブレンドした。
日本茶の「旨味」や「渋み」が、コーヒーの味わいに新境地をもたらしたという。

20180130ホテル日航成田
(さらに…)

【ニュース】 首都圏新都市鉄道と三井不動産、つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅高架下で「屋台」をモチーフとした小型飲食店舗中心の商業施設を開発 千葉県柏市

2018.01.30
つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道株式会社(東京都千代田区、柚木浩一社長)と柏の葉スマートシティで公・民・学連携のまちづくりを推進する三井不動産株式会社(東京都中央区、菰田正信社長)は、つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅(千葉県柏市)北側高架下で新たに商業施設を開発する。
開業は、今年6月の予定。

同プロジェクトは、首都圏新都市鉄道が建築する商業施設を三井不動産が借り受け、運営を行うもの。
近年、開発が進む柏の葉スマートシティの玄関口に、「屋台」をモチーフとした19区画の小型飲食店舗を整備する。
店主と周辺の居住者や就労者、大学関係者、来街者など多様な人々によるコミュニケーションを活性化させることで、地域の新しいコミュニティ醸成を目指すという。

20180130三井不動産
(さらに…)

【PR記事】 スターツホテル開発、「ホテル エミオン 東京ベイ」で新館「エミオンスクエア」をオープン、客室数は380室から584室に 千葉県浦安市

2018.01.29
スターツホテル開発株式会社(東京都中央区、大屋了三代表)は1月27日、同社が運営する東京ディズニーリゾート®パートナーホテル「ホテルエミオン東京ベイ」(千葉県浦安市)の敷地内で、新館「エミオンスクエア」をオープンした。

新たにオープンした「エミオンスクエア」の客室数は全204室。
これにより、「ホテル エミオン 東京ベイ」は客室数が380室から584室に、駐車場は190台から312台に拡張された。
新館には、地下1,500mから汲み上げた天然温泉付き大浴場(有料)、コンビニエンスストア、最大320席の3つの食事会場(朝食・宴会のみ)を併設。
既存館「エミオンタワー」と同様に免震構造を採用、快適性を重視した宿泊主体型のホテルだとしている。

20180129ホテルエミオン東京ベイ
(さらに…)

【ニュース】 千葉県、県内のいちご農園と飲食店・菓子店が連携した「ちば❤いちごフェア2018」を2月1日~28日に初開催、プレゼント企画も実施 千葉県千葉市

2018.01.24
千葉県は、同県産いちごの魅力を知ってもらうため、今回初めて県内のいちご農園と飲食店・菓子店が連携した「ちば❤いちごフェア2018」を2月1日~28日の期間開催する。
フェア運営は株式会社オニオン新聞社。

プレゼント企画では、フェア参加施設の「いちご狩り園・直売所」と「千葉県産のいちごを使ったデザート・スイーツを提供している飲食店・菓子店等」を利用し、利用レシート又は領収書を専用の応募ハガキに貼って投函して応募すると、抽選でチーバくんぬいぐるみや千葉自慢の特産品をプレゼントする。

20180124千葉県
(さらに…)

【ニュース】 フージャースケアデザイン、シリーズ4棟目となるシニア向け分譲マンション「デュオセーヌ千葉ちはら台駅前」の運営を1月31日より開始 千葉県市原市

2018.01.19
フージャースホールディングス傘下の株式会社フージャースケアデザイン(東京都千代田区、佐藤多聞社長)は、千葉県市原市ちはら台西で開発を進めてきたシニア向け分譲マンション「デュオセーヌ千葉ちはら台駅前」(総戸数204戸)の運営を1月31日より開始する。

デュオセーヌシリーズ4棟目となる同物件は、京成千原線「ちはら台」駅より徒歩2分の駅前ロータリーに面した立地。
健康と豊かな人生を求める人たちの交流の場「クラブハウス」をコンセプトとしている。

20180119フージャース
(さらに…)

【PR記事】 鴨川シーワールド、今年で4回目となる「鴨川市民DAY」を2月12日に開催、鴨川市民を対象に無料開放、サッカーチーム「オルカ鴨川FC」のイベントも 千葉県鴨川市

2018.01.18
株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(東京都千代田区、須田貞則社長)は、同社の基幹施設「鴨川シーワールド」(千葉県鴨川市、勝俣浩館長)で、鴨川市の市制記念日にちなみ、2月12日を「鴨川市民DAY」とし、同市民を対象に無料開放する。

今年で4回目となる「鴨川市民DAY」は、千葉県の花であり同市の花でもある「菜の花」約2万本が早春の園内を彩り、フォトジェニックな景観が広がるなか、同市にちなんだ様々なイベントを実施。
シャチのパフォーマンス会場となっているオーシャンスタジアムでは、勝俣館長による特別レクチャー「鴨川シーワールドのあゆみ」を開催するほか、同市を拠点になでしこリーグ2部で活躍するサッカーチーム「オルカ鴨川FC」の百武監督が新人選手の紹介を行う。
その後、「オルカ鴨川FC」のメンバーには、鴨川シーワールドの「年間パスポート」を贈呈、シャチの「ラビー」からは巨大な尾ビレで豪快な水しぶきを浴びせる「テールバースト」による激励も行うという。

20180118鴨川シーワールド
(さらに…)