【ニュース】 「魅力ある成田空港駅への変身」プロジェクト推進委員会、「実施すべき事項」の進捗状況を発表、空港第2ビル駅のJR二重改札の解消など3項目 千葉県成田市

2017.11.17
東日本旅客鉄道株式会社千葉支社・京成電鉄株式会社・成田国際空港株式会社・成田空港高速鉄道株式会社の4社と、オブザーバーの国土交通省・千葉県・成田市の3団体で構成する「魅力ある成田空港駅への変身」プロジェクト推進委員会は11月16日、「実施すべき事項」の進捗状況について、中間とりまとめを行った。

中間とりまとめでの主な項目は、空港第2ビル駅のJR二重改札の解消、成田空港駅及と空港第2ビル駅へのホームドアの整備(検討中)、空港第2ビル駅の京成スカイアクセス線ホームへの多機能トイレの設置(検討中)の3点。
(さらに…)

【ニュース】 千葉県、成田空港内の2店舗に続き、東京丸の内KITTEで期間限定のアンテナショップを11月18日~12月16日に出店 千葉県千葉市

2017.11.16
千葉県は、東京丸の内KITTE(東京都千代田区)で期間限定の千葉県アンテナショップを11月18日~12月16日に出店する。

11月18日のオープニングイベントでは、千葉県出身タレント・千秋さんによるトークイベント、オリジナルフレーム切手贈呈式などを実施、チーバくんデーの12月2日には千葉県マスコットキャラクター・チーバくんの1日店長、チーバくんとの撮影会などを実施するという。

なお同県では、成田空港(千葉県成田市)の2ヶ所でも、期間限定のアンテナショップを今年8月よりオープンしている。
(さらに…)

【ニュース】 三井不動産、柏の葉スマートシティの子育て世代応援型大規模賃貸マンションで低層階に保育園や学童保育施設・小児科クリニック等が入居、12月上旬に入居者募集を開始予定 千葉県柏市

2017.11.10
三井不動産株式会社(東京都中央区、菰田正信社長)はこのほど、現在同社が柏の葉スマートシティ(千葉県柏市)で建築中の大規模賃貸マンション「パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー ウエスト」(492戸)に、子育て支援施設を中心とした低層階の入居施設が内定、建物・施設(店舗区画を含む)の概要が決定したと発表した。
同物件の入居募集開始予定は2017年12月上旬予定、入居予定は
2018年2月上旬予定。

同物件の開発にあたっては、子育て世代を中心に人口流入が続いている柏の葉エリアの住宅機能として、多世代が快適に暮らせる住居をはじめ、待機児童問題や共働き世帯の子育て環境の整備といった社会的な課題に対する解決策の1つとなるマンションを目指し、低層階の施設誘致を行った。
同物件賃貸住宅の契約者には、こどもの入園が保証される予定(期間・受入れ人数には制限あり)だという。
今回、とくに仕事と家庭を両立したい子育て世代を応援するために、建物内・敷地内には、保育園や学童保育施設のほか、小児科クリニックや病児・病後児保育施設などが入居する等、子育て支援施設を集約する。
20171110三井不動産
(さらに…)

【ニュース】 チョイスホテルジャパン、新ブランド「コンフォートスイーツ」の国内1号店となる「コンフォートスイーツ東京ベイ」を2018年3月に開業 千葉県浦安市

2017.11.09
「コンフォートホテル」「コンフォートイン」を全国展開する株式会社チョイスホテルズジャパン(東京都中央区、村木雄哉社長)は、「コンフォートスイーツ東京ベイ」(千葉県浦安市)を2018年3月30日に開業する。

同ホテルは、新ブランド「コンフォートスイーツ」の国内1号店となるもの。
12月18日より予約受付を開始する。
20171109コンフォートスイーツ
(さらに…)

【ニュース】 良品計画、2017年11月9日~2018年1月31日の期間、旧老川小学校校舎にコワーキングスペースを開設 千葉県大多喜町

2017.11.07
株式会社良品計画(東京都豊島区、松﨑曉社長)は、2017年11月9日~2018年1月31日の期間、千葉県大多喜町の旧老川小学校校舎にコワーキングスペースを開設する。

同社ではこれまで、千葉県鴨川市での「鴨川里山トラスト(里山保全活動)」や、千葉県南房総市シラハマ校舎での「小屋のあるくらしを提案するプロジェクト(廃校跡地の活用)」などを行ってきた。
今年5月からは、旧老川小学校を拠点に「地元大多喜町産のイノシシ肉を使ったジビエ料理ワークショップ」や「遊休山林・竹林の活用による地方創生を考えるシンポジウム」などのイベントを開催している。

今回のコワーキングスペースの開設もこうした活動の一環。
利用者同士のコミュニケーションが生まれ、お互いに学び合うことで、連携や協働、事業創出につながる場所を目指すとしている。
(さらに…)

【PR記事】 東横イン成田空港、新たに3号館540室をオープン、総客室数1,384室の大型ホテルに 千葉県成田市

2017.11.06
株式会社東横イン(東京都大田区、黒田麻衣子社長)は11月3日、同社が運営する「東横イン成田空港」(千葉県成田市)で、新たに3号館(540室)をオープンした。

同ホテルでは、今年6月1日に1号館(370室)をリニューアルオープン。
営業中の2号館(474室)と合わせ、全844室で営業を行っていたが、今回の3号館のオープンで1,384室の大型のホテルとなる。
20171106東横イン成田空港
(さらに…)

【ニュース】 JR東日本グループ、JR「船橋」駅南口で複合ビルを2018年2月9日に開業、商業施設「シャポー船橋 南館」と宿泊特化型ホテル「ホテルメッツ船橋」を開業 千葉県船橋市

2017.10.30
東日本旅客鉄道株式会社千葉支社(千葉市中央区)は、JR「船橋」駅南口で建設中の複合ビル(千葉県船橋市)を2018年2月9日に開業する。
駅周辺の利便性向上のため、船橋市と協力して整備するぺデストリアンデッキも同日より供用を開始するという。

同ビルには、地下1階~5階に商業施設「シャポー船橋 南館」が、6階~10階には宿泊特化型ホテル「ホテルメッツ船橋」が入居。
「ホテルメッツ船橋」は11月1日10時より予約受付を開始する。
「シャポー船橋 南館」の運営は株式会社ジェイアール東日本都市開発(東京都渋谷区、出口秀已社長)、ホテルメッツ船橋の運営は日本ホテル株式会社(東京都豊島区、里見雅行社長)。
20171030JR東日本都市開発
(さらに…)

【PR記事】 藤田観光、木更津駅前でフランチャイズの「木更津ワシントンホテル」をグランドオープン、「千産千消」の食材をふんだんに使用した食事を提供 千葉県木更津市

2017.10.30
藤田観光株式会社(東京都文京区、瀬川章社長)は10月28日、フランチャイズワシントンホテルの「木更津ワシントンホテル」(千葉県木更津市)をJR内房線「木更津」駅前でグランドオープンした。

同社では「WHGホテルズ(ダブリュー・エイチ・ジーホテルズ)」として「ワシントンホテル」、「ホテルグレイスリー」ブランドの宿泊主体型ホテルを全国で33ホテルを展開。
千葉県内では、「千葉ワシントンホテル」(千葉市中央区)に次いで2ヵ所目となる。

同ホテルは、JR内房線「木更津」駅東口徒歩1分に立地。
平日には沿岸地区に広がる工場関係へのビジネス出張、週末には房総半島を周遊する観光・レジャーでの利用客を見込む。
20171030木更津ワシントンホテル
(さらに…)

【ニュース】 野村不動産など、高齢者住宅の新ブランド「OUKAS」の第1弾となる「オウカス船橋」を開業、施設を地域に一部開放しコミュニティ形成に寄与 千葉県船橋市

2017.10.26
野村不動産株式会社(東京都新宿区、宮嶋誠一社長)と野村不動産ウェルネス株式会社(東京都新宿区、関敏昭社長)は10月25日、在宅・自立生活を支援する高齢者住宅の新ブランド「OUKAS(オウカス)」の第1弾となる「オウカス船橋」(サービス付き高齢者向け住宅、千葉県船橋市)を開業した。

「オウカス船橋」は、分譲マンション「プラウド船橋(約1,500戸)」や大型ショッピングセンター、病院・子育て支援施設などを有する「ふなばし森のシティ」(野村不動産と三菱商事との共同事業)の近接地に位置する。
「ふなばし森のシティ」では、2014年7月の竣工以来、積極的にコミュニティ形成が行われてきたが、街づくり・地域活動に参加する多くのシニア層からは、「高齢者が集う場所が少ない」「病院や健康・趣味等の相談・情報共有の場が少ない」等の声が挙がっていた。
今回開業した「オウカス船橋」は、街に不足している高齢者向けの施設・サービス機能を新たに組み込み、施設を地域に一部開放することでコミュニティ形成に寄与し、街の魅力をさらに高めることに貢献するとしている。
なお同事業は、こうしたコンセプトが評価され、国交省のスマートウェルネス住宅等推進モデル事業にも選定されているという。
20171026野村不動産
(さらに…)

【ニュース】 良品計画、遊休山林・竹林の活用による地方創生について考えるシンポジウムを10月28日に大多喜町で開催 千葉県大多喜町

2017.10.23
株式会社良品計画(東京都豊島区、松﨑曉社長)は、遊休山林・竹林の活用による地方創生について考えるシンポジウム「自伐型林業×タケノコ栽培による地域活性化~大多喜発の地方創生モデル~」を10月28日に大多喜町で開催する。

会場となる旧老川小学校は、養老渓谷で知られる山間部の高台に位置する木造の建築優良施設。
2013年の閉校後も地域活動に活用されてきたという。

同社では、これまでにも「鴨川里山トラスト(里山保全活動)」や「シラハマ校舎での小屋のあるくらしを提案するプロジェクト」などを行ってきた。
2017年5月からは、地域振興を目的に旧老川小学校を拠点とした活動を開始している。
今回の同シンポジウムもその一環。
20171023良品計画
(さらに…)