Home > 3月 10th, 2021

【ニュース】 工学院大学など、復興支援プロジェクト「白浜復興住宅」をワーケーション宿泊施設として2021年5月にリニューアルオープン 宮城県石巻市

2021.03.10
特定非営利活動法人りあすの森(宮城県石巻市)・有限会社熊谷産業(宮城県石巻市)・工学院大学(東京都新宿区)の3者は、工学院大学が東日本大震災の復興支援事業として2011年から推進してきた「恒久復興住宅プロジェクト(K-engine Project)」の「白浜復興住宅」(宮城県石巻市)を改修し、新たに長期滞在型宿泊施設として開業する。

同住宅が立地する石巻市北上町は、人口流出に歯止めがかからず、10年で4割以上減少、現在約2,300人が暮らしている。
ハードの復旧はようやく終息しつつあるが、賑わいは戻っていないという。

同宿泊事業では、過去の賑わいを取り戻すのではなく、時代に合った新たな賑わいを創出するため、コロナ禍で一気に加速したワーケーションと、人口減少社会で増え続けているペットに着目、海を臨む絶景の一棟貸しの宿で愛するペットと気兼ねなく過ごす「withペット・ワーケーション」を提案する。
また、地域活性化の担い手を増やす「お試し移住」の場としても活用していく予定だという。

03101200
(さらに…)

【PR記事】 アパホテル、博多駅周辺エリアに集中出店、2ホテル「アパホテル&リゾート博多駅東」「アパホテル博多駅筑紫WEST」を同時開業 福岡県福岡市

2021.03.10
アパホテル株式会社(東京都港区、元谷芙美子社長)は3月9日、福岡市内5棟目・6棟目となる「アパホテル&リゾート博多駅東」「アパホテル博多駅筑紫口WEST」(福岡市博多区)を同時開業し、合同開業披露式典を実施した。
アパグループでは、博多駅周辺エリアでドミナント戦略を図っており、今回の2ホテルを含め今年中に6棟1,631室が新たに開業する予定。

開業記者発表では、アパグループの元谷外志雄代表が「福岡県は西の玄関口としてビジネス・観光ともに需要旺盛なエリアであり、特に需要の高い博多駅周辺エリアに集中的に出店を行うことで、エリア全体の需要の囲い込みを行う。当社はホテルを所有する『持つ経営』にこだわり、2010年以降、東京都心と地方中核都市を中心に拡大戦略を進めてきた。現在、アパホテルネットワークとして10万室を突破し、客室数国内No.1のホテルチェーンとなったが、国内市場だけでもまだまだ成長の余地がある。2025年までに15万室達成を目標に掲げており、断トツの日本一を達成したのち、海外展開を図っていきたい。」と述べた。

03101140
(さらに…)

【ニュース】 芙蓉総合リースと住友不動産、福島県浪江町の太陽光発電所由来の電力を調達、RE100適合電気をオフィスビル・テナント単位で導入 福島県浪江町

2021.03.10
芙蓉総合リース株式会社(東京都千代田区、辻田泰徳社長)と住友不動産株式会社(東京都新宿区、仁島浩順社長)は、住友不動産麹町ガーデンタワー(東京都千代田区)の芙蓉リースグループの本社機能が入居する全スペース(16~22階部分)で、RE100適合電気(事業活動で消費するエネルギーを100%再生可能エネルギーで調達する電気)を導入する。

同取り組みは、「太陽光発電所を由来とする環境価値をテナントスペースでの使用電力に紐づけるスキーム」によるもの。
同スペースでは、「震災復興に取組む福島県浪江町の太陽光発電所」由来の電力を使用する。
(さらに…)

【ニュース】 三菱地所と下田市、旧樋村医院をリノベーション、ワーケーションオフィス「WORK×ation Site 伊豆下田」として2021年夏にグランドオープン 静岡県下田市

2021.03.10
三菱地所株式会社(東京都千代田区、吉田淳一社長)は、下田市(松木正一郎市長)所有の指定文化財「下田御番所跡」に建つ旧樋村医院を賃借、リノベーションを行い、ワーケーションオフィス「WORK×ation Site 伊豆下田」として2021年夏にグランドオープンする。
同社と同市は、同施設の開設・運営にあたり、包括協定を締結、相互に連携・協力し、同事業に取り組むという。

同社は2018年8月よりワーケーション事業を展開、「イノベーション創出特化型オフィス」として位置付け、これまでにもフレキシブルなワークスタイルに対応する商品・サービスの拡充に努めてきた。
今回グランドオープンする同施設は、2019年5月開業の和歌山県・南紀白浜、2020年7月開業の長野県・軽井沢、2021年5月開業予定の静岡県・熱海に続く4拠点目のワーケーションオフィスとなる。

03101100
(さらに…)

【PR記事】 白良荘グランドホテル、アドベンチャーワールド協力のもと「パンダと温泉の町、白浜。パンダパネル展」を開始 和歌山県白浜町

2021.03.10
株式会社グランビスタホテル&リゾート(東京都千代田区、須田貞則社長)が運営する「白良荘グランドホテル」(和歌山県白浜町、福井信行総支配人)は3月9日、アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)協力のもと、「パンダと温泉の町、白浜。パンダパネル展」を開始した。

アドベンチャーワールドでは、2000年9月に「良浜(らうひん)」が誕生して以来、17頭目の繁殖に成功。
現在、7頭のジャイアントパンダが生活している。

03101040
(さらに…)

【ニュース】 北海道アグリ&リゾート、「ふくろふ乃湯」の事業再生プロジェクトで施設名称を正式決定、産学連携でメニュー・観光開発 北海道当別町

2021.03.10
北海道アグリ&リゾート株式会社(札幌市北区、日影恒次代表)は、新型コロナの影響により2020年に閉鎖した「ふくろふ乃湯(ふくろうのゆ)」(北海道当別町)の事業再生プロジェクトで、施設名称を「北海道ふくろう乃湯リゾート–HOKKAIDO
FUKUROUNOYU RESORT–」に正式決定した。

合わせて、既存温泉施設の他に「フリーテントサイト」「オートキャンプサイト」「足湯パーク」を造成。
プレオープンは2021年4月下旬、フルオープンは2021年6月下旬の予定。
(さらに…)

【ニュース】 みなかみ町観光協会など、谷川岳ロープウェイで「天空のナイトクルージング2021春」を4月16日より全20回開催 群馬県みなかみ町

2021.03.10
一般社団法人みなかみ町観光協会(群馬県みなかみ町、小野与志雄代表理事)は、「谷川岳天神平ロープウェイ『天空のナイトクルージング2021春』」を2021年4月16日~5月26日の期間、全20回開催する。
共催は谷川岳ロープウェイ。

同イベントでは、日没が遅く薄暮の中、谷川岳ロープウェイを運行。
幻想的な景色の中、全長2,300mを約15分かけて運行、谷川岳の山並みを見ながら頂上を目指す。
天神平に到着すると、ミラーボールアートや残雪に投影された幻想的なデジタル掛け軸などが楽しめるほか、晴れた日は満天の星空も楽しめるという。

03101000
(さらに…)

【PR記事】 勝山ニューホテル、恐竜の世界をコンセプトとした客室で1泊2食付きプランを3月31日まで提供 福井県勝山市

2021.03.10
東急リゾーツ&ステイ株式会社(東京都渋⾕区、田中辰明社長)は、勝山市より指定管理を受け運営する「勝山ニューホテル」(福井県勝山市、武内伴親統括総支配人)で、恐竜の世界をコンセプトとした客室「Dino Amazing Room(ディノ アメイジング ルーム)」宿泊者専用の1泊2食付きプランを3月31日まで提供する。

日本有数の恐竜化石発掘地に位置する同ホテルでは、2020年12月に客室4室で恐竜をコンセプトにリノベーションを実施。
今回はさらに、客室以外でも「恐竜」を楽しめるよう、同ルーム宿泊者専用の1泊2食付きプランを用意した。

03100940
(さらに…)

【ニュース】 山交バスなど3社、「地域連携ICカード」を利用したIC乗車サービスの提供で合意、複数の民間バス事業者が県内全域をカバー 山形県山形市

2021.03.10
山交バス株式会社(山形県山形市、伊藤一郎社長)・庄内交通株式会社(山形県鶴岡市、村紀明社長)・東日本旅客鉄道株式会社(東京都渋谷区、深澤祐二社長)の3社は、「地域連携ICカード」を利用したIC乗車サービスの提供について合意した。
サービス開始は2022年春頃の予定。

県内全域をカバーする形で、複数の民間バス事業者が一斉に交通系ICカードを導入するのは全国初で、山形県内の交通ネットワークの利便性向上が期待できるとしている。
導入にあたっては、山形県の「交通系ICカード導入支援事業」(予算額約5億7,000万円)や国の補助制度を活用するという。
(さらに…)

【ニュース】 東海自動車、小室山山頂で新たに木製遊歩道・絶景カフェを4月23日にオープン 静岡県伊東市

2021.03.10
東海自動車株式会社(静岡県伊東市、金野祥治社長)は、小室山山頂(静岡県伊東市)で新たに木製遊歩道(ボードウォーク)・絶景カフェを2021年4月23日にオープンする。

同社では1962年より、同公園内でレストハウスと山頂までの専用リフトを運営。
2019年10月以降は、標高321mの山頂から眺望可能な景観を生かし、園内山頂部の整備を実施していたという。

03100900
(さらに…)