Home > 6月 11th, 2019

【ニュース】 神戸空港、小学生・中学生を対象に「夏休み・早朝親子滑走路ウォーク」を7月20日に開催 兵庫県神戸市

2019.06.11
関西エアポートグループの関西エアポート神戸株式会社(神戸市中央区、山谷佳之社長)は、同社が運営する神戸空港(神戸市中央区)で、小学生・中学生を対象に、同空港や航空機に親しんでもらうため、「夏休み・早朝親子滑走路ウォーク」を7月20日に開催する。

同イベントは、空港運用開始前の早朝に、普段は立ち入ることのできない滑走路を歩きながら、駐機している航空機や化学消防車等を見学することができるというもの。
同空港に就航している航空会社のスタッフや、関西エアポートグループ公式キャラクター「そらやん」も参加予定で、滑走路上では一緒に記念撮影も可能だという。

201909111200
(さらに…)

【PR記事】 ユニゾホテル、新規ホテル「ユンゾイン名古屋駅前」をグランドオープン、朝食は「ご当地料理のハーフビュッフェ」付き定食 愛知県名古屋市

2019.06.11
ユニゾホールディングス株式会社(東京都中央区、小崎哲資社長)の100%子会社・ユニゾホテル株式会社(東京都中央区、小崎哲資社長)は6月11日、新規ホテル「ホテルユニゾ名古屋駅前」(名古屋市中村区)をグランドオープンした。

同ホテルは、JR・名古屋市営地下鉄「名古屋」駅より徒歩5分、「名鉄名古屋」駅より徒歩7分、「近鉄名古屋」駅より徒歩7分の立地。

客室は、シングル133室・ダブル59室・ツイン13室・ユニバーサルシングル4室・ユニバーサルツイン1室の計210室。
落ち着いた色彩の客室には、一流メーカーと共同開発した幅の広いベッドをはじめ、品質にこだわったアメニティ、セキュリティ機能付Wi-Fi、広々としたバスタブなどを完備したとしている。

201906111140
(さらに…)

【ニュース】 CBRE、「2021年のホテルマーケット展望」を発表、供給増でストック超過、今後はアッパークラス向けなどが鍵 東京都千代田区

2019.06.11
CBRE(日本本社:東京都千代田区)は6月10日、特別レポート「2021年のホテルマーケット展望-増加する需要と供給の中で勝ち残るホテル」を発表した。
同レポートは、最新の供給動向を踏まえ、日本のホテル市場の見通しについてまとめたもの。

同レポートによると、訪日外客数の増加を受け、外国人宿泊需要が増加、2018年の外国人延べ宿泊者数は対前年比11.2%増(約900万人泊増)の8,859万人泊となった。
一方、日本人は海外旅行が増加したこともあり、日本国内での延べ宿泊者数は対前年比2.2%減(約900万人泊減)の4億2,000万人泊となり、国内での日本人宿泊需要の減少分を、ほぼ外国人宿泊需要の増加分で埋め戻す結果になったという。

また、インバウンド需要の拡大が今後も継続して見込まれることを背景に、全国各地でホテルの開業が相次いでいる。
主要9都市における2019~2021年に開業予定のホテルの客室数も、この1年の間に約3万室から2.5倍の約8万室に増加。
既存ストックに対する供給客室数の割合を都市別に見ると、京都が最も高く51%、次いで大阪の32%、東京が24%となった。
(さらに…)

【ニュース】 冒険の森、岐阜県百年公園内で森林活用型アドベンチャーパーク「冒険の森 in せき」を7月13日にオープン 岐阜県関市

2019.06.11
株式会社冒険の森(大阪府能勢町、伴戸忠三郎代表)は、岐阜県百年公園(岐阜県関市)内北エリアで、森林活用型アドベンチャーパーク「冒険の森 in せき」を7月13日にオープンする。

同公園は、里山をイメージして作られた約100haの都市公園。
四季に応じて美しい花が咲くことが特徴で、年間40万人が利用する。
今回の同施設のオープンにより、同公園には「樹上のアスレチック」という新たな魅力が加わるという。

201906111100
(さらに…)

【PR記事】 ルートインジャパン、男女別人工温泉大浴場完備のビジネスホテル「ホテルルートインGrand太田駅前」をオープン 群馬県太田市

2019.06.11
ルートインジャパン株式会社(東京都品川区、永山泰樹代表)は6月11日、男女別人工温泉大浴場完備のビジネスホテル「ホテルルートインGrand太田駅前」(群馬県太田市)をオープンした。
ルートインホテルズとしては307店舗目、群馬県では8店舗目のホテルとなる。

同ホテルは、東武伊勢崎線「太田」駅より徒歩1分、北関東自動車道「太田桐生」ICより車で約10分、同「太田強戸」スマートICより車で約20分の立地。
男女別大浴場には、サウナ(男・女)・露天風呂(男性のみ)を設置した。

201906111040
(さらに…)

【ニュース】 京都水族館、7月13日より20時まで営業時間を延長、夜限定の演出で幻想的な水族館を楽しめるイベントを開催 京都府京都市

2019.06.11
「京都水族館」(京都市下京区、松本克彦館長)は、7月13日より20時まで営業時間を延長、夜限定の演出で幻想的な水族館を楽しめるイベント「夜のすいぞくかん」を開催する。

同イベントは、夏休みやゴールデンウィークなど、特別期間限定で開催してきたが、7月からは年内まで開催日程を拡大。
17時以降、館内のさまざまなエリアが、夜限定の幻想的な照明や癒しの気分にいざなう音楽で演出された空間に変身する。
(さらに…)

【ニュース】 JR西日本、建て替えとなるJR西日本米子支社ビルの概要を決定、米子駅南北一体化事業の一環 鳥取県米子市

2019.06.11
西日本旅客鉄道株式会社(大阪市北区、来島達夫社長)は、建て替えとなるJR西日本米子支社ビル(鳥取県米子市)の概要を決定した。

同社は現在、米子市とともに米子駅南北一体化事業を進めており、同ビルの建て替えもその一環。
建設予定地は鳥取県米子市弥生町2番地(旧印刷センタービル跡地)。

201906111000
(さらに…)

【PR記事】 オリエンタルホテル広島、備後地方で創られるアイテムを販売するイベント「WAZABI-伝統技術×デニムのある暮らし―」を6月15日~7月21日に開催 広島県広島市

2019.06.11
オリエンタルホテル広島(広島市中区、引原史博総支配人)は、6月15日~7月21日の期間、同ホテル1階「SHOP ORIENTAL+」で、広島県備後地方で創られるアイテムを販売するイベント
「WAZABI-伝統技術×デニムのある暮らし―」を開催する。

「SHOP ORIENTAL+」は、2018年8月にオープン。
平和大通り沿いに建つホテルのショップとして、「日々の暮らしに寄り添うアイテム」を広島の地から発信してきた。
同ホテルでは、毎日の生活が楽しくなるアイテムを生みだす
「WAZABI collection」のコンセプトに共鳴、オープン1周年を迎える今夏、初のイベントを開催する。

201906110940
(さらに…)

【ニュース】 大京リフォーム・デザイン、定額制フルリフォームパックの販売を開始、工事内容や設備、内装材などを標準化 東京都渋谷区

2019.06.11
株式会社大京リフォーム・デザイン(東京都渋谷区、宮川公之介社長)はこのほど、定額制フルリフォームパック「L’s My-Style(エルズ マイスタイル)」の販売を開始する。

首都圏のマンション市場では、2016年より中古マンションの成約件数が新築マンションの供給戸数を上回っており、中古マンション需要の高まりとともに、リフォーム需要も高まっているという。
また、これまでのマンションリフォームは、築15年前後に発生する水回り設備の交換が中心だったが、築20年超の物件が年々増加することに加え、ライフスタイルも変化していくことから、今後はフルリフォーム市場の拡大が見込まれるとしている。
(さらに…)

【ニュース】 ヤマト住建、中国エリア初のモデルハウスをオープン、電気を自給自足できる未来型住宅 岡山県岡山市

2019.06.11
ヤマト住建株式会社(神戸市中央区、中川泰社長)は6月1日、中国エリア初のモデルハウスを岡山市南区にオープンした。

同モデルハウスのコンセプトは「未来の子どもたちのために地球環境を守る家づくり」。
家庭の電気を自給自足できる未来型住宅だという。

201906110900
(さらに…)