【編集部取材】 日本観光振興協会とトリップアドバイザー、国内観光振興で連携協定を締結、上天草市でケースタディ第一弾 熊本県上天草市

2018.01.22
公益社団法人日本観光振興協会(東京都港区、山口範雄会長)と
TripAdvisor(トリップアドバイザー、米国マサチューセッツ州、ステファン・カウファーCEO)は、国内観光振興で連携協定を締結、1月19日にトリップアドバイザーの日本法人オフィス(東京都渋谷区)で共同記者発表を実施した。

今回の連携協定により、トリップアドバイザー側からは、旅行に関するデータやコンテンツ、デスティネーションマーケティングのケーススタディやトレンドなどの情報を提示。

一方、日本観光振興協会側からは、共同ニュースレターの年4回発行する予定としている。

また、セミナーや勉強会、主催イベントなどでの講師派遣など、人材教育での協力、特定地域における観光振興のための提案や支援など、ケーススタディの共同創出も行う。

20180122日本観光振興協会1

今後の予定としては、2月にニュースレター第一弾の配信を行うほか、2月14日に福井県で開催される日本観光協会主催の「観光立国タウンミーティング」へトリップアドバイザーから人材協力を実施。

ケーススタディでは、熊本県上天草市で取り組みを行うとしている。

続きを読む(note 遊都総研編集部取材頁へ移動します)