【ニュース】 智頭町、電子地域通貨サービスを10月1日より本導入、世代を超えた新しいつながりを創出 鳥取県智頭町

2021.09.24
鳥取県智頭町(金兒英夫町長)は、株式会社カヤック(神奈川県鎌倉市、柳澤大輔代表)が開発したコミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコイン(通貨名:てご)」を2021年10月1日より本導入する。
電子地域通貨名の「てご」とは、「お手伝い」を表す方言。

同町では、今年2月3日~3月21日の期間、同電子地域通貨の実証実験を行った。
町特産品の「かき餅づくり体験」や「薪割り体験」「恵方巻きの歴史を食べて学ぼう」などを『てご』を通して、若い世代に町の伝統に触れてもらう機会を提供することができたという。
本導入により、世代を超えた新しいつながりを創出し、智頭の強い住民自治活動の継続、伝統的な生活様式や林業景観を守ることを目指す。
(さらに…)

【ニュース】 鳥取県、「鳥取砂丘を月面に見立てて活用」など「宇宙産業創出」についての提案を広く募集 鳥取県鳥取市

2021.09.09
日本一に輝いた美しい星空を活用し、観光振興や地域振興に取り組む「星取県」(ほしとりけん)プロジェクトを実施している鳥取県(平井伸治知事)は、同県の「宇宙産業創出」についての提案を広く募集する。
同県では、令和3年4月に鳥取県産業振興未来ビジョンを策定し、新産業創造の取組みの一環として宇宙産業創出へのチャレンジを開始。
今回の提案募集は、宇宙産業を創出する事業プランの策定に活かすためのもの。

提案テーマの例は、「疑似宇宙体験エリアを創る(鳥取砂丘を月面に見立てて活用する)」「県内企業が宇宙産業を仕事にする」「衛星データをフル活用する人を育てる」「鳥取県からダイレクトに宇宙に行くルート開拓」「宇宙関連企業・研究機関を誘致する」など。

09091200
(さらに…)

【ニュース】 大和リースなど、鳥取市公設地方卸売市場再整備事業促進のための事業協力者公募型プロポーザルで最優秀提案者に選定 鳥取県鳥取市

2021.07.20
大和リース株式会社山陰営業所(島根県松江市)を代表企業とするグループは、鳥取市が実施した公設地方卸売市場再整備事業促進のための事業協力者を選定する公募型プロポーザルに応募、7月9日付で最優秀提案者に選定されたと発表した。

事業協力者は、計画の初期段階から、事業提案・助言・情報提供など、鳥取市、指定管理者と対等のパートナーとして無償で参画し、事業化の促進を図る。
(さらに…)

【PR記事】 ルートインジャパン、男女別大浴場完備のビジネスホテル「ホテルルートイン米子」をオープン、鳥取県初出店 鳥取県米子市

2021.07.15
ルートインジャパン株式会社(東京都品川区、永山泰樹代表)は
7月15日、男女別大浴場完備のビジネスホテル「ホテルルートイン米子」(鳥取県米子市)をオープンする。

同ホテルは、JR境線「博労町」駅より徒歩5分、JR山陰本線・境線「米子」駅より徒歩10分の立地。
ルートイングループとしては359店舗目、鳥取県では初出店のホテルとなる。

07151140
(さらに…)

【PR記事】 鳥取県、東京のホテルニューオータニで「肉質日本一鳥取和牛フェア~鳥取和牛の美味しさを極める~」を9月30日までホテル内各店舗で開催 鳥取県鳥取市

2021.07.02
鳥取県(平井伸治知事)は、「ホテルニューオータニ」(東京都千代田区)で「肉質日本一鳥取和牛フェア~鳥取和牛の美味しさを極める~」を、2021年9月30日まで同ホテル内各店舗で開催する。

新型コロナウイルス感染拡大により、鳥取和牛をはじめとした同県産ブランド食材の出荷が減少する中、「食のみやこ鳥取県」のPRとともに、県産ブランド食材の消費回復の図るのが目的。

07020940
(さらに…)

【ニュース】 鳥取県、移住経験者をローカルインフルエンサーとして育成する「サンインフルエンサー」創出プロジェクトを開始 鳥取県鳥取市

2021.05.25
鳥取県は、移住者獲得に向け、とっとり暮らしを実践する移住経験者(IJUターン者)をローカルインフルエンサーとして育成する「サンインフルエンサー」創出プロジェクトを開始した。

「サンインフルエンサー」とは、「山陰」と「インフルエンサー(主にインターネット上のメディアの中で、他のユーザーの意思決定に影響を与える人のこと)」とを組み合わせた造語。
サンインフルエンサーには、情報拡散力のあるSNS等のスキル習得のための講座を受講してもらい、その後、研修内容や講師のアドバイスを踏まえ、自身のSNSアカウントで鳥取暮らしをテーマにしたコンテンツを作成、発信してもらうほか、研修の集大成として、サンインフルエンサー同士が切磋琢磨して技術向上を競い合うコンテストを開催するという。
(さらに…)

【ニュース】 YKK AP、マツワと共働し、戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト「鳥取 立川の家」で築43年の中古住宅を「新しい生活様式」に最適なプランニングで再生 鳥取県鳥取市

2021.03.12
YKK AP株式会社(東京都千代田区、堀秀充社長)は、増改築や不動産事業などを手掛ける株式会社マツワ(鳥取県鳥取市、松岡力也社長)と共働し、このほど、中古戸建住宅の性能向上リノベーションを実証するプロジェクト「鳥取 立川の家」(鳥取県鳥取市)を完成した。

同物件では、鳥取市の住宅街に建つ築43年の旧耐震基準の戸建住宅を、現在の新築住宅の基準を超える「断熱」「耐震」性能にリノベーション。
高気密・高断熱の家づくりにより、健康的で快適な暮らしを実現することを目的に鳥取県が独自に設定した「とっとり健康省エネ住宅性能基準」の新築基準に相当する高性能住宅に生まれ変わったという。

03121100
(さらに…)

【PR記事】 ホテルセントパレス倉吉、鳥取野菜のヴィーガンフルコース通販セットをクラウドファンディングで先行販売、コロナ禍の影響を受ける生産者を支援 鳥取県倉吉市

2021.01.08
ホテルセントパレス倉吉」(株式会社ホテルセントパレス倉吉、鳥取県倉吉市、名越宗弘代表)は1月7日、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」で、生産者を応援するプロジェクトを開始した。
同プロジェクトでは、地元出身で野菜料理研究家のカノウユミコ氏監修のもと、地元野菜のみで作り上げた「おうちで味わう鳥取野菜のヴィーガンフルコース」を先行販売する。

新型コロナウイルスの感染拡大により、倉吉市は観光客・来訪者が例年に比べ4割程度にまで激減。
各事業者に多大な影響を及ぼしているという。

01080940
(さらに…)

【ニュース】 昭和民宿 龍神荘、「コロナ禍でテレワークが主となっている家族層」向けの別館「渚」を2021年4月にオープン 鳥取県岩美町

2020.12.09
昭和民宿 龍神荘(鳥取県岩美町、間淵武志代表)は、「家泊」施設・龍神荘別館「渚」を2021年4月にオープンする(2021年1月
27日までクラウドファンディングを実施中)。

同別館の顧客ターゲットは「コロナ禍でテレワークが主となっている家族層」。
郊外でのテレワークオフィスやゲストハウスなどに人気が集まりつつある中、家族向けではないことから、「家泊(商標登録済)」という新しいスタイルの宿泊施設を企画したという。

202012091000
(さらに…)

【ニュース】 皆生温泉で1日10組限定の旅館「やど紫苑亭」が2021年3月に新築開業、鳥取県の食と文化の広告塔を目指す 鳥取県米子市

2020.10.01
やど紫苑亭株式会社(鳥取県米子市、日名内隆代表)は、開発100周年を迎えた皆生温泉(鳥取県米子市)で1日10組限定の旅館「やど紫苑亭」を2021年3月に新築で開業する。

同館の客室は、専有面積100㎡で半露天風呂付き客室が8室(1人7万円~)と、専有面積150㎡で内風呂と露天風呂の両方を備えた貴賓室が2室(1人10万円~)。
館内には、茶室・美術ギャラリー・貸切風呂付きスパラウンジなども設置する。

料理では、数々の高級旅館で総料理長を務めた実績を持つ大石昌彦氏を招き、和食を中心に四季折々の自然の美しさや季節のうつろいを表現した料理を提供。
使用する食材については、地域の優秀な農業生産者と契約、安全で高品質な野菜や果物を調達する仕組みづくりを進めている。
全国和牛能力共進会で肉質日本一に輝いた鳥取和牛オレイン55や、厳しい基準をクリアして選ばれた最高級ズワイガニの五輝星(いつきぼし)などを堪能できるという。

202010011200
(さらに…)