【ニュース】 三菱HCキャピタルなど、木質ペレットとパーム椰子殻を燃料とした「米子バイオマス発電所」の営業運転を開始 鳥取県米子市

2022.04.05
三菱HCキャピタル株式会社(東京都千代田区、柳井隆博社長)・中部電力株式会社(名古屋市東区、林欣吾社長)・東急不動産株式会社(東京都渋谷区、岡田正志社長)・シンエネルギー開発株式会社(群馬県沼田市、髙橋伸也社長)・三光株式会社(鳥取県境港市、三輪昌輝社長)の5社が出資する米子バイオマス発電合同会社(鳥取県米子市)は、「米子バイオマス発電所」(鳥取県米子市)の建設工事を完了、2022年4月2日に営業運転を開始した。

同発電所は、木質ペレットとパーム椰子殻(PKS)を燃料とした、発電出力約5万4,500kWの木質バイオマス発電所。
再生可能エネルギーの固定価格買取制度による売電を行う。

04051100
(さらに…)

【PR記事】 温泉旅館「皆生風雅」、露天風呂付客室を4室増室、周囲との接触を極力避けられる露天風呂付客室で「美人の湯」を堪能 鳥取県米子市

2022.03.31
リロホテルズ&リゾーツが運営する温泉旅館「皆生風雅(かいけふうが)」(鳥取県米子市)は2022年3月、露天風呂付客室を4室増室した。

同館は、「日本の伝統美と優雅を愉しむ」をコンセプトに、女性に優しいコンテンツや地産地消の会席料理を愉しめる温泉旅館。
以前のような旅をしづらい中、安心して旅を愉しんもらえるよう、今回、周囲との接触を極力避けられる露天風呂付の客室を増室したという。

03310940
(さらに…)

【ニュース】 岩世、コワーキングスペース・シェアオフィス・多目的スタジオ・カーシェアを利用できる施設「ワーキングガレージSISU」をオープン 鳥取県倉吉市

2022.03.09
岩世有限会社(鳥取県倉吉市、岩世祥代表)はこのほど、コワーキングスペース・シェアオフィス・多目的スタジオ・カーシェアを利用できる施設「ワーキングガレージSISU」(鳥取県倉吉市)をオープンした。

倉吉市は、鳥取県中部に位置し、自然が豊かでアウトドアや観光などが楽しめるまちで、「住みよさランキング2021」(東洋経済新報社発表)でも全国第5位に選ばれている。
同施設は、自然や温泉などの周辺環境とあわせてワーケーションに利用できる施設で、県外企業のニーズに応えるため、カーシェアの利用も可能だという。

03090900
(さらに…)

【ニュース】 鳥取市、同市でのワーケーションを提案するポスタージャックを東京・丸の内エリアで2月21日〜27日に実施 鳥取県鳥取市

2022.02.18
鳥取市(深澤義彦市長)は、2022年2月21日〜27日の期間、同市でのワーケーションを提案するポスタージャックを東京・丸の内エリアで実施する。
都市部の有職者に向け、地方ならではの魅力的な働き方を提案するのが目的。

総務省が発表した2021年の「住民基本台帳人口移動報告」によると、東京都の転入超過数は2014年以降最小を記録し、東京23区では初めての転出超過となった一方、鳥取県は新型コロナウイルス蔓延前後で東京都からの移動人口増加率が全国1位となっている。
(さらに…)

【ニュース】 ふるさと鳥取県定住機構、30代単身で鳥取に移住した女性が語るセミナー「プラストーリーアカデミー」を2月16日にオンラインにて開催 鳥取県鳥取市

2022.02.10
公益財団法人ふるさと鳥取県定住機構(鳥取県鳥取市、森谷邦彦理事長)は、移住検討者や日々の生活に少し違和感を持っている人々に向け、鳥取県に移住した人の「変化を決めたとき」に着目、そこを掘り下げていくセミナー「プラストーリーアカデミー」を2022年2月16日にオンラインで開催する。

同セミナーは、土日開催のイベントが多く開催される中、仕事の休みが合わずに今までイベントに参加したくてもできなかった人も参加しやすいように、水曜日の夜20時~21時30分に開催時間を設定。
一人ひとりが描くストーリーに新しい+プラスの価値を提案したいという想いから、プラス+とストーリーを合わせ、「プラストーリーアカデミー」と名付けた。
(さらに…)

【ニュース】 Etto、米子のSC「ホープタウン」を取得、閉館後の施設計画を検討、トリニティーズのサポートを受け、地域と観光の拠点となる「食のマルシェ」型施設を目指す 鳥取県米子市

2022.02.07
株式会社etto(鳥取県米子市、山本昌範代表)は、JR境港線「後藤」駅前のシンボルとして1982年より40年にわたって地域に愛されてきたショッピングセンター「ホープタウン」(鳥取県米子市、運営:株式会社ホープタウン、小西健夫代表)を取得、2022年1月末をもって同施設を閉館した。

同施設は、米子市地域や鳥取県・島根県など山陰広域での競合の激化や、新型コロナウイルスまん延等の社会変化、ECをはじめとする消費の細分化・ネットの発達に加え、施設・建物の老朽化による安全性の確保ができないと判断されたため、やむを得ず閉館の措置になったという。

閉館にあたっては、多数の問い合わせや励ましの声を得たほか、昨年12月からの閉館セールには多くの利用客が来館。
今後は、これまで同施設が支持を得ていた経緯を鑑み、一定規模の商業施設として再生を行う予定。
新たな施設については、多くの調整事項があるため、詳細は未定としている。
(さらに…)

【ニュース】 WILLERなど、「鳥取砂丘」周辺の公道で自動運転の実証実験を2月17日より計10日間実施、持続可能な地域公共交通と周遊観光サービスの実現を目指す 鳥取県鳥取市

2022.01.24
日ノ丸自動車株式会社(鳥取県鳥取市、中島文明社長)・日本交通株式会社(鳥取県鳥取市、澤志郎代表)・一般社団法人麒麟のまち観光局(鳥取県鳥取市、宮﨑正彦理事長)・WILLER株式会社(大阪市北区、村瀨茂高代表)の4者は、鳥取市(深澤義彦市長)・鳥取砂丘会館・チュウブ鳥取砂丘こどもの国、AGC株式会社(東京都千代田区、平井良典社長)協力のもと、鳥取市の観光地「鳥取砂丘」周辺の公道で、2022年2月17日~20日・23日、3月1日・2日・4日~6日の計10日間、自動運転の実証実験を実施する。

期間中は、自動運転サービスによる持続可能な地域公共交通と周遊観光サービスの構築をテーマに、鳥取を代表する観光地「鳥取砂丘」の東西をつなぐ、片道約2kmの区間をを1日4往復運行。
2月中は、フランス・ナビヤ社が製造する自動運転EV「NAVYA
ARMA」としては日本初となる、事業用の緑ナンバーで運行する。
(さらに…)

【ニュース】 Tポイント・ジャパンと角盤町商店街振興組合、JU米子高島屋など角盤町商店街16店舗でTポイントサービスの提供を1月14日より開始 鳥取県米子市

2022.01.11
株式会社Tポイント・ジャパン(東京都渋谷区、北村和彦社長)と角盤町商店街振興組合(鳥取県米子市、森紳二郎代表)は、2022年1月14日より、JU米子高島屋をはじめとした角盤町商店街16店舗でTポイントサービスの提供を開始する。

米子市では、人口の5割以上におよぶ約7万人、40代男女では約8割の人がTカードを利用しているという。
(さらに…)

【ニュース】 鳥取県、宇宙産業に取り組む・宇宙産業に関心のある県内企業等による「とっとり宇宙産業ネットワーク」を設立、11月21日に記念フォーラムを開催 鳥取県鳥取市

2021.11.26
美しい星空を活用した地域振興に取り組む「星取県」こと鳥取県(平井伸治知事)は、宇宙産業に取り組む・宇宙産業に関心のある県内企業等による「とっとり宇宙産業ネットワーク」を設立、11月21日に記念フォーラムを開催した。

同ネットワークは、宇宙関連事業に取り組んでいる、または関心のある企業・団体・研究機関・行政・学校等の組織等を対象に、運営事務局の同県は、県内の機運醸成(フォーラムなど)、繋がる機会の提供(情報交換会・交流会など)、学ぶ場の提供(連続講座など)、連携プロジェクトの支援(補助制度など)、関係機関との調整(実証実験の場)といったサポートを行うもの。
会費は無料で、企業等の所在地は県内外を問わず、現在27の団体が参加している。
(さらに…)

【ニュース】 ふるさと鳥取県定住機構、移住オンラインイベント「鳥取の仕事と住まい〜麒麟のまちの場合」を12月11日に開催、鳥取県東部+兵庫県2町が参加 鳥取県鳥取市

2021.11.19
公益財団法人ふるさと鳥取県定住機構(鳥取県鳥取市、森谷邦彦理事長)は、鳥取県への移住や田舎暮らしに興味のある人に向け、移住オンラインイベント「鳥取の仕事と住まい〜麒麟のまちの場合」を2021年12月11日に開催する。

東西に長い同県は、東部・中部・西部の3圏域に分かれているのが特徴。
それぞれの圏域によって、人柄も方言も異なると言われている。
今回は、鳥取県東部(鳥取市・若桜町・智頭町)に加え、古くから生活圏を共にする兵庫県新温泉町・香美町も参加し、「麒麟のまち」の仕事や住まいを伝えるという。
(さらに…)