【PR記事】 藤乃煌 富士御殿場、新たに敷地内で国産のドーム型テント5棟をオープン 静岡県御殿場市

2022.05.16
藤田観光グループが運営する「藤乃煌 富士御殿場」(静岡県御殿場市、西俊昭総支配人)は、新たに敷地内で国産のドーム型テント5棟を設置、5月1日より提供を開始した。

同施設は、アウトドアを楽しみながらホテルのような快適な空間で滞在できるグランピング施設として2018年4月に開業。
全ての客室から富士山を眺望可能で、2021年4月にはフリーキャンプ場「Fuji Camp Base 煌」をオープン、アウトドアの多様な楽しみ方を提案し、進化してきたという。

05160940
(さらに…)

【PR記事】 コナステイ伊豆長岡など、沼津・伊豆長岡・修善寺のホテルやレストランで相互にeBikeのレンタルまたは乗り捨てができるサービスを開始 静岡県伊豆の国市

2022.05.12
コナステイ伊豆長岡」(静岡県伊豆の国市、森山裕介支配人)は、同社が運営するレンタサイクルサービス「コナサイクル」で、「ココチホテル沼津」(静岡県沼津市、糸瀬敏也支配人)、「修善寺」駅前のイタリアンレストラン「The Crank」と修善寺の温泉場にある「修善寺プリン工房」を運営する一般社団法人イズバウンド(静岡県伊豆市、木村政彦代表)と連携し、相互にレンタルまたは乗り捨てできるサービスとして、レンタルeBike「狩野川散走」を開始する。

同サービスにより、旅行者はレンタルeBike(電動アシスト付スポーツ自転車)を使用し、主に狩野川沿いをサイクリングしながら伊豆の自然や景観・グルメを堪能することが可能。
さらにスーツケース等の荷物の預かりと自転車返却先までの荷物移動サービス、立ち寄り場所に関するアドバイスやトラブル時の現場サポートもあるため、自転車初心者でも安心して伊豆エリアの自転車旅(サイクルツーリズム)を楽しむことができるという。

05121140
(さらに…)

【ニュース】 戦国大名・今川家の菩薩寺で通常は拝観不可の修行僧の寺・臨済寺、今川義元の命日にあたる5月19日に特別公開を実施 静岡県静岡市

2022.05.12
戦国大名・今川家の菩薩寺で臨済宗妙心寺派の禅寺・臨済寺(静岡市葵区)は、今川義元の命日にあたる2022年5月19日に特別公開を実施する。

同寺院は修行僧の寺院であるため、通常は拝観不可だが、年2回(春・秋)のみ、特別公開を実施。
特別公開では、国指定重要文化財の本堂や、国指定名勝の臨済寺庭園、竹千代(徳川家康)手習いの間をはじめ、今川義元・氏輝の木像などの文化財も観覧可能。
なお、秋の特別公開では、徳川家康が信奉した守り本尊「摩利支天像」の祈祷に合わせ、2022年10月15日に公開する予定だという。

05121100
(さらに…)

【ニュース】 静岡市など、ゴールデンウィーク期間中、駿府城公園など中心市街地でまちを劇場に見立てた4つのイベントを開催 静岡県静岡市

2022.05.02
静岡市(田辺信宏市長)などは、2022年4月29日~5月8日のゴールデンウィーク期間中、駿府城公園をはじめとした同市中心市街地で、「まちは劇場」の4つのイベントを開催する。

「まちは劇場」とは、まち全体を劇場に見立てイベントを開催するプロジェクト。
昨年までは、新型コロナウィルス感染症の影響により、中止や延期を余儀なくされていたが、今年度は新型コロナ感染症予防対策に万全を期しながら、賑わいを取り戻す取り組みも進めていくとしている。

期間中、行われるのは、いつもの街が劇場に変わる「ストレンジシード」、日本屈指の国際演劇祭「ふじのくに⇆せかい演劇祭」、公園の新たな魅力を発見する「SHIZUOKA PICNIC GARDEN」、静岡最大のラテン系イベント「シズオカ・サンバカーニバル」の4つ。

05021200
(さらに…)

【PR記事】 マイステイズ・ホテル・マネジメント、伊豆熱川駅徒歩約5分の「熱川オーシャンリゾート」をグランドオープン 静岡県東伊豆町

2022.05.02
株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント(東京都港区、代田量一社長)は2022年4月28日、「熱川オーシャンリゾート」(静岡県東伊豆町)をグランドオープンした。

同ホテルは、伊豆急行線「伊豆熱川」駅より徒歩約5分の立地。
客室は全室オーシャンフロントで、洋室ツイン・トリプル・6名まで利用可能な和洋室などを設定、カップルからファミリーまで幅広い利用客に対応する。
愛犬と一緒に泊まれるペットルームにはビューバス付きのタイプも用意した。

05021140
(さらに…)

【ニュース】 大井川鐡道、茶業体験や、希少な電気機関車牽引の観光列車「EL列車」乗車を組み合わせたツアーを家族・小グループ向けに企画 静岡県島田市

2022.04.15
大井川鐵道株式会社(静岡県島田市、鈴木肇社長)は、4月~6月の期間、静岡県の基幹産業となっている茶業体験や、国内では3路線だけとなった電気機関車牽引の観光列車「EL列車」乗車を中心に組み合わせたツアー「新茶の香りに誘われて・・お茶摘み体験&EL急行の旅」を家族・小グループ向けに企画した。

同ツアーでは、東海一のお茶農場「まるとう茶園」で新茶摘み体験や新茶の天ぷら試食などを、「川根温泉ホテル」で同県と川根地方の食材約40種類にこだわったバイキングと良質の天然温泉が楽しめるほか、希少なEL列車「かわね路号」に乗車。
同県在住者には同県再発見の機会として、県外在住者には同県の一端を知る機会として参加してもらいたいという。
(さらに…)

【ニュース】 伊豆半島、熱海グルメが一堂に集結、7つの屋台で構成する「熱海ミニ横丁」が4月9日にグランドオープン 静岡県熱海市

2022.04.06
地方創生を掲げ、地元に眠る伝統文化や希少な食材を再発掘する伊豆半島合同会社(静岡県熱海市、布施和広代表)は、揚げ物、焼き物、点心、ソフトドリンク、お酒、おみやげ、饅頭など7つの屋台が集結する「熱海ミニ横丁」(静岡県熱海市)を2022年4月5日(横丁の日)にプレオープンした。
万全に準備を整え、4月9日にグランドオープンする。

地元産の食材に拘り、ご当地グルメが集結した同施設には、7屋台が集結。
店舗が集まる横丁ではなく、小さな屋台だけが集まる横丁であることから、「ミニ横丁」と名付け、子供から大人まで楽しめる熱海の「新名所」・「熱海の新スポット」を目指す。

同施設では、グランドオープン日など、同施設の記念日にあたる日には、100種類以上の懐かしい駄菓子を無料配布。
品が尽きるか力尽きるまで駄菓子を配布するという(1人1点限り)。
(さらに…)

【PR記事】 セラヴィリゾート泉郷、老舗旅館を業態変更、愛犬と泊まれるリゾートホテル「浜名湖わんわんパラダイスホテル」として開業 静岡県浜松市

2022.04.04
リゾートホテルを全国展開する株式会社セラヴィリゾート泉郷(東京都豊島区、浜口憲一代表)は4月1日、愛犬と泊まれるリゾートホテル「浜名湖わんわんパラダイスホテル」(浜松市西区)を開業した。

同ホテルは、昭和4年創業、3代続いた舘山寺温泉の老舗旅館「浜名湖グランドホテルさざなみ館」を、施設の魅力はそのままに、愛犬と一緒に癒しのひとときを過ごせるリゾートホテルへと業態変更したもの。
施設内には、愛犬と一緒に食事を楽しめるレストランやドッグラン、フォトスタジオ、愛犬プレイルームなど、愛犬のための充実した設備を用意したという。

04041040
(さらに…)

【ニュース】 食のテーマパーク「伊豆・村の駅」、「開業16周年祭」を4月4日まで開催、三島市自主運行バスもルート延伸、同施設が交通結節点に 静岡県三島市

2022.04.01
食のテーマパーク「伊豆・村の駅」(静岡県三島市、運営:株式会社村の駅、瀬上恭寛代表)は、2022年3月31日~4月4日の期間、「開業16周年祭」を開催する。

期間中は、契約農家による野菜の特売をはじめ、その場で当たる大抽選会、紅白餅配りや恒例のマグロの解体ショーなど、多くのイベントを実施。
また、4月1日以降は、三島市自主運行バス「ふれあい号」(伊豆・村の駅~大社前・三島市役所)と「なかざと号」(伊豆・村の駅~大場駅)がルートを延伸、病院や商業施設、遊技施設などのバス停が追加され、地域住民の福祉向上、利便性が向上するという。

04011000
(さらに…)

【ニュース】 デベロップ、災害などの有事に被災地に駆けつける「レスキューホテル」で災害協定を4月5日に掛川市と締結 静岡県掛川市

2022.03.28
コンテナホテルを全国展開する株式会社デベロップ(千葉県市川市、岡村健史代表)は、災害などの有事に被災地に駆けつける「レスキューホテル」の出動に係る静岡県初の災害協定を2022年4月5日に掛川市と締結する。

同市は、静岡県の西部に位置し、北部は八高山をはじめとする山地、南部には遠州灘が広がるなど、自然環境に恵まれた全国有数の茶産地。
古来より地震や台風、大雨による風水害が甚大化するリスクを有しており、過去に発生した駿河湾地震などの経験を教訓に、今後発生が予想される東海地震や南海トラフ地震に備えた万全な対策を講じているという。
(さらに…)