【ニュース】 あおもり産品販売促進協議会、青森市の伝統野菜「筒井紅かぶ」と「笊石かぶ」の認知度向上と需要拡大を図るフェアを1月27日・28日に東京・赤坂のアンテナショップで開催 青森県青森市

2023.01.24
青森市や関係団体で組織するあおもり産品販売促進協議会(青森県青森市、青森市農林水産部あおもり産品支援課内)は、「あおもり伝統野菜フェア in AoMoLink~赤坂~」を2023年1月27日・28日に「AoMoLink~赤坂~」(東京都港区)で開催する。

同フェアは、青森市の伝統野菜「筒井(つつい)紅(あか)かぶ」と「笊石(ざるいし)かぶ」の認知度向上と需要拡大を図るのが目的。

「AoMoLink~赤坂~」は、東青地域5市町村(青森市・平内町・蓬田村・今別町・外ヶ浜町)の食材・加工品等、特産物の販路拡大を目的としたアンテナショップ。
青森の「いいモノ」「いいコト」「いいヒト」の3つをコンセプトに、首都圏の人々へ向け、魅力ある商品や情報をセレクトして届けているという。

01241100
(さらに…)

【ニュース】 Clan PEONY 津軽とJR東日本秋田支社、津軽観光キャンペーン「ツガル ツナガル」を4月1日~6月30日に開催 青森県弘前市

2023.01.23
一般社団法人 Clan PEONY 津軽(青森県弘前市、櫻田宏理事長)とJR東日本秋田支社(秋田県秋田市)は、2023年4月1日~6月30日の期間、津軽観光キャンペーン「ツガル ツナガル」を開催する。

同キャンペーンは、雄大な「岩木山」や春の花を堪能する「花巡り」、2023年度に世界自然遺産登録30周年を迎える「白神山地」、大雨による運休から復活した「五能線」など、旅のテーマで津軽をつないで盛り上げようというもの。
同キャンペーンを彩る特別企画「津軽14の物語」を各市町村で実施するほか、Webサイトやデジタルを活用した情報発信を行い、津軽の魅力を伝えるという。
(さらに…)

【ニュース】 ローソン、「まごころ農場」のトマトを使用した「オムライスおにぎり」「ピリ辛トマトソースパスタ」「トマトスープリゾット」の3商品を東北エリアの店舗で発売 青森県平川市

2023.01.18
株式会社ローソン(東京都品川区、竹増貞信社長)は2023年1月
17日、東北エリアのローソン店舗(1,171店:2022年12月末時点)で、「まごころ農場」(青森県平川市)のトマトを使用した「オムライスおにぎり」「ピリ辛トマトソースパスタ」「トマトスープリゾット」の3商品を発売した。

同農場では、ローソンとメーカーと連携して開発した「離水しにくいトマト」を2021年より栽培。
このトマトは、ゼリー部分が少なく離水しにくい特性から、主にローソンの「サンドイッチ」などに使用しており、通常のトマトに比べ、酸味が少なく甘味がたち、果肉部分が多いため、リコピン濃度が高いという特長があるという(ローソン調べ)。

01181200
(さらに…)

【ニュース】 弘前市、弘前公園の絶景スポット「春陽橋」の古材を活用し、青森県立弘前工業高校と協働で製作したスマートフォンスタンドを期間・数量限定で弘前市のふるさと納税寄附者に進呈 青森県弘前市

2023.01.17
弘前市(櫻田宏市長)は、弘前公園の絶景スポット「春陽橋」の古材を活用し、青森県立弘前工業高校(青森県弘前市、北城高広校長)と協働で製作したスマートフォンスタンドを、期間・数量限定で弘前市のふるさと納税寄附者に進呈する。

同製品は、弘前公園の西濠にかかる「春陽橋」の高欄更新工事に伴って発生した青森ヒバの古材を活用し、橋の名前とイラスト、シリアルナンバーを刻印した特別仕様のスマートフォンスタンド。
地域課題の解決を目的とした総合学習の一環として、同高校建築科の生徒が手作りした。
(さらに…)

【ニュース】 くら寿司、「大間のマグロ」などを提供する「国産本まぐろ」フェアを1月6日より期間限定で開催 青森県大間町

2023.01.05
回転寿司チェーン「くら寿司」を運営するくら寿司株式会社(堺市中区、田中邦彦社長)は、「塩釜産本まぐろ とろ(一貫)」「大間のまぐろ 上赤身(一貫)」「大間のまぐろ ねぎまぐろ軍艦」のほか、「極みの逸品シリーズ」として「国産本まぐろ盛り合わせ」を提供する「国産本まぐろ」フェアを2023年1月6日より期間限定で開催する。

同フェアに登場する大間のマグロは、漁獲枠が決められており、全国の店舗で販売する物量を確保するのが難しいという。
同社では、水産業者との良好な関係を生かし、全て大間漁協組合(青森県大間町)の証明書付きの正規ルートで仕入れたマグロを用意したとしている。

01051000
(さらに…)

【ニュース】 みちのりホールディングスと八戸圏域地域公共交通活性化協議会、八戸圏域で「MaaS」事業を12月23日より開始 青森県八戸市

2022.12.22
株式会社みちのりホールディングス(東京都千代田区、松本順代表)と八戸圏域地域公共交通活性化協議会(青森県八戸市)は、
2022年12月23日より、八戸圏域で「MaaS(Mobilityas a
Service)」事業を開始する。

同サービスは、交通機関の検索、デジタルチケットの販売・発券、運賃決済などを、交通手段や運行会社に関係なくワンストップで行えるようになるというもの。
さらに、交通情報にとどまらず、エリア内の飲食店、観光施設などの情報をまとめて取得することも可能。
加えて、上記施設と連携した企画商品も販売、デジタルチケットを購入することで、八戸圏域各施設のクーポンが利用できるとしている。
(さらに…)

【ニュース】 共立メンテナンス、2023年4月に弘前市・山形市・仙台市で学生寮を3棟オープン、管理栄養士が考案したバランスの良い家庭料理を朝夕2食提供 青森県弘前市

2022.12.22
「ドーミー」の名称で学生寮・社員寮を全国展開する株式会社共立メンテナンス(東京都千代田区、中村幸治社長)は2023年4月、弘前市・山形市・仙台市青葉区で学生寮を3棟オープンする。

3棟とも、居室に家具・家電・専用Wi-Fiを完備し、入居当日から生活が可能。
ダイニングルームなどのパブリックスペースでは、入居者同士でコミュニケーションを深めることができるほか、管理栄養士が考案したバランスの良い家庭料理を朝夕2食提供する。
管理人(寮長・寮母夫妻)が常駐し、万が一の際にも生活をサポートできる環境を整えるという。

12220900
(さらに…)

【ニュース】 JR東日本青森商業開発など、「青森・道南縄文産直市」を12月11日~15日にJR各線「大宮」駅で開催、青森・道南の鉄道沿線の商品を東北・北海道新幹線で輸送 青森県青森市

2022.12.02
株式会社JR東日本青森商業開発(青森県青森市、紺野洋紀社長)は、2022年12月11日~15日の期間、東日本旅客鉄道株式会社盛岡支社(岩手県盛岡市)・縄文 DOHNAN プロジェクト(北海道函館市)・北海道旅客鉄道株式会社函館支社(北海道函館市)・道南いさりび鉄道株式会社(北海道函館市、川越英雄社長)と連携し、地域活性化・観光流動の創出を目的とした「青森・道南縄文産直市」をJR各線「大宮」駅(さいたま市大宮区)で開催する。

物販エリアでは、列車荷物輸送サービス「はこビュン」を活用し、青森・道南の鉄道沿線の商品を東北・北海道新幹線で運び、販売。
観光PRエリアでは、「青森県・道南」周遊観光をテーマとした観光PRや青森・道南の縄文遺跡を紹介するパネルの展示、縄文に関するワークショップを開催する。
その他、五所川原立佞武多の「ミニ立佞武多」や鉄道模型の展示も行う。
(さらに…)

【ニュース】 八戸市、「八戸市魚菜小売市場」を12月1日にリニューアルオープン、キッチンスタジオ兼調理室や広場などを設置 青森県八戸市

2022.11.29
八戸市(熊谷雄一市長)は、JR八戸線「陸奥湊」駅前通りの中心に位置する「八戸市魚菜小売市場」(青森県八戸市)を2022年12月1日にリニューアルオープンする。

同市は、太平洋に面した港町として古くから栄えたまち。
その顔ともいえる湊地区「陸奥湊駅前通り」は、地元漁師の帰りを待って、早朝から1日が始まり、通り沿いには新鮮な魚介や野菜等の商品を扱う店が軒を連ね、「イサバのカッチャ(魚売りのお母さん)」たちの方言が飛び交い、買い物客で賑わいを見せる。
その中でも同小売市場は、通りの中心に位置し、戦後から「魚の町の台所」として地域経済を牽引してきたという。

11291200
(さらに…)

【ニュース】 ひろはこ連携推進実行委員会、「初音ミク」派生キャラクターで北海道応援キャラクターの「雪ミク」と連携した冬の観光キャンペーンを展開、弘前市と函館市への相互誘客や周遊観光を促進 青森県弘前市

2022.11.22
ひろはこ連携推進実行委員会(事務局:公益社団法人弘前観光コンベンション協会、白戸大吾事務局長)は、青森県弘前市と北海道函館市への相互誘客や周遊観光の促進、観光消費額向上を図るため、「初音ミク」派生キャラクターで北海道応援キャラクターの「雪ミク」と連携した冬の観光キャンペーンを両市で展開する。

「初音ミク」とは、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(札幌市中央区、伊藤博之代表)が開発した、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」。
大勢のクリエイターが「初音ミク」で音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなり、バーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど多方面で活躍するようになり、人気は世界に拡がっている。

「雪ミク」は、2010年の「さっぽろ雪まつり」で、真っ白い「初音ミク」の雪像を作ったことをきっかけに誕生、現在では北海道を盛り上げる各種取り組みのアンバサダーを務め、企業やキャラクターとのコラボレーションを行うなど、応援の場を多方面に広げているという。

11221200
(さらに…)