【ニュース】 西鉄エム・テックなど、IoT技術を搭載した高機能なバス停「スマートバス停」を共同開発、金沢市で実証実験 石川県金沢市

2019.01.30
西鉄エム・テック株式会社(福岡市中央区、楳木賀久社長)と安川情報システム株式会社(北九州市八幡西区、遠藤直人社長)は、
IoT技術を搭載した高機能なバス停「スマートバス停」を共同開発した。
北陸鉄道株式会社(石川県金沢市、加藤敏彦社長)・株式会社ホクリクコム(石川県金沢市、坂下忠夫社長)と共同で、金沢市でその運用に関する実証実験を1月29日~3月31日に実施する。

スマートバス停とは、デジタルサイネージなどに時刻表や運行情報の他、告知文や緊急案内、広告などをリアルタイムに提供できるバス停。
対象の曜日や時間帯の文字サイズを自由に設定できるなど、利便性向上に寄与する仕様となっているほか、遠隔で操作できることから、時刻表等の張替え作業など、管理作業が不要となるため、働き方改善にも効果が期待でき、また時刻表の印刷ペーパー等の削減も可能になるとしている。
(さらに…)

【ニュース】 JR西日本不動産開発、金沢エリアで4件目となるオフィスビル「JR金沢駅西第三NKビル」の建設工事を着工 石川県金沢市

2019.01.29
JR西日本不動産開発株式会社(大阪市北区、柴田信社長)は、金沢市広岡2丁目でオフィスビル「JR金沢駅西第三NKビル」の建設工事を着工した。
開業は2019年度冬の予定。

当該地周辺は、金沢市地区計画により、副都心の中核として位置づけられ、魅力ある商業および業務地の形成を図る地域とされている一画。
北陸新幹線開業後、様々な開発プロジェクトが進んでいるという。

01291100
(さらに…)

【ニュース】 伊藤忠食品、「地域産品プロジェクト」で石川県食品協会などと連携しブラッシュアップ支援、第1弾商品の提案を開始 石川県金沢市

2019.01.23
伊藤忠食品株式会社(大阪市中央区、岡本均社長)は、地産全消を目指した取り組み「地域産品プロジェクト」の地域連携事業の一環として、石川県・一般社団法人石川県食品協会・独立行政法人中小企業基盤整備機構と連携しブラッシュアップ支援を推進、1月23日より第1弾商品の提案を開始する。

今回の取り組みは、販売を中心としたこれまでの地域産品プロジェクトの取組に加え、同社の知見を活かし、地域産業と一体となって地域産品を「ブラッシュアップ」するための提案・助言を行うもの。
日本各地の地域産品を支援し、日本全国に向けてより広く発信し、販売していくとしている。
(さらに…)

【ニュース】 金沢工業大学と金沢市、市街地のにぎわい創出や産学官連携などで連携推進会議を1月21日に開催 石川県金沢市

2018.01.17
金沢工業大学(大澤敏学長、石川県野々市市)は、金沢市と締結した連携協定に基づき、平成30年度の連携推進会議を金沢工業大学扇が丘キャンパスで1月21日に開催する。

両者は平成21年3月、連携に関する協定を締結。
中心市街地のにぎわい創出や産学官連携の活性化、歴史遺産等保存活用や建築文化の発信、教育や人材育成などに関して各種の連携事業を実施している。

01171100
(さらに…)

【PR記事】 三井不動産と三井不動産ホテルマネジメント、「三井ガーデンホテル金沢」を開業、「三井ガーデンホテル」としては北陸エリア初出店 石川県金沢市

2019.01.11
三井不動産株式会社(東京都中央区、菰田正信社長)と株式会社三井不動産ホテルマネジメント(東京都中央区、足立充社長)は1月11日、「三井ガーデンホテル金沢」(石川県金沢市、158室)を新規開業した。
「三井ガーデンホテル」としては、北陸エリア初出店となる。

三井不動産ホテルマネジメントは現在、アッパーミドルクラスの宿泊主体型ホテル「三井ガーデンホテルズ」(22施設・6,041室)と、ハイクラスの宿泊主体型ホテル「ザ セレスティンホテルズ」(3施設・504室)を全国で計25施設・6,545室運営しており、同ホテルは26施設目となる。

同ホテルは、JR・IRいしかわ鉄道「金沢」駅から徒歩圏内、北鉄バス「南町・尾山神社」停留所より徒歩約2分に位置。
近江町市場から香林坊周辺までの金融機関やオフィス、商業施設等が集積する金沢市街の中心エリアに立地し、金沢城・兼六園等の主要観光スポットからもほど近いという。

01111140
(さらに…)

【ニュース】 金沢工業大学、学部2年次生が地域社会や専門に関連した身近な問題に取り組み、解決策を提案する公開発表会を1月11日より5日間順次開催 石川県野々市市

2019.01.09
金沢工業大学(石川県野々市市)は、学部2年次生が後学期の必修科目「プロジェクトデザイン実践」で取り組んだ活動成果を発表する公開発表を、1月11日・15日・17日・21日・22日の5日間、同大学扇が丘キャンパス23号館1階で開催する。
2年次生278チーム(1,490人)が、地域社会や専門に関連した身の回りの問題について生み出した独創的な解決策を公開発表(ポスターセッション、口頭発表)するという。

同大学では、問題発見から解決にいたる過程・方法をチームで実践しながら学ぶ「プロジェクトデザイン」科目を全学生必修で実施。
ユーザーの抱える問題を発見し、分析し、知識やアイデアを組み合わせて解決策を創出、プロトタイプ(試作品)として具体化し実験・検証・評価している。
世界の技術者教育で行われている「CDIO」(Conceive考えだす→Design設計する→Implement 行動する→Operate操作・運用する)の手法を取り入れ、イノベーションを創出する力を実践的に身につける教育だという。

01091100
(さらに…)

【PR記事】 アパホテル、開業35年目を迎える「アパホテル金沢片町」をリニューアルオープン、北陸地方では初、全室をアパホテルの最新仕様に 石川県金沢市

2018.12.13
アパホテル株式会社(東京都港区、元谷芙美子社長)は12月12日、開業35年目を迎える「アパホテル金沢片町」(石川県金沢市)をリニューアルオープンした。

今回のリニューアルでは、1階フロント・ロビー・レストランの改装を実施したほか、1・2階に新たに客室を増室。
北陸地方では初めて、全室をアパホテルの最新仕様にリニューアルした。

201812130940
(さらに…)

【ニュース】 お守り防犯アプリ開発のMoly、初の地方拠点となる「石川野々市オフィス」を開設、自由な働き方を推進 石川県野々市市

2018.12.13
お守り防犯アプリ「Moly」の開発と女性向け防犯メディア「Moly.jp」を手掛ける株式会社Moly(東京都千代田区、河合成樹社長)は、初の地方拠点となる「石川野々市オフィス」(石川県野々市市)を12月3日付けで開設した。

同社は2013年に東京都渋谷区で設立し、2018年12月現在は東京都千代田区に本社を移転。
設立当初から、社員のライフスタイルに合わせた場所や時間で仕事をすることを推奨、現在同社で働いている社員の中には、共働きで家事や子供の迎えを分担しつつ、リモートで勤務している社員や、関西圏に居住しながらアプリ開発に従事している社員もいるという。

201812130900
(さらに…)

【ニュース】 日本エアポートデリカ、能登半島 和倉温泉「加賀屋」監修による空弁を羽田空港などで順次発売 石川県七尾市

2018.12.12
JALUXグループの日本エアポートデリカ株式会社(東京都大田区、田子透社長)は、和倉温泉の老舗旅館「加賀屋」(石川県七尾市)監修による弁当「ぶりの照り焼き重(加賀料理 治部煮入り)」を、12月12日より羽田空港国内線旅客ターミナル「空弁工房」等の弁当取扱店舗での先行発売を皮切りに、同空港内と都内百貨店等で順次発売する。

「ぶりの照り焼き重(加賀料理 治部煮入り)」は、北陸能登をイメージし、脂がのったぶりの照り焼きに金箔をあしらい、加賀の郷土料理「治部煮」と共にコンパクトなお弁当に仕立てたもの。
治部煮(じぶに)は、鴨肉・野菜・すだれ麩などにとろみを付けて煮た、加賀の郷土料理。
能登和倉温泉「加賀屋」の「おもてなし」の心を込めたお弁当だという。

201812121100
(さらに…)

【PR記事】 山中温泉の「吉祥やまなか」、男女毎にテーマを盛り込んだ1人旅プランなどを販売、1人旅利用者に好評 石川県加賀市

2018.12.11
山中温泉の「吉祥やまなか」(石川県加賀市、村井博総支配人)はこのほど、2018年7月~9月の1人旅利用者数を発表した。

同発表によると、同館の1人旅利用者は、7月が男性53名・女性19名の合計72名、8月が男性49名・女性27名の合計76名、9月が男性64名・女性19名・合計83名。
同館では、初めての人でも、気軽に温泉と観光を楽しめるよう、男女毎にテーマを盛り込んだ1人旅プランなどを販売、利用しやすいと好評だという。

201812111040
(さらに…)