【PR記事】 the b hotels、あえてボリュームを抑えた無料の軽食サービス「tottette」の提供を10月1日より全国の「the b」で開始 東京都中央区

2022.09.30
the b hotels」(ザ・ビーホテルズ)を運営する株式会社イシン・ホテルズ・グループ(東京都中央区、孔令庸代表)は、無料の軽食サービス「tottette(トッテッテ)」の提供を2022年10月1日より全国の「the b」で開始する。

同社によると、宿泊特化型のホテルの食事は、ブッフェ形式やレスランなど、朝しっかりと朝食を食べる宿泊客を想定したサービスが多く、量や価格の選択肢は限定的だったという。
一方で、宿泊客の中には、忙しくて朝食ブッフェに行く暇がない人や、そもそも朝食は軽いものがあれば十分という人、年齢的にホテルの食事は重いと感じる人など、様々な事情で「朝食は最小限でよい」と考える人も想定されることから、今回、これまでのホテルの食サービスと一線を画するサービスとして「tottette(トッテッテ)」を開発。
将来的には24時間で無料の軽食を提供できるサービスを目指すとしている。

09301140
(さらに…)

【ニュース】 三井不動産レジデンシャル、「住の自由化」を目指し、同社賃貸マンションやパートナー企業の施設等を活用、多拠点居住サービス「n’estate」を順次トライアルとして開始 東京都中央区

2022.09.30
三井不動産レジデンシャル株式会社(東京都中央区、嘉村徹社長)は、利用客の多様なくらし方をサポートする多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」を、2022年9月29日より順次トライアルとして開始した。

同サービスは、「住の自由化」をコンセプトに、都心や地方都市を中心に展開する同社賃貸マンションシリーズ「PARK AXIS(パークアクシス)」や三井不動産グループ企業、パートナー企業の施設を活用し、個人が自由に拠点を選択しながら生活するライフスタイルを提供する点が特長。
都市部の利便性を享受できる良質な住環境の「都市型拠点」や、都会の喧騒から離れ農業やサステナブルな取り組みを体験できる「郊外型拠点」など、多様な施設を用意する。
2022年9月29日より予約・利用可能となる拠点は10箇所で、今後も順次新たなトライアル拠点を追加していく。
(さらに…)

【PR記事】 ホテルグレイスリー田町、戸板女子短期大学のインターンシップ企画で、学生が考案し料理長がアレンジしたデザートを10月5日より朝食ビュッフェで提供  東京都港区

2022.09.30
藤田観光株式会社(東京都文京区、伊勢宜弘社長)が運営する「ホテルグレイスリー田町」(東京都港区、山本弘之総支配人)で行われた戸板女子短期大学(東京都港区、白川はるひ学長、同ホテルより徒歩約13分)のインターンシップ企画で、同大学の食物栄養科学生が考案し、同ホテルの加藤仁思料理長がアレンジしたデザートを、2022年10月5日より朝食ビュッフェで提供する。

同ホテルでは毎年、同大学のインターンを受け入れており、今回は「ホテルというフィールドを通じてホスピタリティをカタチにするプロセスを学ぶ」「共通の目的に向かってプロジェクトを成功に導くコツを習得する」「結果をコミットするための仕事スキルを身につける」という3つの目的を基に、食物栄養科の学生有志3班が参加した。

09301040
(さらに…)

【ニュース】 東急ホテルズ、賃貸借契約の終了に伴い、「東京虎ノ門東急REIホテル」を2023年3月末、「赤坂エクセルホテル東急」を2023年8月末に営業終了 東京都港区

2022.09.30
株式会社東急ホテルズ(東京都渋谷区、村井淳社長)は、賃貸借契約の終了に伴い、「東京虎ノ門東急REIホテル」(東京都港区)を2023年3月31日、「赤坂エクセルホテル東急」(東京都千代田区)を2023年8月31日のチェックアウトをもって営業を終了する。

東京虎ノ門東急REIホテルは1976年3月に「愛宕山東急イン」として開業、赤坂エクセルホテル東急は1969年9月に「赤坂東急ホテル」として開業。
なお、同社では、今年4月に「米沢エクセルホテル東急」(山形県米沢市、フランチャイズ契約)、今年7月に「THE HOTEL
HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel」(京都市東山区)を開業している。
また、今年10月28日には「吉祥寺エクセルホテル東急」(東京都武蔵野市)、2023年春には東京・新宿に「BELLUSTAR TOKYO(ベルスタートウキョウ)」「HOTEL GROOVE SHINJUKU(ホテルグルーヴシンジュク)」、さらに同年秋には、札幌すすきのの玄関口にも新規大型ホテルの開業を予定しているという。
(さらに…)

【PR記事】 コスモスイニシアとコスモスホテルマネジメント、全室に2ベッドルームのスイートタイプを採用したアパートメントホテル「MIMARU SUITES 東京日本橋」を開業 東京都中央区

2022.09.29
大和ハウスグループの株式会社コスモスイニシア(東京都港区、髙智亮大朗社長)と株式会社コスモスホテルマネジメント(東京都港区、藤岡英樹代表)は、全室に2ベッドルームのスイートタイプを採用したアパートメントホテル「MIMARU SUITES 東京日本橋」(東京都中央区)を2022年9月29日に開業する。

「MIMARU SUITES」シリーズ東京初出店となる同ホテルでは、高級シティホテルでも数の少ない2ベッドルーム以上の客室を全室に採用。
広々とした2階のロビーフロアには「ライフスタイル雑貨(食器・本・アート)」を設置、ゲストがその時の気分や仲間と一緒に楽しくピックアップし、客室で利用可能なサービスを採用した。

09291140
(さらに…)

【PR記事】 アパホテル、旧電鉄系ホテルをリブランドし、プレオープンしていた「アパホテル蒲田駅前」をグランドオープン 東京都大田区

2022.09.29
アパホテル株式会社(東京都港区、元谷芙美子社長)は、「アパホテル蒲田駅前」(東京都大田区)のリニューアルを完了、9月28日にグランドオープンした。
同ホテルでは、今年3月25日のプレオープン以降、営業を続けながら、リニューアル工事を実施していたという。

記者発表では、アパグループの元谷一志社長兼CEOが「同ホテルは電鉄系ホテルからのリブランドとなるが、50型テレビの導入や客室の新設などアパの要素を取り入れることでお客様にとってより利便性の高いホテルへとリニューアルを行った。10月11日からは全国旅行支援の開始や水際対策の緩和が予定されており、宿泊増加による地域への経済効果も含め非常に期待している。」と述べた。

09290940
(さらに…)

【ニュース】 ジェイアール東海パッセンジャーズ、駅弁の新ブランド「車窓食堂」を10月1日に発足、豊かな時間をもたらす「駅弁」へ 東京都中央区

2022.09.28
株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズ(東京都中央区、松尾啓史社長)は、会社設立20周年を迎える2022年10月1日、駅弁の新ブランド「車窓食堂」を発足する。

同社は会社設立以来、製造・販売を行う「製販一体」の駅弁会社として、商品づくりに努めてきた。
今回、設立20周年を迎える10月1日を節目に、これまで大切にしてきた「安全」「上質」「美味しさ」の追求に加え、「当社の駅弁がお客様に豊かな時間をもたらすものであってほしい」との想いを込め、新ブランド発足に至ったという。
同ブランド発足に併せて、車窓を眺めながら楽しめる新商品2種を発売する。

ブランド名の「車窓食堂(しゃそうしょくどう)」は、旅にまつわるさまざまな情景やストーリーを喚起させる「車窓」と、多くの人々にとって身近で、愛される食事処というイメージをもつ「食堂」の組み合わせにより、安心感や親しみやすさと信頼感を表現した名称だという。

09281200
(さらに…)

【PR記事】 日本ホテル、「大森」駅中央改札直結の「JR東日本ホテルメッツ大森」を開業、セルフクロークやリモート接遇サービスなど非対面サービスも導入 東京都大田区

2022.09.28
JR東日本グループの日本ホテル株式会社(東京都豊島区、里見雅行社長)は9月28日、JR京浜東北線「大森」駅中央改札直結の
JR東日本ホテルメッツ大森」(東京都大田区)を開業する。

館内デザインは、大森の地名から連想される「OMORI GREEN」をテーマとし、グリーンカラーを随所に取り入れた。
駅直結という立地でありながら、緑を感じる癒しの空間を提供する。
また、リモート接遇サービス「Remoline(リモライン)」のほか、セルフクロークやセルフチェックイン機といった非対面のサービスも取り入れ、新しい生活様式に対応したホテルステイを提案するという。

09281140
(さらに…)

【ニュース】 三菱地所など、「国際ビル」と「帝劇ビル」を共同で一体的に建替え、帝国劇場・出光美術館の歴史と伝統を継承 東京都千代田区

2022.09.28
三菱地所株式会社(東京都千代田区、吉田淳一社長)・東宝株式会社(東京都千代田区、松岡宏泰社長)・公益財団法人出光美術館(東京都千代田区、出光昭介理事長)の3者は、三菱地所所有の「国際ビル」(東京都千代田区)と、東宝・出光美術館所有の「帝劇ビル」(東京都千代田区)を共同で一体的に建替える。

帝劇ビルにある帝国劇場は、日本を代表する演劇・ミュージカルの聖地として長年の間、多くの観劇ファン・俳優から愛されてきた。
同じく帝劇ビルにある出光美術館は、出光興産の創業者・出光佐三が70余年の歳月をかけて蒐集した美術品を展示・公開している。
(さらに…)

【ニュース】 とくし丸、消費者庁「令和4年度 地方消費者行政に関する先進的モデル事業」に参画 東京都新宿区

2022.09.20
オイシックス・ラ・大地株式会社(東京都品川区、高島宏平社長)傘下で高齢者を対象に「移動スーパーとくし丸」を展開する株式会社とくし丸(徳島県徳島市、新宮歩社長)は、販売と同時に行っている「見守り活動」の取り組みが評価され、消費者庁による「令和4年度 地方消費者行政に関する先進的モデル事業」に参画する。

とくし丸は、同事業を受託した株式会社船井総合研究所(大阪市中央区、真貝大介代表)と共に、東京都新宿区と鹿児島県奄美市の「移動スーパーとくし丸」で、販売員が購入客対し消費者トラブルに関するヒアリング調査を行い、注意喚起等の啓発を実施。
また、同事業に取り組む中で、有益な調査結果が得られていることから、調査エリアの拡大に加え、各省庁や自治体との官民連携をより一層強化するという。

09201200
(さらに…)