【PR記事】 大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ、瀬波温泉の「大江戸温泉物語 汐美荘」をリニューアルオープン 新潟県村上市

2020.07.13
大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社(東京都中央区、森田満昌代表)は7月10日、「大江戸温泉物語 汐美荘」(新潟県村上市)をリニューアルオープンした。
8月31日まで、期間限定で各種割引キャンペーンを開催する。

同館が所在する瀬波温泉は、明治37年に開湯。
石油掘削中に熱湯が噴出したことから始まり、別名「熱の湯」とも例えられ、100年の時を超えた現在も豊富な湯量を誇る。
昭和12年に訪れた与謝野晶子が45首の歌に詠んだ名湯でもあるという。

202007131040
(さらに…)

【ニュース】 しろね大凧と歴史の館、「新型コロナ休館中」に約80点の展示凧を入れ替え、大幅リニューアル 新潟県新潟市

2020.07.09
「しろね大凧と歴史の館」(新潟市南区)は、新型コロナウイルス感染症の影響により休館していた期間、約80点の展示凧を入れ替えたほか、観覧ルートの変更を行うなど、大幅なリニューアルを実施した。

同館は、白根の大凧をはじめ、世界中の凧を集めた世界最大級の凧の博物館。
館内には白根大凧合戦の雰囲気を味わえる立体映像室や凧づくりが体験できる工房、凧揚げ実験室などがある。

202007090900
(さらに…)

【ニュース】 きら星など、持続可能なまちづくりを目指す産官学連携「湯沢暮らしお試し体験」住宅プロジェクトを開始、リゾートマンション再生で移住希望者を誘致 新潟県湯沢町

2trong>2020.07.08
地方での移住・定住サポートを行うきら星株式会社(新潟県湯沢町、伊藤綾代表)はこのほど、湯沢町企画政策課より移住定住促進業務の委託を受け、芝浦工業大学建築学科 佐藤宏亮研究室と共に、湯沢町のリゾートマンションの1室をリモートワークができる部屋へリノベーションするプロジェクトを立ち上げた。

同住居のテーマは「自然の中に暮らしながらリモートワークができる部屋」。
今秋頃の完成を目指し、完成後は「湯沢暮らしお試し体験住居」として短長期滞在に利用する予定としている。
首都圏で働く30代前後の若者をターゲットに、実際の湯沢町での生活体験をしながら、移住後の生活をイメージできるような施設として利用者誘致を図るという。

また、利用者の反応を見たうえで、今後新たなテーマでの展開も検討中だという。
遊休資産として多くの空室が目立つリゾートマンションを活用し、新たなライフスタイルを提案していくことで、持続可能な町づくりの一端となることを目指す。
(さらに…)

【ニュース】 鈴木コーヒー、新潟古町芸妓の人々とコラボしたドリップバッグのコーヒー「とめそでさん」「ふりそでさん」を発売 新潟県新潟市

2020.07.01
株式会社鈴木コーヒー(新潟市中央区、佐藤俊輔代表)は2020年6月、新潟古町芸妓の人々とコラボしたドリップバッグの新潟古町芸妓コーヒー「とめそでさん」「ふりそでさん」を発売した。

江戸時代、日本海側最大の北前船の港として栄えた湊町・新潟。
この地を訪れる多くの人をもてなすために生まれた新潟古町芸妓は、京都・東京と並び日本三大芸妓と称され、およそ200年続く湊町文化となっている。
同社は、新潟が誇る新潟古町芸妓の文化を多くの人々に知ってもらい、永続的に文化が続くことを願って同製品を開発したという。

202007010900
(さらに…)

【ニュース】 タカラレーベン、「新潟島」の中心地で新築分譲マンション「レーベン新潟 THE TOWER MARKS」の販売を開始 新潟県新潟市

2020.06.23
株式会社タカラレーベン(東京都千代田区、島田和一代表)は6月20日、新築分譲マンション「レーベン新潟 THE TOWER
MARKS」(新潟市中央区)の販売を開始した。

同物件は、古くから新潟の行政・文化・商業・文教などの中枢が集まる「新潟島」の中心に立地。
近隣では、新潟市役所「ふるまち庁舎」もオープン、商業・業務施設が一体となった複合施設「古町ルフル」の開発とともに行政機能が集まるなど、将来の活性化も期待されているという。

202006231000
(さらに…)

【ニュース】 スマイルリゾート、上越市より「安塚雪だるま高原」の指定管理者に選定、「キューピットバレイ」スキー場を令和2年12月にオープン予定 新潟県上越市

2020.06.22
株式会社スマイルリゾート(新潟県湯沢町、田中章生代表)は6月17日、上越市より「安塚雪だるま高原」の指定管理者に選定された。

指定管理期間は令和2年7月1日~令和4年3月31日まで。
これに伴い、「キューピットバレイ」スキー場(新潟県上越市)の令和2年12月のオープンに向け、7月1日より運営を開始する。
(さらに…)

【PR記事】 エンゼルグランディア越後中里、食事提供形式をバイキング形式から新しい形式「お部屋deビュッフェ」に変更 新潟県湯沢町

2020.06.16
株式会社エンゼル(東京都千代田区、安藤敏幸代表)は6月13日、同社が運営する子育て応援リゾートホテル「エンゼルグランディア越後中里」(新潟県湯沢町)の食事提供形式をバイキング形式から新しい形式「お部屋deビュッフェ」に変更した。

「お部屋deビュッフェ」では、事前にテイクアウトBOXで用意、もしくは消毒・マスクをしたスタッフがテイクアウトBOXに料理を取り分けて提供。
バイキング形式の魅力でもある「料理の選べる楽しさ」はそのままに、客室に料理を持ち帰る事で、プライベートな空間で食事が楽しめるという。

202006160940
(さらに…)

【PR記事】 ホテル日航新潟、「Befcoばかうけ展望室」と「スカイラウンジPANORAMA」の営業を5月31日より再開 新潟県新潟市

2020.05.29
ホテル日航新潟」(新潟市中央区、小野丘総支配人)は、臨時休館していた同ホテル31階の「Befcoばかうけ展望室」と「スカイラウンジPANORAMA」の営業を5月31日より再開する。
当面の間は営業時間を短縮、Befcoばかうけ展望室は11時~19時(最終入場18時30分)・スカイラウンジPANORAMAは11時30分~19時(ラストオーダー18時30分)とする。

営業再開記念として、5月31日の来館者には、「アマビエ」がプリントされたおせんべいを先着にて渡すほか、子ども限定で先着にて別途プレゼントを用意。
「アマビエ」には、豊作・疫病などに関する予言をしたとされ、その姿を絵に描いて流布すると疫病がやむという伝説が残されている。

なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、発熱等の自覚症状がある人は来館を遠慮してもらう他、来館者はマスクを着用のうえ、展望室専用エレベーターの定員数を制限。
エレベーター内の消毒は30分毎に行う、などとしている。

202005291140
(さらに…)

【ニュース】 アパグループ、新潟駅前万代エリアで東日本最大級のホテル・マンション一体開発、起工式を実施 新潟県新潟市

2020.05.22
総合都市開発のアパグループ(東京都港区、元谷外志雄代表)は5月21日、新潟駅前万代エリアで「アパホテル&リゾート新潟駅前大通」(全1,001室、新潟市中央区)と新築分譲マンション「ザ・プレミア 新潟駅 万代」(全212戸、新潟市中央区)の起工式を実施した。
事業主はアパホーム株式会社。
竣工はホテルが2022年3月末、マンションが2022年8月末の予定。
ホテル・マンション一体開発のプロジェクトでは、ホテル(室数)・マンション(戸数)で東日本最大規模となる(同社調べ)。

記者会見で、元谷外志雄アパグループ代表は「現在、新型コロナウイルスで大変な時期ではあるが、新型コロナウイルスが収束すれば、日本はまた観光大国化していくと考えている。今般のプロジェクトは、約2年後の完成となるため、新型コロナウイルス収束後の観光振興に期待したい。現在アパグループが進めている約50ヵ所の新規計画・建設工事は変更なく進めていく。厳しい時ほどピンチをチャンスに変えて、ホテル業界におけるシェアアップを目指していきたい。」と述べた。

202005221200
(さらに…)

【ニュース】 新潟県、OTAによる割引クーポン配布で県民を対象に宿泊割引キャンペーンを実施、予算規模は3億円・約6万名分 新潟県新潟市

2020.05.22
新潟県観光局観光企画課は、新型コロナウイルス感染症の影響による観光需要の落ち込みに対応するため、県民を対象とした宿泊割引キャンペーン「つなぐ、にいがた。県民宿泊キャンペーン」を実施、県内流動による観光需要の回復を図る。

同キャンペーンは、OTA(オンライン・トラベル・エージェント、じゃらん・楽天トラベル・るるぶトラベル等のネット販売)による割引クーポン配布で、事業者のサイトから予約するというもの。
予算規模は3億円(約6万名分、国臨時交付金を活用予定)。
(さらに…)