【ニュース】 NTT西日本富山支店と滑川市、地域課題の解決を図ることを目的に連携協定を締結 富山県富山市

2024.07.04
西日本電信電話株式会社 富山支店(富山県富山市、東山真也支店長)と滑川市(水野達夫市長)は2024年7月3日、それぞれの資源を有効に活用した活動を推進することにより、地域課題の解決を図ることを目的に連携協定を締結した。

直近では、7月13日・14日の2日間、同市にて開催される地域イベント「ふるさと龍宮まつり」で、交通量・人口分布等のデータ取得
・分析を行い、「ICT等を活用した有効な対策」の検討を共同研究として実施する。
(さらに…)

【ニュース】 TOSUMO建築設計など、高性能規格住宅「jigsaw」のモデルハウスでHERBAL8が提供する富山県産植物などを使用した天然香料フレグランスによる「自然の香り空間」の導入実証を開始 富山県富山市

2024.06.07
日本海ガス絆ホールディングスグループの株式会社TOSUMO建築設計(富山県富山市、酒井淳社長)はこのほど、同グループの株式会社日本海ラボ(富山県富山市、新田洋太朗社長)、株式会社
HERBAL8(富山県富山市、安藤まりえ代表)とともに、
TOSUMO建築設計が提供する高性能規格住宅「jigsaw」のモデルハウスに、HERBAL8が提供する富山県産植物などを使用した天然香料フレグランスによる「自然の香り空間」の導入実証を開始した。

TOSUMO建築設計は、北陸初となる、高性能規格住宅「jigsaw」を取り扱い、高性能で最新の換気システムを取り入れた新しい形の住宅を提供、自然素材を活用したデザインと断熱性・耐震性で高い品質を誇るとしている。
(さらに…)

【PR記事】 立山黒部アルペンルート、室堂平の「みくりが池」を見に行くとプレゼントがもらえるイベント「見に行こう!みくりが池!」を6月1日より開催 富山県立山町

2024.05.24
富山県と長野県を結ぶ世界有数の山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」(運営:立山黒部貫光株式会社、富山県富山市、見角要社長)は、室堂平(富山県立山町)の「みくりが池」を見に行くとプレゼントがもらえるイベント「見に行こう!みくりが池!」を2024年6月1日より開催する。

同ルートを代表する美観のひとつ「みくりが池」は、アルペンルートで最も標高の高い駅「室堂」(標高2,450m)から、室堂平を
10~15分ほど歩くとアクセスできるスポットで、標高2,400m・周囲630m・水深15mで、1時間程で一周することが可能。
「雪の大谷」が見られる春先は雪に覆われているが、5月下旬からは雪解けが始まり、7月頃には湖面が全てが現れる。
新緑の季節には美しい緑色が、9月下旬には見頃を迎える紅葉が湖面に映る様子は「絶景」そのもので、10月下旬からは新雪が広がる白銀の世界を映しながら、11月には再び雪と氷に覆われていくという。

05241140
(さらに…)

【ニュース】 ダイドードリンコと魚津市など、子育てや災害時の支援などで包括連携協定を締結 富山県魚津市

2024.05.07
ダイドードリンコ株式会社(大阪市北区、中島孝徳社長)は2024年4月25日、魚津市(村椿晃市長)・株式会社ダイドードリンコ北陸(福井県福井市、舟木長社長)と、子育てや災害時の支援などで相互に連携・協力することにより、新たな地域活力の創出を図ることを目的に包括連携協定を締結した。
(さらに…)

【PR記事】 ホテルグランミラージュ、アーティスト・舘鼻則孝氏が浴室アートワークを手掛けた温浴施設「スパ・バルナージュ」をグランドオープン 富山県魚津市

2024.04.26
日本海シーライン開発株式会社(富山県魚津市、石崎由則会長)が運営する「ホテルグランミラージュ」(富山県魚津市)は2024年4月26日、同ホテル屋上に温浴施設「スパ・バルナージュ」をグランドオープンする。

同温浴施設は山側「ヤマ/YAMASIDE」と海側「ウミ/UMISIDE」で構成。
「ヤマ」からは雄大な立山連峰を、「ウミ」からは富山湾を一望可能で、ダイナミックな眺望を楽しめる施設になっているという。

04261040
(さらに…)

【PR記事】 デベロップ、災害など有事の際に「レスキューホテル」の役割を担うコンテナホテル「HOTEL R9 The Yard 黒部」を開業、北陸地方初出店 富山県黒部市

2024.04.17
コンテナホテルを全国展開する株式会社デベロップ(千葉県市川市、岡村健史代表)は2024年4月17日、コンテナホテル「HOTEL R9 The Yard 黒部」(富山県黒部市)を開業する。
同社は、開業に先立ち、4月9日にはレスキューホテルの出動に係る災害協定を黒部市(武隈義一市長)と締結、施設見学会を開催した。

同ホテルの開業により、「ホテル アールナイン ザ ヤード」シリーズは80店舗目、「R9 HOTELS GROUP」としては88店舗目となる。
富山県内では初出店、北陸地方でも初出店になるという。

04171140
(さらに…)

【ニュース】 立山黒部アルペンルートが全線開通、「2024 立山黒部・雪の大谷フェスティバル」を6月25日まで開催 富山県富山市

2024.04.16
富山県と長野県を結ぶ世界有数の山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」(立山黒部貫光株式会社、富山県富山市、見角要社長)は、2024年4月15日に全線開通、「2024 立山黒部・雪の大谷フェスティバル」を6月25日まで開催する。

立山黒部の春を代表する「雪の大谷」の今年の雪の壁の高さは、
14mに達しているという。
標高2,450mの立山室堂平は、世界有数の豪雪地帯で、特に「大谷」という場所は、吹きだまりになるため積雪が多くなり、この「大谷」を通る道路を除雪してできる巨大な雪の壁が「雪の大谷」と呼ばれている。

04161200
(さらに…)

【ニュース】 スギノマシン、富山大学「学生会館ラウンジ」のネーミングライツを取得、2029年3月31日までの5年間、愛称「スギノマシンラウンジ」に 富山県富山市

2024.04.12
高圧ジェット洗浄装置や産業用ロボット等の開発・設計・製造・販売を手掛ける株式会社スギノマシン(富山県滑川市、杉野良暁社長
)は、国立大学法人富山大学(富山県富山市、齋藤滋学長)の五福キャンパス(富山県富山市)内にある「学生会館ラウンジ」のネーミングライツ(施設命名権)を取得した。
同社が施設の命名権を取得するのは今回が初めて。

獲得した命名権料は、同大学の教育研究環境の向上に使用するということから、同社は同県を基盤にする企業として、大学や地域の活性化につながればという思いから、同施設の命名権を取得したという。
(さらに…)

【ニュース】 北陸の住宅情報誌「家づくりナビ」を発行するカラフルカンパニー、「家づくりナビフェスタ」を5月18日・19日に富山産業展示館で開催 富山県富山市

2024.04.12
北陸の住宅情報誌「家づくりナビ」を発行する株式会社カラフルカンパニー(石川県金沢市、中井義貴社長)は、2024年5月18日・19日の2日間、「富山産業展示館(愛称:テクノホール)西館」(富山県富山市)で「家づくりナビフェスタ」を開催する。

9回目の開催となる今回は、富山で活躍する住宅会社・工務店など26社が出展。
会場では、効率的に注文・建売住宅、リフォーム、土地の情報収集が可能で、各社のブースでは企業担当者に直接、家づくりについて相談が可能。
資料やホームページでは分かりづらい、住まいの特徴や担当者の人柄をチェックすることもできるという。
(さらに…)

【ニュース】 立山黒部アルペンルート、現在日本に残る唯一のトロリーバス「立山トンネルトロリーバス」が2024年に最終運行を迎えることを記念し、6月1日よりイベントを開催 富山県富山市

2024.04.11
富山県と長野県を結ぶ世界有数の山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」(運営:立山黒部貫光株式会社、富山県富山市、見角要社長)は、現在日本に残る唯一のトロリーバス「立山トンネルトロリーバス」が2024年に最終運行を迎えることを記念し、2024年6月1日より、トロリーバスの魅力を堪能できるイベントを開催する。

「立山トンネルトロリーバス」は、立山黒部アルペンルート内の「室堂」~「大観峰」間約3.7kmを10分間で結ぶ、日本最後のトロリーバス。
立山の主峰・雄山(3,003m)の直下を貫通する立山トンネルを走るトロリーバスとして1996年から運行を開始、これまで約1,920万人が乗車したという。

トロリーバスは「バス」と呼ばれているが、「電車」の仲間で、普通のバスのようにタイヤで走行し、運転操作もハンドルを使用するものの、電車線から電力の供給を受けて走る。
正式名称は「無軌条電車」で、法律上も「鉄道」に分類されているユニークな乗り物だという。

04111200
(さらに…)