【ニュース】 星野リゾートと明日香村、「地域活性化包括連携協定」を締結、地域に根ざした宿泊施設を2023年に開業予定 奈良県明日香村

2019.08.20
株式会社星野リゾート(長野県軽井沢町、星野佳路代表)と奈良県明日香村は8月15日、「地域活性化包括連携協定」を締結した。
両者は2016年10月28日、「企業立地に関するパートナーシップ協定」を締結しており、今回新たな協定を結ぶことで相互の連携を強化する。

明日香村は、推古天皇や聖徳太子・蘇我馬子・小野妹子などの偉人が活躍し、日本の中央集権律令国家が誕生した場所。
地域の景観を守るため、通称「明日香法」と呼ばれる特別措置法により、日本国内で唯一、行政区域内の全域が歴史的風土保存地区に指定されている。

星野リゾートでは、同村で地域に根ざした宿泊施設の開発計画を進めており、2023年の開業を予定しているという。

201908201200
(さらに…)

【ニュース】 奈良市、奈良市東部地域の観光・民泊情報を提供するプロモーションサイト「ならのはるをめざして。」をグランドオープン 奈良県奈良市

2019.08.07
奈良市は今夏、奈良市東部地域の観光・民泊情報を提供するプロモーションサイト「ならのはるをめざして。」をグランドオープンする(プレオープンは今春)。

グランドオープンにあたっては、第2回入江泰吉記念写真賞を受賞した写真家・田淵三菜氏に、サイト内のメイン写真の提供やエッセイの寄稿等を依頼。
今後は、田淵氏や料理研究家・三原寛子氏が出演する動画の公開や、Instagram・ポスター等を活用したPR展開を予定しており、旅行会社による宿泊と体験コンテンツを組み合わせたツアー造成やオーダーメイドのツアーを実施、奈良市観光協会と協力したツアー造成も推進するという。
(さらに…)

【ニュース】 奈良交通、「道の駅レスティ唐古・鍵」で大感謝祭を8月7日~9日に開催、ボンネットバスを展示 奈良県田原本町

2019.08.01
奈良交通株式会社(奈良県奈良市、植田良壽社長)は、同社が運営管理を受託している「道の駅レスティ唐古・鍵」(奈良県田原本町)で、大感謝祭を8月7日~9日に開催する。

同イベントでは、ボンネットバスを展示、8月9日は先着順で乗車可能。
その他、大道芸パフォーマンスショーや子どもバス運転者制服記念撮影など、年代を問わず楽しめる催しを企画したという。

201908011000
(さらに…)

【ニュース】 住友不動産と住友不動産販売、上牧町からの協力要請を受け、空き家対策事業で協力協定を締結 奈良県上牧町

2019.07.16
住友不動産株式会社(東京都新宿区、仁島浩順社長)と住友不動産販売株式会社(東京都新宿区、伊藤公二社長)は、空き家対策事業に取り組んでいる奈良県上牧町からの協力要請を受け、7月12日に同町との協力に関する協定を締結した。

同町は、奈良県南西部の穏やかな丘陵地帯に広がる住宅街。
大阪市の中心部まで電車などで1時間以内にアクセスできるベッドタウンとして発展してきたが、近年は人口の減少が続くとともに、空き家予備軍となる高齢者単身世帯の増加に伴い、空き家対策が急務になっているという。
(さらに…)

【ニュース】 近商ストアなど、ハーベスあやめ池店周辺で移動スーパー「とくし丸」近商ストア4号車の運行を7月10日より開始 奈良県奈良市

2019.07.02
近鉄グループの株式会社近商ストア(大阪府松原市、粕本源秀社長)は、株式会社とくし丸(徳島県徳島市、住友達也社長)と提携し、「ハーベスあやめ池店」(奈良県奈良市)周辺で移動スーパー「とくし丸」近商ストア4号車の運行を7月10日より開始する。
なお今回の4号車は、近商ストアとして初となる女性の販売パートナー(個人事業主)による運行になるという。

近商ストアは、地域密着型のスーパーマーケットとして、これまでも主に奈良県北部の店舗を中心に、店頭購入商品を自宅まで配送する「宅配サービス」や、帰りタクシー代を一部負担する「楽タクサービス」等を通じ、買物サポートに取り組んできた。
今回の移動スーパー「とくし丸」の運行は、購入客の自宅に個別に訪問して販売を行うため、一人暮らし高齢者の「見守り役」にもつながるとしている。

201907021100
(さらに…)

【ニュース】 生駒市、「いこま空き家流通促進プラットホーム」設立から1年が経過、取扱い36件中9件が成約 奈良県生駒市

2019.06.24
生駒市では、宅建士や建築士など7業種の不動産流通に関わる専門家で構成する「いこま空き家流通促進プラットホーム」を設立してから1年が経過、これまでに36件を取扱い、このうち9件が成約した。

同プラットホームでは、「どこに相談していいのかわからない」「相談したけど受け付けてもらえなかった」など、様々な不安を抱えている空き家所有者に専門家が寄り添い、一つ一つの物件に対してオーダーメイドで対応方針を提案してきたという。

201906240900
(さらに…)

【ニュース】 奈良市、民間ノウハウを活用した公園の持続的な維持管理・運営体制の構築を目指す社会実験イベント「まちの食卓」を6月16日に開催 奈良県奈良市

2019.06.14
奈良市は、社会実験イベント「まちの食卓」を同市内の公園で6月16日に再び開催する。
前回は4月14日に開催、今回は6月15日に予定していたが、雨天の可能性が非常に高いため延期とした。

現在同市には570箇所の公園があり、その整備・維持管理費として年間約2億3800万円を計上している。

同事業は、同市の若手職員と地域の若手民間有識者が連携したプロジェクトチームが担当。
官民連携により、民間ノウハウを活用した公園の持続的な維持管理・運営体制の構築を目指すモデル事業だという。

同事業では、公園を家族の集うリビングやダイニングと見立てることにより、住民が家族として食事や談話をする場所やくつろげる空間を創出する。
普段は知らない人同士でも、同じ食卓で語らうことにより、コミュニケーションを創出し、一緒に地域における公園の活用方法や新しい使い方等を考えるとしている。
(さらに…)

【ニュース】 生駒山上遊園地、ボーネルンドが設計・監修を手掛ける国内最大規模の屋外あそび場「PLAY PEAK ITADAKI」を7月13日にオープン 奈良県生駒市

2019.05.30
近鉄レジャーサービス株式会社(大阪市天王寺区、斉藤悦啓社長)は、同社が運営する生駒山上遊園地(奈良県生駒市)で、株式会社ボーネルンド(東京都渋谷区、中西弘子代表)が設計・監修を手掛ける国内最大規模(約9,800㎡)の屋外あそび場「PLAY PEAK
ITADAKI」(プレイ ピーク イタダキ)を7月13日にオープンする。

「PLAY PEAK ITADAKI」は、「心地よい山のあそび場」をコンセプトとし、豊かな自然に囲まれた生駒山の頂(いただき)に、ヨーロッパ製の屋外遊具(22種類)を設置するもの。

201905301000
(さらに…)

【ニュース】 奈良市など、昨年に引き続き「もっともっとおもしろい奈良をつくる100人会議」を6月2日に開催、子ども×若者×おとなが協働 奈良県奈良市

2019.05.16
奈良市と公益財団法人奈良市生涯学習財団は、「子どもの参画ネットワーク奈良」と共催で、「子ども・若者・おとなが協働しておもしろいまちをつくる」ための取り組みとして、昨年に引き続き、「もっともっとおもしろい奈良をつくる100人会議」を6月2日に開催する。

昨年は、初開催した「100人会議」の参加者を中心に、子どもが社会の仕組みを学ぶイベント「子ども奈良CITY」を昨年12月に開催。
小・中学生195人が参加した。

今回も、継続して参画している運営メンバーが「100人会議」を企画。
11月16日・17日には、同じく昨年に続き、「子ども奈良CITY」の開催を予定しているという。
(さらに…)

【ニュース】 近商ストア、とくし丸と提携し、移動スーパー「とくし丸」近商ストア3号車を大和高田店周辺で4月17日より運行開始 奈良県大和高田市

2019.04.08
近鉄グループの株式会社近商ストア(大阪府松原市、粕本源秀社長)は、株式会社とくし丸(徳島県徳島市、住友達也社長)と提携し、大和高田店(奈良県大和高田市)周辺で移動スーパー「とくし丸」近商ストア3号車の運行を4月17日より開始する。
販売商品は、食料品・生鮮食品・お惣菜・日用品等、約400品目・1,200点。

「とくし丸」は、2018年4月4日に近商ストア生駒店(奈良県生駒市)周辺で1号車の運行を開始、同年10月1日 近商ストア槇塚台店(大阪府堺市南区)周辺で2号車の運行を開始している。
販売パートナー(個人事業主)による運行は今回の3号車が初めてだという。

201904081000
(さらに…)