【PR記事】 ダイワロイヤルホテルシティ、大阪メトロ「堺筋本町」駅徒歩1分の「ダイワロイネットホテル大阪堺筋本町」をオープン 大阪府大阪市

2021.10.26
ダイワロイヤルホテルシティ株式会社(東京都千代田区、伊藤光博代表)は10月26日、「ダイワロイネットホテル大阪堺筋本町」(大阪市中央区)を新規オープンする。

同ホテルは、大阪メトロ堺筋線・中央線「堺筋本町」駅より徒歩1分、大阪メトロ御堂筋線・中央線・四つ橋線「本町」駅より徒歩8分の立地。
「本町」エリアは、江戸時代からの歴史が息づく大阪の中心地で、落ち着いたオフィス街。
堺筋本町駅は2路線、本町駅は3路線が利用可能で、大阪全体を楽しみ尽くすことができるという。

10261140
(さらに…)

【ニュース】 南海電気鉄道と大阪調理製菓専門学校、南海沿線地域の活性化を目的に連携協定を11月5日に締結、第一弾では泉州食材を使用したお菓子レシピコンテストを実施 大阪府泉大津市

2021.10.21
南海電気鉄道株式会社(大阪市中央区、遠北光彦社長)と学校法人村川学園 大阪調理製菓専門学校(大阪府泉大津市、村川秀夫校長)は、南海沿線地域の活性化を目的に、連携協定を2021年11月5日に締結する。

同協定は、「食」を通じた沿線の活性化やまちづくり、新規事業の創出などに取り組む南海電気鉄道と、美食の街・泉州を定着させ、地域の活性化や観光客の増加、住みたい街づくりに取り組む村川学園の双方の想いが合致したことによるもの。
両者は今後、対話を通じた密接な連携により、共同事業やそれぞれの施策への協力を通じ、南海沿線地域の成長・発展を図るとしている。
(さらに…)

【PR記事】 ホテルインターゲート大阪 梅田、イベント「おもしろ英語で楽しむ落語&三味線芸」を12月19日・20日に開催、大阪市の伝統芸能活用モデルプログラムの一環 大阪府大阪市

2021.10.19
株式会社グランビスタホテル&リゾート(東京都千代田区、須田貞則社長)は、同社が運営する価値体験型ホテル「ホテルインターゲート大阪 梅田」(大阪市北区、種村昌宏支配人)で、イベント「おもしろ英語で楽しむ落語&三味線芸」を2021年12月19日・
20日の2日間開催する。

同イベントは、大阪市が主催する伝統芸能を活用したモデルプログラム「OSAKA TRAD SHOW」の一環として行うもの。
当日は、桂福團治一門・上方落語家の桂福龍氏による「英語落語」と、「女道楽」の唯一の継承者・内海英華氏による寄席芸を、同ホテル2階のインターゲートラウンジで、わかりやすい解説と美しい舞踊とともに披露するという。

10191140
(さらに…)

【ニュース】 三井不動産、パナソニック工場跡地の大規模複合街づくり型開発事業のうち、商業施設街区を着工、開業予定は2023年春 大阪府門真市

2021.10.18
三井不動産株式会社(東京都中央区、菰田正信社長)は、パナソニック工場跡地(大阪府門真市)を活用し、同社が推進する商業施設・住宅(分譲マンション)・会員制倉庫型店舗・事業所の4つの街区で構成される大規模複合街づくり型開発事業のうち、10月4日に商業施設街区「(仮称)門真市松生町商業施設計画」の起工式を実施した。
商業施設の開業は2023年春の予定。

住宅街区では、三井不動産レジデンシャル株式会社(東京都中央区、嘉村徹社長)が11階建て・155戸(予定)の大規模分譲マンションを開発、2023年度の竣工・入居開始を目指す。
その他の街区には、コストコホールセールジャパン株式会社(川崎市川崎区、ケンテリオ代表)が会員制倉庫型店舗「コストコホールセール」、東和薬品株式会社(大阪府門真市、吉田逸郎社長)の事業所が進出する。

10181200
(さらに…)

【ニュース】 近鉄不動産、住宅リースバック事業「ずっと このいえ」を2021年11月より開始、沿線活性化に向けた新たな取り組み 奈良県奈良市

2021.10.18
近鉄不動産株式会社(大阪市天王寺区、倉橋孝壽社長)は、近鉄沿線での新たなサービスとして、住宅リースバック事業「ずっと このいえ」を2021年11月から開始する。

住宅のリースバックは、「自宅にそのまま住みながら、自宅の売却(現金化)ができる」というサービス。
少子高齢化を背景に「老後資金を手厚く準備し、不安を解消したい」「子供には別に家があり、残す必要がない」等、社会意識が変化する中で「自宅を担保に融資を受ける」という「リバース・モーゲージ」と並び、高齢者を中心に注目を集めているという。

奈良県奈良市・生駒市の同社がこれまで開発分譲した住宅地から開始し、順次拡大する予定。
対象物件はが自己所有の一戸建てで、12月中旬には「住まいと暮らしのぷらっとHOME 学園前」(奈良県奈良市)でセミナーを開催する予定。
(さらに…)

【ニュース】 藤田観光、フラット・フィールド・オペレーションズとフランチャイズ契約、「ホテルきららリゾート関空」を「関空泉大津ワシントンホテル」として12月16日にリブランドオープン 大阪府泉大津市

2021.10.18
藤田観光株式会社(東京都文京区、伊勢宜弘社長)は、株式会社フラット・フィールド・オペレーションズ(大阪府泉大津市、平野誠代表)とフランチャイズ加盟契約を締結、「ホテルきららリゾート関空」(大阪府泉大津市)を「関空泉大津ワシントンホテル」として2021年12月16日にリブランドオープンする。
両社によるフランチャイズ加盟契約は、「関西エアポートワシントンホテル」(大阪府泉佐野市)に次いで2店舗目となる。

「関空泉大津ワシントンホテル」は、関西国際空港より無料送迎バスで約20分(全便運休中)の立地。
地元の人などが利用するレストランや宴会場も引き続き営業する。

10181000
(さらに…)

【ニュース】 近鉄不動産など、近鉄高架下初の賃貸ガレージハウス第1号物件を近鉄奈良線「河内花園」駅東側に建築、「KINTETSUxDAYTONA HOUSE」を共同展開 大阪府東大阪市

2021.10.15
近鉄不動産株式会社(大阪市天王寺区、倉橋孝壽社長)と近畿日本鉄道株式会社(大阪市天王寺区、都司尚社長)はこのほど、近鉄奈良線の「河内花園」駅東側の近畿日本鉄道が所有する鉄道高架下で、鉄道高架下有効活用の新たな形として、近鉄線では初となるガレージハウス(大阪府東大阪市、6棟12戸)の建築に着手した。
物件名称は未定。

近鉄不動産ではこれまでも、ガレージと住居が一体となった賃貸物件としてガレージハウス事業(2物件・各4戸)を行っているが、鉄道高架下では今回の同物件が第1号となる。
今回の同物件は、近鉄奈良線「河内花園」駅より徒歩4分に位置し、大阪中央環状線までは車で3分、鉄道・車の両方に利便性の高い立地。
車・バイク愛好家のほか、テレワークや作業場、起業後の新たなオフィス等の用途にも対応可能で、多様化するワーク・ライフスタイルに新たな住まいのかたちを提案する。

10151100
(さらに…)

【PR記事】 ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター、レストランのコンセプトを一新、「SMOKE & GRILL Rivage」としてリニューアルオープン 大阪府大阪市

2021.10.15
株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント(東京都港区、代田量一社長)は、同社が運営する「ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター」(大阪市淀川区)でレストラン「RIVAGE(リバージュ)」のコンセプトを一新、「SMOKE & GRILL Rivage(スモーク アンド グリル リバージュ)」として2021年10月15日ランチタイムよりリニューアルオープンする。

同レストランではこれまで、料理長厳選の豊富な肉の種類と確かな火入れ技術のステーキ、自家製ハンバーグを提供してきた。
今回のリニューアルでは、こだわりの焼き方がさらに進化し、炭火を使用した本格BBQグリラーが新たに登場する。

10151040
(さらに…)

【ニュース】 南海電気鉄道、南海堺駅ビルと泉ヶ丘ひろば専門店街で初の直営シェアオフィス「Lieffice By NANKAI」を11月~12月にオープン 大阪府堺市

2021.10.12
南海電気鉄道株式会社(大阪市中央区、遠北光彦社長)は、2021年11月22日に南海堺駅ビル(堺市堺区)7階で、2021年12月頃に泉ヶ丘ひろば専門店街(堺市南区)で、シェアオフィス「Lieffice(リーフィス) By NANKAI」をそれぞれオープンする。
同社が直営のシェアオフィスをオープンするのは、今回が初めて。

両シェアオフィスでは、新しい生活様式により、テレワークが浸透している中、web会議等にも対応できるよう鍵付き完全個室ブースを設置。
従量課金制での利用や、月額で使い放題の個人プランがあり、テレワークや勉強用、勤務時間中の空き時間での利用など、多様な利用スタイルに対応する。

10121100
(さらに…)

【ニュース】 門真市、社会実験「Fact Eat kadoma」のプログラムで公共空間を活用したイベント「LUNCH PARK」を実施、門真市駅周辺のエリアリノベーションの一環 大阪府門真市

2021.10.11
門真市(宮本一孝市長)は、門真市駅周辺のエリアリノベーションの一環として開催している、同エリアの公共空間や遊休不動産を活用した社会実験「Fact Eat kadoma(ファクト イート カドマ)」のプログラムで、公共空間を活用したモーニング・ランチタイムイベント「LUNCH PARK」を門真プラザ駐車場で2021年10月19日~12月12日の火・木・日曜日に実施する。

エリアリノベーションとは、社会構造の変化するスピードが早い現代の新しいまちづくりとして、低利用の公共空間や空き家・空き地等を活用し、チャレンジできる場づくりやリノベーションによりまちの魅力を積み上げ、エリアの価値やイメージを向上させる実践的手法。

今回の同取り組みの目的は、地域住民や地元企業など、多様な人が出会い、交わる社会実験として、門真市駅前エリアの「未来の風景」を仮説的につくり、地域活性化につなげていくこと。
同市はものづくり企業が多く立地し、働くまちであると同時に、住宅地としての役割を持つ多様性のあるまちだという。
(さらに…)