【ニュース】 東急不動産と東急リゾーツ&ステイ、「ホテルニセコアルペン」をホテルコンドミニアムへ建て替え、2026年冬に開業予定 北海道倶知安町

2023.01.30
東急不動産株式会社(東京都渋谷区、岡田正志社長)と東急リゾーツ&ステイ株式会社(東京都渋谷区、粟辻稔泰社長)は、「Value up NISEKO 2030」プロジェクト第2弾の取り組みとして、「ホテルニセコアルペン」(北海道倶知安町)をホテルコンドミニアムへ建て替える。

同プロジェクトは、2030年に向け、世界に通用する「NISEKO」ブランドを目指し、行政・地元企業・地域の人々と連携し、課題解決やエリアの活性化を企図したまちづくりプロジェクト。
スマートリゾート推進のほか、スキー場の索道更新といったハード面整備に加え、オールシーズン化に向けた施策などソフト面の取り組みも実施する。
第1弾では、ニセコで最も輸送実績のあるリフトの架け替えを決定しているという。

01301100
(さらに…)

【PR記事】 KIKI 知床ナチュラルリゾート、大浴場・サウナをリニューアルオープン 北海道斜里町

2023.01.30
株式会社知床プリンスホテル(北海道斜里町、桑島大介代表)は、同社が運営する「KIKI 知床ナチュラルリゾート」(北海道斜里町)で、2023年1月、大浴場・サウナをリニューアルオープンした。

リニューアル後の大浴場・サウナでは、男女合わせて4つのサウナが楽しめるほか、水風呂はしっかりつかれるよう深めの設定。
また、温度が異なる3つの浴槽と露天風呂1つも完備、子どもも安心して入れる浅い湯も設定し、家族連れでも楽しめるとしている。

01300940
(さらに…)

【PR記事】 札幌パークホテル、エントランス横チャペル側スペースに「氷彫刻」を2月28日まで設置、今年のモチーフは「北海道庁旧本庁舎 赤れんが庁舎」 北海道札幌市

2023.01.27
株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(東京都千代田区、須田貞則社長)が経営する「札幌パークホテル」(札幌市中央区、荒木田康総支配人)は、2023年1月25日~2月28日の期間、同エントランス横チャペル側スペースに「氷彫刻」を設置する。

札幌では、3年ぶりに「さっぽろ雪まつり」の会場での開催があることから、多くの観光客の来訪が予想されているという。

今年のモチーフは「北海道庁旧本庁舎 赤れんが庁舎」。
同庁舎は、1888年に建てられ、重要文化財として国の指定を受けた北海道を代表する歴史的建造物だが、2022年11月7日~2025年2月17日の期間、大規模改修工事を実施しているため、現在は直接見学することができないという。

01270940
(さらに…)

【PR記事】 京急EXホテル札幌、富士通Japanが提供する新レセプションサービスの運用を開始、完全非接触・非対面でチェックインからチェックアウトまで可能に 北海道札幌市

2023.01.26
株式会社京急イーエックスイン(横浜市西区、染崎素洋代表)は、富士通Japan株式会社(東京都港区、砂田敬之社長)が提供する「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart(グロービアスマート)ホテルSaaSノータッチステイサービスオプション」を中核とした新レセプションサービスを導入、2023年1月25日より「京急EXホテル札幌」(札幌市北区)で運用を開始した。

同ホテルでは、開業時よりキャッシュレス決済の導入やセルフチェックイン機を設置しており、さらに、富士通Japanの「ノータッチステイサービス」と、今回追加導入するオムロンソーシアルソリューションズ株式会社(東京都港区、細井俊夫社長)のセルフ事前チェックイン機を連携させることで、チェックインからチェックアウトまで完全に非接触・非対面で行える新レセプションサービスの運用を開始した。

同サービスにより、利用客は、LINE上での予約確認や、従来チェックイン時にフロントで求められた宿泊者名簿の記入を事前に行うことが可能となる。
また、LINE上に表示される予約QRコードをフロントに新設したセルフ事前チェックイン機にかざすだけでルームキーの受領や返却も可能となり、チェックインからチェックアウトまで、全て非接触・非対面で完結できるとしている。

01261040
(さらに…)

【ニュース】 大京など5社、開発中の新築分譲マンション「ザ・札幌タワーズ」のマンションギャラリーを1月21日より一般公開 北海道札幌市

2023.01.19
株式会社大京(東京都渋谷区、深谷敏成社長)を幹事会社とする事業者5社(株式会社大京・京阪電鉄不動産株式会社・ミサワホーム北海道株式会社・大和ハウス工業株式会社・株式会社キムラ)は、開発中の新築分譲マンション「ザ・札幌タワーズ」(札幌市東区)のマンションギャラリーを2023年1月21日より一般公開する。

同物件は、「ウエストタワー」「イーストタワー」の2棟で構成する、北海道最高層のツインタワー型分譲マンション(2022年9月現在、地上30階建てのツインタワー型分譲マンションは北海道内で最高層、事業者5社調べ)。
同じ開発区画内では、都市公園・商業施設・ホテルなどの開業も予定されている。

01190900
(さらに…)

【PR記事】 京王プラザホテル札幌、鞄工房「いたがき」とタイアップし、レザーアイテムの制作とジントニックづくりを体験できるイベントを2月25日に開催 北海道赤平市

2023.01.18
京王プラザホテル札幌」(株式会社京王プラザホテル札幌、札幌市中央区、池田純久代表)は、株式会社いたがき(北海道赤平市、板垣江美代表)とタイアップし、2023年2月25日にコラボレーション企画「~オトナ時間を楽しむための Leather & bar 入門~」を開催する。

同イベントは、使い込むほどに色艶が増すタンニンなめしのレザーアイテムの制作と、自分だけの「究極」のジントニックづくりを体験、職人とバーテンダーのこだわりが詰まった「本物」と過ごすオトナ時間を楽しめるというもの。
格式高い雰囲気や価格などから敷居が高いと感じている人に向け、タンニンレザーアイテムと、ホテルのオーセンティックバーをより身近に感じてもらうためのエントリーイベントとして企画したという。

01180940
(さらに…)

【PR記事】 中部国際空港セントレアホテル、「北海道」をテーマとしたランチブッフェを2月26日まで土日祝日限定で開催 北海道札幌市

2023.01.10
株式会社名鉄グランドホテル(名古屋市中村区、山本輝幸総支配人)が運営する「中部国際空港セントレアホテル」(愛知県常滑市)は、2023年1月7日~2月26日の期間、土日祝日限定で「北海道」をテーマとしたランチブッフェを開催する。

同ホテルのレストラン「コスモス」のランチブッフェでは、2ヶ月毎に異なるテーマでフェアを開催しており、2023年第1回となる今回は、中部国際空港からの就航地となっている北海道にスポットを当て、ジンギスカンや石狩鍋をはじめとする北海道各地の郷土料理や、豊かな自然で育まれた北の恵みを使用した料理など、25種類以上の料理・デザートを用意するという。

01100940
(さらに…)

【PR記事】 札幌グランドホテル、館内レストランやベーカリーで「いちご&あんこフェア」を1月31日まで開催、和と洋のコラボレーション 北海道札幌市

2023.01.05
株式会社グランビスタホテル&リゾート(東京都千代田区、須田貞則社長)が経営する「札幌グランドホテル」(札幌市中央区、長瀬隆則総支配人)は、2023年1月31日まで「いちご&あんこフェア」を開催する。

期間中、東館1階「ノーザンテラスダイナー」では、人気のテーブルオーダースイーツバイキング「THE SWEETS!」で、いちご&あんこをテーマにしたスイーツ食べ放題企画を1月16日~20日に期間限定で開催。
本館1階「ロビーラウンジ ミザール」では、毎月好評の「アフタヌーンティーセット」で、いちごのヴェリーヌをはじめとするスイーツを提供する。
東館1階「ザ・ベーカリー&ペイストリー」では、「いちごとあずきのガトー」や「あんクロワッサン」 など、和洋折衷の様々なスイーツ&ブレッドを提供するという。

01051040
(さらに…)

【ニュース】 美幌町、「移住体験住宅」の令和5年度分利用申込み受付を1月10日より開始、ワーケーションなど幅広いニーズに対応 北海道美幌町

2023.01.04
北海道美幌町(平野浩司町長)は、「移住体験住宅」の令和5年度分利用申込み受付を2023年1月10日より開始する。

同町は、女満別空港より車で15分、人口約1万8,000人の町。
生活施設が半径2kmの中心地にまとまって揃っているほか、全国有数の日照率の高さや降水量の少なさから、湿度が低く、夏の過ごしやすさは移住者や移住体験者から高い評価を得ているという。
近年は、テレワークやワーケーション、都市と地方の2拠点での移住など、多様化するニーズに対応するため、複数のタイプの移住体験住宅とテレワーク施設を整備している。

01041000
(さらに…)

【ニュース】 平和不動産など、「大通西4南地区第一種市街地再開発事業」で札幌市より都市計画決定告示、業務・商業・宿泊・駐車場で構成する複合開発 北海道札幌市

2022.12.19
平和不動産株式会社(東京都中央区、土本清幸社長)は、権利者とともに進めていた「大通西4南地区第一種市街地再開発事業」(札幌市中央区)で、札幌市より2022年12月16日付で都市計画決定の告示が行われたと発表した。

同社は今後、権利者とともに、次の段階となる市街地再開発組合設立へ向けた検討に着手する。
デザイン監修者の隈研吾氏(株式会社隈研吾建築都市設計事務所)と魅力あるデザイン検討を行うとともに、札幌都心部の中心的な場に相応しい拠点の形成に向け、引き続き取り組んでいくという。

12191200
(さらに…)