【PR記事】 マイステイズ・ホテル・マネジメント、屋外スパ併設の旧レンブラントホテル鹿児島を「アートホテル鹿児島」としてリブランドオープン 鹿児島県鹿児島市

2019.10.02
株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント(東京都港区、代田量一社長)は9月30日、旧レンブラントホテル鹿児島(鹿児島県鹿児島市)の運営受託を開始、「アートホテル鹿児島」としてリブランドオープンした。

同ホテルは、鹿児島空港より空港バスで68分、JR「鹿児島中央」駅より車で15分、桜島を望む鴨池港に面した立地。
館内には、桜島の眺望を楽しめる客室のほか、野外スパ(天然温泉)や屋外プール、レストラン2店舗、宴会用施設6会場に婚礼施設を完備している。

今後は、マイステイズ・ホテル・グループの「アートホテル」ブランドとして、公式ウェブサイトでは日本語・英語・韓国語・中国語(繁体・簡体)の多言語対応、チャット・メール・電話による24時間サポートや各種スマホ決済サービスなどを順次導入するという。

201910020940
(さらに…)

【PR記事】 ソラシドエア、地域振興機体活用プロジェクトの終了を契機にいちき串木野市と包括的連携協定を締結 鹿児島県いちき串木野市

2019.09.17
ソラシドエア(宮崎県宮崎市、髙橋宏輔社長)は9月13日、いちき串木野市と地域社会発展に寄与することを目的とした包括的連携協定を締結した。

同市は、同社の地域振興機体活用プロジェクト「空恋~空で街と恋をする~」の22番目のパートナーとして、2018年9月から約1年間、「うんかまか!つけあげ!いちき串木野号」を運航。
今回、約1年間のフライトを終えたことを契機に、包括連携協定を締結する運びとなった。
両者は今後も一層連携を強め、観光や地域産業、地域文化の振興、地域発展の寄与を目的に、エアラインと自治体が相互連携することで、様々な取り組みを行っていくとしている。

201909171040
(さらに…)

【ニュース】 奄美イノベーション、九州大学と台湾師範大学の「日台間の観光交流の促進に関する共同研究」に参画、産学連携でインバウンド客誘致 鹿児島県奄美市

2019.08.21
奄美イノベーション株式会社(鹿児島県奄美市、山下保博代表)は、九州大学経済学研究院(福岡市西区、星野裕志教授)と国立台湾師範大学運動休閒與餐旅管理研究所(台湾台北市、王國欽教授)が2017年より実施している「日台間の観光交流の促進に関する共同研究」のパートナーとして、今年8月より奄美大島への台湾・中国からのインバウンド客の誘致に向けた活動を開始した。

同プロジェクトは、国立台湾師範大学が選考した学生やジャーナリスト4名が、8月21日より9月末まで奄美大島に滞在し、台湾・中国からの観光客に向け、観光資源の掘り起こしを行うというもの。
外国人によるインバウンド客増加に向けたプロジェクトを、海外の大学と日本の大学が共同で行う例は今回が日本初となる。
(さらに…)

【ニュース】 ソラシドエア、伊佐農林高等学校の生徒が製造した「更生之素」など新たな機内販売新商品を8月1日より販売 鹿児島県伊佐市

2019.07.31
株式会社ソラシドエア(宮崎県宮崎市、髙橋宏輔社長)は、機内販売新商品「更生之素」「お手紙メモ」を8月1日より販売する。

「更生之素」は、伊佐農林高等学校(鹿児島県伊佐市)で昭和7年から受け継がれ、同校生徒が授業の一環として製造・販売を行う地元の味。
校内で育てた黒豚やショウガと、3ヶ月かけて仕込んだ麦みそを使用し、丁寧に手作業で作り上げた商品を数量限定で機内販売する。

201907311100
(さらに…)

【PR記事】 奄美イノベーション、全13棟の新築ビーチフロントヴィラ「伝泊 The Beachfront MIJORA」をオープン 鹿児島県奄美市

2019.07.10
奄美の伝統的な古民家を再生した宿泊施設「伝泊」を運営する奄美イノベーション株式会社(鹿児島県奄美市、山下保博社長)は7月10日、全13棟の新築ビーチフロントヴィラ「伝泊 The
Beachfront MIJORA
(でんぱく ザ ビーチフロント ミジョラ)」(鹿児島県奄美市)をオープンした。

同施設は、奄美大島出身の建築家でもある山下保博社長が手掛けるヴィラ形式の宿泊施設。
奄美大島の北部、奄美空港より車で約10分の静かな海辺に位置する。

1棟貸し切りタイプの建物は全て海に面しており、室内から海岸に張り出すように、開放的なデッキが広がるという。

201907101140
(さらに…)

【PR記事】 鹿児島東急REIホテル、1階レストランで鹿児島県産の食材を使用した「薩摩フレンチコース 涼風」を9月30日まで販売 鹿児島県鹿児島市

2019.07.08
鹿児島東急REIホテル(鹿児島県鹿児島市、白木敦義総支配人)は、同ホテル1階レストラン「シャングリ・ラ」で、鹿児島県産の食材を使用した「薩摩フレンチコース 涼風(りょうふう)」を9月30日まで販売する。

同商品は、東京で研鑽を積んだ救仁郷義伸(くにごう よしのぶ)シェフが、鹿児島産食材にこだわったフランス料理を提案するシリーズ。
夏の甲突川の穏やかな流れと、涼しい風をイメージし、涼風(りょうふう)と名付けた。

201907091040
(さらに…)

【PR記事】 ユニゾホテル、新規ホテル「ユンゾインエクスプレス鹿児島天文館」をオープン、鹿児島県内初出店 鹿児島県鹿児島市

2019.06.04
ユニゾホールディングス株式会社(東京都中央区、小崎哲資社長)の100%子会社・ユニゾホテル株式会社(東京都中央区、小崎哲資社長)は6月3日、鹿児島県内初出店となる新規ホテル「ユニゾインエクスプレス鹿児島天文館」(鹿児島県鹿児島市)をオープンした。

「ユニゾインエクスプレス」のブランドコンセプトは、「最小限の設備・備品に絞ることで低価格帯の販売を実現し、収益を極大化させたビジネスホテル」。
徹底した合理化により、コンパクトに設計した客室で、一流メーカー製のシングル100cm幅のベッドや非接触性カードキーなど、必要性の高い設備・備品に絞って提供する。

201906041140
(さらに…)

【ニュース】 渋谷・鹿児島おはら祭実行委員会、「第22回渋谷・鹿児島おはら祭」を5月19日に開催、「鹿児島焼酎&ミュージックフェス」なども同時開催 鹿児島県鹿児島市

2019.04.15
渋谷区、鹿児島市、渋谷区商店会連合会中央ブロック、NPO法人渋谷・鹿児島文化等交流促進協議会で構成する渋谷・鹿児島おはら祭実行委員会は、南九州最大の祭「おはら祭」を東京・渋谷区で再現する「第22回 渋谷・鹿児島おはら祭」を5月19日に開催する。
当日は、約2,600人の踊り手が65組の踊り連に分かれて、渋谷の道玄坂・文化村通りで「踊りパレード」を実施する。

また、5月18日・19日の2日間は、東急百貨店本店正面口などで、鹿児島の特産品を紹介・販売する「さつまの物産展」、鹿児島の情報を伝える「渋谷・鹿児島の観光案内」を実施。
鹿児島県内のさまざまな焼酎を飲みながら、ジャズなどの音楽や鹿児島の伝統工芸品、特産品などを楽しむことができる「鹿児島焼酎&ミュージックフェス」も代々木公園ケヤキ並木で同時開催する。
期間中は、渋谷の街が鹿児島一色に染まるという。

201904151200
(さらに…)

【PR記事】 日本興業グループ、イオンタウン姶良近接地で「姶良」をコンセプトに「AIRAIKU HOTEL Kagoshima」を新築オープン 鹿児島県姶良市

2019.04.10
日本興業グループ(鹿児島県鹿児島市、平山義夫代表)は4月8日、「AIRAIKU HOTEL Kagoshima(アイライクホテルカゴシマ)」(鹿児島県姶良市)を新築オープンした。

同ホテルは、鹿児島空港より車で約25分、大型商業施設「イオンタウン姶良」までは徒歩5分の立地。
「姶良」をコンセプトに、姶良市民に愛され、姶良を訪れる人に愛され、姶良をもっと好きになってもらえるホテルを目指すという。
姶良市の特産品を展示販売するコーナーも設置した。

201904100940
(さらに…)

【PR記事】 ひまわり・太陽光システム、志布志市との立地協定に基づき、JR志布志駅前で「ホテル志布志」を新築オープン 鹿児島県志布志市

2019.04.04
太陽光発電事業や飲食レジャー施設などを手掛けるひまわり・太陽光システム株式会社(鹿児島県串良町)は4月1日、大隅半島では最新のホテルとなる「ホテル志布志」(鹿児島県志布志市)を新築オープンした。

同社は2018年6月、志布志市と立地協定を締結。
同ホテルは、JR「志布志」駅より徒歩約2分に位置し、志布志港の港湾機能の拡充によるビジネス客の増加と、フェリーさんふらわあ利用による観光客の増加を見込んだもの。
同事業により、交流人口の増加と地域経済の活性化が期待されているという。

201904041040
(さらに…)