【PR記事】 ルートインジャパン、男女別人工温泉大浴場完備のビジネスホテル「ホテルルートイン武生インター」をオープン 福井県越前市

2019.05.21
ルートインジャパン株式会社(東京都品川区、永山泰樹代表)は5月20日、男女別人工温泉大浴場完備のビジネスホテル「ホテルルートイン武生インター」(福井県越前市)をオープンした。
ルートインホテルズとしては303店舗目、福井県では5店舗目のホテルとなる。

同ホテルは、北陸自動車道「武生」ICより車で約1分、同「鯖江」ICより車で約10分、JR北陸本線「武生」駅東口より約2.7kmの立地。
国道8号線福井バイパスに面した一画に位置する。

201905210940
(さらに…)

【ニュース】 内外海(うちとみ)海のステージ実行委員会、集落全体を大きな野外ステージに見立てたイベント「海のステージ」を5月24日~6月2日に開催 福井県小浜市

2019.05.15
内外海(うちとみ)海のステージ実行委員会(運営:一般社団法人海の共同通信)は、福井県小浜市の内外海地区田烏(うちとみちくたがらす)で、集落全体を大きな野外ステージに見立て、そのロケーションや伝統を活かし、住民と関係者が一緒になって作り上げるイベント「海のステージ」を5月24日~6月2日に開催する。

集落住民と市街地住民で構成する同実行委員会では、2018年5月に第1回「内外海田烏海のステージ」を開催。
2日間で約1,200人が来場し、集落・地区・市内をはじめ、福井県内、京都・大阪・滋賀といった近県、遠くは東京からの来場者も訪れたという。

201905150900
(さらに…)

【ニュース】 フージャースコーポレーション、福井市で「中央1丁目10番地地区優良建築物等整備事業」の共同住宅・店舗棟及び立体駐車場棟を着工 福井県福井市

2019.04.24
フージャースホールディングス傘下の株式会社フージャースコーポレーション(東京都千代田区、小川栄一社長)はこのほど、保留床取得者として事業参画する「中央1丁目10番地地区優良建築物等整備事業」(福井県福井市)の共同住宅・店舗棟及び立体駐車場棟を着工した。

同事業は、JR福井駅前の西口、商業施設集積エリアの再開発。
中心市街地の活性化及び市民の利便性に寄与する事業として、事業主の元町開発株式会社と行政との連携のもと進められてきた。
エリア内には、共同住宅・店舗棟、立体駐車場棟の他、オフィス棟、商業テナント棟の建設が予定されている。
(さらに…)

【ニュース】 ツギと錦古里漆器店、ショップ・漆器工房・観光案内所・デザイン事務所・レンタサイクルで構成する複合施設を4月21日にオープン 福井県鯖江市

2019.04.16
合同会社ツギ(福井県鯖江市、新山直広代表)と錦古里漆器店(福井県鯖江市、錦古里正孝代表)は、福井のものづくりとデザインの「いま」を体感できる複合施設「TOURISTORE(ツーリストア)」(福井県鯖江市)を4月21日にオープンする。

鯖江と越前は「丹南(たんなん) 」地域と呼ばれ、古くから山川の恵みに見守られながら、眼鏡・繊維・漆器・和紙・打刃物・焼物・箪笥といったものづくりが半径10km圏内で営まれていた場所。
最近では若い移住者が増え、地域内にはファクトリーショップが続々とオープン。
近年は、国内最大規模のオープンファクトリーイベント
「RENEW」なども開催されている。

201904161200
(さらに…)

【ニュース】 越前陶芸まつり実行委員会など、約10万人が来場する福井県最大級の陶器市「第39回越前陶芸まつり」を5月25日~27日に越前陶芸村で開催 福井県越前町

2019.04.11
越前陶芸まつり実行委員会は、「第39回越前陶芸まつり」を5月
25日~27日に越前陶芸村(福井県越前町)で開催する。
後援は福井県、越前町、越前町観光連盟、越前町商工会、みやざき伝統産業文化協会、小曽原区、越前焼工業協同組合、JA越前丹生宮崎支店、福井村田製作所、福井新聞社、NHK福井放送局、FBC福井放送、福井テレビ、FM福井。

「越前陶芸まつり」は、県内外から約10万人もの人出で賑わう福井県最大級の陶器市。
メインは県内窯元が一挙集結する陶器市で、新作をはじめ、数多くの越前焼を販売する。
その他、ステージショーや、日曜日限定のさつきあげ茶会なども予定しているという。

201904111100
(さらに…)

【ニュース】 北陸3県の地銀3行とJR西日本グループ、北陸エリアで大規模商談会を5月より福井市などで開催 福井県福井市

2019.04.09
株式会社北國銀行(石川県金沢市、安宅建樹頭取)・株式会社福井銀行(福井県福井市、林正博頭取)・株式会社富山第一銀行(富山県富山市、横田格頭取)は、西日本旅客鉄道株式会社(大阪市北区、来島達夫社長)と連携し、北陸3県の流通・小売・飲食・不動産など3行の取引先事業者とJR西日本グループを対象とした大規模商談会を5月より福井市などで開催する。
「東海・北陸観光産業活性化プロジェクト連携(愛称:六ツ星観光プロジェクト)」の取り組みの一環。

同取り組みは、北陸エリアの消費活性化、地元事業者の商品・サービス販路拡大、北陸を代表するお土産商品の開発などを目的に、北陸の各県にスポットを当てながら継続実施するもの。
(さらに…)

【PR記事】 共立メンテナンス、福井駅より徒歩7分、天然温泉大浴場完備の「ドーミーイン福井」をオープン 福井県福井市

2019.03.20
ホテル「ドーミーイン」などを全国展開する株式会社共立メンテナンス(東京都千代田区、上田卓味社長)は3月19日、「ドーミーイン」としては80棟目の新規ホテル「ドーミーイン福井」(福井県福井市)をオープンした。

同ホテルは、JR「福井」駅西口より徒歩約7分の立地。
館内9階には天然温泉の男女別大浴場「羽二重の湯」を設置、露天風呂や高温サウナ(男性用)・スチームサウナ(女性用)や湯上り処なども完備した。

201903200940
(さらに…)

【ニュース】 藤田観光、7月開業予定の「永平寺 親禅の宿 柏樹關」で使用する物品を福井県内から一般公募、15社・25点の製品を採用 福井県永平寺町

2019.03.19
藤田観光株式会社(東京都文京区、瀬川章社長)は、今年7月26日に曹洞宗大本山の永平寺門前に開業予定の宿泊施設「永平寺 親禅の宿 柏樹關(はくじゅかん)」(福井県永平寺町)で使用する物品を福井県内から一般公募、15社25点の製品を採用した。

一般公募は、同県内の企業と個人事業主を対象とし、2018年10月1日~11月30日に実施したもの。
応募期間の2か月間で、焼物・漆器・箸などの伝統工芸品や繊維製品を中心に、全部で48社・228点の応募があった。
(さらに…)

【PR記事】 複数の古民家を活用した分散型ホテル「OBAMA MACHIYA STAY」、2か国語のホームページを開設し、2019年度内に2棟を新たに追加 福井県小浜市

2019.02.28
小浜市で古民家をリノベーションした分散型ホテル「OBAMA
MACHIYA STAY
」を運営する株式会社まちづくり小浜(通称:おばま観光局、福井県小浜市、東武雄代表)はこのほど、2か国語(英語・日本語)のホームページを開設した。
2019年度内には、「OBAMA MACHIYA STAY」ブランドの宿泊施設2棟を新たに追加、分散型ホテルなどの古民家再生プロジェクトをより一層推進する。

分散型ホテルとは、イタリア発祥の「アルベルゴ・ディフーゾ」や、日本では篠山城下町ホテル「NIPPONIA」、竹田城 城下町 ホテル「EN」などに代表される、町全体が宿泊施設となる取り組み。
統一されたブランドイメージのもと、街に残る古民家(多くの場合、空き家となっている建物)を再プロデュースし、昔ながらの地域の雰囲気を観光客に感じてもらう宿泊施設となっている。

02281040
(さらに…)

【ニュース】 池田町、国指定重要無形民俗文化財「水海の田楽能舞」が奉納される2月に能に関するイベントを開催 福井県池田町

2019.01.31
福井県池田町は、国指定重要無形民俗文化財「水海の田楽能舞」が奉納される2月に能に関するイベントを開催、第2回全国創作能面公募展と第17回全国新作能面公募展(いずれも池田町・池田町教育委員会主催)の入賞作品の展示会などを実施する。

同町は、室町時代ごろ制作といわれる古面が多数残されており、戦前は能が奉納されていた神社もいくつかあることから「能楽の里」と言われている場所。
その中でも、鎌倉時代から伝わる「水海(みずうみ)の田楽能舞(でんがくのうまい)」は、現在も毎年2月15日に池田町水海の鵜甘神社で奉納されており、国の重要無形民俗文化財に指定されている(指定第1号)。
(さらに…)