【ニュース】 池田町、北陸最大級の屋内木育広場「あそびハウス こどもと森」を4月下旬にオープン予定 福井県池田町

2020.03.09
福井県池田町(杉本博文町長)は、子どもたちが木に触れ、森を感じて遊ぶ木育広場「あそびハウス こどもと森」を2020年4月下旬(予定)にオープンする(オープン日は、新型コロナウイルス等の影響により5月以降となる場合あり)。

同町では、町の面積の約92%が森林に囲まれ、切り時を迎えた「木」を活かし、人も資源も経済もつながる取り組み「木望のまちプロジェクト」を実施しており、今回オープンする同施設もその一環。
同プロジェクトでは、2015年に幼児向け木育施設「おもちゃハウス こどもと木」、2016年に家族で森に親しむ森のテーマパーク「ツリーピクニックアドベンチャーいけだ」をオープンしている。

今回オープンする「あそびハウス こどもと森」は、「おもちゃハウス こどもと木」横で、小学生をメインターゲットに、頭と体をたっぷり使う屋内木育広場として設置するもので、雨の日が多い福井県に、新しい「屋内おでかけスポット」が誕生するという。

202003091200
(さらに…)

【ニュース】 越前市・MONET・福井鉄道の3者、次世代モビリティサービスに係る連携協定を締結、二次交通の充実やインバウンド対策などを検討 福井県越前市

2020.02.17
越前市(奈良俊幸市長)・MONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ、東京都港区、宮川潤一代表)・福井鉄道株式会社(福井県越前市、村田治夫社長)の3者は2月14日、次世代モビリティサービスに係る連携協定を締結した。
次世代モビリティサービスに関する先進的な技術開発や実証実験を通じ、誰もが安全で快適に移動できるまちづくりを推進することが目的。

同市では、観光振興推進事業の一環で、2023年春に予定されている「北陸新幹線南越駅(仮称)」の開業までに実施するべき取り組みを盛り込んだ「越前市観光振興プラン」を策定。
その具体的な取り組みとして、観光客の利便性向上を目的とした、二次交通の充実やインバウンド対策などの検討を進めている。

今後3者は、同協定に基づく組織的な協力体制の下、観光振興や地域経済の活性化に向けて、次世代モビリティサービスを活用した取り組みを推進していくという。
(さらに…)

【ニュース】 福井県・石川県と両県県境の8市町、「越前加賀PRイベント」を1月11日・12日に東京で開催、写真家・中西学氏の写真パネル展示などを実施 福井県大野市

2020.01.08
福井県・石川県と両県県境の8市町(福井県大野市・勝山市・あわら市・坂井市・永平寺町、石川県小松市・加賀市・白山市)は、「越前加賀PRイベント」を1月11日・12日に東京交通会館(東京都千代田区)で開催する。

期間中、東京交通会館サンプリングエリア内では、特産品試食会、越前加賀の特産品販売会(全15種類販売予定)、写真家・中西学氏が撮影した写真のパネル展示と人気投票アンケートなどを実施。
パネルには各市町の紹介動画が閲覧できるようQRコードを掲載するという。
(さらに…)

【PR記事】 スーパーホテル、男女別天然温泉「蓬莱山の湯」を設置した「スーパーホテル越前・武生」をオープン 福井県越前市

2019.12.12
株式会社スーパーホテル(大阪市西区、山村孝雄代表)は12月12日、福井県内初出店となる「スーパーホテル越前・武生」(福井県越前市)をグランドオープンした。

同ホテルは、JR北陸本線「武生」駅より徒歩約5分の立地。
徒歩10分圏内にコンビニエンスストアなどがある。

館内には男女別天然温泉「蓬莱山の湯」を設置した。
「NOキー・NOチェックアウト」でチェックアウトの手続きは不要(チェックイン時間は15時~24時)。

201912121140
(さらに…)

【ニュース】 池田町、東京の最小文化複合施設「HAGISO」で写真展「福井県池田町 ー山のこえ、里のこえー」を11月26日~12月1日に開催 福井県池田町

2019.11.14
福井県池田町は、11月26日~12月1日の期間、東京都台東区谷中の最小文化複合施設「HAGISO」で、写真展「福井県池田町 ー山のこえ、里のこえー」を開催する。

同町は、岐阜県との県境にある人口2,500人、町の面積の約9割が山林という村。
今回開催する同展では、写真家の阿部伸治氏(横浜市)が約15年、池田町に通い続け、丁寧に撮り貯めた写真を展示する。
会場では、同町の地図なども配置し、同町の雰囲気が感じ取れるような空間を提供するという。

201911141100
(さらに…)

【PR記事】 越前和紙の里 パピルス館、紙の神様を祀る岡太神社・大瀧神社と連携し、「越前和紙絵馬作り体験」を開始 福井県越前市

2019.11.13
和紙づくり体験施設「越前和紙の里 パピルス館」(福井県越前市)は、日本唯一の紙の神様とされる川上御前(女神)が祀られている岡太神社・大瀧神社(福井県越前市)と連携し、「越前和紙絵馬作り体験」を11月12日より開始した。

同プログラムは、越前和紙で出来ている和紙絵馬を、自分で願いを込めながら紙を漉いて作成するというもの。
完成後の絵馬は、「お願いごと」を書き、岡太神社・大瀧神社へ奉納、伝統工芸の町・越前市ならではの貴重な体験になるという。

201911131040
(さらに…)

【ニュース】 福井県アンテナショップ、11月6日の「越前がに」漁解禁を記念し、11月9日より「越前がに」の産地直送販売の受付を開始 福井県福井市

2019.11.07
福井県アンテナショップ(青山店:東京都港区、銀座店:東京都中央区)は、11月6日の「越前がに」漁解禁を記念して同県のカニ関連商品を取り揃え、11月9日より「越前がに」の産地直送販売の受付を開始する。

また同県アンテナショップでは、「せいこ蟹汁」を11月23日・24日の2日間、「越前かにめし」を11月30日・12月1日の2日間、店舗限定販売する。
銀座店「食の國 福井館」では、イートイン限定で「せいこ蟹の甲羅盛り」も11月24日まで期間限定販売する。

2019110471200
(さらに…)

【ニュース】 タカラレーベン、福井大学至近の文教エリアで新築分譲マンション「レーベン福井 THE GRAND MARKS」を販売 福井県福井市

2019.09.18
株式会社タカラレーベン(東京都千代田区、島田和一代表)は9月14日、新築分譲マンション「レーベン福井 THE GRAND MARKS」(福井県福井市)の販売を開始した。

同物件は、えちぜん鉄道三国芦原線「福大前西福井」駅より徒歩5分の立地。
周囲は福井大学を中心に住宅街がひろがる文教エリアで、福井大学内では子ども向け・市民向けの公開講座を月数回開催している。
近隣には、各種教育施設の他、県立美術館や市立図書館、県立歴史博物館といった文化施設が多数集積しているという。

201909180900
(さらに…)

【PR記事】 JR西日本・WILLERと小浜線沿線自治体など、京都タンゴ鉄道が運行のダイニング列車「丹後くろまつ号」をJR小浜線で10月25日・26日に期間限定で初運行 福井県小浜市

2019.08.26
西日本旅客鉄道株式会社(大阪市北区、来島達夫社長)・京都丹後鉄道を運行するWILLER TRAINS株式会社(京都府宮津市、寒竹聖一社長)・福井県・敦賀市・小浜市・美浜町・高浜町・おおい町・若狭町・一般社団法人若狭湾観光連盟(福井県小浜市)・
WILLER株式会社(大阪市北区、村瀨茂高代表) は 京都タンゴ鉄道が運行するダイニング列車「丹後くろまつ号」をJR西日本所有のディーゼル機関車が牽引、初めてJR小浜線に乗り入れ、10月25日・26日に期間限定で運行する。

同取り組みは、北陸新幹線敦賀開業に向け、福井県嶺南地域の機運醸成や広域観光推進の一環として今年10月に小浜市で開催される「御食国・和食の祭典 in 若狭路 2019」に合わせ運行するもの。

運行当日は、「敦賀」駅・「小浜」駅等で沿線市町によるイベント(ゆるキャラの出迎え、特産品プレゼント等)を開催するほか、敦賀市・小浜市でのまちあるきを楽しめる周遊パスポート(レンタサイクルや観光施設の割引等)を発行する。

201908261140
(さらに…)

【PR記事】 藤田セレンディピティ、永平寺川沿いの参道で「永平寺 親禅の宿 柏樹関」を開業、「禅コンシェルジュ」が常駐し禅の世界を案内 福井県永平寺町

2019.07.29
藤田観光グループの藤田セレンディピティ株式会社(東京都文京区、浦嶋幸一社長)は7月26日、大本山永平寺の門前、永平寺川沿いの参道で「永平寺 親禅の宿 柏樹関」(福井県永平寺町)を開業した。

同施設は、藤田観光が培った本格旅館の「おもてなし」と、大本山永平寺の指導のもと、宿坊のような坐禅や本格的な精進料理など禅の世界に触れることができる、体験型の宿泊施設。
大本山永平寺より認定を受けた「禅コンシェルジュ」が常駐し、館内と永平寺山内で禅の世界を案内する。

201907291140
(さらに…)