【ニュース】 コンテナホテルを運営するデベロップと伊勢原市、災害など有事に被災地に駆けつける「レスキューホテル」で災害協定を1月22日に締結 神奈川県伊勢原市

2021.01.18
国内27か所でコンテナホテルを運営する株式会社デベロップ(千葉県市川市、岡村健史代表)と伊勢原市(高山松太郎市長)は、災害などの有事に被災地に駆けつける「レスキューホテル」の出動に関する災害協定を2021年1月22日に締結する。

レスキューホテルとは、同社が開発・運営するコンテナホテルの移動性やフレキシビリティを活かし、平時にはホテルとして運営される客室を、災害など有事の際に被災地などにすみやかに移設し、地域の人々に利用してもらうソリューションの名称。

01180900
(さらに…)

【ニュース】 東急モールズデベロップメントなど、伊勢市の特産品を集めたアンテナショップを期間限定でオープン、出店準備等は全てオンラインで実施 神奈川県横浜市

2021.01.15
株式会社東急モールズデベロップメント(東京都渋谷区、秋山浄司社長)・伊勢市(鈴木健一市長)・公益社団法人伊勢市観光協会(濱田典保会長)の3者は、東急モールズデベロップメントが運営する商業施設「たまプラーザ テラス」(横浜市青葉区)で、2021年2月9日~3月28日の期間、伊勢市の特産品を集めたアンテナショップ「ISE SHOP」をオープンする。

3者は、「伊勢市観光PRイベント」を2013年~2019年の7年連続で「たまプラーザ テラス」で開催、3者間で信頼関係が築かれてたが、2020年はコロナ禍により同イベントが中止に。
同イベントは毎年楽しみにしている人も多数いることから今回、
48日間の期間限定でアンテナショップをオープンする。

01151100
(さらに…)

【ニュース】 神奈川県住宅供給公社、入居者のコミュニティ醸成を担う管理員「守人」が昼間常駐する賃貸住宅「フロール元住吉」で毎月1回、公式視察会を開催 神奈川県川崎市

2021.01.07
神奈川県住宅供給公社(横浜市中区、浅羽義里理事長)は、2020年度グッドデザイン賞を受賞した賃貸住宅「フロール元住吉」(川崎市中原区)で毎月1回、公式視察会を開催する。

同物件は、築67年経過していた同公社の賃貸住宅団地の建替事業で誕生したもの。
入居者のコミュニティ醸成を担う管理員「守人(もりびと)」が昼間常駐し、日常の管理業務や見守りに加え、入居者専用のシェアラウンジや中庭で行うコミュニティイベントの企画運営も行っている。

01071000
(さらに…)

【ニュース】 東急電鉄、2022年度下期に「東急新横浜線」綱島地区で開業する新駅の名称に「新綱島」を選定 神奈川県横浜市

2020.12.22
東急電鉄株式会社(東京都渋谷区、渡邊功社長)は、2022年度下期に「東急新横浜線」綱島地区で開業する新駅(横浜市港北区)の名称を公募、「新綱島」を選定した。

駅名募集は、2020年8月10日~9月6日の期間、横浜市港北区内在住・在職・在学者を対象に実施(応募件数1,898件)。
「新綱島」駅は、横浜市港北区綱島東1丁目に新設、東急線の新駅開業は約20年ぶりとなる。
(さらに…)

【ニュース】 横浜市と東急、青葉台郵便局の2~3階をリノベーション、地域交流拠点「(仮称)青葉台郵便局プロジェクト」を2021年4月上旬に開業予定 神奈川県横浜市

2020.12.14
横浜市(林文子市長)と東急株式会社(東京都渋谷区、髙橋和夫社長)は、両者が取り組む「次世代郊外まちづくり」で目指すまちの姿「コミュニティ・リビング」の推進に向け、モデル地区「たまプラーザ駅北側地区」で得た知見やノウハウを活かし、「青葉台エリア」への展開を開始する。

田園都市線沿線の住宅地は、「働く場」の不足や少子高齢化、コミュニティの希薄化などさまざまな課題を抱えているという。
特に青葉台エリアでは、地域の中に図書館のように読書や作業ができる場や憩いの場・活動の場が少ないとの声が多く聞かれている。
両者は、こうした状況を鑑み、東急田園都市線「青葉台」駅徒歩3分に位置する青葉台郵便局の空き区画を活用した地域交流拠点「(仮称)青葉台郵便局プロジェクト」を2021年4月上旬に開業する予定。
(さらに…)

【ニュース】 松田町、「松田ブランド品」等町産品をインスタグラムでPR、感想を投稿するインフルエンサーの募集を開始 神奈川県松田町

2020.12.14
神奈川県松田町(本山博幸町長)観光経済課観光推進係は、コロナ禍での町の認知度向上や町産品の消費拡大を図るため、SNSで訴求力の高いインフルエンサーを活用する販売促進を企画「松田町が新たな取り組みでPR!『松田ブランド品』等の町産品を発信!」を2020年12月~2021年1月の約1ヶ月開催する。
これに伴い、「松田ブランド品」などの町産品をPRするため、同企画に協力するインフルエンサー80名以上を2020年12月17日正午まで募集する。

「松田ブランド品」とは、町のイメージアップや産業振興を図ることを目的として、松田町の生まれ、育ち、発売元になっている認定商品のこと。
同企画では、インフルエンサーに実際に「松田ブランド品」等を食べて飲んで体験してもらい、その感想を投稿して発信してもらうことで、町産品に興味がある人や消費者層に直接的且つ効果的に発信する。

202012141000
(さらに…)

【PR記事】 川崎キングスカイフロント東急REIホテル、昭和電工に協力、リーフレタスを水耕栽培する完全人工光型植物工場を開設 神奈川県川崎市

2020.12.14
川崎キングスカイフロント東急REIホテル(川崎市川崎区、水谷徳之総支配人)は、昭和電工株式会社(東京都港区、森川宏平社長)に協力、11月24日より1階ホテルロビーでLED照明によるリーフレタスを水耕栽培する完全人工光型植物工場を開設した。

同ホテルは、昭和電工と川崎市が連携して取り組んでいる環境省「地域連携・低炭素水素技術実証事業」に協力し、ホテル内の約
30%のエネルギーを水素で賄う「世界初の水素ホテル」。
使用済みプラスチックを原料に昭和電工川崎事業所(川崎市川崎区)で作られた低炭素水素がパイプラインで供給され、純水素型燃料電池でホテルの電気と熱(温水)に変換している。

202012140940
(さらに…)

【PR記事】 天成園、小田原駅直結の別館「天成園 小田原駅 別館」を開業、小田原を起点に周辺エリアを周遊する新しい旅の形を提案 神奈川県小田原市

2020.12.04
株式会社天成園(神奈川県箱根町、高橋弘社長)は12月4日、
JR・小田急・箱根登山鉄道・伊豆箱根鉄道「小田原」駅直結のホテル「天成園 小田原駅 別館」(神奈川県小田原市)を開業した。

同館は、箱根湯本の老舗 「天成園」の別館として、箱根湯本から毎日運ぶ温泉と、都市型ホテルとしての居住性の高い快適な空間を合わせ持つ宿泊施設。
駅直結の同館に宿泊し、「城下町小田原」を堪能、更に箱根・伊豆、また湘南エリアの周遊も楽しめる、新しい旅の形を提案するという。

202012041140
(さらに…)

【ニュース】 リスト、自社開発物件「稲村ガ崎リゾートハウス」で同社社員の勤務が可能となるワーケーション利用を開始 神奈川県鎌倉市

2020.12.04
不動産事業を手掛けるリスト株式会社(横浜市中区、北見尚之社長)は12月3日、自社開発物件「稲村ガ崎リゾートハウス」(神奈川県鎌倉市)で同社社員の勤務が可能となるワーケーション利用を開始した。

同社グループでは、リモートワークの導入による働き方の変化に伴い、需要が高まるリゾートエリアの高級不動産の分譲・開発に注力し、鎌倉市稲村ガ崎で同物件を開発。
2020年9月の完成後は保養所として活用していたという。

202012041100
(さらに…)

【ニュース】 オカムラ、周囲の視線を適度に遮りつつ圧迫感のないコンパクトなマルチワークブース「co-comori」を発売 神奈川県横浜市

2020.11.26
株式会社オカムラ(横浜市西区、中村雅行代表)は、周囲の視線を適度に遮りつつ、圧迫感のないコンパクトで快適なこもり感を実現するマルチワークブース「co-comori(ココモリ)」を2020年11月に発売する。

同商品は、再生材のフェルトで作られたパネルで囲い、ソファ・テーブルなどを組み合わせて圧迫感のないこもり感を実現したマルチワークブース。
デザインファームtangerineとコラボレーションし、コンパクトながらも仕事をするのに十分な広さを確保したという。
初年度の販売目標は1億円。

202011261000
(さらに…)