【ニュース】 南紀白浜エアポートと日立製作所、空港での保安検査を支援するAI技術の実用化に向け実証実験を開始、保安検査員のストレスを軽減 和歌山県白浜町

2021.08.30
株式会社南紀白浜エアポート(和歌山県白浜町、岡田信一郎社長)と株式会社日立製作所(東京都千代田区、小島啓二社長)は8月27日、南紀白浜空港での保安検査を支援する人工知能(AI)技術の実用化に向け、実証実験を開始した。

従来、保安検査の一つとなっている手荷物検査では、検査装置を通過する手荷物にX線を照射させ、画像処理により鮮明化された画像をもとに、保安検査員が「目視」で危険物を検知していたという。
セキュリティレベル維持のために危険物の見逃しが許されないなど、保安検査員にかかるストレスが極めて高い状況で、その軽減が課題となっていた。
また、労働人口が減少する中、熟練の検査員による検知ノウハウの継承は重要であるものの、人財育成は容易ではなく、経験の浅い検査員は検知に時間を要するという課題もあったという。
(さらに…)