【ニュース】 ホテルマイステイズ松山、1階レストランとタイアップし、30室限定の「お部屋でお花見プラン」を4月12日まで提供 愛媛県松山市

2020.03.30
株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント(東京都港区、代田量一社長)は、同社が運営する「ホテルマイステイズ松山」(愛媛県松山市)で、同ホテル1階レストラン「瀬戸内バル ラ・テラッツア」とタイアップし、30室限定の「お部屋でお花見プラン」を4月12日まで提供する。

同プランでは、城山公園やお堀の桜が見える客室で、ホテルシェフ特製のお花見パーティ料理を提供。
料理メニュー例「瀬戸内×地中海“桜プレート”」では、伊予鯛と魚介類の瀬戸内カルトッチョ、ローストビーフ、松山どりのフリット、タコとポテトのガーリックハーブ、シュリンプのスパイシー仕立て、松山どりのレバーペーストなど、約20種類の料理をワンプレートで用意する。

人混みに紛れることなく、家族・夫婦・友人で「プライベートなお花見」が楽しめるという。

202003301100
(さらに…)

【ニュース】 キスケ、学校給食停止で行き場を失った牛乳を松山市と今治市の温浴施設で無料配布 愛媛県松山市

2020.03.16
キスケ株式会社(愛媛県松山市、山路義則代表)は3月13日、同社が運営する温浴施設「伊予の湯治場喜助の湯」(愛媛県松山市)と「しまなみ温泉喜助の湯」(愛媛県今治市)で、風呂上がりの利用客を対象に牛乳の無料配布を開始した。

同取り組みは、新型コロナウイルスの影響で出荷できなくなった給食用牛乳を活用するもの。
配布期間は、「伊予の湯治場喜助の湯」が3月15日で終了済、「しまなみ温泉喜助の湯」では3月19日まで実施する。
(さらに…)

【ニュース】 くら寿司、宇和島水産高等学校の生徒と共同で開発した「青春のさば缶」を3月8日より販売 愛媛県宇和島市

2020.03.04
回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくら寿司株式会社(堺市中区、田中邦彦社長)は、愛媛県立宇和島水産高等学校(愛媛県宇和島市)の生徒と共同で開発した「青春のさば缶」を、3月8日(サバの日)より販売する。
販売場所は「くら天然魚市場」(大阪府貝塚市)と愛媛県内のくら寿司5店舗(1,600缶限定)。

「青春のさば缶」の最大の特徴は、他の魚を捕る際、網にかかった小型のサバを有効活用している点。
200g以下の小型のサバは、味が淡白で加工するにもサイズ的にも使い勝手が悪いことなどから、値段がつきにくく、扱いの難しい魚だという。

202003041000
(さらに…)

【ニュース】 松前町など、産官学協業で特産品「はだか麦」を使用した高機能おやつ「はだかむぎゅ」を開発、愛媛県内の各スーパーで販売 愛媛県松前町

2020.03.03
愛媛県松前町(岡本靖町長)・あわしま堂(愛媛県八幡浜市、木綱徳勝社長)・愛媛大学(愛媛県松山市、大橋裕一学長)の3者は産官学協業で、はだか麦の栄養や保健機能を十分に残した高機能おやつ「はだかむぎゅ」を開発、3月1日より愛媛県内の各スーパーで販売を開始した。

同町では、地域資源となっている「はだか麦」の付加価値を高め、魅力ある地域産業づくりを推進すること等を目的に、平成28年度から「芽吹きと実りのはだか麦プロジェクト」に着手。
今回販売を開始した同商品は、同プロジェクトの一環で、あわしま堂のロングセラー商品「ぴーなつ焼」を、愛媛県産はだか麦を使用した高機能おやつとして発売する。

2020.03.030900
(さらに…)

【ニュース】 わっか、しまなみ海道でサイクリング総合施設「WAKKA」を3月13日より試験営業、サイクリスト向けに多彩な機能を提供 愛媛県今治市

2020.02.14
株式会社わっか(愛媛県今治市、村上あらし代表)は、しまなみ海道でサイクリング総合施設「WAKKA(ワッカ)」(愛媛県今治市)を3月13日より試験営業、3月26日に正式オープンする。

同施設は、宿泊・カフェ・ツアー&アクティビティ・サイクリスト専用タクシー&ボート・シャワー&ランドリー・BBQ・自転車セルフ修理ピット・無料休憩スペースなどで構成する施設。
しまなみ海道(全長約70km)のほぼ中間地点である大三島で、旅行を総合的にサポートする。
オーシャンサイドで、多島美と多々羅大橋、瀬戸内海を眼前にした立地と、それらをフル活用した建築設計が特徴だという。

202002141100
(さらに…)

【ニュース】 山陽物産、食用に適さない古米や砕米を配合したホテルアメニティ商品「バイオマスシリーズ」を発売 愛媛県松前町

2020.02.13
ホテルアメニティの企画製造販売を手掛ける山陽物産株式会社(愛媛県松前町、武内英治代表)は2月12日、食用に適さない古米や砕米を配合したホテルアメニティ商品「バイオマスシリーズ」を発売した。
生物由来資源(バイオマス)を配合したホテルアメニティシリーズ商品は業界初だという。

今回発売した同シリーズの商品は、歯ブラシとヘアブラシの2種類。

従来の歯ブラシは、ポリプロピレンを7g使用(同社比)していたが、同シリーズの「お米歯ブラシ」ではポリプロピレンを3.38gまで圧縮し、古米・砕米を使用した米の原料を1.82g使用することで、約51%のポリプロピレン削減を達成、使用感を損なわず、快適に使用できる製品に仕上げた。
またヘアブラシでも、14g使用していたポリプロピレンを6.72gまで圧縮、米の原料を1.68g使用し、約52%のポリプロピレン削減を実現。
両商品とも、環境に配慮した商品の目印「バイオマスマーク」を取得しているという。

202002131200
(さらに…)

【ニュース】 JR四国、今治駅前の同社用地で宿泊特化型ホテルを建設、「JRクレメントイン今治」として2021年秋に開業予定 愛媛県今治市

2020.01.28
四国旅客鉄道株式会社(香川県高松市、半井真司社長)は、JR予讃線「今治」駅前の同社用地(愛媛県今治市)で宿泊特化型ホテルを建設する。

「JRクレメントイン今治」として2021年秋に開業予定。
運営は株式会社JR四国ホテルズ(JR四国100%出資子会社、香川県高松市、田中善一郎社長)。

202001281100
(さらに…)

【ニュース】 バリューマネジメント、1⽇1組・1泊100万円、大洲城で木造天守閣に宿泊できる城主体験プログラム「キャッスルステイ」を4⽉24日より開始 愛媛県大洲市

2020.01.22
バリューマネジメント株式会社(大阪市北区、他力野淳代表)は、大洲城(愛媛県大洲市)で、日本初となる木造天守閣に宿泊できる城主体験プログラム「キャッスルステイ」(1⽇1組・1泊100万円)を4⽉24日より開始する。
大洲城下町に開設する分散型ホテルと合わせ、1⽉20日より予約を開始した。

同事業は、「愛媛県⼤洲市の町家・古⺠家等の歴史的資源を活⽤した観光まちづくり連携協定」に基づく大洲市との官⺠連携事業。
大洲城と城下町に残る町家・古民家等の歴史的資源を活用した観光振興策のひとつで、まちづくりに重点を置いた持続的な地域経済循環と経済波及の促進を目指す。
観光庁でも、城郭での宿泊体験を「城泊(しろはく)」としてモデル化、全国への展開を計画しているという。

202001221000
(さらに…)

【ニュース】 JR四国と駅レンタカー四国、駅レンタカー八幡浜営業所を1月18日に開業、鉄道利用の促進と二次交通アクセスの充実が目的 愛媛県八幡浜市

2020.01.14
四国旅客鉄道株式会社(香川県高松市、半井真司社長)と株式会社駅レンタカー四国(香川県高松市、府中孝明社長)は、JR「八幡浜」駅(愛媛県八幡浜市)で「駅レンタカー八幡浜営業所」を1月18日に開業する。

鉄道利用の促進と二次交通アクセスの充実が目的。
(さらに…)

【ニュース】 東温市移住定住促進協議会、2020年1月17日~19日に移住体験ツアーを初開催、テーマは「地域のために頑張る人に会いに行く」 愛媛県東温市

2019.12.09
東温市移住定住促進協議会(事務局:東温市企画政策課)は、
2020年1月17日~19日に移住体験ツアーを初開催する。
テーマは「地域のために頑張る人に会いに行く」。
対象は、地方への移住検討者や地方での地域活性化に取り組みたい人。

今回のツアーは、自分の住んでいる地域を盛り上げようと頑張っている人や地域おこし協力隊との出会いをきっかけに、同市での活動や生活をイメージしてもらい、実際の移住に繋げることを目的として行うもの。
(さらに…)