【ニュース】 東温市移住定住促進協議会、2020年1月17日~19日に移住体験ツアーを初開催、テーマは「地域のために頑張る人に会いに行く」 愛媛県東温市

2019.12.09
東温市移住定住促進協議会(事務局:東温市企画政策課)は、
2020年1月17日~19日に移住体験ツアーを初開催する。
テーマは「地域のために頑張る人に会いに行く」。
対象は、地方への移住検討者や地方での地域活性化に取り組みたい人。

今回のツアーは、自分の住んでいる地域を盛り上げようと頑張っている人や地域おこし協力隊との出会いをきっかけに、同市での活動や生活をイメージしてもらい、実際の移住に繋げることを目的として行うもの。
(さらに…)

【ニュース】 東温市など、同市が選定したブランド「SAKURA select」のフェアをKITTE丸の内「シン・エヒメ」で11月30日~12月8日に開催 愛媛県東温市

2019.11.11
東温市(とうおんし、加藤章市長)と東温市観光物産協会は、「とうおんSAKURA selectフェア」を11月30日~12月8日にKITTE丸の内2階の「シン・エヒメ」(東京都千代田区)で開催する。

同市では、東温市中小零細企業振興基本条例を制定、その一環として「東温らしさ」をコンセプトにした魅力ある商品を「SAKURA select」として選定し、東温市観光物産協会が情報発信や販路開拓を行っている。
今年3月25日に第1弾(25品)を選定し、7月10日には第2弾(12品)を選定しているという。
(さらに…)

【ニュース】 JR四国、松山~内子間を往復する「紅葉の内子線ワイン列車」を11月・12月に計4日間運転 愛媛県松山市

2019.10.17
JR四国「松山」駅(愛媛県松山市)は、紅葉の内子線の景色を見ながら、車内でゆっくりとワインを楽しむ「紅葉の内子線ワイン列車」を11月23日・24日・30日、12月1日の計4日間運転する。

同列車の運行区間は、「松山」駅を出発し、「内子」駅までの往復。
車両は「おさんぽなんよ号」のキハ54とキハ32の気動車2両を使用する。
ロングシートの車両2両にテーブルを設置し、車内ではゆっくりと気ままにワインと紅葉の景色を楽しめるという。
(さらに…)

【ニュース】 松山市など、「花ハロウィン~実り~」をテーマにしたアートデザインイベントを10月26日~31日に松山市中心部の商店街で開催 愛媛県松山市

2019.10.16
松山市・株式会社まちづくり松山・松山市商店街連盟・松山商工会議所で構成する「まつやま健幸・賑幸促進委員会」は、「花ハロウィン~実り~」をテーマにしたアートデザインイベント
「MATSUYAMA DESIGN WEEK 2019」を10月26日~31日に開催する。

今回は、ハロウィンの時期となるこの期間に、松山市中心部の花園町通り商店街・松山中央商店街・ロープウェー商店街にかけて、連続した歩行者空間を有効活用し、回遊性を向上させるためのアート企画を実施するという。

201910161000
(さらに…)

【PR記事】 古湧園、道後温泉で「ホテル古湧園 遥」をグランドオープン、「人と環境に優しいホテル」をコンセプトにクリーンエネルギーを使用 愛媛県松山市

2019.10.01
道後温泉で土産物店や温泉旅館を運営する株式会社古湧園(愛媛県松山市、新山富左衛門社長)は10月1日、「ホテル古湧園 遥(こわくえん はるか)」(愛媛県松山市)をグランドオープンした。

同ホテルは、伊予鉄道「道後温泉」駅より徒歩約5分の立地。
温泉街の中心にあり、道後温泉本館をはじめ飛鳥乃湯、椿の湯や商店街も至近にある。

「人と環境に優しいホテル」をコンセプトに、クリーンエネルギーを主なエネルギー源とし、温室効果ガス排出の大幅な削減を目指す。

201910011140
(さらに…)

【ニュース】 松山市、市内在住・在勤の独身男性と市外在住の独身女性を対象とした「まつやま婚ツアー2019」を実施 愛媛県松山市

2019.09.20
松山市は、市内在住・在勤の独身男性と、市外在住の独身女性を対象とした「まつやま婚ツアー2019」を2019年10月~2020年1月に計3回実施する。

今回は、興居島(ごごしま)や保存修理中の道後温泉本館などを巡る「愛 あい ランド里島(りとう)CONツアー」、 レトロな港町・三津浜をぶらり散策し旬の野菜でオリジナルサラダを作りと出会いをみつける「三津浜レトロCONツアー」、 松山銘菓タルトづくり体験や松山城散策を楽しむ「タルトまきまきCONツアー」の3ツアーの参加者を募集する。
(さらに…)

【ニュース】 東温市、公開プレゼンテーションで採択した6つの地域活性化プロジェクトが始動、市民によるまちづくりを推進 愛媛県東温市

2019.08.21
東温市ではこのほど、公開プレゼンテーションで採択した6つの地域活性化プロジェクトが始動した。

同市では今年7月11日に「令和元年度東温市市民提案活動支援事業補助金公開プレゼンテーション審査」、8月2日に「令和元年度東温市頑張る中山間地域等支援事業公開プレゼンテーション審査」を開催。
前者では、市民を主体として構成する5団体が審査に臨み、まちづくりへの熱い思いを込めて事業を提案した。
後者では、過疎化の進む同市の中山間地域を盛り上げるために設立された地域運営組織3団体が、自分たちの地域に人を呼び込もうと平成28年度から実施してきた取組の課題を解決するため、今年度実施したい事業の提案を行ったという。
(さらに…)

【ニュース】 TKP、愛媛県にリージャスとの共同施設を初出店、「TKP松山市駅前カンファレンスセンター」「リージャス松山市駅前センター」を今年11月1日より順次開業 愛媛県松山市

2019.08.09
株式会社ティーケーピー(東京都新宿区、河野貴輝社長)と同社
100%子会社の日本リージャスホールディングス株式会社(東京都新宿区、西岡真吾代表)は、「青野ビル」内(愛媛県松山市)で共同出店施設「TKP松山市駅前カンファレンスセンター」「リージャス松山市駅前センター」を2019年11月1日より順次開業する。

同施設は、ビル1階部分をオフィスエリア「リージャス松山市駅前センター」(契約面積332.72㎡)として、2・4・5階部分を会議室エリア「TKP松山市駅前カンファレンスセンター」(全10室、
609席、契約面積1,228.11㎡)として開業するもの。
両エリアの受付や事務所等の運営機能を共有することで、顧客サービスの向上を図ると同時にスペースの有効活用にも繋げていくとしている。
(さらに…)

【ニュース】 松山市、保存修理工事中の道後温泉本館工事仮設物に「道後温泉本館ラッピングアート」が完成 愛媛県松山市

2019.07.25
松山市は7月19日、保存修理工事中の道後温泉本館前で「道後温泉本館ラッピングアート発表会」を開催した。

同市の観光の顔となっている道後温泉本館は、明治27年の改築から125年を超え、今年1月15日から保存修理工事を行っている。
重要文化財の公衆浴場としては全国で初めて、保存修理工事の期間中も入浴を楽しむことを可能としており、この期間にしか見られない様々な魅力を発信するため、同市では「道後REBORNプロジェクト」を展開。
手塚治虫のライフワークといえる「火の鳥」とコラボレーションし、様々なコンテンツやイベントを打ち出している。

201907251000
©TEZUKA PRODUCTIONS
(さらに…)

【ニュース】 そらともり、アートな街・道後の新たなランドマークとなる喫茶店「道後 白鷺珈琲」を7月20日にオープン 愛媛県松山市

2019.07.18
そらともり株式会社(愛媛県松山市、後藤光伸社長)は同社が運営する、アートな街・道後の新たなランドマークとなる喫茶店「道後 白鷺珈琲」(愛媛県松山市)を7月20日にオープンする。

店内の巨大な壁画は、イラストレーターの黒木仁史氏が描き下ろしたもので、夏目漱石の小説「坊ちゃん」に登場する主人公の1人「マドンナ」と、道後温泉で傷を癒したという逸話で知られる白鷺が描かれている。
また、道後温泉の廃材を使用した家具をリノベーションし、壁面にアートとしてあしらったという。

201907180900
(さらに…)