【PR記事】 ホテル小田島、全館を休館し実施していた改装工事を完了、リニューアルオープン 岩手県盛岡市

2019.06.14
ホテル小田島(株式会社ホテル小田島、岩手県盛岡市)は、3月31日より全館を休館して実施した改装工事を完了、6月8日にリニューアルオープンした。

同ホテルは、明治30年(1897年)に下宿として創業、昭和28年(1953年)に株式会社小田島旅館設立。
昭和54年(1979年)にホテルへ改築のため、小田島旅館を取り壊し、昭和55年(1980年)に現在のホテル小田島をグランドオープン、商号を株式会社ホテル小田島に変更している。

201906141040
(さらに…)

【ニュース】 三陸鉄道、沿線のブランド米「たかたのゆめ」と気仙茶を主原料に洋菓子「緑の妖精」を開発・販売 岩手県宮古市

2019.06.05
三陸鉄道株式会社(岩手県宮古市、中村一郎社長)は、洋菓子「緑の妖精」を開発、6月1日より販売を開始した。
「三陸防災復興プロジェクト2019」で実施する「三陸お土産品プロモーション大作戦」の一環。

同商品は、フランスの伝統的な焼き菓子・ブールドネージュ(雪の玉)を、希少価値の高い気仙茶を粉にしたものと、陸前高田市のブランド米「たかたのゆめ」の米粉を主な原料として作ったもの。
ほのかな甘さと、とろける軽い食感、気仙茶の香りが口いっぱいに広がり、幅広い世代に愛される味わいが特徴だと言う。

201906050900
(さらに…)

【ニュース】 三陸防災復興プロジェクト2019実行委員会、三陸鉄道企画列車「三陸プレミアムランチ列車」を6月15日と7月14日に運行 岩手県宮古市

2019.06.03
三陸防災復興プロジェクト2019実行委員会は、三陸鉄道企画列車「三陸プレミアムランチ列車」を運行、6月15日に南三陸コース(盛駅発~宮古駅着)・7月14日に北三陸コース(久慈駅発~宮古駅着)を実施する。
岩手県の三陸地域を中心に、6月1日から始まる「三陸防災復興プロジェクト2019」事業の一環。

料理監修は東京恵比寿の人気店「日本料理 賛否両論」の笠原シェフ。
当日は笠原シェフも一緒に列車に乗車するという。
三陸鉄道の車窓からの景色を眺めながら、三陸の旬の食材を使用した、プレミアムなお弁当を味わえるとしている。
(さらに…)

【ニュース】 岩手県、「三陸国際ガストロノミー会議2019」を6月10日・11日に宮古市で開催、国内外の著名シェフや食のスペシャリストが集結 岩手県宮古市

2019.05.29
岩手県は、ガストロノミー(美食術・食文化)の視点からいわて三陸の魅力を再認識する「三陸国際ガストロノミー会議2019」を6月10日・11日に宮古市で開催する。
「三陸防災復興プロジェクト2019」の一環。

当日は、フランスで三つ星を獲得し、早くから環境問題にも目を向けている巨匠シェフのオリヴィエ・ローランジェ氏をはじめ、国内外の著名シェフや食のスペシャリストが集結、彼らならではの視点でいわて三陸の食の魅力を再発見・発信する。

なお「三陸防災復興プロジェクト2019」では、今回の同イベントのほか、「三陸と世界をつなぐ『食』のキャラバン」「三陸美食サロン」も開催するという。
(さらに…)

【ニュース】 岩手県、5月10日~12日に東京で開催される国内最大級の持ち込み型ゲームパーティ「C4LAN2019 SPRING」に自治体単独初のPRブース出展 岩手県盛岡市

2019.0.08
岩手県は、5月10日~12日の期間、東京で開催される国内最大級の持ち込み型ゲームパーティ「C4LAN2019 SPRING」に、自治体単独では初めてPRブースを出展する。

「C4LAN(シーフォーラン)」は、全国各地のゲーム好きの若者が、コンピューターゲーム、家庭用ゲーム機、ボードゲームなど好きなゲームを持ち寄り、3日間にわたり、同じ空間で遊ぶ交流イベント。
同県は、多くの若者に岩手の魅力をPRし、関係人口の創出・拡大を図ることを目的に出展する。

同県ブースでは、県産品や岩手ライフ応援マガジン「いわて
Walker」、知事責任編集マンガ単行本「コミックいわて」を販売するほか、今年開催される「三陸防災復興プロジェクト2019」「ラグビーワールドカップ2019™岩手・釜石開催」のPRなど、物産や観光、生活や文化に至るまでさまざまな魅力や取り組みを発信するという。
(さらに…)

【ニュース】 べっこの森委員会、漫画家・五十嵐大介と語る奥州市への移住推進プロモーションイベントを5月16日に東京で開催 岩手県奥州市

2019.04.26
奥州市の地域振興プロジェクト「ぺっこの森」を手掛けるべっこの森委員会(企画運営:株式会社スキヤキッド、後援:岩手県奥州市)は、漫画家・五十嵐大介と語る奥州市への移住推進プロモーションイベントを5月16日に「3331 Arts Chiyoda」(東京千代田区)で開催する。

同イベントは、同市の豊かな自然と共にくらす移住者の「くらし」や「人々との交流」にフォーカスをあて、移住というひとつの「ライフスタイル」について参加者と考えを深めるというもの。

同市への移住経験者とのパネルディスカッションでは、衣川村(現・奥州市)での約3年間の移住生活をもとに描かれた漫画「リトル・フォレスト」(講談社)の原作者・五十嵐大介氏をゲストに迎え、豊かな自然と共にくらす同市での移住生活と創作活動の関係性を探るという。
(さらに…)

【PR記事】 共立メンテナンス、男女別サウナ付天然温泉大浴場を完備した「天然温泉 さんさの湯 ドーミーイン盛岡」を新規オープン 岩手県盛岡市

2019.04.16
ホテル「ドーミーイン」などを全国展開する株式会社共立メンテナンス(東京都千代田区、上田卓味社長)は4月16日、「天然温泉 さんさの湯 ドーミーイン盛岡」(岩手県盛岡市)を新規オープンした。

同ホテルは、盛岡市の中心市街地に位置し、JR「盛岡」駅南口より徒歩約12分の立地。
最上階(10階)には、男女別サウナ付天然温泉大浴場「天然温泉~さんさの湯~」がある。

201904161140
(さらに…)

【ニュース】 岩手県の内陸と沿岸をつなぐ「復興道路・復興支援道路」東北横断自動車道釜石秋田線が全線開通 岩手県釜石市

2019.03.12
3月9日、岩手県の内陸と沿岸をつなぐ東北横断自動車道釜石秋田線が全線開通した。

同路線は、国土交通省が東日本大震災からの復興のリーディングプロジェクトとして、かつてないスピードで整備を進めている復興支援道路の一つ。
全区間が開通したのは、復興道路・復興支援道路の中で初めてとなる。

03120900
(さらに…)

【PR記事】 マイステイズ・ホテル・マネジメント、ホテル東日本盛岡を「アートホテル盛岡」に名称変更しリブランドオープン 岩手県盛岡市

2019.03.11
株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント(東京都港区、麻野篤毅社長)は3月10日、ホテル東日本盛岡(岩手県盛岡市)の名称を「アートホテル盛岡」に変更し、リブランドオープンした。

同ホテルは、大正時代に平民宰相と呼ばれ活躍した第19代内閣総理大臣原敬氏の別邸「介寿荘」跡地に建設されたホテル。
館内には、その由来を受けて名づけられた日本料理「介寿荘」や、中国料理「豪華」、カフェダイニング「ブローニュ」などのレストラン、60名~300名が着席で利用可能な宴会場などがある。

03111040
(さらに…)

【PR記事】 北ホテル、全客室のリニューアル工事を完了、ベッド・家具・浴室等を一新し営業を再開 岩手県盛岡市

2019.03.05
睦興産有限会社 北ホテル(岩手県盛岡市、北田朋好社長)は、2018年11月より全客室のリニューアルのため、宿泊営業を休止していた「北ホテル」(岩手県盛岡市)の工事を完了、3月1日より営業を再開した。

リニューアル後の客室は、同ホテルの落ち着いた雰囲気を継承しながらも、ベッド・家具・浴室等を全て一新。
個別空調も導入したほか、3階にコインランドリーを新設した。

03050940
(さらに…)