【ニュース】 星野リゾート、下関市あるかぽーと地区で開発中のホテルブランドを「リゾナーレ」に決定、開業は2025年秋の予定 山口県下関市

2021.10.19
国内外で51施設を運営する株式会社星野リゾート(長野県軽井沢町、星野佳路社長)は、下関市あるかぽーと地区で開発中のホテルブランドを「リゾナーレ」として運営する。
施設名は、「星野リゾート リゾナーレ下関(仮称)」とし、開業は2025年秋の予定。

同ホテルが位置する関門海峡は、本州と九州を隔てる海峡で、朝日や夕日に照らされる美しい海岸線などダイナミックな自然を感じられる場所。
同社が山口県で運営する施設は、「界 長門」(山口県長門市)に続き2施設目となる。

10191000
(さらに…)

【ニュース】 美祢市観光協会、「秋吉台」を舞台にミュージックライブイベントを10月31日より開催 山口県美祢市

2021.10.11
一般社団法人美祢市観光協会(山口県美祢市、綿谷敦朗会長)は、美祢市の中・東部に広がる日本最大級のカルスト台地「秋吉台」を舞台にミュージックライブイベント「ART CIRCUIT MINE 2021 美祢に刻まれた3億5千万年の時間を、音楽と共に!」を2021年
10月31日より開催する。

同イベントは、3億5千万年の悠久の時間を、音楽と洞窟と共に体感してもらおうというもの。
日本の伝統音楽の融合、ジャズの深みと歴史とのシンクロ、現代のJ-POP、クラシックの優雅で洗練された弦楽四重奏(カルテット)と、異なる音楽をシリーズで堪能できるとしている。
また、コロナ禍で甚大な影響を受けている観光事業者や音楽関係者の救済も目的としているという。
(さらに…)

【ニュース】 JR西日本、「SLやまぐち号」の運行開始に合わせ、10月23日に「新山口」駅で「鉄道と地域」をテーマにしたイベントを開催 山口県山口市

2021.10.06
西日本旅客鉄道株式会社(大阪市北区、長谷川一明社長)は、
「SLやまぐち号」の今年度の運行開始に合わせ、JR各線「新山口」駅(山口県山口市)で「鉄道と地域」をテーマにしたイベントを2021年10月23日に開催する。

同イベントでは、JR西日本の山口地区で働く各現場社員が「お仕事体験」などのブースを展開する「miniSLフェア」と、山口県の人気店・21店舗が集まり、地域の魅力に触れられるマルシェ「ヤマサチマルシェ」を同時開催するという。
(さらに…)

【ニュース】 SHKライングループ、H.I.S中国と協働し、中国ECサイトによる地方特産品の販売支援事業を開始 山口県山口市

2021.08.12
新日本海フェリー株式会社(大阪市北区、入谷泰生社長)などで構成するSHKライングループはこのほど、同グループの商社部門を担う新協和商事株式会社(大阪市北区)がH.I.S中国(H.I.Sの中国現地法人)と協働し、中国ECサイトによる地方特産品の販売支援事業を開始したと発表した。

第1弾では、山口県の特産品11品目をH.I.S中国が運営するECサイトで2021年6月より試験的に掲載、一部の掘り出し物好きな中国消費者の関心を集め、地道ながら着実なブランド浸透が図れているという。
(さらに…)

【ニュース】 周防大島お寺カフェ、地元で昔から飲まれていた「しそジュース」を再現、「01しそシロップ」として販売を開始 山口県周防大島町

2021.07.29
周防大島お寺カフェ(山口県周防大島町)は、地元で昔から飲まれていた「しそジュース」を再現、「01しそシロップ」として7月
27日より販売を開始した。
同カフェ店頭、web shop、道の駅「サザンセトとうわ」などで販売する。

商品化にあたっては、「地元のおばあちゃん達」に、この地区に伝わる作り方をこっそり教わり、完璧に再現したという。
炭酸水や水で稀釈したり、かき氷に直接かけたりして楽しめるほか、日本酒や焼酎で割って楽しむこともできるとしている。

07291100
(さらに…)

【ニュース】 山口県、県庁内に「やまぐち創生テレワークオフィス『YY! SQUARE』」を設置、テレワークで「転職なき移住」を推進 山口県山口市

2021.07.28
山口県(村岡嗣政知事)は、県庁本館棟1階県民ホール内(山口県山口市)に「やまぐち創生テレワークオフィス『YY! SQUARE(ワイワイ!スクエア)』」を設置、7月27日より利用を開始した。

地方創生テレワークとは、テレワークを活用することで「転職なき移住」(都会での仕事を辞めることなく、地方へ移住すること)を実現し、地方創生に資することを目指す取組。
今回設置した同オフィスは、地方創生テレワークのモデルオフィスとなるもので、県庁内での設置は全国初だという。

07281200
(さらに…)

【PR記事】 スーパーホテル山口湯田温泉、コロナ禍で影響を受けている地元の飲食店と提携し、選べるディナー付プランを販売 山口県山口市

2021.07.27
スーパーホテル山口湯田温泉」(山口県山口市、九谷直樹総支配人)はこのほど、コロナ禍で影響を受けている地元の飲食店と提携し、「おいしいを探せ!選べるディナー付プラン」の販売を開始した。

同プランは、地域を盛り上げるための3,000円分・5,000円分の夕食券を付けた宿泊プラン。
「湯田温泉に呼ぶ」「街を歩くきっかけを作る」ことをテーマに、ホテルがハブとなることで、湯田温泉活性化のきっかけを作るプランを考案したという。

07271140
(さらに…)

【ニュース】 三菱HCキャピタルを代表企業とするコンソーシアム、PFI事業「下関市新総合体育館整備事業」の総合評価一般競争入札を約84億円で落札、コンソーシアムが設立する特別目的会社と同市が事業契約を締結 山口県下関市

2021.07.02
三菱HCキャピタル株式会社(東京都千代田区、柳井隆博社長)を代表企業とするコンソーシアムは、下関市がPFI事業で行う「下関市新総合体育館整備事業」の総合評価一般競争入札を3月22日に約84億円(税抜)で落札、同コンソーシアムが設立する特別目的会社「あすも下関株式会社」(山口県下関市、荒健代表)と同市の間で事業契約を6月30日付で締結した。
今後は、2024年6月末までに施設の設計・建設などを行い、1カ月間の開業準備を経て、2024年8月1日から14年8カ月にわたり、施設の運営・維持管理を行う。

同事業は、下関運動公園内に、市内最大規模のメインアリーナや多目的ホールを備えた新総合体育館を整備し、運営・維持管理を行うもの。
1963年設立の下関市体育館が担う、市民スポーツの中心的施設としての機能を引き継ぎつつ、時代とともに変化する社会や市民のニーズに応え、誰でも気軽にスポーツを楽しむことのできる運動拠点の設立を目的に、同市が計画し、事業者を募集したという。
(さらに…)

【ニュース】 岩国市観光協会など、夏の風物詩「錦帯橋のう飼」を7月1日より開催、感染予防対策を徹底し、乗合船も復活 山口県岩国市

2021.06.28
一般社団法人岩国市観光協会鵜飼事務所(山口県岩国市)などは、2021年7月1日~9月10日の期間、夏の風物詩として知られている「錦帯橋のう飼(うかい)」を開催する。

「錦帯橋のう飼」は例年、錦川の鮎漁解禁の6月1日に合わせて開幕していたが、昨年に引き続き、新型コロナウイルスの影響により、今年度も開始日を延期し7月1日~9月10日に開催。
今年度は貸切船だけでなく、昨年度は新型コロナウイルスの影響で中止となった乗合船も運航を再開するほか、毎年恒例のゆかた
DAYなどのイベントも予定している。

06281000
(さらに…)

【ニュース】 NEXCO西日本九州支社、「壇之浦」PAと「めかり」PAのリニューアルオープンに合わせ、地域連携メディア「関門ONAIR」を開設 山口県下関市

2021.06.14
NEXCO西日本九州支社(福岡市博多区、松田均支社長)は、「壇之浦」パーキングエリア(山口県下関市)と「めかり」パーキングエリア(北九州市門司区)のリニューアルオープンに合わせ、地域連携メディア「関門ONAIR(NEXCO西日本オウンドメディア)」を開設する。

壇之浦PAは令和3年6月19日、めかりPAは令和3年夏にオープン予定。
運営にあたっては、下関市(前田晋太郎市長)・北九州市(北橋健治市長)・株式会社Voicy(東京都渋谷区、緒方憲太郎社長)と連携する。
(さらに…)