【ニュース】 秋吉台カルストTRAILRUN実行委員会、トレイルランレース「秋吉台カルストTRAIL RUN」を 3密を避けてオンラインで10月17日より開催 山口県美祢市

2020.10.06
秋吉台カルストTRAILRUN実行委員会(会長:山本勉一般社団法人美祢市観光協会会長)は、国定公園・特別天然記念物の秋吉台で毎年開催しているトレイルランレースを、今年は2020年10月17日~11月8日の期間、初のオンライン方式で開催する。

今回は、これまで1日のみだった開催日を約3週間に伸ばし、出走日は期間中に自由に選択可能とした。
参加者は、エニタイムランのシステムを活用し、予め決められたコースを走行。
そこで計測されたGPSデータをエントリー後に提出するという、オンライン・タイムトライアル形式となる。
(さらに…)

【ニュース】 山口市、国宝瑠璃光寺五重塔でライトアップイベント「山口ゆらめき回廊」を9月26日・27日、10月10日・11日に開催、動画も公開予定 山口県山口市

2020.09.17
山口市観光交流課は、山口県が誇る国宝瑠璃光寺五重塔(山口県山口市)で、雪舟生誕600年記念イベント「山口ゆらめき回廊」を
2020年9月26日・27日、10月10日・11日の4日間開催する。

同イベントは、国宝瑠璃光寺五重塔がある山口市香山公園の散策路に約1,000個のキャンドルが灯され、公園全体が幽玄の光に包まれる特別演出イベント。
ライトアップされた五重塔の下、園内を巡る散策路にキャンドルが揺れる、幻想的な景色を満喫できるとしている。
今年は動画も撮影し、山口県広報広聴課YouTubeで9月30日以降公開する予定(当日の天候により変更となる場合あり)。

202009171200
(さらに…)

【ニュース】 萩焼まつり実行委員会など、「がんばろう萩!萩焼まつりweb版陶器市」を2020年10月1日~31日に開催、Web上にリアルイベントのような会場マップを用意 山口県萩市

2020.09.17
萩焼まつり実行委員会(山口県萩市、藤井敏代表)は、インターネット上で「がんばろう萩!萩焼まつりweb版陶器市」を2020年10月1日~31日に開催する。
共催は萩市・萩陶芸家協会・一般社団法人萩物産協会・萩商工会議所・一般社団法人萩市観光協会。

萩市では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により観光客数の激減。
萩焼業界最大のイベント「萩焼まつり」も中止になったことで、萩焼窯元や小売店等は大きな打撃を受けているという。
こうした中、同実行委員会ではリアルイベントが中止になっても「萩焼の炎は消さない」ことをメッセージとして掲げ、今回の同取り組みで全国への販路開拓を狙うとしている。

同取り組みでは、「萩焼業界最大のマーケット」として、数千円の品から30万円程度の品まで、約1,000点の萩焼をネットで販売。
購入者特典では、先着2,000名まで、どれだけ買っても送料無料とし、決済方法もクレジットカードや商品代引等多数取り扱う。
(さらに…)

【ニュース】 エスビージャパン、下関市豊田町ブランド「豊田梨」と、北九州市のカフェ2店舗がコラボしたカフェメニューを9月11日~24日に提供 山口県下関市

2020.09.10
エスビージャパン株式会社(東京都中央区、 中元英機代表)は、山口県下関市豊田町ブランド「豊田梨」と、福岡県のKUROCAFE(北九州市小倉北区)・dotto milk stand(北九州市小倉北区)がコラボしたカフェメニューを2020年9月11日~24日に提供する。

下関市豊田町は、特産ブランドの「豊田梨」、ワカサギ釣りで知られる「豊田湖」、初夏を彩る光の風物詩「ホタル舟」など、個性あふれる地域資源が楽しめる地域。
「豊田梨」は、夏から秋にかけてこの地域を代表する特産品として知られており、様々な品種を生産、梨狩りを楽しめる観光農園もあるという。

202009100900
(さらに…)

【ニュース】 宇部市、夏休みの子ども向けワークショップ「夏の美術室」を今年は「オンライン&テイクアウト」で開催 山口県宇部市

2020.07.28
アートによるまちづくりを推進する宇部市(久保田后子市長)は、夏休み期間中、子どもが楽しみながら作品を制作するワークショップ「夏の美術室」を、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、「オンライン&テイクアウト」で開催する。

「オンライン」企画では、作品の作り方を動画などで紹介する工作プログラムや、彫刻家へのインタビューを掲載した「UBEビエンナーレ新聞」のオンライン配信を7月23日より開始した。
(さらに…)

【ニュース】 大和ハウス工業、開発中の産業団地「防府第二テクノタウン」で初の進出企業が決定 山口県防府市

2020.06.25
大和ハウス工業株式会社(大阪市北区、芳井敬一社長)は、同社が開発造成工事と企業誘致活動を進めてきた「防府第二テクノタウン」(山口県防府市)で、同産業団地初の進出企業が決定した。

進出企業は冷凍食肉加工業の株式会社ターメルトフーズ(株式会社神戸物産のグループ会社、山口県防府市、佐藤真一代表)。
なお、大和ハウス工業は今後も山口県や防府市と連携、地域の活性化を図り、同産業団地に進出する企業の福利厚生施設(住宅・寮・社宅等)の提案も行うとしている。

DCIM100MEDIADJI_0006.JPG
(さらに…)

【ニュース】 夏の風物詩「錦帯橋の鵜飼」が6月23日から開催、感染予防対策として今年限定の貸切「プライベート鵜飼」を7割乗船で実施 山口県岩国市

2020.06.19
夏の風物詩として知られる「錦帯橋の鵜飼(うかい)」が、6月23日~9月10日に山口県岩国市で開催される。
「錦帯橋の鵜飼」は例年、錦川の鮎漁解禁の6月1日に合わせて開幕していたが、今年は新型コロナウイルスの影響で開始が延期されていた。
今年は、新型コロナウイルス感染防止に配慮し、遊覧船は家族や友人での貸切のみの運航となる。

鵜飼とは、鵜を使って鮎を獲る漁法。
鮎漁が解禁となる夏の夜、清流・錦川に架かる日本三名橋のひとつ、錦帯橋のたもとで行われる。
錦帯橋の鵜飼の起源はおよそ400年前、寛永年間(江戸時代初期)と言われているが、現代の鵜飼は、昔ながらの漁法をできるだけ再現し、夏の限られた期間、遊覧船(屋形舟)に乗って観賞してもらうもの。
夏の夜空の下、美しくライトアップされた錦帯橋を背景に、鵜船のかがり火が錦川の川面に映る中、烏帽子や腰蓑など古式豊かな衣装に身をつつんだ鵜匠(うしょう)が、巧みな手綱さばきで鵜をあやつる幻想的で神秘的な光景が楽しめるという。

202006191100
(さらに…)

【PR記事】 JR西日本ヴィアイン、ビジネスホテル「ヴィアイン下関」をリニューアルオープン、チェーン初の大浴場を完備 山口県下関市

2020.06.10
株式会社JR西日本ヴィアイン(兵庫県尼崎市、坪口和彦社長)は6月8日、同社が運営するビジネスホテル「ヴィアイン下関」(山口県下関市)をリニューアルオープンした。

同ホテルでは当初、4月30日のオープンを予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、オープンを延期。
リニューアルにあたっては、同日にオープンした「ヴィアイン広島新幹線口」(広島市南区)と並び、ヴィアインチェーンホテルとして初めて大浴場を完備した。

202006101040
(さらに…)

【ニュース】 LOCONECT事務局、「オンライン全国移住フェア」を5月31日に開催、5月20日現在全国30道府県・93団体の出展が決定 山口県周防大島町

2020.05.25
LOCONECT事務局(山口県周防大島町、泉谷勝敏代表)は、移住希望者と受入れ地域をマッチングする「オンライン全国移住フェア」を5月31日に開催する。
主催・企画はLOCONECT事務局、後援は周防大島町。

5月20日現在、全国から30道府県・93団体の出展が決定済。
参加には「Discord」というアプリを使用する。
コロナ禍では、全国移住フェアや毎月のように開催されていた移住セミナーが中止となっている状況が続いているという。
(さらに…)

【ニュース】 かんもんラボ、北九州市と下関市の事業者による「つくり手の気持ちがこもった産品」のネットショップ「関門百貨店」をオープン 山口県下関市

2020.05.14
合同会社かんもんラボ(山口県下関市、安本みゆき代表)は5月
13日、コロナ禍で甚大な被害を被っている北九州市と下関市の事業者による「つくり手の気持ちがこもった産品」を販売するネットショップ「関門百貨店」をオープンした。

同ネットショップでは、北九州市と下関市の食や工芸品を販売。
サイトの立ち上げにあたっては、スピード感をもって進めるため、ネットショップを無料で迅速にオープンできるサービス「BASE」を利用した。

202005141000
(さらに…)