【ニュース】 令和元年台風第19号被害を受けた「不動尊公園キャンプ場」、デイサイトとコテージ宿泊の営業を再開 宮城県丸森町

2020.04.01
宮城県丸森町は、令和元年台風第19号被害を受けた観光施設「不動尊公園キャンプ場」(宮城県丸森町)のデイサイトとコテージ宿泊の営業を4月1日より一部再開する。
設置主体は丸森町、指定管理者は一般財団法人丸森町観光物産振興公社(宮城県丸森町、佐藤勝栄理事長)。
周辺住民やNPO団体などの懸命なボランティア作業により営業再開に至ったという。

なお、4月1日以降の営業は、第一キャンプ場(9サイト)を平日はテント宿泊のみ、土日祝日はデイサイト(手ぶらでバーベキュー、持ち込みバーベキュー)の利用を予定。
第二キャンプ場(34サイト・コテージ5棟)は、テントサイトの中・小サイズ、合わせて34サイトと、コテージの8人用3棟と4人用2棟を営業。

新型コロナウイルス感染症への対策として当面の間、高校生以下の利用不可、スポンジ・タワシ・洗剤等の水回り用品は要持参、シャワー棟の利用は不可とする。
申し込み予約はweb予約限定、制限事項に要同意。

202004011000
(さらに…)

【PR記事】 フォーブス、旧ホテルレオパレス仙台を「テンザホテル・仙台ステーション」としてリブランドオープン 宮城県仙台市

2020.03.25
ホテル・レストランの運営とコンサルティングを手掛ける株式会社フォーブス(東京都千代田区、松崎充宏代表)は3月23日、旧ホテルレオパレス仙台(仙台市宮城野区)を「テンザホテル・仙台ステーション」(秋山健太支配人)としてリブランドオープンした。

同ホテルは、仙台市営地下鉄東西線「宮城野通」駅より徒歩1分、JR各線「仙台」駅より徒歩8分の立地。
杜の都・仙台の街並みをイメージした開放感あふれる吹き抜けのフロントロビーが特徴で、大きなガラス窓が印象的なレストラン、イベントホールなど付帯施設も完備し、スポーツ団体やビジネス需要に対応するという。

202003251040
(さらに…)

【ニュース】 東京ガスグループ、木質バイオマス発電事業へ参画、「石巻ひばり野バイオマス発電所」に出資、運転開始予定は2023年5月 宮城県石巻市

2020.03.25
東京ガス株式会社(東京都港区、内田高史社長)100%出資子会社のプロミネットパワー株式会社(東京都港区、菅沢伸浩社長)は、株式会社レノバ(東京都中央区、木南陽介社長)が設立した合同会社石巻ひばり野バイオマスエナジー(東京都中央区)に出資し、木質バイオマス発電事業に参画する。

同事業会社が運営する「石巻ひばり野バイオマス発電所」(宮城県石巻市)は、木質ペレットやパーム椰子殻を燃焼して発電するもので、発電出力は7万4,950kW。

東京ガスグループは、経営ビジョン「Compass2030」で掲げた
2030年における国内外での再生可能エネルギー電源取扱量500万kWの達成とともに、持続可能な社会の実現に貢献していくとしている。
(さらに…)

【ニュース】 丸森町、令和元年台風第19号による被害からの復旧・復興で企業からの寄附を募集、地方創生応援税制により応援企業を税額支援 宮城県丸森町

2020.03.23
宮城県丸森町は、令和元年台風第19号による被害からの復旧・復興、行政課題の解決を応援する企業からの寄附を募集すると同時に、地方創生応援税制により応援企業に対する税額支援を実施する。

令和元年10月12日から13日にかけて同町に襲来した台風第19号(令和元年東日本台風)は、町内全域に過去に類のない甚大な被害をもたらした。
(さらに…)

【ニュース】 WOOC、クリスロード商店街で仙台市内2拠点目となるシェアオフィス「BIZcircle×BIZcomfort 仙台クリスロード」を4月16日にオープン 宮城県仙台市

2020.03.19
レンタルオフィス・コワーキングスペース事業を手掛ける株式会社WOOC(ウォーク、東京都品川区、阪谷泰之代表)は、シェアオフィス「BIZcircle×BIZcomfort(ビズサークル×ビズコンフォート)仙台クリスロード」(仙台市青葉区)を4月16日にオープンする。
構成は、レンタルオフィスの「BIZcircle仙台クリスロード」とコワーキングスペースの「BIZcomfort仙台クリスロード」。

東北エリア・仙台への出店は「BIZcircle×BIZcomfort仙台一番町」(仙台市青葉区)に続き2拠点目。
出店場所となるクリスロード商店街は、JR各線「仙台」駅より徒歩5分、仙台市営地下鉄南北線「広瀬通」駅・JR仙石線「あおば通」駅にも近く、通勤通学客や観光客などの多くの人々が訪れる場所。
商店街の空きフロアをシェアオフィスに生まれ変わらせることで、同商店街の活性化を図り、仙台に住む人々の新しい働き方をサポートするという。

202003191100
(さらに…)

【PR記事】 ワシントンホテル、地下鉄東西線「宮城野通」駅徒歩約2分の「R&Bホテル仙台東口」を新規オープン、仙台駅エリアで2店舗目 宮城県仙台市

2020.03.13
ワシントンホテル株式会社(名古屋市千種区、内田和男社長)は3月14日、「R&Bホテル仙台東口」(仙台市若林区)を新規オープンする。

同ホテルは、JR「仙台」駅東口より徒歩約8分、地下鉄東西線「宮城野通」駅より徒歩約2分の立地。
同社では、「仙台」駅中央口より徒歩約8分・仙台市営地下鉄南北線「広瀬通」駅東2番出口より徒歩約1分の「R&Bホテル仙台広瀬通駅前」(仙台市青葉区、全201室)を運営しており、今回オープンする同ホテルは、仙台駅エリアで2店舗目のホテルとなる。

202003131140
(さらに…)

【PR記事】 ゆと森倶楽部、オールインクルーシブステイで森を愉しむ新しいアクティビティとして「フォレストレイル」を開始 宮城県蔵王町

2020.03.12
株式会社一の坊(仙台市青葉区、髙橋弘行代表)が経営する遠刈田(とおがった)温泉の「『蔵王の森』がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部」(宮城県蔵王町)はこのほど、オールインクルーシブステイで森を愉しむ新しいアクティビティとして「フォレストレイル」を開始した。

「ゆと森倶楽部」は、日本百名山 蔵王山の国定公園内13万㎡の森に佇む、大人の森林温泉リゾート。
東京ドーム2.7個分の森に中にあり、奥羽山脈蔵王連峰・標高500mの高原地帯に立地する。
コナラやクヌギなど手つかずの原生林に育まれ、渓流 小阿寺沢(こあてらさわ)・松川の2つの阿武隈水系の源流に囲まれた自然豊かな環境に位置するという。

202003121040
(さらに…)

【PR記事】 京都市内の三井ガーデンホテル4ホテル、気仙沼帆布のミニカード付宿泊プランを3月11日より提供、被災地を継続支援 宮城県気仙沼市

2020.03.06
株式会社三井不動産ホテルマネジメント(東京都中央区、足立充社長)は、同社が運営する三井ガーデンホテルの京都市内の4ホテル(京都新町 別邸・京都三条・京都四条・京都駅前)でGANBAARE株式会社(宮城県気仙沼市、清水敏也代表)が作成したミニカード付の宿泊プランを3月11日より提供する。
3月4日より予約受付を開始した。

気仙沼には昔から、漁業や水産加工で使われる前掛けやシートを作る工房が多くあったが、東日本大震災の津波で数多くの仕事場や縫製工場が被災。
GANBAAREは、職場を失った職人が自らの技術で気仙沼のために何か出来ないかと集まり、気仙沼帆布を製造・販売する工房として開いたものだという。

202003060940
(さらに…)

【PR記事】 遠刈田温泉の温泉宿「ゆと森倶楽部」、オールインクルーシブステイで森を愉しむアクティビティ「みのむしスターウオッチング」を開始 宮城県蔵王町

2020.02.26
遠刈田温泉の温泉宿「ゆと森倶楽部」(宮城県蔵王町)はこのほど、オールインクルーシブステイで森を愉しむ新しいアクティビティ「みのむしスターウオッチング」を開始した。

宮城蔵王は、県内の中でも星空観賞・撮影で人気のスポット。
同アクティビティでは、170度の大パノラマの星空を寝転びながら鑑賞する、特別な体験ができるという。

202002261040
(さらに…)

【ニュース】 スパリゾートハワイアンズ、常磐線全線開通に合わせ、宮城県民を対象に入場料金が2割引きになるキャンペーンを3月14日~4月30日に実施 宮城県仙台市

2020.02.18
スパリゾートハワイアンズ(常磐興産株式会社、福島県いわき市、井上直美代表)は、3月14日~4月30日の期間、宮城県民を対象に入場料金が2割引きになる「宮城県民割引キャンペーン」を実施する。

同企画は、3月14日の常磐線全線開通に合わせて実施するもの。
宮城県民は、スパリゾートハワイアンズの利用当日に窓口で入場券を購入した場合に限り、通常料金より2割引きで入場できる。

202002180900
(さらに…)