【PR記事】 クアパーク長湯、対前月比で3月は1.5倍の宿泊者数を達成、宿泊エリアは1棟ごと隔離されたコテージタイプ 大分県竹田市

2020.03.27
株式会社長湯ホットタブ(大分県竹田市、小星重治代表)は3月26日、同社が運営する「クアパーク長湯」(大分県竹田市)が、新型コロナウイルスの影響が拡大する前の2月に比べ、3月は1.5倍の宿泊者数を達成したと発表した。
2020年3月期は2019年6月の開業以来過去最高となる見通しだという。

同宿は、周辺に山と水田しかない「秘境すぎる温泉宿」。
1棟ごとの隔離コテージ、温浴療養でも活用される炭酸泉と同質の温泉が自慢だという。

観光名所も少なく、アクセスも不便な大分県竹田市だが、医療先進国ドイツの温浴療養で利用されている炭酸泉と同質の温泉を産出している。
血流を高める重炭酸イオンが溶け込み、健康効果の高い一方で、日本でわずか0.4%といわれる希少な泉質に着目、同社ではあえて、この地でドイツから学んだ本格的な重炭酸温浴法療養施設を運営しているという。

202003271140
(さらに…)

【ニュース】 別府市、新型コロナウイルス感染症の影響で来店客が激減した市内の飲食施設を応援するプロジェクト「#別府エール飯」を開始 大分県別府市

2020.03.19
別府市(長野恭紘市長)は3月18日、新型コロナウイルス感染症の影響で来店客が激減した同市内の飲食施設を応援するプロジェクト「#別府エール飯」を開始した。

新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出を控える動きが定着し、予定されていたさまざまなイベントが中止となり、企業によっては在宅勤務への切り替えが進められるなど、多くの市民や観光客で活気に溢れていた別府の街は今、普段の賑わいを失いつつあるという。
これにより同市内の旅館・ホテルを含む飲食提供施設では、来店客や宴会予約が大幅に減少し、その多くが苦境に立たされているのが現状。
本来3月は、12月に次いで大きな売上を見込める繁忙時期であるため、今回の業績下降の影響は計り知れないものがあるとしている。
(さらに…)

【ニュース】 ENTO、JR「日田」駅舎2階でゲストハウス・カフェ・コワーキングスペースを備えたまちの交流拠点「STAY+CAFE ENTO」を3月20日に開業 大分県日田市

2020.03.05
株式会社ENTO(大分県日田市、岡野涼子代表)は、九州旅客鉄道株式会社(福岡市博多区、青柳俊彦社長)が所有するJR久大本線「日田」駅舎(大分県日田市)2階で、ゲストハウス・カフェ・コワーキングスペースを備えたまちの交流拠点「STAY+CAFE
ENTO(ステイ+カフェ エント)」を3月20日に開業する。

日田市では、駅周辺居住者や来訪者のリビングとしての機能や、日田の玄関口として情報が得られる場所、多種多様な人が交流し情報が発信される場所といった活用を目的に、同駅舎2階の事業者を公募。
同公募で選定されたENTOは、令和元年に設立、地域に今までなかったものを創り出していく事業の第1弾として同施設の運営を行う。
(さらに…)

【PR記事】 ラグジュアリーホテル「Yufuin Luxury Villa zakuro」、オンリーワンの絶景と非日常空間を演出した「湯布院zakuro 絶景特別室-蘭鋳-」の提供を開始 大分県由布市

2020.01.27
株式会社zack.inc(大分県由布市、日野耕平代表)は1月25日、同社が運営するラグジュアリーホテル「Yufuin Luxury Villa
zakuro
」(大分県由布市)で、オンリーワンの絶景と非日常空間を演出した「湯布院zakuro 絶景特別室-蘭鋳(Ranchu)-」の提供を開始した。

同社は2017年、湯布院の田園風景・JR電車・湯布院のシンボルでもある由布岳を眺められる絶景スポットに、1日2組限定の離れ客室をオープン。
宿泊単価を1人約5万円に設定し、湯布院では高単価な宿として運営している。

202001270940
(さらに…)

【ニュース】 豊後高田市の地元有志、「寒晒しそばフェア」を2月15日より開催、「幻のそば」を期間・数量限定で販売 大分県豊後高田市

2020.01.16
地元有志で組織する「香々地~Mie~デザイン会議」(大分県豊後高田市、板井俊作会長)は、2014年から毎年取り組んでいる「寒晒しそばフェア」を今年も2月15日より開催する。

「寒晒しそば」は、寒冷期に玄そば(そばの実)を数日間清流に浸けてアクを抜き、その後寒風にさらし乾燥させたそばのこと。
打ちあがったそばは、淡い緑色を帯び、アクによる苦味やえぐみがなく、甘味が増すとされている。
市内でも夷谷温泉のみで提供、この時期だけの数量限定販売となっていることから、「幻のそば」と呼ばれているという。

202001160900
(さらに…)

【ニュース】 豊後高田市、宝島社「田舎暮らしの本」の特集企画「住みたい田舎ベストランキング」の「10万人未満の市町村」総合部門で2年連続第1位に 大分県豊後高田市

2020.01.08
大分県豊後高田市(佐々木敏夫市長)は、宝島社「田舎暮らしの本(2020年2月号、1月4日発売)」の特集企画「住みたい田舎ベストランキング」で、「10万人未満の市町村」総合部門第1位(2年連続)、「子育て部門」第1位、「シニア部門」第2位、「若者部門」第6位に選ばれたと発表した。

同ランキングは、宝島社が全国の市町村を対象に実施した独自のアンケートにより、決定したもの。
「人口10万人未満」と「人口10万人以上」に分けてランキングし、第8回となる今回は「総合部門」「若者部門」「子育て部門」「シニア部門」の4つの部門で移住地として魅力的な市町村をランキングで紹介している。

202001080900
(さらに…)

【ニュース】 別府ロープウェイ、冬の恒例イベント「第26回べっぷ鶴見岳大寒がまん大会」を2020年1月26日に開催 大分県別府市

2019.11.22
別府ロープウェイ(大分県別府市、榎本方士社長)は、冬の恒例イベント「第26回べっぷ鶴見岳大寒がまん大会」を2020年1月26日に開催する。

同ロープウェイは、別府の街並みと別府湾を一望する、九州最大級・101人乗りのロープウェイ。
同イベントでは、氷点下5~10℃と厳しい寒さの鶴見岳山上で、「寒さ」さえも「楽しさ」に変えるという。
(さらに…)

【PR記事】 別府上人ヶ浜温泉「GAHAMA terrace」、新館「GAHAMA tower」を増築、名称を「AMANE RESORT GAHAMA」としてグランドオープン 大分県別府市

2019.11.20
株式会社松秀(大分県別府市、久保力夫代表)は、同社が運営する別府上人ヶ浜温泉の旅館「GAHAMA terrace」(大分県別府市)に新館「GAHAMA tower」を増築、名称を「AMANE RESORT
GAHAMA」とし、11月19日にグランドオープンした。

「GAHAMA terrace」は、昭和2年建築の旧国武別荘とモダンな現代建築で構成する旅館。
「AMANE RESORT」は、今年7月20日にオーシャンビュー別府旅館「潮騒の宿 晴海」と「GAHAMA terrace」を統一して誕生したブランドだという。

201911201140
(さらに…)

【ニュース】 国道九四フェリー、佐賀関港新ターミナルビルの供用を12月1日より開始、乗船予約・発券システムも更新 大分県大分市

2019.10.25
近鉄グループの国道九四フェリー株式会社(大分県大分市、三重野雄資社長)は、年々増加傾向にある利用者の利便性向上を図るため、昨年12月より建設を進めていた佐賀関港新ターミナルビル(大分県大分市)の供用を12月1日より開始する。

合わせて、乗船予約・発券システムも更新、乗船券のインターネット事前決済や、事前決済した乗船券を窓口で並ぶことなく受け取り可能な自動発券機「らくらくチェックイン端末機」なども導入。
11月1日~12月1日以降の乗船予約・決済を受け付け、12月1日より「らくらくチェックイン端末機」の稼働など、新システムに基づいた運用を開始する。

201910250900
(さらに…)

【ニュース】 別府市産業連携・協働プラットフォームB-biz LINK、エアーハウス型別府温泉「幻想の湯」を販売、東京と滋賀のイベントに出店 大分県別府市

2019.10.23
一般社団法人別府市産業連携・協働プラットフォームB-biz LINK(大分県別府市)はこのほど、エアーハウス型別府温泉「幻想の湯」の販売を開始した。

同商品は源泉100%の移動式温泉で、定員は大人4~5人。
泉質は別府市内で汲んだ弱アルカリ性単純温泉(変更する場合あり)で、別府市内で汲み上げ、専用タンクで保温したまま移送する。
浴槽を約40~42前後に保つため、施設横のトラックから高い温度の温泉を「かけ流し」で給湯し、湯量と温度を調整するという。
既に東京タワーでのイベントや、立命館大学の学園祭などへの出店が決定している。

201910231100
(さらに…)