【PR記事】 ベッセルホテル開発、新規ホテル「レフ大宮 by ベッセルホテルズ」を開業、「THE PARK」をテーマにコワーキングやマルシェなども提供 埼玉県さいたま市

2020.09.16
株式会社ベッセルホテル開発(広島県福山市、瀬尾吉郎社長)は9月16日、新規ホテル「レフ大宮 by ベッセルホテルズ」(さいたま市大宮区、羽原佑介支配人)を開業した。

「REF(レフ)」は、Regional(地域)・Experience(経験、体験)・Flexible(自由に、柔軟に)を由来とし、その土地にある自然、芸術、工芸や食文化など、地域の個性を掘り出すことで、旅の本質的な価値を提供する、ベッセルホテルズで4つ目となるホテルブランド。
今回開業した同ホテルは、同ブランドとしては2019年12月に開業した「レフ熊本 by ベッセルホテルズ」に続く2つ目のホテルとなる。

同ホテルのコンセプトは「THE PARK」。
緑に包まれた空間で体験型のサービスを提供、苔玉づくりやフラワーアレンジメント制作などのイベントを予定している。
その他、全国各地のこだわり食材が集まるマルシェの開催も予定しているほか、朝食会場をカフェとして開放、コワーキングスペースとしても利用できるという。

202009161140
(さらに…)

【ニュース】 飯能市内で路線バスを運行するバス事業者など、「ムーミンバレーパーク」の来園者に向け、モバイルチケット企画券を提供 埼玉県飯能市

2020.09.15
株式会社ムーミン物語(埼玉県飯能市、千田高社長)・西武バス株式会社(埼玉県所沢市、渡邊一洋社長)・国際興業株式会社(東京都中央区、南正人社長)・イーグルバス株式会社(埼玉県川越市、谷島賢社長)・ジョルダン株式会社(東京都新宿区、佐藤俊和社長)の5社は9月14日、飯能市の協力のもと、ムーミンバレーパーク(埼玉県飯能市)の来園者に向け、チケットレスのモバイルチケット企画券「Meets! HANNO Pass(ミーツ ハンノウ パス)」の提供を開始した。

同企画券は、ムーミンバレーパークの入園チケット、飯能駅・東飯能駅からムーミンバレーパークへのシャトルバス往復乗車券、飯能市内の店舗で優待が受けられるクーポン券の3つで構成。
利用者は、スマートフォン1つあれば、キャッシュレスで時間や場所にとらわれることなくチケットを購入することができるという。
(さらに…)

【ニュース】 NTT都市開発、ユナイトボードと再生強化紙によるダンボール式構造体を採用した1畳書斎空間を共同で企画、さいたま市のモデルルームで展示 埼玉県さいたま市

2020.09.14
NTT都市開発株式会社(東京都千代田区、辻上広志社長)は、株式会社ユナイトボード(東京都江戸川区、坂本恒太代表)と再生強化紙によるダンボール式構造体を採用した1畳書斎空間「ウエリスカスタム OTONA 基地」を共同で企画、販売を開始した。

「ウエリスカスタム OTONA 基地」は、一畳分のスペースに独立した空間を作り出し、自宅に居ながら1人で籠れる空間。
テレビ会議やテレワーク等でのストレスを軽減できる空間を提供する。

素材には、再生強化紙を複合成形したダンボール式構造体
(KAMIITA)を採用。
環境負荷を低減し、軽さと強度をあわせ持つほか、断熱性や吸音性の高さ、反りや変形のしにくさといった特長があるという。

202009140900
(さらに…)

【ニュース】 JR東日本大宮市支社など、「越谷レイクタウン」駅周辺で認可保育園を2021年4月1日に開園、同駅周辺の待機児童解消に貢献 埼玉県越谷市

2020.09.11
東日本旅客鉄道株式会社大宮支社(さいたま市大宮区)は、武蔵野線「越谷レイクタウン」駅周辺で認可保育園「(仮称)『こころの花』ほいくえんレイクタウン駅」を2021年4月1日に開園、越谷レイクタウン駅周辺の待機児童解消に貢献する。

JR東日本グループでは、子育て支援を通じた沿線活性化事業を推進しており、駅の利便性を活かした駅型保育園などの開設に取り組んだ結果、2020年9月現在、144箇所の子育て支援施設を沿線に開設。
このうち、大宮支社管内の子育て支援施設としては、今回の同施設が36箇所目となる。
(さらに…)

【ニュース】 西武鉄道と西武プロパティーズ、所沢駅東口駅ビル計画で商業施設「グランエミオ所沢」第Ⅱ期を開業、合わせて所沢駅の新たな駅設備も供用開始 埼玉県所沢市

2020.09.03
西武鉄道株式会社(埼玉県所沢市、喜多村樹美男社長)と株式会社西武プロパティーズ(東京都豊島区、上野彰久社長)は9月2日、所沢駅東口駅ビル計画(埼玉県所沢市)で商業施設「グランエミオ所沢」第Ⅱ期を開業、合わせて所沢駅の新改札などの新たな駅設備の供用を開始した。

これにより、2014年より計画を推進してきた所沢駅東口駅ビル計画が完成。
開業当日は、新型コロナウイルス感染症の拡大予防に配慮しながら、メッセージ動画の事前投稿、またはオンラインによる参加など、新たな形を取り入れたオープニングセレモニーを開催した。
(さらに…)

【ニュース】 蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業、再開発組合が設立認可、総戸数415戸の大規模都市型住宅・商業・業務・公益施設を集約 埼玉県蕨市

2020.09.03
住友不動産株式会社(東京都新宿区、仁島浩順社長)が事業協力する「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」(埼玉県藁蕨市)は、8月28日に再開発組合の設立認可を受け、9月1日に組合を設立した。
なお同社はこれまで参加組合員予定者だったが、組合設立を機に正式に参加組合員として事業参画する。

同事業は、JR京浜東北線「蕨」駅に隣接した立地条件を活かし、蕨駅西口広場や区画街路など公共施設の整備と、先行工区(西口地区7番街区)に連続するプロムナードを中心に、公共公益施設・商業業務施設・都市型住宅施設が調和した魅力ある空間を創出するというもの。
賑わい創出を図るとともに、都市機能の向上と防災機能の強化も図る。

202009031000
(さらに…)

【PR記事】 オフィスプラス、秩父駅徒歩2分のドミトリー型宿泊施設「働Co-ⅼiving」をオープン 埼玉県秩父市

2020.09.03
レンタルオフィスやコワーキングスペースの運営を手掛けるオフィスプラス株式会社(埼玉県秩父市)は9月1日、ドミトリー(相部屋)型の宿泊施設「働Co-ⅼiving(ハタラコリビング)」(埼玉県秩父市)をオープンした。

同施設は、秩父鉄道「秩父」駅より徒歩2分、秩父ビジネスプラザ2階の立地。
周辺には飲食店が多数ある。
市内に2箇所あるコワーキングスペースと連携して運営するという。

202009030940
(さらに…)

【ニュース】 西武プロパティーズ、「西武本川越ペペ ファーマーズマーケット」を9月19日に開催、フードロスを削減し地元の農家・飲食店を応援 埼玉県川越市

2020.08.28
株式会社西武プロパティーズ(東京都豊島区、上野彰久社長)は、同社が運営・管理を行う商業施設「西武本川越ペペ」(埼玉県川越市)の施設前広場で、「西武本川越ペペ ファーマーズマーケット」を2020年9月19日に開催する。
当日は、地元川越の農家や事業者をはじめ、西武本川越ペペの出店者や川越プリンスホテルなど全11店舗が出店する予定。

現在、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、地元の事業者は、飲食店への納品量が減少しているほか、直売等の販売機会が失われている。
また、飲食店舗も、観光客の減少で、売上が大幅に減少、事業継続が危ぶまれているという。
(さらに…)

【ニュース】 立教大学など、秩父のまち歩きマップ「ぶらって秩父まち歩きMAP~札所のトリコ~」を制作、9月4日に秩父市役所で同マップの完成披露・贈呈式を開催 埼玉県秩父市

2020.08.27
立教大学(東京都豊島区、郭洋春総長)は、埼玉県・秩父のまち歩きマップ「ぶらって秩父まち歩きMAP~札所のトリコ~」を制作、2020年9月4日に秩父市役所で同マップの完成披露・贈呈式を開催する。

同取り組みは、株式会社武蔵野銀行(さいたま市大宮区、長堀和正頭取)との産学連携協定に基づき、観光による地域活性化「ぶらって埼玉プロジェクト」の一環として実施するもの。
まち歩きMAPとしては8作目となる今回の同マップは、同大学観光学部の学生16人が繰り返し現地に足を運び、トリコ(虜)になった「秩父札所34ヶ所観音霊場」をテーマに制作。
主な札所が所在する秩父市は、池袋駅から西武鉄道の特急で約80分とアクセスしやすい観光地で、社寺や手つかずの自然など多くの魅力があるという。
(さらに…)

【ニュース】 春日部市と東武鉄道、春日部市内の活性化を目的に「包括的連携協定」を締結、東武鉄道と沿線自治体の協定は初 埼玉県春日部市

2020.08.21
春日部市(石川良三市長)と東武鉄道株式会社(東京都墨田区、根津嘉澄社長)は8月20日、相互の連携強化を通じて同市内の活性化を目指すことを目的に「包括的連携協定」を締結した。

同市内には、東武スカイツリーライン4駅・東武アーバンパークライン4駅(春日部駅を除く)の合計8駅がある。
とくに春日部駅では両路線が交わり、1日あたりの乗降人員が7万人を超える拠点駅となっている。
(さらに…)