【ニュース】 三交不動産、「(仮称)三交四日市駅前ビル建設計画」の新築工事に着手、バスターミナルプロジェクトを中心とした都市整備に調和 三重県四日市市

2023.01.27
三交不動産株式会社(三重県津市、中村充孝社長)は、2023年2月より「(仮称)三交四日市駅前ビル建設計画」(三重県四日市市)の新築工事に着手する。
開業は2025年春の予定。

同ビルの計画地は、近鉄名古屋線・湯の山線「近鉄四日市」駅より徒歩3分に位置し、同駅とJR関西本線「四日市」駅を結ぶメインストリート「中央通り」に面した一画。
近鉄四日市駅前周辺は、国の「バスタプロジェクト」により、中部地方初となる新たなバスターミナルが整備される予定で、同時に四日市市でも「中央通り」を中心とした「近鉄四日市駅周辺等整備事業」を進めており、同ビルは都市整備が本格化しているエリアで新たに誕生するビルとなる。

01271200
(さらに…)

【ニュース】 明和町と明和観光商社、「三重明和インキュベーションセンター」特設会場で地域公共交通について考える「地域公共交通のリ・デザインシンポジウム」を1月28日に開催 三重県明和町

2023.01.18
三重県明和町(世古口哲哉町長)と一般社団法人明和観光商社(三重県明和町、千田良仁代表理事)は、同町内で新たにオープンした「三重明和インキュベーションセンター」特設会場で地域公共交通について考える「地域公共交通のリ・デザインシンポジウム」を
2023年1月28日に開催する。

同町では現在、地域交通として、町民バスを始めとした、mobi、ちょいソコなど様々なモビリティが運用されている。
2023年12月半ばからは、新たな地域公共交通として、グリーンスローモビリティ「牛車(もうぐる)」の実証実験も行われたという。
(さらに…)

【PR記事】 志摩観光ホテル、2023年ホテルオリジナル日本酒 純米大吟醸 山田錦「志摩」を2月1日より数量限定で販売 三重県志摩市

2023.01.05
「志摩観光ホテル(志摩観光ホテル ザ クラシック志摩観光ホテル ザ ベイスイート)」(三重県志摩市、平田芳久総支配人)は、2023年ホテルオリジナル日本酒 純米大吟醸 山田錦「志摩」
(720ml)を2023年2月1日より数量限定で販売する。
1月4日より予約受付を開始した。

同商品は、三重県産の「山田錦」を100%使用した新酒で、嘉永6年(1853年)創業の若戎酒造(三重県伊賀市)が醸造を担当。
2021年から続くホテルオリジナル日本酒の第3弾となる。

01050940
(さらに…)

【ニュース】 志摩スペイン村、バーチャルライバー「周央サンゴ」をバーチャルアンバサダーに任命、2023年2月11日よりコラボイベントを開催 三重県志摩市

2022.12.28
志摩スペイン村(三重県志摩市、運営:株式会社志摩スペイン村、影山豊社長)は、2023年2月11日~4月2日の期間、ANYCOLOR株式会社(東京都港区、田角陸代表)が運営する「にじさんじ」所属のバーチャルライバー「周央サンゴ」(通称:ンゴちゃん)を「志摩スペイン村バーチャルアンバサダー」に任命、テーマパークとホテル志摩スペイン村でコラボイベントを開催する。

期間中は、園内でのスタンプラリー、アニメ上映、コラボメニューの提供、コラボグッズの販売、プリントシール機の設置などを実施。
また、同園の最寄り駅となる近鉄志摩線「鵜方」駅では、「周央サンゴ」と観光特急「しまかぜ」が描かれたステッカーを配付、等身大パネルを設置するほか、同駅構内や志摩線の一部近鉄特急車内でも「周央サンゴ」によるアナウンスを放送する。

12281100
(さらに…)

【ニュース】 三重交通、「岡波総合病院」の移転開院に合わせ、2023年1月4日より路線バス「上野名張線」の運行経路・時刻を変更、新病院内に乗り入れ 三重県伊賀市

2022.12.21
三重交通株式会社(三重県津市、竹谷賢一社長)は、「岡波総合病院」(三重県伊賀市)の移転開院に合わせ、2023年1月4日より、路線バス「上野名張線」の運行経路・時刻を変更の上、新病院内に乗り入れる。

新設する「岡波総合病院」停留所は新病院の玄関前に設置。
伊賀市上野地域や名張市方面と新病院を結ぶことで、来院者の利便性向上を図る。
(さらに…)

【ニュース】 志摩スペイン村、伊勢志摩温泉「ひまわりの湯」で冬至の12月22日に無病息災を祈る「柚子湯」を実施 三重県志摩市

2022.12.16
志摩スペイン村(三重県志摩市、株式会社志摩スペイン村、影山豊社長)は、園内の伊勢志摩温泉「ひまわりの湯」で、冬至の2022年12月22日に無病息災を祈る「柚子湯」を実施する。

柚子は邪気を払うほか、血行促進で冷え性を緩和し、美肌効果があると言われている。

12161000
(さらに…)

【PR記事】 チョイスホテルズジャパン、「コンフォートホテル四日市」を開業、本社ビル上層階に位置するヘッドオフィス併設のホテル 三重県四日市市

2022.12.14
「コンフォートホテル」「コンフォートイン」「コンフォートスイーツ」を全国展開する株式会社チョイスホテルズジャパン(東京都中央区、村木雄哉社長)は2022年12月14日、「コンフォートホテル四日市」(三重県四日市市)を開業する。

同ホテルは、近鉄名古屋線・湯の山線「近鉄四日市」駅東出口より徒歩約1分、JR関西本線「四日市」駅より徒歩約13分の立地。
チョイスホテルズジャパンの親会社でコンフォートホテルの運営会社でもある株式会社グリーンズ(三重県四日市市、村木雄哉社長)創業の地に位置し、グリーンズ本社ビルの上層階に位置する。
宿泊客のニーズをすばやくとらえ、常にチャレンジ・成長し続けるヘッドオフィス併設のホテルになるという。

12141140
(さらに…)

【ニュース】 災害による養殖クロマグロの漁獲量減少等により一時休業していた「伊勢志摩まぐろ食堂」、12月12日より営業を再開 三重県南伊勢町

2022.12.02
災害による養殖クロマグロの漁獲量減少等により、一時休業していた「伊勢志摩まぐろ食堂」(三重県南伊勢町)は、2022年12月
12日より営業を再開する。

合わせて、経営体制を株式会社みなみいせ商会から有限会社幸洋荘(三重県鳥羽市、上村領佑代表)へ変更。
営業再開後のメニューとサービスは、従前と変わらない内容で提供するという。

12020900
(さらに…)

【PR記事】 積水ハウスなど、「御浜町における食品ロス削減及び特産品のPRに向けた連携協定」を締結、持続可能なみかん産地を目指す 三重県御浜町

2022.11.29
積水ハウス株式会社(大阪市北区、仲井嘉浩社長)・三重県御浜町(大畑覚町長)・株式会社クラダシ(東京都品川区、関藤竜也社長
)・パーク七里御浜株式会社(三重県御浜町、辻利文社長)・一般社団法人ツーリズムみはま(三重県御浜町、湊賢一郎代表)の5者は2022年11月28日、「御浜町における食品ロス削減及び特産品のPRに向けた連携協定」を締結した。

同町は、町をあげてみかん栽培に取り組んできた歴史がある一方で、近年は高齢化や後継者の減少による担い手不足、それに伴う遊休農地や耕作放棄地の増加、農地の集積の停滞、獣害の増加などによるみかん生産量の減少が課題となっており、みかん産地としての将来が危惧されているという。

今回の連携により、「Kuradashi」での商品の販売や、担い手不足による未収穫産品の解消や不揃い、傷があるなどの規格外果実の加工によるフードロスの削減などを通じ、同町の特産品PRと地域活性化を目指す。

11291140
(さらに…)

【ニュース】 オムロンヘルスケア、三重県の「木づかい宣言」事業者に登録、松阪事業所で三重県産木材を活用、「森林資源循環利用」に貢献 三重県松阪市

2022.11.11
オムロンヘルスケア株式会社(京都府向日市、荻野勲社長)の国内の生産拠点となっている松阪事業所(三重県松阪市)は、三重県産の木材を積極的・計画的に使用することを宣言、「木づかい宣言」事業者に登録されたことを受け、2022年11月10日に三重県庁で登録書授与式が行われた。

同県は、木々を育て、木材として活用し、また育てる「緑の循環」を推進している。
その一環として、県産材の積極的な利用や木育の推進を実施することを宣言した事業者を登録する「木づかい宣言事業者登録制度」を2018年に創設、2022年7月現在で34企業が登録しているという。
(さらに…)