【ニュース】 鈴鹿サーキット、日本初のリアルライディングコースター「GP RACERS」など2アトラクションを2020年3月1日に同時オープン 三重県鈴鹿市

2019.12.10
鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市、運営:株式会社モビリティランド、田中薫社長)は、日本初のリアルライディングコースター
「GP RACERS」とステップアップカートアトラクション「KART
ATTACKER」の2つのアトラクションを2020年3月1日に同時にオープンする。
同アトラクションは、モータースポーツの楽しさをファミリーで体感できるエリア「GPフィールド」に登場し、親子で協力したり、勝負したりして楽しむというもの。

「GP RACERS(ジーピーレーサーズ)」は、ライダーが実際にレースで体感するようなスピードや重力、コーナリングなど本格的なバイクのライディングを疑似体験することができる日本初のバイク型コースター。
全長440mのコースでは、隣を走るライバルと抜きつ抜かれつのバトルが展開され、モータースポーツならではの迫力を体験できる。
コーナーにはマシンがより速く走行するために最大48度のバンク角(傾き)がついており、連続したコーナーを抜けると国際レーシングコースが目の前に表れ、まるでレーシングコースを走行しているかのような感覚が楽しめるという。

201912101100
(さらに…)

【PR記事】 ミューズ、オール・インクルーシブスタイルのバリ風リゾートホテル「Bali&Resort SAYAの風」をオープン 三重県鳥羽市

2019.12.02
株式会社ミューズ(滋賀県大津市、岡田徹社長)は12月1日、バリ風リゾートホテル「Bali&Resort SAYAの風」(三重県鳥羽市)をオープンした。

同ホテルは、鳥羽市安楽島の高台にただずむバリ風リゾートホテル。
バリ情緒溢れる館内・客室に加え、カラオケルームやリラクゼーション&漫画コーナーなど様々な娯楽施設、イベント・サービスを用意した。
食事の他、バータイム+アルコールとソフトドリンク飲み放題など、全てのサービスで一切追加料金が発生しない「オール・インクルーシブスタイル」で運営する。

201912020940
(さらに…)

【PR記事】 山忠、「松阪」駅徒歩2分の新規ホテル「ジャストイン松阪駅前」をグランドオープン 三重県松阪市

2019.11.18
不動産事業・ホテル事業などを手掛ける株式会社山忠(愛知県大治町、山﨑恭裕代表)は11月18日、新規ホテル「ジャストイン松阪駅前」(三重県松阪市)をグランドオープンした。

同ホテルはJR・近鉄「松阪」駅南口より徒歩約2分の立地。
パナソニック松阪工場・松阪中核工業団地などへの車でのアクセスも良好だという。

201911181140
(さらに…)

【PR記事】 WILLER EXPRESS、大阪とナガシマリゾートを結ぶ直行便を12月1日より運行開始、日帰り利用でも最長9時間滞在可能な運行ダイヤを設定 三重県桑名市

2019.11.15
高速バス「WILLER EXPRESSicon」を統括管理・運行するWILLER
EXPRESS株式会社(東京都江東区、平山幸司代表)は、大阪とナガシマリゾート(三重県桑名市)を結ぶ直行バスの運行を今年12月1日より開始する。

ナガシマリゾートは、年間1,550万人(2018年来場者数)が訪れ、日本有数の遊園地や天然温泉露天風呂、店舗数300を超えるアウトレットモールなどが揃う、子どもから大人まで楽しめるエンターテイメントを集めた国内有数の総合レジャー施設。

同社では今回、2018年12月から運行を開始した首都圏からの直行バスに続くナガシマリゾートへの新たなアクセスとして、関西圏からの直行バスの運行を開始する。
メインターゲットは、ナガシマリゾートを日帰り旅行として訪れる関西圏在住の10代~20代女性、増加を続ける訪日客もターゲットの一部に見据えているという。

201911151040
(さらに…)

【ニュース】 熊野市、「第2回熊野産本まぐろフェア」を11月30日まで市内13店舗で開催、刺身・カツ・ステーキなどで提供 三重県熊野市

2019.11.08
熊野市は、熊野産本まぐろの美味しさを広めるイベント「第2回熊野産本まぐろフェア」を11月30日まで市内13店舗で開催する。

熊野市甫母町の有限会社熊野養魚では全国でも希少な本まぐろの養殖を行っており、質・量・味とも安定した供給が可能な食材になっているという。
同市でもこの「熊野産本まぐろ」の美味しさを広めるため、「熊野産本まぐろフェア」を開催、第1弾は今年6月に開催し、予想を超える反響があり、予定を超える数量が出荷されたという。

201911080900
(さらに…)

【ニュース】 なばなの里、恒例の「なばなの里イルミネーション」を2020年5月6日まで開催、メイン会場のテーマは「さくら」 三重県桑名市

2019.10.23
なばなの里(三重県桑名市、運営:長島観光開発株式会社)は、季節の風物詩として恒例の「なばなの里イルミネーション」を2020年5月6日まで、期間限定で開催する。

毎年変わるメイン会場イルミネーションの今回のテーマは「さくら」。
視界いっぱいに広がる千本桜や、連なる山々が美しい里山の絶景を、過去最大スケールでダイナミックに演出するという。

201910231000
(さらに…)

【ニュース】 近畿日本鉄道など、昨年度に引き続き、「足湯列車」を11月30日より「近鉄名古屋」駅~「湯の山温泉」駅間で運行 三重県菰野町

2019.10.18
近畿日本鉄道株式会社(大阪市天王寺区、都司尚社長)・三重県菰野町・菰野町観光協会の3者は、昨年度に引き続き、観光列車「つどい」の車内で足湯が体験できる「足湯列車」を11月30日より「近鉄名古屋」駅~「湯の山温泉」駅間で運行する。

「足湯列車」は、観光列車「つどい」の2号車に設置した足湯キット(4人用2台)に入り、順番に足湯を楽しんでもらうもの。
足湯のお湯は、運行当日に菰野町職員が菰野温泉の源泉から汲んできた温泉を使用する。

201910180900
(さらに…)

【ニュース】 熊野市など、「熊野古道世界遺産登録15周年記念ウォーキング」を10月27日に開催、チェックポイントではプレゼントも 三重県熊野市

2019.10.17
熊野市観光公社と熊野市は、熊野三山へと通じる参詣道「熊野古道」の世界遺産登録15周年を記念したイベント「熊野古道世界遺産登録15周年記念ウォーキング」を10月27日に開催する。

三重県・奈良県・和歌山県にまたがる紀伊山地は、自然の中に神々が宿る神話の舞台となり、中国から仏教が伝わると仏や菩薩の住む浄土に見立てられ、やがて神秘的な力を身につけるための山岳修行が生まれた、世界でも類を見ない特別なエリア。
その希少な価値が認められ、2004年7月7日に「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されている。

201910171000
(さらに…)

【ニュース】 近鉄グループホールディングスなど、志摩地域で観光地型「志摩MaaS」の第1弾実証実験を10月より実施、オンデマンドバスなどを運行 三重県志摩市

2019.09.27
近鉄グループホールディングス株式会社(大阪市天王寺区、吉田昌功社長)は、沿線の重要観光地である伊勢志摩エリアの志摩地域で、10月1日~11月30日の期間、観光地型MaaS(Mobility as
a Service)として「志摩MaaS」の第1弾実証実験を実施する。

同実証実験では、志摩地域周辺の二次交通の利便性を向上させるため、眺望の優れた横山展望台や桐垣展望台に向けて運行するオンデマンドバスや、志摩地域の観光地間を相乗りで運行する相乗り(デマンド)タクシーの運行に加え、英虞湾内の港(施設)間を陸路に比べ短時間で結ぶオンデマンドの英虞湾マリンキャブの運航を実施。
また、近鉄グループのホテル利用者を対象に、「賢島」駅・「鵜方」駅と近鉄グループホテルをつなぐホテル送迎バスを新たに運行する。
(さらに…)

【PR記事】 東京ベイ舞浜ホテル、三重県産食材を使用した「伊勢志摩フェア ディナービュッフェ」を10月1日~11月7日に開催 三重県津市

2019.09.25
東京ベイ舞浜ホテル」(千葉県浦安市)は10月1日~11月7日の38日間、1階レストラン「ファインテラス」で三重県産食材を使用した「伊勢志摩フェア ディナービュッフェ」を開催する。

三重県では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを契機に、県産食材の販売拡大を図るため、大会VIP等の利用が見込まれるラグジュアリーホテルを対象に、県産食材の活用促進に取り組んでいる。
同ホテルと同県が連携した同フェアは、今年で4年目を迎えるという。

期間中は、同県内地域の郷土料理を再現したメニューや、松阪牛をはじめとする同県産食材のほか、新たな同県産食材も多数使用したメニューにリニューアルして提供する。
新たに加えた同県産食材は、熊野地鶏・熊野鯛・新姫・鰹生節・豆味噌など。

201909250940
(さらに…)