【ニュース】 JR四国、高齢者向け事業「レコードブック」と提携し、リハビリ特化型デイサービス事業を展開、鉄道事業や駅ビル事業との相乗効果を狙う 香川県高松市

2018.06.07
四国旅客鉄道株式会社(香川県高松市、半井真司社長)は、「レコードブック」のブランド名で高齢者向け事業を展開する株式会社インターネットインフィニティー(東京都品川区、別宮圭一社長)と共同で、リハビリ特化型デイサービス事業を展開する。

JR四国では、収益基盤の強化に向け、事業開発部門を鉄道事業部門に並ぶ事業へと拡大することを目指し、マンション事業やホテル事業に取り組むとともに、新規事業への参入による事業領域拡大を検討してきた。
今回の同事業も新規事業参入の一環。
全国に先駆けて高齢化が進む四国で、高齢者の健康寿命を延伸するリハビリ特化型デイサービス事業を展開、鉄道事業や駅ビル事業との相乗効果を狙う。
(さらに…)

【ニュース】 あなぶきグループ、ツクルバと協働、自社所有ビルの空きスペースを有効活用し、地域活性化拠点となるシェアードワークプレイスを高松と広島でオープン 香川県高松市

2018.06.06
あなぶきグループ(香川県高松市、穴吹忠嗣代表)は、株式会社ツクルバ(東京都目黒区 村上浩輝代表・中村真広代表)と協働、自社所有ビルの空きスペースを有効活用し、地域活性化拠点となるシェアードワークプレイス「co-ba takamatsu(コーバ・タカマツ)」(香川県高松市)と「co-ba hiroshima(コーバ・ヒロシマ)」(広島市中区)をオープンする。

両施設は、地域のスタートアップチームや建築家、地域で活動するNPOなどがコワーキングスペースとして利用可能。
イベントやワークショップ、セミナー開催等、様々なシーンに活用できる拠点として、地域内外の人が交流し、新しいアイデアや事業・活動の発信地となることを目指す。

あなぶきグループは、主な事業エリアの瀬戸内圏でインキュベーションプログラムに注力しており、中期経営計画でも、オープンイノベーションの推進を重点戦略に掲げている。
今回の取組みは、今年3月に開始したコーポレートベンチャーキャピタル「あなぶきスタートアップ支援ファンド」と連携させ、不動産関連事業をはじめ、介護、人材サービス、観光など、同社グループの幅広い事業領域とも将来的な事業シナジーが見込めるスタートアップチームなどを継続的に支援、互いに協働しながら、新たな事業創出を目指すという。

20180606anabuki
(さらに…)

【PR記事】 ティーケーピー、アパホテル高松空港内の宴会場とレストランを6月1日より「TKPレクトーレ高松空港」として運営 香川県高松市

2018.05.30
株式会社ティーケーピー(東京都新宿区、河野貴輝社長)は、アパホテル高松空港(香川県高松市)内の宴会場とレストランを6月1日より「TKPレクトーレ高松空港」として運営する。

「TKPレクトーレ高松空港」は、同ホテルからホテル宴会場を運営受託し、空室を有効活用する研修施設で、「レクトーレ」ブランド初の試みとなるもの。
同ホテル1階の宴会場で、最大4室、360名を収容。
天井高は5.5mあり、催事をはじめ多目的用途での利用が可能となっている。

20180530tkp
(さらに…)

【ニュース】 教育・学習支援のファミーリエ、テレワーク施設「高松プラットフォーム・ラボ」を6月1日にオープン、多様な働き方を支援 香川県高松市

2018.05.25
教育・学習支援事業を手掛ける株式会社ファミーリエ(香川県高松市、徳倉康之社長)は、テレワーク施設「高松プラットフォーム・ラボ(TPL)」(香川県高松市)を6月1日にオープンする。

同施設は同社の新規事業で、多様な働き方を支援することを目的としたもの。
起業・創業コンサルティングや各種セミナーの実施、テレワークや副業等の多様な働き方を実現するための拠点づくりを展開する。
(さらに…)

【ニュース】 国土交通省、都市再生特別措置法に基づき、四国水族館開発とSMBC信託銀行の民間都市再生整備事業計画「(仮称)四国水族館計画」を認定 香川県宇多津町

2018.04.24
国土交通省は4月20日、都市再生特別措置法の規定に基づき、株式会社四国水族館開発(香川県宇多津町、流石学代表)と株式会社SMBC信託銀行(東京都港区、古川英俊社長)から申請があった民間都市再生整備事業計画「(仮称)四国水族館計画」を認定した。

同事業は、四国随一の規模となる近代的水族館を建設するとともに、まちの観光・交流の拠点にふさわしい魅力ある公園整備に官民が一体となって取り組むことで、宇多津町臨海部の集客機能を強化し、まちの賑わいを再生するというもの。
四国の玄関口としての立地を活かしつつ、様々な四国の水景を通じ、生き物の生息環境だけでなく、地域文化を感じる空間演出などを行い、四国各地とのつながりを創出するとしている。
(さらに…)

【ニュース】 日立建機と日立建機日本、善通寺市にICTデモサイトを開設、i-Construction普及へ 香川県善通寺市

2018.04.12
日立建機株式会社(東京都台東区、平野耕太郎社長)と連結子会社の日立建機日本株式会社(埼玉県草加市、榎本一雄社長)は4月10日、日立建機日本四国支店内に「日立建機 香川ICTデモサイト」(香川県善通寺市)を開設した。

香川ICTデモサイトは、国土交通省が推進するi-Constructionへの理解と、ICT施工を実感してもらうことを目的とした施設。
2016年に茨城県ひたちなか市に開設した日立建機ICTデモサイトに続き、日立建機グループとして2拠点目のICTデモサイトとなる。

20180412hitachicm
(さらに…)

【ニュース】 京都産業大学、学生が中・長期間滞在し、地域活性化の拠点となる域学連携交流施設を土庄町にオープン 香川県土庄町

2018.04.06
京都産業大学(京都市北区、大城光正学長)は、香川県土庄町(三枝邦彦町長)に、学生が中・長期間滞在でき、地域活性化の拠点となる域学連携交流施設「夢(む)すび館」をオープンした。

3月23日に行われた開所式では、同施設を利用し、小豆島の島鱧のブランド化やスポーツを通した地域活性化に取り組む現代社会学部の学生が、町内の関係者を前に決意表明。
京都府綴喜郡井手町の活動拠点「むすび家ide」を活用し、地域活性化に取り組む学生らが活動発表を行った。
(さらに…)

【PR記事】 JRホテルクレメント高松、館内レストランで「いちごフェア」を3月1日より開催、フォトジェニックなデザートやカクテルを提供 香川県高松市

2018.02.21
JRホテルクレメント高松(香川県高松市、吹谷佳孝総支配人)は、館内レストランで「いちごフェア」を3月1日より開催する。

期間中は、見た目も華やかで、思わず写真を撮ってみたくなるようなデザートやカクテルが愉しめるという。

20180221JRホテルクレメント高松
(さらに…)

【ニュース】 あなぶきグループ、民泊・簡易宿所事業など「シェアリング・エコノミーサービス」の拡充を目的とした新会社を設立、業務を開始 香川県高松市

2018.02.02
あなぶきグループ(あなぶき興産グループ、あなぶきハウジンググループ、穴吹忠嗣代表)は2月1日、民泊・簡易宿所事業をはじめとする「シェアリング・エコノミーサービス」の拡充を目的とした新会社「株式会社あなぶきスペースシェア」(香川県高松市、平山俊一社長)を設立、業務を開始した。

現在、日本では、外国人旅行者が増加の一途をたどっており、地方都市でも宿泊施設の整備が急務となっている。
一方、「空き家」の急増も社会問題となっていることから、それらの問題を解決する手段の一つとして、2018年6月に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行される。

こうした中、あなぶきグループでは、不動産ソリューション事業・賃貸管理事業・ホテル事業・清掃事業・トラベル事業など、これまでに培ってきた総合力を活かすことができる民泊・宿泊市場を新たな事業領域と捉え、賃貸マンションや一戸建て等の空室をリノベーションするなどして、良質な宿泊施設を全国各地で供給、新たな宿泊需要創出と社会的課題の解決に努めるという。
(さらに…)

【ニュース】 JR四国、観光列車「四国まんなか千年ものがたり」のアテンダントが総本山善通寺で研修、精神を鍛え、サービスレベルの向上を目指す 香川県善通寺市

2018.01.17
四国旅客鉄道株式会社(香川県高松市、半井真司社長)は、今年4月にデビュー1周年を迎える観光列車「四国まんなか千年ものがたり」のアテンダントを対象に、総本山善通寺(香川県善通寺市)での研修を1月22日に実施する。

同研修は、精神を鍛え、サービスレベルの向上を目指すというもの。
善通寺に関する歴史・文化を学び、知識を習得して観光列車内での案内に活用するほか、戒壇巡りや法話が含まれた善通寺ならではの新しい旅行プランをアテンダント自らが体験することで、観光列車のPRだけでなく、地域の活性化にもつなげるとしている。
(さらに…)