【PR記事】 静岡市用宗に、全3棟、1棟貸し切りの古民家ホテル「日本色 RUSTIC VILLA SHIZUOKA JAPAN」がオープン 静岡県静岡市

2017.07.25
2017年7月21日、静岡・用宗に、古民家ホテル「日本色 RUSTIC VILLA SHIZUOKA JAPAN」(静岡市駿河区)がオープンした。

同ホテルは、長い時間が育んだ、趣ある古民家をまるごと1棟まるごと独占できる宿。
美しい海と漁港、路地裏のノスタルジックな街並みの一画にあり、静岡市内にありながら、まるで島のようなゆったりとした心地よさがあるという。
宿泊者限定の「シラス漁の体験乗船」(要予約)なども用意した。
20170725日本色RUSTICVILLASHIZUOKAJAPAN
(さらに…)

【ニュース】 大井川鐵道とソニー・クリエイティブプロダクツ、7月22日に「ニコニコ生放送」で「きかんしゃトーマス号」 の模様などを5時間にわたり生中継 静岡県島田市

2017.07.18
大井川鐵道株式会社(静岡県島田市、前田忍社長)と株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ(東京都千代田区、長谷川仁社長)は7月22日、動画配信サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」で「きかんしゃトーマス号」 の模様などを5時間にわたり生中継する。
放送日は「ジェームス号」の2017年営業運転初日にもあたり、その様子も放送するという。

niconicoは、株式会社ドワンゴ(東京都中央区、荒木隆司社長)が運営する日本最大級の動画配信サービス。
ウェブサイト上で再生される動画にコメントが付けられる「ニコニコ動画」や、生放送番組にリアルタイムでコメントを付けられる「ニコニコ生放送」などの各種サービスで構成され、コメントによる双方向コミュニュケーションがもたらす一体感の中でコンテンツを楽しむことができるとしている。
(さらに…)

【ニュース】 東海道歴史街道観光推進協議会、静岡市の中山間地域「オクシズ」を舞台に14プログラムを体験できるオクシズ温故知新博覧会「オクシズおんぱく」を8月1日~31日に開催 静岡県静岡市

2017.07.13
東海道歴史街道観光推進協議会(静岡市観光交流課内)は8月1日~31日の期間、自然豊かな静岡市の中山間地域「オクシズ」を舞台に、豊かな自然や食・伝統など14プログラムを体験できるオクシズ温故知新博覧会「オクシズおんぱく」を開催する。

おんぱくとは、元々は大分県別府市で始まった「温泉泊覧会」が発祥。
地域の特色を生かした体験プログラムを提供し、地域活性化に大きな効果をもたらした。
小規模な交流型プログラムを「一定エリア内」で「一定の期間」に「集中的」に開催することが特徴で、現在、全国各地で取り入れられている。

同協議会では今年2月、地域の様々な魅力・奥深さに出会える多彩な体験型プログラム「駿河 東海道おんぱく」を開催し、好評を博した。
「オクシズおんぱく」は、その番外編として、今夏、自然豊かな中山間地域「オクシズ」を舞台に開催するもの。
20170713おくしずオンパク
(さらに…)

【PR記事】 休暇村富士、館内レストランをリニューアル、魚を目の前でさばく「職人の技」を披露、「お茶BAR」も新設 静岡県富士宮市

2017.07.13
富士箱根伊豆国立公園に位置するリゾートホテル「休暇村富士」(静岡県富士宮市、渡部吉基総支配人)はこのほど、館内レストランをリニューアルした。

鮮やかな料理を美しく演出するよう、ビュッフェラインは白を基調にデザイン。
珍しい野菜が並ぶサラダコーナーや、地元食材を使用した料理などを提供するほか、沼津市場直送の魚を目の前でさばき、盛り付ける「職人の技」も披露するという。
20170713休暇村富士
(さらに…)

【PR記事】 旧ホテル米久、「ホテル・レオン浜松」としてリニューアルオープン、「タクシー割」を開始し、シャンプーバーなどを設置 静岡県浜松市

2017.07.12
旧ホテル米久(浜松市中区)は2017年7月、「ホテル・レオン浜松」としてリニューアルオープンした。

同ホテルはJR「浜松」駅北口から徒歩約7分の立地。
コンビニエンスストアまでは徒歩約4分、周辺飲食店マップなども用意した。
初泊チェックイン時のみ(1回限り)、タクシー料金を500円分まで同ホテルが負担する「タクシー割」も開始したという。
20170712ホテルレオン浜松
(さらに…)

【ニュース】 アーバネットコーポレーション、ホテル事業へ参入、湖西市などで既存ホテル6施設を取得、当面は現ホテル運営会社に賃貸 静岡県湖西市

2017.07.10
株式会社アーバネットコーポレーション(東京都千代田区、服部信治社長)は、7月6日開催の臨時取締役会で、ホテル事業への参入を決議、合わせて既存ホテル6施設の取得を決議した。

同社は、東京23区を中心に、投資用ワンルームマンションを中心とした不動産開発販売事業を展開。
今回のホテル事業への参入は、海外からの観光客増加と、働き方改革等の機運により、国内旅行需要の増加を見込んだもの。
当面は静岡県湖西市などで既存ホテル6施設を取得し、現在と同条件で現賃借人(ホテル運営会社)への賃貸を計画しており、将来的には自社開発物件でのホテルの所有・運営に結び付けたいとしている。
(さらに…)

【ニュース】 富士スピードウェイ、ファミリー層を視野に、恐竜模型の屋外体験施設を7月28日にオープン 静岡県小山町

2017.06.29
富士スピードウェイ株式会社(静岡県小山町、原口英二郎社長)は、恐竜模型の屋外体験施設「富士ジュラシックウェイ(FUJI
JURASSIC WAY)」(静岡県小山町)を7月28日13時にオープンする。

富士スピードウェイではこれまで、モータースポーツを中心に様々なレース、イベントなどを開催してきた。
今回は、モータースポーツ用の各種設備に加え、「家族で楽しむ富士スピードウェイ」をコンセプトに恐竜アミューズメント施設を導入するという。

富士ジュラシックウェイは、レーシングコースの名物コーナーとなっているトヨペット100Rコーナー内側の森林エリアに設置。
自然の地形や樹木をそのままに、太古の恐竜世界を表現する。
(さらに…)

【PR記事】 作家・倉本聡氏のテレビドラマ「やすらぎの郷」の舞台となった川奈ホテル、ドラマ放映に伴い、カクテル・宿泊プラン・館内案内ツアーを7月31日までの期間実施 静岡県伊東市

2017.06.26
作家・倉本聡氏のテレビドラマ「やすらぎの郷」の舞台となった川奈ホテル(静岡県伊東市、村井宏通総支配人)は、ドラマの放映に伴い、「やすらぎの郷」をイメージしたカクテルや宿泊プランの提供と、撮影エピソードや秘話を案内する館内案内ツアーを7月31日までの期間実施する。

「やすらぎの郷」をイメージしたオリジナルカクテルは、クラシックな重厚感漂うメインバーで、ドラマの中で主人公が実際に飲んでいる「ラスティペン」や、出演者達がたしなむお酒をイメージしたもの。
アマレットを使用したミルキーホワイト色の「ラストラーダ」など4種類を用意した。

放送を記念した宿泊プラン「やすらぎの郷放送記念プラン」は、メインバーで提供する「やすらぎの郷」をイメージしたカクテルと、開業3周年を迎える「ブリサ マリナ」温泉施設内にあるプライベートバス(TSUKI)の利用がセットになったもの。
相模灘を眺めながらゆったりとした時間を過ごせるという。

「やすらぎの郷 館内案内ツアー」は、ロケ地のひとつとして撮影協力をした際に同行したホテルスタッフが、エピソードやドラマのワンシーンに出てくる撮影場所を案内する。
20170626川奈ホテル
(さらに…)

【ニュース】 富士山二合目の遊園地「ぐりんぱ」、水陸走行アトラクション「ビーバーフィーバー」が7月15日に登場 静岡県裾野市

2017.06.26
富士山2合目の遊園地「ぐりんぱ」(静岡県裾野市)は、昨年オープンした人気水上アスレチック「カッパ大作戦」に次ぐ、第2の水上新アトラクション「ビーバーフィーバー」を7月15日にオープンする。

「ビーバーフィーバー」は、陸地と水辺を自由に行き来できる「ビーバー」のように、陸上も水上もペダルを漕いで走行できるウォーターアトラクション。
コースは、初級者向け・上級者向けがあり、陸上から水面にダイブするスリルを味わえるという。

コース途中には水しぶきやミスト、バブルや滝などの仕掛けも多数用意。
濡れないように漕ぐハラハラも、思いっきり濡れて楽しむワクワクも楽しめるとしている。
20170626富士急行
(さらに…)

【ニュース】 富士急行、標高1,300mの新たな花スポット「富士 花めぐりの里」で今シーズンの営業を7月22日より開始 静岡県裾野市

2017.06.22
富士急行株式会社(山梨県富士吉田市、堀内光一郎社長)は、同社が運営する「富士 花めぐりの里」(静岡県裾野市)の今シーズンの営業を7月22日より開始する。

「富士 花めぐりの里」は、標高1,300mに位置し、富士山・宝永火口の絶景、箱根連山から駿河湾に至る180度パノラマを存分に生かして昨年オープンした、新たな花スポット。
2年目を迎える今年は、富士山をモチーフとした花畑や花壇も加わり、8種類に増えた花々が期間を通じて園内を彩る。
雄大な富士山を背景に、ヒマワリやシノグロッサム、サンパチェンスなどが織りなす絶景はまさしく写真に収めたくなる光景だという。
20170622富士急行
(さらに…)