【ニュース】 弘前市、大鰐町・田舎館村・佐賀県嬉野市と連携し、弘南鉄道の沿線エリアで冬を楽しむ様々なアートイベントを開催 青森県弘前市

2018.01.25
市民がまちをデザインするクリエイターとして参画する市民運動「弘前デザインウィーク」を推進する弘前市は、近隣の大鰐町・田舎館村、同じデザインウィークを開催している佐賀県嬉野市と連携し、弘前・大鰐・田舎館をつなぐローカル線・弘南鉄道の沿線エリアで、冬を楽しむ様々なアートイベントを開催する。

このうち、2月9日~12日に開催する冬の球場アート「弘前×田舎館」では、昨年プロ野球一軍公式戦が開催された、弘前・はるか夢球場のグラウンドに、約1万㎡の巨大スノーアートが出現、田舎館村の冬の風物詩「冬の田んぼアート」に続く第2のスノーアート「冬の球場アート」を開催する。
開催期間中は、大切な人へのメッセージをオーロラビジョンに投影できる「Happyメッセージ」も実施するという。
共催はHIROSAKI DESIGN WEEK コンソーシアム・公益財団法人弘前市体育協会、協力は田舎館村、制作はスノーアーティスト集団 It’s OK.。
会場ははるか夢球場(弘前市運動公園野球場)、弘南鉄道弘南線「運動公園」駅より徒歩5分。
(さらに…)

【ニュース】 クロススポーツマーケティング、八戸駅西地区「集」ゾーンでの多目的アリーナ建設に向け、八戸市と協議を開始 青森県八戸市

2017.12.19
クロススポーツマーケティング株式会社(東京都千代田区、中村考昭社長)は、八戸駅西地区「集」ゾーンでの多目的アリーナ建設に向け、八戸市と協議を開始する。

今回計画しているアリーナは、約60m×30mの通年型アイスリンクをベースとし、その上に移動式のフロアを設置するもの。
バスケットボールなどのアリーナスポーツやコンサート・コンベンションなども開催可能な、日本初の多目的アリーナになる。
完成後は、アジアリーグアイスホッケー東北フリーブレイズのホームアリーナとして使用するほか、地元小中学校の授業や地域の様々なイベントの会場としての活用も想定しているという。

現時点ではまだ構想段階だが、スポーツ施設における官民連携のあるべき姿を同市とともに作り上げ、氷都・八戸の魅力発信、スポーツを通じた同市の更なる活性化を目指すとしている。
(さらに…)

【PR記事】 星野リゾート青森屋、青い森鉄道の列車を貸切、「酒のあで雪見列車」を冬限定で運行、車内では「地酒」と「祭りばやし」を提供 青森県三沢市

2017.11.29
星野リゾート青森屋(青森県三沢市)は、第三セクター・青い森鉄道株式会社(青森県青森市、千葉耕悦社長)協力のもと、2018年1月21日~2月25日の毎週日曜日に、「酒のあで雪見列車」と題し、列車ツアーを計6回運行する。

「酒のあで雪見列車」は、2015年より運行しているもので、1昨年は列車の一部を貸切にし運行、昨年は運行速度や停車駅を自由に設定できる特別ダイヤを設定して運行した。
今年も青い森鉄道の列車(2両編成)を貸切にし、運行ダイヤや運行速度、停車駅などを特別に企画し、運行する。
「あで」とは青森の方言で「珍味」の意味。

車内では、青森の地酒3種と停車駅に関連する珍味9種を順次提供するほか、青森屋スタッフが演奏する生演奏の祭りばやしを一緒に楽しむことができる。
また、乗車した人だけに、オリジナルの切符ホルダーを進呈するという。
20171129星野リゾート青森屋
(さらに…)

【PR記事】 星野リゾート青森屋、期間限定の「ストーブ馬車」を12月2日より運行、伝統工芸品「八幡馬」を模した薪ストーブが新登場 青森県三沢市

2017.11.21
星野リゾート青森屋(青森県三沢市)は、期間限定の「ストーブ馬車」を2017年12月2日~2018年4月2日に運行する。

同施設が立地する青森県南部地方は、かつて名馬の産地と呼ばれ、馬が家族のように大切にされていた土地柄。
その文化を体験できるアクティビティとして、毎朝、公園内で馬車を運行している。
期間中は「ストーブ馬車」として運行。
今年は新たに、青森の伝統工芸品「八幡馬」の形を模した薪ストーブが新登場する。
20171121星野リゾート青森屋
(さらに…)

【PR記事】 日本旅行、11月18日出発限定、人気の豪華寝台列車「カシオペア」で晩秋の青森を訪ねるツアーに上野発片道コースを追加 青森県青森市

2017.10.12
株式会社日本旅行(東京都中央区、堀坂明弘社長)はこのほど、旅行商品「カシオペア紀行」上野発青森行き片道コースを発売した。

同商品は、人気の豪華寝台列車「カシオペア」を利用し、晩秋の青森を訪ねる現在発売中のツアー(上野発往路「カシオペア」、復路「東北新幹線」もしくは「飛行機」利用)に、青森到着後も自由に旅行を続けられるプランとして追加発売したもの。

出発日は11月18日限定。
青森駅到着後現地解散となる。
20171012日本旅行
(さらに…)

【ニュース】 弘前市で「HIROSAKI DESIGN WEEK 『RINGO』」が10月20日に開幕、弘前リンゴを使用した巨大モザイク画など4つのプログラムを開催 青森県弘前市

2017.10.12
市民がクリエイターとして参画する市民運動「弘前デザインウィーク」を推進する弘前市では、この秋、「HIROSAKI DESIGN
WEEK 『RINGO』」と題し、4つのプログラムが開催される。

10月20日~11月12日には、「弘前城菊と紅葉まつり」の開催に合わせ、日本一の生産量を誇る弘前リンゴを使用した巨大モザイク画を製作。
制作には約3万5,000個のリンゴを使用、縦約17m・横幅9mの日本最大級となる巨大リンゴアートを展示する。
(さらに…)

【ニュース】 トトタベローネ・プロジェクト実行委員会など、「ホタテに願いを。」をテーマに浅虫の海と未来を考える食と学びの体験イベント「トトタベローネ浅虫」を9月16日・17日に開催 青森県青森市

2017.09.14
次世代の子どもたちを対象に海と魚を楽しむ機会を提供するトトタベローネ・プロジェクト実行委員会(北陸博報堂富山支社内)は、トトタベローネ浅虫実行委員会(一般社団法人浅虫温泉観光協会・浅虫温泉旅館組合・青森朝日放送株式会社で構成)と協働し、「海の祭典『トトタベローネ浅虫』~陸奥湾の海の幸にふれあう祭典~」を海の駅「あさむし」など青森市浅虫エリア内で9月16日・
17日に開催する。

海の祭典「トトタベローネ」は、全国各地の団体と協働し海へのムーブメントをつくりだす日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として行うもの。
次世代を担う子どもたちに海や魚食への好奇心を喚起し、地域に根付く海にまつわる文化や環境の大切さについて体験を交えて伝えるとともに、地域内で活動する様々な人や団体が「トトタベローネ」という共通アイコンのもとで、ともに地域の「当たり前」を発掘し、財産にしていくことを狙いとしている。
2015年度より富山県氷見市で始まり、2017年は夏から秋にかけて広く全国7地域(石川県珠洲市・青森県青森市・富山県氷見市・山口県萩市・愛媛県宇和島市・高知県土佐清水市・長崎県長崎市)で開催する。
20170914浅虫温泉
(さらに…)

【ニュース】 八戸市、約3万羽のウミネコが飛来する蕪島で「ウミネコの糞避け傘」を貸し出し、糞に当たると「会運証明書」を発行 青森県八戸市

2017.06.06
約3万羽のウミネコが飛来する八戸市の蕪島(かぶしま)では、毎年恒例となっているウミネコの糞避けのための傘の貸し出しと、糞に当たった人に「会運(かいうん)証明書」の発行を行っている。

蕪島には、今年も多くのウミネコが飛来。
5月中ごろからは、ウミネコの卵がふ化し始め、ウミネコの親子で賑わっている。

ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている蕪島は、市街地の近くにありながら、ウミネコの繁殖を間近で観察できる国内唯一の場所。
蕪嶋神社の鳥居の赤、乱舞する白いウミネコと青空のコントラストの美しい光景は、八戸を代表する景勝地のひとつとなっており、多くの市民や観光客が訪れている。

現在、工事のため蕪島への立ち入りは規制されているが、休日など参拝客が多い時は不定期で規制を解除しており、頂上へ登ることが可能。
その際、参拝客で糞が気になる人には、ウミネコの糞避けの傘を貸し出しており、また、ウミネコの糞が当った場合(傘に当たった場合は除く)は、社務所に申し出ると、名前とその年の何番目の幸運者かを記載した「会運証明書」を発行しているという。
(さらに…)

【ニュース】 青森市など5市町村が東京・赤坂に開設した交流拠点「AoMoLink~赤坂~」、「AoMoLink ねぶた部」を創部、5月21日に無料見学会を開催 青森県青森市

2017.05.16
青森市など5市町村が東京都港区赤坂に開設した「AoMoLink~赤坂~」は、「AoMoLink ねぶた部」を5月9日に創部、5月21日に無料見学会を開催する。

「AoMoLink~赤坂~」とは、青森市・平内町・外ヶ浜町・今別町・蓬田村の5市町村が、首都圏での事業展開や県外に出回っていない地元特産品の販路拡大など、青森と首都圏をつなぐビジネスの交流拠点を目指し、2016年3月にオープンした施設。

今回創部した「AoMoLink ねぶた部」では、首都圏で活動している青森市観光大使「東京ねぶた連合會」と「青森ねぶた跳人衆団跳龍會関東支部」の主要メンバーを中心に、同施設でミニねぶたの修復・ねぶた囃子の体験など青森ねぶた祭の魅力を発信するイベントを企画・実施する。
また、青森市が首都圏で実施する観光PRイベントに参加するなど、青森ねぶたを通じた人的ネットワークの受け皿にもなるという。
20170516AoMoLink~赤坂~
(さらに…)

【PR記事】 ホテルコンチネンタル府中、直営の農場直結型レストラン「レストラン東北牧場」で和洋中のディナービュッフェの営業を開始 青森県東北町

2017.05.08
ホテルコンチネンタル府中(東京都府中市、田村豊総支配人)は4月27日、直営の農場直結型レストラン「レストラン東北牧場」で、府中市内のホテルでは初となる和洋中のディナービュッフェの営業を開始した。

同ホテルのグループ会社「東北牧場」(青森県東北町)は、1917年にサラブレットの育成・調教を目的に設立。
八甲田連峰を臨む総面積85haの広大な敷地で、サラブレットの育成の他、野菜の栽培と採卵養鶏を行っている。

同ホテルは、5タイプの客室・宴会場・セミナー会場・3つの直営レストランを有するシティホテル。
「レストラン東北牧場」では和食、「レストランFilly」では洋食と中華を提供している。
20170508ホテルコンチネンタル府中
(さらに…)