【ニュース】 リコージャパン、坂東市・坂東まちづくりと地方創生で包括的地域連携協定を締結、自治体との協定締結は13件目 茨城県坂東市

2017.12.08
リコージャパン株式会社(東京都港区、松石秀隆社長)はこのほど、坂東市(木村敏文市長)・坂東まちづくり株式会社(茨城県坂東市、圓﨑一也社長)と、地方創生に係る包括的地域連携に関する協定を締結した。

同協定は、同市が2016年3月に策定した「坂東市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を推進するに当たり、様々な分野で緊密な相互連携と協働による活動を推進し、同市の「地方創生」の課題解決を図ることを目的としたもの。
リコージャパンが地方創生に関する連携協定を自治体と締結したのは13件目となる。
20171208リコージャパン
(さらに…)

【ニュース】 大洗町、廃校となった小学校3ヵ所で、施設と敷地を一体的に利活用する主体事業者をプロポーザル方式で公募 茨城県大洗町

2017.12.07
茨城県大洗町は、廃校となった小学校の利活用を目指し、活用事業の主体となる事業者をプロポーザル方式で公募する。

同町では、児童数が減少している状況を踏まえ、平成20年度に作成した小学校校舎整備計画に基づき、平成24年度に祝町小学校と磯浜小学校の統合、平成28年度に大貫小学校と夏海小学校の統合を完了している。
それに伴い、旧祝町小学校・旧大貫小学校・旧夏海小学校はその役目を終えたものの、町の大切な資産であることに変わりはないことから、「将来のまちづくり」や「地域づくり」を見通した利活用方法の検討を進めてきたという。
20171207大洗町
(さらに…)

【ニュース】 茨城県、伝統文化の継承と発展を考える「茨城伝統文化ワークショップ」を12月18日に水戸市で開催 茨城県水戸市

2017.11.28
茨城県は、同県の郷土の貴重な財産である伝統文化の継承と発展を考える「茨城伝統文化ワークショップ」を12月18日に水戸市で開催する。
地域の祭りや民俗芸能の運営や保存に関わっている人、応援したい人は誰でも無料で参加可能。

ゲスト講演は、NPO法人民俗芸能を継承するふくしまの会副理事長の懸田弘訓氏による「伝統文化と地域の活性化」と、一般社団法人アプチーズ・エンタープライズ プロデューサーの米澤渉氏による「伝統文化の残し方と若者の巻込み方」。
(さらに…)

【ニュース】 とりで起業家支援ネットワーク、取手駅ビルにチャレンジショップ「MATCH MARKET」を開所、駅ビル内のチャレンジショップは全国初 茨城県取手市

2017.11.16
一般社団法人とりで起業家支援ネットワーク(茨城県取手市、藤井信吾代表理事)は11月14日、取手駅ビル「ボックスヒル取手」(茨城県取手市)1階フロアにチャレンジショップ「MATCH MARKET(マッチマーケット)」を開所、飲食2店舗、物販・サービス4店舗がオープニングショップとして出店した。

同ショップは、内閣府の地方創生推進交付金で行う取手市の起業支援チャレンジショップ。
同法人が展開するインキュベーション施設としては、レンタルオフィス「Match-hako」(茨城県取手市)に続くものとなる。
ショップ内には、飲食店ブース2店舗、物販・サービスブース5店舗を用意、最短1週間から最長1年までの期間限定で、誰でも出店可能としている。
20171116とりで起業家支援ネットワーク
(さらに…)

【ニュース】 古河市の非公認ご当地キャラ「こがにゃんこ」、9月開催の「第2回こがにゃんこスタンプラリー」で4,000人を動員 茨城県古河市

2017.10.19
古河市の非公認ご当地キャラクター「こがにゃんこ」は、9月16日~24日の9日間、古河市で開催された「第2回 駅からはじまる!こがにゃんこスタンプラリー~古河のヒーロー編~」(VAL古河駅ビル主催、東日本旅客鉄道株式会社古河駅協賛)で、延べ4,000人を動員した。

「こがにゃんこ」とは、歴女デザイナーの小太刀御禄(こだちみろく)氏が生み出した古河市の非公認ご当地キャラクター。
かつて古河を治めたサムライの鷹見泉石(たかみせんせき)と土井利位(どいとしつら)の魂が入った、古河のために立ち上がった2匹のにゃんこで構成する。
学習教材への起用や、社会福祉施設とのコラボなどで、同市の発展に寄与しているという。
20171019こがにゃんこ
(さらに…)

【ニュース】 茨城県、ハウスメーカーや工務店などを対象に、つくばエクスプレス沿線の住宅用地セミナーと現地見学会を11月14日につくば市で開催 茨城県つくば市

2017.10.03
茨城県企画部つくば地域振興課は、ハウスメーカーや工務店など住宅事業者向けに、つくばエクスプレス沿線市場の可能性と今後の住宅事業の展望についての住宅用地セミナーと現地見学会を11月14日につくば国際会議場(茨城県つくば市)で開催する。

つくばエクスプレス沿線の茨城エリア(つくば市・つくばみらい市・守谷市)の人口は、平成17年の同線開通から12年で17.5%増加。
住環境の整備や商業施設・企業の立地が年々進むとともに、国内屈指の発展がめざましい地域として注目されている。
快適な都心へのアクセス、緑豊かな自然、科学のまちならではの知的な環境を兼ね備えているほか、教育や子育て環境も充実していることなどから、ファミリー層を中心に幅広い世代から住み替え先として支持を得ており、住宅需要も高まっているという。
(さらに…)

【ニュース】 体験型農業公園「こもれび森のイバライド」、庭園花火をモチーフにした約3,000発の花火を打ち上げるイベントを9月17日に実施 茨城県稲敷市

2017.09.07
体験型農業公園「こもれび森のイバライド」(茨城県稲敷市、運営:株式会社ファーム、高井裕二社長)は、「森のイバライド花火会-秋の夜空と花火のマリアージュ-」と題し、約3,000発の花火を園内で打ち上げるイベントを9月17日に実施する。

同花火大会は、ヨーロッパで行われている庭園花火をモチーフにしたもの。
花火は園内にあるボート池から打ち上げるため、花火の打ち初めから満開に花開くまでを至近距離で見ることができるという。
20170907こもれび森のイバライド
(さらに…)

【ニュース】 レオパレス21、「茨城県トライアル移住・二地域居住推進プロジェクト」に参画、同社社員が茨城県へトライアル移住 茨城県水戸市

2017.08.29
株式会社レオパレス21(東京都中野区、深山英世社長)は、「茨城県トライアル移住・二地域居住推進プロジェクト」に参画、8月30日より同社社員が茨城県へトライアル移住する。

同プロジェクトは、東京圏から茨城県へのひとの流れをつくるため、同県が東京圏に立地する企業と共同で従業員のトライアル移住をサポートするというもの。
同県では、「テレワークやフレックスタイム制度等の導入により、勤務の時間や場所に捉われない多様な働き方を推進する企業」「生産性の向上、災害時のリスク分散、または事業の拡大等により、地方への本社や機能の一部を移転しようと検討する企業」を募集し、企業の「働き方改革」や「地方進出」を積極的にサポートしている。
(さらに…)

【ニュース】 なめがたファーマーズヴィレッジ、好評の「どろんこ大運動会」を8月5日に開催、運動会の定番競技を田んぼの中で実施 茨城県行方市

2017.07.27
さつまいもと農業のテーマパーク「なめがたファーマーズヴィレッジ」(茨城県行方市、白ハト食品工業株式会社、永尾俊一社長)は、好評の「どろんこ大運動会」を8月5日に開催する。

同イベントは、同パーク内の「どろんこレンコンファーム」で昨年初めて開催したもの。
どろんこ体操に始まり、リレーや綱引きなど、運動会の定番競技を田んぼの中で実施するという。
20170727白ハト食品工業
(さらに…)

【ニュース】 不動研と不動産開発研究所、「大洗リゾートアウトレット」を取得、2018年春に「大洗シーサイドモール(仮称)」としてリニューアルオープン予定 茨城県大洗町

2017.07.12
株式会社不動研(東京都千代田区、井上明社長)が、7月7日付で大洗町港中央のショッピングモール「大洗リゾートアウトレット」(茨城県大洗町)を取得、関連会社の株式会社不動産開発研究所(東京都千代田区、藤塚賢三会長)が施設運営管理・テナントリーシングを受託した。
2018年春に「大洗シーサイドモール(仮称)」としてリニューアルオープンする予定。

両社は、商業施設大手ディベロッパー出身者を中心としたメンバーで、これまでに海外を含む20ヶ所以上のリニューアルを成功させた実績とノウハウを生かし、同施設の再生・運営を行うという。
(さらに…)