【ニュース】 JTB関東と古河市、古河市の花「はなもも」を活用したアロマ商品開発事業を開始、期間限定の観光資源を持続的な地域資源に 茨城県古河市

2018.02.21
JTBグループの株式会社JTB関東(さいたま市中央区、今枝敦社長)と古河市(針谷力市長)は、古河市の花「はなもも」を活用したアロマ商品開発事業を行う。

「花」は近年、観光資源としての価値が高まっているが、その命が短いことから、期間限定の観光資源に留まっているのが現状。
両者は、「はなもも」を期間限定の観光資源から、持続的な地域資源に変えることで、地方創生につなげたいという。

20180221JTB
(さらに…)

【ニュース】 東都水産、「波崎地区6次産業化推進プロジェクト」に参画、波崎漁港に最新鋭の冷凍加工工場を新設、サバなどの輸出拠点に 茨城県神栖市

2018.02.16
東都水産株式会社(東京都中央区、江原恒社長)は、水産事業の国際化を目指した「波崎地区6次産業化推進プロジェクト」に参画する。

同プロジェクトは、官民一体となった水産事業の活性化のため、株式会社農林漁業成長産業化支援機構(東京都千代田区、光増安弘社長)からの資金援助を活用し、茨城県神栖市波崎に最新鋭の冷凍加工工場を新設、サバを中心とした輸出をメイン事業とし、生産から販売(輸出を含む)まで一貫した水産業のバリューチェーンを構築するというもの。

東都水産は1月22日付で同プロジェクトの母体となる株式会社トウスイ(茨城県神栖市、石田和芳社長)へ出資、農林漁業成長産業化支援機構等が出資する「ちば農林漁業6次産業化投資事業有限責任組合」「常陽 大地と海の成長支援ファンド投資事業有限責任組合」からトウスイへ出資(3月20日付)も決定したという。
(さらに…)

【ニュース】 日立市、「日立市UIJターン魅力紹介フェア」を2月12日に東京で開催、インターンシップや就職・移住相談などを実施 茨城県日立市

2018.01.29
日立市は、「日立市UIJターン魅力紹介フェア」を2月12日に東京で開催する。
当日は、同市の企業見学やインターンシップの紹介、同市の産業や文化、企業の紹介・説明、市内求人情報の提供と就職個別相談、移住相談(お試し居住・子育て・定住促進事業等)などを行うという。

20180129日立市
写真:JR日立駅
(さらに…)

【ニュース】 大洗町、写真とSNSを活用した観光PRで東京カメラ部と蝶野正洋氏との2大コラボを実施、昨年に引き続き観光客参加型キャンペーンも実施 茨城県大洗町

2018.01.17
茨城県大洗町は、写真とSNSを活用した観光誘客促進を目指し、日本最大級の写真投稿サイトを運営する「東京カメラ部」とのコラボ企画を実施、第1弾として、首都圏JR駅ポスターの掲出を行う。

また、昨年に引き続き、プロレスラー蝶野正洋氏が大洗大使として、大洗町公式PR動画を始め観光プロモーションに参戦。
昨年リリースした大洗町公式PR動画に加え、今年は新たに全国大会常連の大洗高校マーチグバンド部とのコラボ動画を始めとする計4本のPR動画に出演した。
大洗大使蝶野正洋氏出演のPR動画は近日公開する。

さらに、昨年に引き続き、観光客参加型キャンペーン「#大洗キャンペーン」を実施、写真を募集する。
投稿写真中から入選写真には豪華賞品をプレゼントし、WebCMとして公開する予定だという。

20180117大洗町
(さらに…)

【PR記事】 エリアワンエンタープライズ、旧東海ロイヤル・インを「ホテルエリアワン東海」としてリブランドオープン 茨城県東海村

2018.01.15
不動産事業やホテル・旅館の経営を手掛けるエリアワンエンタープライズ株式会社(大阪市中央区、岡新之助社長)は、旧東海ロイヤル・イン(茨城県東海村)をリブランド、1月15日より「ホテルエリアワン東海」としてオープンした。

同ホテルは、JR常磐線「東海」駅より徒歩約15分、常磐道「東海
IC」より車で約5分の立地。
ホテルエリアワングループでは19店舗目、関東では初出店のホテルとなる。

20180115ホテルエリアワン東海
(さらに…)

【ニュース】 リコージャパン、坂東市・坂東まちづくりと地方創生で包括的地域連携協定を締結、自治体との協定締結は13件目 茨城県坂東市

2017.12.08
リコージャパン株式会社(東京都港区、松石秀隆社長)はこのほど、坂東市(木村敏文市長)・坂東まちづくり株式会社(茨城県坂東市、圓﨑一也社長)と、地方創生に係る包括的地域連携に関する協定を締結した。

同協定は、同市が2016年3月に策定した「坂東市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を推進するに当たり、様々な分野で緊密な相互連携と協働による活動を推進し、同市の「地方創生」の課題解決を図ることを目的としたもの。
リコージャパンが地方創生に関する連携協定を自治体と締結したのは13件目となる。
20171208リコージャパン
(さらに…)

【ニュース】 大洗町、廃校となった小学校3ヵ所で、施設と敷地を一体的に利活用する主体事業者をプロポーザル方式で公募 茨城県大洗町

2017.12.07
茨城県大洗町は、廃校となった小学校の利活用を目指し、活用事業の主体となる事業者をプロポーザル方式で公募する。

同町では、児童数が減少している状況を踏まえ、平成20年度に作成した小学校校舎整備計画に基づき、平成24年度に祝町小学校と磯浜小学校の統合、平成28年度に大貫小学校と夏海小学校の統合を完了している。
それに伴い、旧祝町小学校・旧大貫小学校・旧夏海小学校はその役目を終えたものの、町の大切な資産であることに変わりはないことから、「将来のまちづくり」や「地域づくり」を見通した利活用方法の検討を進めてきたという。
20171207大洗町
(さらに…)

【ニュース】 茨城県、伝統文化の継承と発展を考える「茨城伝統文化ワークショップ」を12月18日に水戸市で開催 茨城県水戸市

2017.11.28
茨城県は、同県の郷土の貴重な財産である伝統文化の継承と発展を考える「茨城伝統文化ワークショップ」を12月18日に水戸市で開催する。
地域の祭りや民俗芸能の運営や保存に関わっている人、応援したい人は誰でも無料で参加可能。

ゲスト講演は、NPO法人民俗芸能を継承するふくしまの会副理事長の懸田弘訓氏による「伝統文化と地域の活性化」と、一般社団法人アプチーズ・エンタープライズ プロデューサーの米澤渉氏による「伝統文化の残し方と若者の巻込み方」。
(さらに…)

【ニュース】 とりで起業家支援ネットワーク、取手駅ビルにチャレンジショップ「MATCH MARKET」を開所、駅ビル内のチャレンジショップは全国初 茨城県取手市

2017.11.16
一般社団法人とりで起業家支援ネットワーク(茨城県取手市、藤井信吾代表理事)は11月14日、取手駅ビル「ボックスヒル取手」(茨城県取手市)1階フロアにチャレンジショップ「MATCH MARKET(マッチマーケット)」を開所、飲食2店舗、物販・サービス4店舗がオープニングショップとして出店した。

同ショップは、内閣府の地方創生推進交付金で行う取手市の起業支援チャレンジショップ。
同法人が展開するインキュベーション施設としては、レンタルオフィス「Match-hako」(茨城県取手市)に続くものとなる。
ショップ内には、飲食店ブース2店舗、物販・サービスブース5店舗を用意、最短1週間から最長1年までの期間限定で、誰でも出店可能としている。
20171116とりで起業家支援ネットワーク
(さらに…)

【ニュース】 古河市の非公認ご当地キャラ「こがにゃんこ」、9月開催の「第2回こがにゃんこスタンプラリー」で4,000人を動員 茨城県古河市

2017.10.19
古河市の非公認ご当地キャラクター「こがにゃんこ」は、9月16日~24日の9日間、古河市で開催された「第2回 駅からはじまる!こがにゃんこスタンプラリー~古河のヒーロー編~」(VAL古河駅ビル主催、東日本旅客鉄道株式会社古河駅協賛)で、延べ4,000人を動員した。

「こがにゃんこ」とは、歴女デザイナーの小太刀御禄(こだちみろく)氏が生み出した古河市の非公認ご当地キャラクター。
かつて古河を治めたサムライの鷹見泉石(たかみせんせき)と土井利位(どいとしつら)の魂が入った、古河のために立ち上がった2匹のにゃんこで構成する。
学習教材への起用や、社会福祉施設とのコラボなどで、同市の発展に寄与しているという。
20171019こがにゃんこ
(さらに…)