【ニュース】 宗像国際環境会議実行委員会など、「大いなる海 生命の循環」をテーマに「宗像国際環境100人会議」を8月25日~27日に福岡県宗像市・福津市で開催 福岡県宗像市

2017.08.17
宗像国際環境会議実行委員会は、8月25日~27日の3日間、「宗像国際環境100人会議」を福岡県宗像市・福津市で開催する。
共催は宗像市、後援は環境省・福岡県・福津市。

第4回目となる今回は、「大いなる海 生命の循環」がテーマ。
1日目は世界の環境についての映像公開とシンポジウム、2日目は恒例のフィールドワーク、3日目は特別上映「地球交響曲 ガイアシンフォニー」と市民公開シンポジウム「世界遺産から始まる新たな挑戦!」を実施する。
(さらに…)

【PR記事】 スーパーホテル、男女別天然温泉大浴場完備の新規ホテル「スーパーホテルLohas博多駅・筑紫口天然温泉」をオープン 福岡県福岡市

2017.08.10
株式会社スーパーホテル(大阪市西区、山村孝雄代表)は8月10日、新規ホテル「スーパーホテルLohas博多駅・筑紫口天然温泉」(福岡市博多区)をオープンした。

同ホテルは、JR「博多」駅新幹線改札すぐそこの筑紫口より徒歩約8分の立地。
ホテル目の前にはセブンイレブンがある。
館内には男女別天然温泉大浴場を完備したほか、Lohasな無料健康朝食を提供する。
20170810スーパーホテルLohas博多駅・筑紫口天然温泉
(さらに…)

【ニュース】 JR九州、福岡市中央区渡辺通4丁目で開発用地を賃借、商業施設・賃貸マンション等の複合施設を計画 福岡県福岡市

2017.08.01
九州旅客鉄道株式会社(福岡市博多区、青柳俊彦社長)は7月31日、福岡市中央区渡辺通4丁目(現セントラルホテルフクオカ)の土地に借地権を設定、同社が賃借することで合意したと発表した。

開発計画については、商業施設・賃貸マンション等の複合施設を計画しているという。

物件所在地は福岡市中央区渡辺通4丁目1号2番1他(地番)、交通は福岡市営地下鉄七隈線「渡辺通」駅 より徒歩約1分。
敷地面積は1,772㎡。
契約種類は一般定期借地権。
工事着手は2018年4月(予定)。

【PR記事】 百戦錬磨、民泊予約サイト「STAY JAPAN」で北九州市の特区民泊第一号「山の家 粋邑 HIRAODAI」の宿泊予約受付を開始 福岡県北九州市

2017.07.31
株式会社百戦錬磨(仙台市青葉区、上山康博社長)は7月29日、民泊予約サイト「STAY JAPAN」で、北九州市の特区民泊第一号となる宿泊施設「山の家 粋邑(いきむら) HIRAODAI」(北九州市小倉南区)の宿泊予約受付を開始した。

同施設は、国家戦略特別区域法と各区域内の条例等に定められた認定基準を満たした事業として認定を受けたもの。
同市の特区民泊は、観光・地域振興が図れるよう、「自然体験」「地域住民との交流」をテーマとした民泊を郊外(市街化調整区域、第一種・第二種低層住居専用地域)で実施する、「自然体験型・特区民泊」として全国初の取組みとなる。
20170731百選練磨
(さらに…)

【ニュース】 サムティとグリーンホスピタリティーマネジメント、博多駅徒歩5分のビジネスホテル「エスペリアホテル博多」を来春3月に開業 福岡県福岡市

2017.07.31
総合不動産ディベロッパーのサムティ株式会社(大阪市淀川区、江口和志代表)とホテル運営会社の株式会社グリーンホスピタリティーマネジメント(東京都新宿区、落合順社長)は、ホテル運営契約を締結し、「エスペリアホテル博多」(福岡市博多区)を2018年3月22日に開業する。
7月28日よりウェブ上にホテルのティザーサイトを公開、予約受付開始は今年10月1日の予定。

同ホテルは、九州北部の玄関口・博多駅至近のビジネス街に立地する、地上14階・287室の大規模な宿泊主体型ホテル。
エスペリアホテルは、「客室」「セキュリティー」「食事」に、「ワンランク上」の快適さと安心を追求するビジネスホテルブランドで、今回開業する同ホテルは、第1号店の長崎(2015年7月1日リブランドオープン、165室)に次ぐ2号店となる。
20170731エスペリアホテル博多
(さらに…)

【PR記事】 エフ・ジェイ ホテルズ、「ホテルフォルツァ博多(筑紫口)」で増築新棟(65室)の営業を開始、一部客室にホームクリーニング機「LG styler」を設置 福岡県福岡市

2017.07.28
株式会社エフ・ジェイ ホテルズ(福岡市博多区、清原邦彦社長)は7月28日、「ホテルフォルツァ博多(筑紫口)」(福岡市博多区)隣接地で増築した新棟(65室)の営業を開始した。
併せて、一部客室に二子玉川 蔦屋家電が販売するホームクリーニング機「LG styler」(LGエレクトロニクス)を設置した。

今回設置した「LG styler」は、利用客が客室でリラックス・リフレッシュするのと同時に、わずかな時間で衣類をもリフレッシュさせることができるもの。
掛けておくだけで、衣類のにおい・しわ・ホコリを取り除き、乾燥もできる世界初のライフスタイルクローゼット(ホームクリーニング機)だという。
同ホテルでは、利用客の快適性をさらに高めるものと判断、一部客室10室(フォルツァキングルーム、サーティナインツインルーム)に客室設備の一つとして設置した。
20170728ホテルフォルツァ博多筑紫口
(さらに…)

【ニュース】 有料老人ホーム事業を展開する西日本鉄道、より幅広いニーズに対応するため 「サービス付き高齢者向け住宅事業」に参入 福岡県福岡市

2017.07.28
有料老人ホーム事業を展開している西日本鉄道株式会社(福岡市中央区、倉富純男社長)は、より幅広いニーズに対応するため、新たに「サービス付き高齢者向け住宅事業」に参入する。
第1号物件は、福岡市城南区別府で建設予定、着工予定は平成30年2月頃、開業予定は平成31年4月頃。

サービス付き高齢者向け住宅とは、主に賃貸借方式で、バリアフリーといったハード面の条件を備え、入居者の安否確認や様々な生活相談サービスを行うもの。
一般的な賃貸住宅よりも安心して日々を過ごすことができ、高額な一時金を必要としないため、入居しやすいという特徴があるという。

第1号物件は、自立(介護認定なし)あるいは軽度の要介護状態の人を対象とし、福岡市城南区別府で建設を予定。
交通は西鉄バス「曙二丁目」まで徒歩2分、「別府四丁目」まで徒歩4分、福岡市地下鉄七隈線「別府」駅まで徒歩9分。
交通の利便性が高く、周辺には病院・スーパー・行政機関など生活に必要不可欠な施設が豊富に揃っており、都会的なシニアライフを楽しめるとしている。
20170728西日本鉄道
(さらに…)

【ニュース】 西日本鉄道、今年も地域循環型プロジェクト商品「太宰府梅サイダー」を発売、沿線の活性化・魅力向上を目指した「縁線プロジェクト」の一環 福岡県太宰府市

2017.07.26
西日本鉄道株式会社(福岡市中央区、倉富 純男社長)は今年も7月25日より、地域循環型プロジェクト商品「太宰府梅サイダー」の発売を開始した。
沿線の活性化・魅力向上を目指した「縁線(えんせん)プロジェクト」の一環。

同商品の発売は昨年に続き2度目となるもの。
国の特別史跡に指定されている大宰府跡の貴重な梅を、福岡県立福岡農業高等学校(福岡県太宰府市、泊義隆学校長)の生徒が収穫し、加工したシロップをもとに製造している。
昨年は2度の製造を経て3万4,000本を完売し、昨年分の梅で作られたサイダーの販売を終了した。

同商品の売上の一部は、大宰府跡の維持・保全・管理に役立ててもらうため、太宰府市へ寄付する。
なお、今年は8月4日に太宰府市役所で完成報告会および寄付寄贈式を行う。
(さらに…)

【PR記事】 志賀島で旧割烹旅館をリニューアルした宿泊施設「ZABaN志賀島」がオープン 福岡県福岡市

2017.07.20
2017年7月、志賀島の旧割烹旅館静遊館(福岡市東区)が新たな宿泊施設「ZABaN志賀島」としてオープンした。

同館のある志賀島は、福岡市中心部から車で30分ほどの距離にありながら、開発が規制されていることから、懐かしい町並みや美しい自然が多く残る場所。
館内には、客室全6室のほか、ラウンジ・ウッドデッキ・貸切風呂などがある。
20170720ZABaN志賀島
(さらに…)

【PR記事】 「柳川藩主立花邸 料亭旅館 御花」、6月26日より休館し実施していた客室やロビーの改修を完了、7月15日にリニューアルオープン 福岡県柳川市

2017.07.18
柳川藩主立花邸 料亭旅館 御花」(福岡県柳川市)は、6月26日より休館して実施していた2・3階の和室・洋室を除く全ての客室とロビーの改装を7月14日に完了、7月15日にリニューアルオープンした。

同館は、旧柳川藩主・立花家の別邸だった建物。
当時、この辺りは「御花畠」と呼ばれていたことから、柳川の人々は親しみを込めて「御花」と呼ぶようになったという。
明治42~43年には、十四代立花寛治によって現在の建物・庭園の大部分を新築、西洋館と大広間、宴遊会場など、当時の建築様式を代表するものとなった。
仙台藩松島(現宮城県)に見立てた「松濤園」と呼ばれる庭園は、昭和53年、国の名勝に指定されている。
20170718柳川藩主立花邸料亭旅館御花
(さらに…)