【ニュース】 ホテル日航熊本、3ヶ年計画で客室を全面改装、第1期では最上階を含むクラス・コンフォートフロアを改装 熊本県熊本市

2018.12.14
ホテル日航熊本(熊本市中央区、川﨑博総支配人)は、2019年1月7日~3月15日の期間、最上階を含むクラス・コンフォートフロア(14階、13階)の改装を実施する。

同ホテルでは、2019年~2021年までの3ヶ年計画で客室の全面改装を計画しており、今期はその第1期にあたる。
改装にあたっては「和」「熊本らしさ」をコンセプトに、国内外のラグジュアリー層への対応力向上を図るという。
3ヶ年計画改装の投資額は4億5,000万円。

201812140900
(さらに…)

【ニュース】 阿蘇市・竹田市・JR九州の3者、「JR豊肥本線を活用した観光振興のための協定」を締結 熊本県阿蘇市

2018.12.07
阿蘇市・竹田市・九州旅客鉄道株式会社の3者は12月5日、「JR豊肥本線を活用した観光振興のための協定」を締結した。
3者は今後、「県境」「官民」の枠を越えて、JR豊肥本線を活用した観光振興について共同で検討を深めていく取り組みを行う。

阿蘇市と竹田市は、九州中央に位置する「阿蘇くじゅう国立公園」に位置。
自然・温泉・歴史・文化等の豊かな地域資源を有し、農業と観光を基幹産業としたまちづくりを進めている。

しかし、平成28年4月に発生した熊本地震の影響により多大なる被害を受け、大分~熊本間の主要交通網で東西に走る国道57号やJR豊肥本線も肥後大津駅~阿蘇駅間が不通のままで、生活者をはじめ観光客の足に多大な影響を及ぼしており、復旧の見通しが立っていないのが現状だという。
(さらに…)

【ニュース】 みなまた産業団地まつり実行委員会、「第10回みなまた産業団地まつり」を水俣産業団地で11月10日に開催 熊本県水俣市

2018.11.05
みなまた産業団地まつり実行委員会(熊本県水俣市、清水伸幸委員長)は、「みなまた産業団地まつり」を水俣産業団地(熊本県水俣市)で11月10日に開催する。

今年で10回目となる同イベントは、同市を中心に立地している企業(工場・施設等)を広く市内外の人々に知ってもらうことを目的にスタートしたもの。
水俣産業団地は、平成9年に工場跡地約20haを整備し、約37社が立地。
平成13年に水俣市が策定した「エコタウンプラン」の中で「総合リサイクルセンター~生活支援工房~」と位置づけられ、リサイクルを始めとする環境関連産業の立地と既存企業の環境配慮型への転換を推進している。
(さらに…)

【PR記事】 黒川温泉の三愛高原ホテル、プレミアムフロア和洋室など新館西棟を11月1日にオープン 熊本県南小国町

2018.10.23
黒川温泉の「三愛高原ホテル」(熊本県南小国町)は、新館西棟を11月1日にオープンする。

新館西棟の客室は、スタンダードツイン(24㎡、ベッド2+和1.5畳・バストイレ一体型)、プレミアムフロア和洋室(48㎡、ベッド2+和6畳・バストイレ別型、バルコニー)、露天風呂付きプレミアムフロア特別室(76㎡、ベッド2+和8畳・バストイレ別型、露天風呂付きバルコニー)など。
なお10月31日までの期間は、スタンダードツインルームでお試しモニタープランを提供する。

201810231040
(さらに…)

【ニュース】 JR九州、2021年春開業予定の熊本駅ビルで核施設となるシネマコンプレックスと結婚式場の出店会社を発表 熊本県熊本市

2018.10.18
九州旅客鉄道株式会社(福岡市博多区、青柳俊彦社長)は10月17日、2021年春開業予定の熊本駅ビル(熊本市西区)で核施設となるシネマコンプレックスと結婚式場(多目的バンケット)の出店会社を発表した。

シネマコンプレックスの出店会社は株式会社松竹マルチプレックスシアターズ(東京都中央区、熊谷浩二社長)。
出店場所は同ビル7階で、10スクリーン・1,400席を予定しており、同社としては九州初出店となる。
松竹作品をはじめとする邦画や人気のアニメ作品、ハリウッド洋画大作の上映のほか、コンサートや演劇、オペラ、スポーツ等のライブビューイングや、松竹グループならではのコンテンツ「シネマ歌舞伎」など、バラエティに富んだラインナップを提供するという。
(さらに…)

【ニュース】 水俣市など、「九州和紅茶サミットinみなまた」を11月3日にエコパーク水俣で開催、各地域の国産紅茶を飲み比べ 熊本県水俣市

2018.10.17
全国地紅茶サミットinみなまた実行委員会(坂口和憲代表、事務局:水俣市農林水産課農業振興係内)は、九州各県の紅茶生産者等が集まる「九州和紅茶サミットinみなまた」を11月3日にエコパーク水俣(熊本県水俣市、バラ園周辺)で開催する。

同イベントは、水俣・芦北地域の紅茶生産者が中心となり、水俣・芦北地域の紅茶や、九州各地のその土地の気候や風土の中で作られた国産紅茶を一般に広く知ってもらうため、今年初めて開催するもの。
当日は、各地域の特徴ある国産紅茶を専用ティーカップで飲み比べできるという。

201810171000
(さらに…)

【ニュース】 水俣市、シンポジウム「水俣から発信する持続可能な地域社会づくり」を水俣環境アカデミアで9月29日に開催 熊本県水俣市

2018.09.19
水俣市は、平成30年度シンポジウム「水俣から発信する持続可能な地域社会づくり」を水俣環境アカデミア(熊本県水俣市、古賀実所長)で9月29日に開催する。

今回のシンポジウムでは、「自治体が取り組むSDGs(持続可能な開発目標)」について基調講演を行い、その後、同市の「水俣から発信する持続可能な地域社会づくり」についてパネルディスカッションを行う。
(さらに…)

【ニュース】 くまもと県南フードバレー推進協議会、路線バスを活用し、宅配業者が消費者に配送する小ロット物流網を構築 熊本県八代市

2018.07.25
くまもと県南フードバレー推進協議会(熊本県八代市、会長:小野泰輔熊本県副知事)は、注文された個別商品を路線バスを活用して福祉施設に集約・梱包し、宅配業者が消費者に配送する小ロット物流網を構築した。
7月25日より本格運用を開始する。

同協議会では、熊本県南地域の食関連商品の販路拡大を推進するため、株式会社KASSE JAPAN(熊本市中央区、有元隆社長)と連携し、インターネット通信販売サイトでギフト商品を中心に販売を行っている。
今回の取り組みは、県南地域の商品を自由に組み合わせて購入できる仕組みとして構築したもの。

20180725food-v-shop-kumamoto
(さらに…)

【ニュース】 阿蘇市・阿蘇火山博物館・NECの3者が連携協定、AI・IoTなどを活用し「安全・安心かつ持続可能なまちづくり」 熊本県阿蘇市

2018.07.19
阿蘇市(佐藤義興市長)・公益財団法人阿蘇火山博物館久木文化財団(熊本県阿蘇市、久木康裕理事長)・日本電気株式会社(東京都港区、新野隆社長)の3者はこのほど、阿蘇市や阿蘇地域での「安全・安心かつ持続可能なまちづくり」の実現と、阿蘇市の観光促進の取り組み「然(ぜん)」の更なる活発化を目指し、包括連携協定を締結した。

「然」とは、阿蘇市が2013年から開始した、観光振興のために人をブランド化していく取り組み。
阿蘇ならではのものづくりや環境保全活動等を行っている人々を「然」として認定している。
(さらに…)

【ニュース】 JR九州、熊本駅新幹線口隣接の土地を取得、熊本駅ビル開発計画の一環 熊本県熊本市

2018.06.27
九州旅客鉄道株式会社(福岡市博多区、青柳俊彦社長)は、5月16日付で熊本駅新幹線口に隣接する土地(熊本市西区)を取得したと発表した。

取得した土地の所在地は熊本市西区春日三丁目2178番。
面積は1,690㎡。
(さらに…)