【ニュース】 ノバレーゼとえひめ愛フード推進機構、愛媛県の農林水産物をPRするレストランフェアを「松山モノリス」で11月末から不定期開催、第1弾は高級柑橘「紅まどんな」 愛媛県松山市

2017.11.21
結婚式場・レストラン運営を手掛ける株式会社ノバレーゼ(東京都中央区、荻野洋基社長)は、愛媛県や商工団体などで組織する「えひめ愛フード推進機構」(会長:中村時広知事)と共同で、同推進機構が認定した「愛あるブランド産品」の農林水産物をPRするレストランフェアを、2017年11月末から1年間かけて不定期開催する。

期間中は、同社が運営する結婚式場「松山モノリス」(愛媛県松山市)をレストランとして一般開放。
「愛あるブランド産品」をはじめとした同県産食材を使用した料理フェアを企画・実施する。

11月27日に開催する第1弾では、同県が開発した高級柑橘(かんきつ)「紅まどんな」を使用。
「松山モノリス」のパティシエが、ジューシーでゼリーのような食感の「紅まどんな」のケーキなど、スイーツ10種以上を開発したという。
20171121ノバレーゼ
(さらに…)

【ニュース】 愛媛県など官民連携コンソーシアム、愛媛県全域の雇用創出・移住促進を目的とした総合情報サイト「あのこの愛媛」を開設 愛媛県松山市

2017.10.26
HRソリューションズ株式会社(東京都中央区、武井繁代表)・株式会社野村総合研究所(東京都千代田区、此本臣吾社長)・株式会社伊予銀行(愛媛県松山市、大塚岩男頭取)、株式会社いよぎん地域経済研究センター(愛媛県松山市、重松栄治社長)・愛媛県(中村時広知事)の5者による官民連携5者によるコンソーシアムは10月25日、愛媛県全域をフィールドとする雇用創出・移住促進を目的とした総合情報サイト「あのこの愛媛」を開設した。

同サイトは、総務省「平成29年度予算 IoTサービス創出支援事業」委託事業「官民連携とIoT活用による、愛媛県移住・地域雇用創出同時促進事業」に基づいたもの。
同サイトの運営により、採用・雇用・移住に関するビックデータの構築と分析による求職・求人ニーズを可視化させることで、雇用や移住に関する課題解決のモデル構築を目指すとしている。
(さらに…)

【ニュース】 西条市とJR四国、「鉄道歴史パーク in SAIJO」開館10周年・JR四国発足30周年イベントを11月23日・25日・26日に開催 愛媛県西条市

2017.10.23
西条市と四国旅客鉄道株式会社(香川県高松市、半井真司社長)は、「鉄道歴史パーク in SAIJO」開館10周年と、JR四国発足30周年を記念し、「伊予西条 鉄道フェスタ 2017」を西条市内3ヶ所で11月23日・25日・26日に開催する。

同市は、「新幹線の生みの親」と言われる第4代国鉄総裁・十河信二氏ゆかりの地。
「鉄道歴史パーク in SAIJO」は、十河氏の功績を顕彰する十河信二記念館、0系新幹線などを展示する四国鉄道文化館、観光案内と土産販売を行う観光交流センターで構成する施設で、平成19年11月26日に開館したもの。
JR伊予西条駅隣接の新たな観光拠点として整備してきたという。
(さらに…)

【ニュース】 日本郵便四国支社とJR四国、「四国地域における協力に関する協定」の締結式とお披露目を10月19日に実施 愛媛県宇和島市

2017.10.16
日本郵便株式会社四国支社(愛媛県松山市、丸山元彦支社長)と四国旅客鉄道株式会社(香川県高松市、半井真司社長)は、「四国地域における協力に関する協定」の締結式とお披露目を10月19日に宇和島市で実施する。

両社はともに、郵便・金融、鉄道という公共サービスを担う企業。
それを維持していく取組みは、各々の経営課題であるばかりでなく、重要な社会的使命となっている。
(さらに…)

【ニュース】 松山市、飛鳥時代の建築様式を取り入れた日帰り入浴施設「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」をオープン 愛媛県松山市

2017.09.26
松山市は9月26日7時、日帰り入浴施設「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」(指定管理者:道後温泉コンソーシアム)をオープンした。

3000年の歴史を誇る道後温泉は、有馬温泉(兵庫県)・白浜温泉(和歌山県)と並ぶ日本三古湯の一つ。
泉質はアルカリ性単純泉で、きめ細やかな日本人の肌に合うなめらかな湯は、湯治や美容に適しているという。
今回オープンした同別館では、道後温泉本館と同じく、全国でも珍しい加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫できるとしている。
20170926道後温泉
(さらに…)

【ニュース】 佐川急便、愛媛県内の路線バス会社3社と共同で、自転車旅に新たな手ぶら観光サービス「バスパ」を開始 愛媛県松山市

2017.09.11
SGホールディングスグループの佐川急便株式会社(京都市南区、荒木秀夫社長)は9月8日、伊予鉄道株式会社(愛媛県松山市、清水一郎社長)・宇和島自動車株式会社(愛媛県宇和島市、和田祥孝代表)・瀬戸内運輸株式会社(愛媛県今治市、瀧山正史社長)の地元路線バス会社3社と共同で、愛媛県内を自転車で巡る観光客を対象とした手ぶら観光サービス「バスパ」を開始した。

同サービスは、観光振興の一環として、観光客やサイクリストの利便性向上に向け、新しい手ぶら観光サービスを提供するもの。
なお、同取り組みは同県では初の貨客混載事業となる。

愛媛県内を訪れる観光客は年々増加しており、その中でも、しまなみ海道を使用して愛媛県内を周遊するサイクリストが増加。
しかし、コインロッカーを探す手間や大きな手荷物の持ち運びが不便なことなどから、サイクリングや周遊観光などの旅行を十分に楽しめないことが課題になっていたという。
(さらに…)

【PR記事】 フリーデイズイン、リゾート型のロードサイドホテル「フリーデイズリゾート桜三里」をオープン 愛媛県東温市

2017.09.08
ビジネスホテルやウィークリーマンションなどを手掛ける株式会社フリーデイズイン(愛媛県松山市)は2017年8月、リゾート型のロードサイドホテル「フリーデイズリゾート桜三里」(愛媛県東温市)をオープンした。

同ホテルでは、バリエステなどを完備したほか、ペット同室専用棟も用意。
滞在中は、ファスティングキャンプ(11月より実施予定)、滝めぐりなど、様々な過ごし方を体験できるという。
20170908フリーデイズリゾート桜三里
(さらに…)

【ニュース】 森ビル、松山市と「中心市街地活性化及び観光・芸術分野の振興に関する連携協定」を締結、松山市のまちづくりと地域経済活性化に寄与 愛媛県松山市

2017.09.01
森ビル株式会社(東京都港区、辻慎吾社長)と松山市(野志克仁市長)は9月1日、「中心市街地活性化及び観光・芸術分野の振興に関する連携協定」を締結する。

同社は、「ラフォーレ原宿・松山」や「AEL MATSUYAMA」などの開発・運営を通じ、30年以上にわたり、松山市のまちづくりに尽力してきたという。
「AEL MATSUYAMA」は、2008年に閉館した「ラフォーレ原宿・松山」跡地を中心とする再開発事業として、2015年8月に誕生した複合施設。
地上13階建て、延床面積約1万1,000㎡、商業施設・ブライダル・ホテルで構成する。
(さらに…)

【ニュース】 松野町とJR四国、地元住民と交流を図りながら、棚田米を使用したオリジナル「お結び」作り体験などを楽しむ日帰りツアーを10月7日・8日に実施 愛媛県松野町

2017.08.29
愛媛県松野町と四国旅客鉄道株式会社(香川県高松市、半井真司社長)は、地元住民と交流を図りながら棚田を散策し、収穫したての棚田米を使用したオリジナル「お結び」作り体験などを楽しむ松野町日帰りツアーを10月7日・8日に実施する。
JR四国では、四国に眠る地域資源・文化資源を掘り起こし、地域と協働した魅力的な観光素材・付加価値の高い文化素材に磨き上げ、「四国家のお宝」としてプロモーションを図っており、今回のツアーもその一環。

同町は、高知県に隣接し、足摺宇和海国立公園内の「滑床渓谷」や、四万十川の最大の支流「広見川」を有する、豊かな森と、美しい川に恵まれた地域。
また、土佐街道の要所だった旧松丸街道は、物流・交易の場として栄え、今なお当時の町並みが保存されている。
20170829JR四国
(さらに…)

【ニュース】 住友林業など、DBO方式により、愛媛県新居浜市立別子中学校の寄宿舎を着工、建物には地域産材のヒノキを活用 愛媛県新居浜市

2017.08.22
住友林業株式会社(東京都千代田区、市川晃社長)は8月18日、愛媛県新居浜市立別子中学校の寄宿舎を着工した。
完工予定は2018年2月末。

同事業では、地方自治体などが資金を調達し、施設の設計・建設・運営等を民間事業者に包括的に委託するDBO(design-build-operate)方式を採用。
同社は、新居浜市が実施した「新居浜市立別子中学校寄宿舎整備運営事業」の公募型プロポーザルで選定されており、設計・施工を住友林業、運営・維持管理を株式会社エムアンドエムサービス(大阪市中央区、小池悟社長)が担当する。
同施設は木造軸組工法の2階建で、建物には地域産材のヒノキを活用。
断熱性・保湿性・調湿性に優れた木造建築で、子どもたちが生活する「住まい」として快適な空間を提案する。
20170822住友林業
(さらに…)