【PR記事】 ロードサイドホテルチェーンの旅籠屋、「ファミリーロッジ旅籠屋・松山店」をオープン 愛媛県松山市

2018.03.09
素泊まりのロードサイドホテルチェーン「ファミリーロッジ旅籠屋」を展開する株式会社旅籠屋(東京都台東区、甲斐真代表)は3月1日、「ファミリーロッジ旅籠屋・松山店」(愛媛県松山市)をオープンした。

「ファミリーロッジ旅籠屋」は、広い客室にクイーンサイズベッド2台を配置したアメリカンスタイルのロードサイドホテル。
軽朝食・ネット接続・駐車場はいずれも無料で提供する。
東日本大震災後にオープンした店舗には全店、非常用のLPG発電機を設置したほか、今回オープンした同店では、試験的にEV(電気自動車)用の200V通常充電用コンセントを車寄せの柱に設置した(1台分のみ)。
館内にはコインランドリーなどもあり、ファミリー層だけでなく、カップルやグループ、ビジネスでの利用にも対応するという。

20180309ファミールロッジ旅籠屋松山
(さらに…)

【ニュース】 ジーン、宇和島城復元体感アプリをリリース、宇和島城の江戸時代の姿をVR・ARで体感 愛媛県宇和島市

2018.03.01
株式会社ジーン(大阪市淀川区、塩見一夫社長)はこのほど、
VR・ARを使用し江戸時代の宇和島城を現地で復元・体感できるスマートフォン・タブレット端末向けアプリケーション「VR宇和島城 ~よみがえる伊達な城~」の配信をApp Store、Google Playで開始した。

宇和島城は、現存する天守12城の1つで、日本百名城の1つ。
現在、石垣の他、建築物はわずかしか残っていないが、同アプリケーションでは、失われたかつての宇和島城の雄姿を復元したという。
(さらに…)

【ニュース】 JR四国・愛媛県・高知県、予土線・宇和島駅~窪川駅間で自転車を車内にそのまま持ち込める混乗試験の実施を2019年2月24日まで継続 愛媛県宇和島市

2018.02.21
四国旅客鉄道株式会社・愛媛県・高知県は、予土線(しまんとグリーンライン)の宇和島駅~窪川駅間で、普通列車の車内に自転車をそのまま持ち込めるサイクルトレインの混乗試験(2月25日までの実施中)を、3月3日~2019年2月24日の土日祝日まで継続して実施する。

混乗とは、一般乗客と自転車持ち込み客とが同じ車両に乗車すること。
混乗試験の実施により、予土線の利用を促進するとともに、愛媛県南予地域及び四万十川流域でのサイクリングの普及や沿線地域への誘客を図る。
(さらに…)

【ニュース】 ノバレーゼ、愛媛県産の桜鯛などを使用したロール寿司の新作4種を含む「お花見ロール寿司弁当」を東京・銀座の創作和食店で販売 愛媛県松山市

2018.02.20
ウエディングプロデュース・レストラン運営を手掛けるの株式会社ノバレーゼ(東京都中央区、荻野洋基社長)は2月19日、愛媛県産の桜鯛や国産の山菜など春の食材を使用したロール寿司の新作4種を含む、色とりどりのロール寿司12種・36貫詰め合わせた「お花見ロール寿司弁当」を、東京・銀座の創作和食店「SHARI THE
TOKYO SUSHI BAR(シャリ ザ トーキョー スシバー)」で4月
28日まで販売する。

カラフルで見た目の可愛いロール寿司の詰め合わせは、蓋を開いた瞬間から、思わずスマホで写真を撮影したくなるような、「宝石箱」のような華やかさが特徴だという。

今回の新作は、春の食材を使用した、「SHARI特製お花見弁当」のために考案した4種のロール寿司。
桜の花の塩漬けを使ってマリネした愛媛県産の桜鯛で巻く、桜香る「鯛の桜のマリネロール」、香ばしく炒った静岡県産のシラスを梅肉で和えたものを巻き、ワサビ風味にしたトビコを上に添えた「しらすの梅肉ロール」、国産の山菜4種(ワラビ・フキノトウ・イモヅル・ヒメタケ)を巻き、フキノトウで作った味噌(蕗味噌)を添えた和の「旬山菜のロール」、大海老の天麩羅を丸ごと1本巻き、表面に兵庫県産青さのりをまぶした「青さのりの天麩羅ロール」をそれぞれ3貫詰めたという。

20180220ノバレーゼ
(さらに…)

【ニュース】 MIGACT、古民家をリノベーションし、コラーニングスペース・コワーキングスペース・コラボスペースを兼ね備えた施設を1月20日にオープン 愛媛県八幡浜市

2018.01.16
教育・学習支援事業などを手掛けるMIGACT(愛媛県八幡浜市、浜田規史代表)は、学び場(コラーニングスペース)・働く場(コワーキングスペース)・交流の場(コラボスペース)を兼ね備えた施設「コダテル」(愛媛県八幡浜市)を1月20日にオープンする。

同施設は、同市向灘地区にある築70年ほどの木造2階建て古民家をリノベーションして活用するもの。
「八幡浜市空家等活用促進事業補助金」の認定を受け、実施する。
(さらに…)

【ニュース】 ベネフィット・ワン、「愛南サテライトオフィス」を開設、愛媛県の「地方創生支援『一社一村』プログラム」に参画 愛媛県愛南町

2018.01.04
株式会社ベネフィット・ワン(東京都千代田区、白石徳生社長)は、愛媛県と連携し、地域経済の活性化を目的に「愛南サテライトオフィス」(愛媛県愛南町)を1月5日に開設する。
あわせて1月11日には、愛媛県・愛南町・ベネフィット・ワン3者による「地方創生支援『一社一村』プログラム」に係る締結式を、ベネフィット・ワン松山オペレーションセンター(愛媛県松山市)で実施する予定。

同社は、国内7,448の企業・団体、会員約754万人(2017年9月時点)に対し、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児サービス等、約136万件のサービスを優待価格で利用することができる福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を提供している。

2007年からは、優待サービスの予約手配などのカスタマーセンター機能、バックオフィスの事務処理を行う事務センターの機能を有した松山カスタマーセンター(現松山オペレーションセンター)を松山市に開設、現在約500名を雇用しているという。
(さらに…)

【ニュース】 松山市、道後温泉別館「飛鳥乃湯泉」をグランドオープン、飛鳥時代の建築様式で新たな温泉文化を発信 愛媛県松山市

2017.12.27
松山市は12月26日、新たな温泉文化を発信する拠点となる道後温泉別館「飛鳥乃湯泉」をグランドオープンした。

3000年の歴史を誇る道後温泉は、有馬温泉(兵庫)・白浜温泉(和歌山)と並ぶ日本三古湯の一つ。
泉質はアルカリ性単純泉で、きめ細やかな日本人の肌に合うなめらかなお湯で、湯治や美容に適しているとされる。

同別館のオープンにより、道後温泉では「道後温泉本館」「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」「道後温泉 椿の湯」の3つの温泉施設が勢揃いした。
同別館でも、本館と同じく、加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫することができるという。
20171227道後温泉
(さらに…)

【PR記事】 共立メンテナンス、奥道後温泉の引き湯を使用した男女別大浴場完備の新規ホテル「天然温泉 石手の湯 ドーミーイン松山」をオープン 愛媛県松山市

2017.12.08
「ドーミーイン」や「共立リゾート」を展開する株式会社共立メンテナンス(東京都千代田区、上田卓味社長)は12月8日、全国69棟目・四国2棟目となる男女別大浴場完備の新規ホテル「天然温泉 石手(いして)の湯 ドーミーイン松山」(愛媛県松山市)をオープンした。

同ホテルは、JR松山駅から電車で15分の伊予鉄城南線「大街道」電停より徒歩2分、伊予鉄道「松山市」駅より徒歩13分に位置。
ビジネス客や観光客も利用出来る立地で、道後温泉街までは路面電車で約15分。

館内では、同ホテルブランドの特長となっている「充実のご当地手作り朝食」や「温泉感覚の大浴場」、「清潔な客室」による快適な寛ぎのひとときを提供する。
20171208ドーミーイン松山
(さらに…)

【ニュース】 松山市、道後温泉本館で12月1日よりクラウドファンディングを開始、全国初、浴場の営業を継続しながら保存修理工事 愛媛県松山市

2017.11.28
松山市は、道後温泉本館の保存修理工事で、12月1日よりクラウドファンディングを開始する。

3,000年の歴史を誇る道後温泉は、有馬温泉(兵庫)・白浜温泉(和歌山)と並ぶ日本三古湯の一つ。
その中核施設となっている道後温泉本館は、明治27年の建築から
123年の歳月が経ち、老朽化している施設の修理や、近い将来予想されている南海トラフ大地震への備えが必要となっているという。

同プロジェクトでは、全国で初めて、国の重要文化財で浴場の営業を継続しながら、保存修理工事を平成30年秋以降に開始する予定。
返礼品には、最大10年間の入浴優待券などを用意した。
20171128松山市
(さらに…)

【ニュース】 ノバレーゼとえひめ愛フード推進機構、愛媛県の農林水産物をPRするレストランフェアを「松山モノリス」で11月末から不定期開催、第1弾は高級柑橘「紅まどんな」 愛媛県松山市

2017.11.21
結婚式場・レストラン運営を手掛ける株式会社ノバレーゼ(東京都中央区、荻野洋基社長)は、愛媛県や商工団体などで組織する「えひめ愛フード推進機構」(会長:中村時広知事)と共同で、同推進機構が認定した「愛あるブランド産品」の農林水産物をPRするレストランフェアを、2017年11月末から1年間かけて不定期開催する。

期間中は、同社が運営する結婚式場「松山モノリス」(愛媛県松山市)をレストランとして一般開放。
「愛あるブランド産品」をはじめとした同県産食材を使用した料理フェアを企画・実施する。

11月27日に開催する第1弾では、同県が開発した高級柑橘(かんきつ)「紅まどんな」を使用。
「松山モノリス」のパティシエが、ジューシーでゼリーのような食感の「紅まどんな」のケーキなど、スイーツ10種以上を開発したという。
20171121ノバレーゼ
(さらに…)