【PR記事】 楽天トラベル、岡山県の宿泊施設を対象に割引額5,000円の宿泊クーポンを配布、「観光」で岡山を元気に 岡山県岡山市

2018.08.09
楽天トラベルは8月3日、岡山県内の宿泊施設で利用できる楽天トラベル 宿泊割引クーポンの配布を開始した。

岡山県は平成30年7月豪雨で多くの被害を受けたが、倉敷市の倉敷美観地区や岡山市の岡山後楽園・岡山城などには被害はなく、通常どおり営業を行っている。
また、交通機関についても、ローカル線では運休している区間も一部あるものの、山陽新幹線や高速道路、岡山桃太郎空港は通常どおり利用できるという。

20180809okayama
(さらに…)

【ニュース】 両備グループ、Googleマップに、バスロケーションシステムの現在地等、リアルタイム情報の提供を開始 岡山県岡山市

2018.08.03
両備グループ(岡山市北区、小嶋光信代表)で路線バス事業を手掛ける両備ホールディングス株式会社両備バスカンパニー(商標:両備バス)と岡山電気軌道株式会社自動車事業本部(通称:岡電バス)は7月27日、Googleマップに、バスロケーションシステムの現在地等、リアルタイム情報の提供を開始した。

同取り組みは、同グループで情報サービス事業を手掛ける株式会社リオス(岡山市中区、松田久社長)が開発した、バスロケ「Bus-
Vision」を通じて行うもの。
商用バスロケとしては全国で初めて、「標準的な形式(標準的なバス情報フォーマット、公共交通の世界的な標準形式:GTFSを拡張した国土交通省制定の形式)」と「GTFS-Realtime(GTFSと連携したリアルタイム情報の形式)」により、オープンデータを提供する。
(さらに…)

【PR記事】 旧遙照山荘が「THE VIEW 瀬戸内」として再オープン、瀬戸内の絶景を凝縮 岡山県浅口市

2018.07.31
浅口市金光町で7月7日、営業を休止していた宿泊施設「遙照山(ようしょうざん)荘」が「THE VIEW 瀬戸内」として再オープンした。

同施設は、遙照山の山頂近くに位置し、瀬戸内の絶景が凝縮されたホテル。
「8年越しの花嫁」の夜景ロケ地は至近。

20180731theview
(さらに…)

【ニュース】 ティーケーピー、岡山市中心部の複合型商業施設「クレド岡山」4階で岡山県内最大規模の貸会議室・宴会場施設を9月1日にオープン 岡山県岡山市

2018.07.04
株式会社ティーケーピー(東京都新宿区、河野貴輝社長)は「クレド岡山」(正式名称:NTTクレド岡山ビル、岡山市北区)4階で貸会議室・宴会場施設「TKPガーデンシティ岡山」を9月1日にオープンする。

「TKPガーデンシティ岡山」は、契約面積1,476.88㎡、18名~
270名・全948名を収容する全10室の貸会議室・宴会場。
岡山県内では最大規模の施設となる。

20180704tkp
(さらに…)

【ニュース】 merchu、倉敷市くらしき移住定住推進室公式インスタグラムアカウントの運営を開始 岡山県倉敷市

2018.07.03
株式会社merchu(兵庫県西宮市、折田楓社長)は7月1日、倉敷市くらしき移住定住推進室公式インスタグラムアカウント「くらしき暮らし@kurashiki_gurashi」の運営を開始した。

倉敷市くらしき移住定住推進室はこれまで、倉敷市への移住を検討している人へ向け、FacebookやWebページで積極的に情報発信を行ってきた。
今後は若年層への情報発信を強化、インスタグラムでの情報発信も行う。
(さらに…)

【ニュース】 冒険の森、4施設目となる森林活用型アウトドアパーク「冒険の森 in ひるぜん」を7月22日にオープン 岡山県真庭市

2018.07.02
アウトドア施設の提案・運営を手掛ける株式会社冒険の森(大阪府能勢町、伴戸忠三郎代表)は、アウトドアパーク「冒険の森 in ひるぜん」(岡山県真庭市)を7月22日にオープンする。

「冒険の森」とは、2008年4月に奈良県山添村に誕生した森林活用型アウトドアパーク。
今回オープンする同施設は、奈良県山添村、岐阜県郡上市、大阪府能勢町に続く4施設目となる。

20180702forest-ad
(さらに…)

【ニュース】 西粟倉村、日本初、地方自治体による地方創生ICOを実施、独自トークンを発行し資金調達 岡山県西粟倉村

2018.06.14
岡山県西粟倉村(青木秀樹村長)は6月13日、日本初となる、地方自治体による地方創生ICO(Initial Coin Offering)の実施を決定したと発表した。

同村は人口約1,500人で、村の面積の約95%を森林が占める自治体。
「平成の大合併」で周囲の自治体の大半が合併を受け入れる中、自立の道を選択した同村では、林業の六次産業化や、移住起業支援事業など、独自の地域活性化施策を積極的に取り組んできた。

ICOとは、企業や団体がブロックチェーン上で独自トークンを発行し、その対価として投資家から仮想通貨を得る資金調達手法。

20180614nishiawakura
(さらに…)

【編集部取材】 コーヒーで「地方創生」はあり得るのか?その鍵は、あえて世界を意識しない「独自進化」。 岡山県岡山市

2018.05.14
昨今、この国では、「地方創生」や「まちおこし」に関するニュースの中に、「コーヒー」を媒介とする話題が増えている。

今さら説明するまでもなく、原材料となるコーヒー豆は、ほぼ
100%が輸入品だ。
近年、沖縄や徳之島などでコーヒー豆の生産が始まったが、これらはまだまだレアケースである。

普通に考えたら、輸入依存の原材料と、「地方創生」や「まちおこし」は馴染まないかも知れない。
しかし、このコーヒーという商品、原材料は外国産でも、ブレンドや焙煎、バリスタの技量などにより、流通や小売りの過程で、相当程度、「日本オリジナル」に化けるのである。

20180514yutosoken
(さらに…)

【ニュース】 両備グループと備前焼作家・窯元など、「第4回ひがしやま備前焼市」を5月12日・13日に東山公園で開催 岡山県岡山市

2018.05.14
両備グループ(岡山市北区、両備ホールディングス株式会社内、小嶋光信代表)と、備前焼作家・窯元、備前の飲食店等で構成するひがしやま備前焼市実行委員会(委員長:備前焼作家・伊勢﨑創氏)は、「第4回ひがしやま備前焼市」を5月12日・13日に東山公園(岡山市中区)で開催した。

同イベントは、岡山が世界に誇る伝統工芸品「備前焼」をより身近に感じてもらえるよう、備前焼で「食べて、遊んで、触れて」楽しめる催しとして2015年より実施しているもの。
今回より、備前焼作家、窯元を中心に、地域の人々が中心となって取り組むイベントへバージョンアップしたという。
(さらに…)

【ニュース】 日本オリーブ、牛窓オリーブ園に牛窓の絶景とキノシタショウテンのコーヒーを味わうカフェ「山の上のロースタリ」がオープン 岡山県瀬戸内市

2018.04.18
オリーブ栽培とオリーブの木・食品・化粧品の製造販売を手掛ける日本オリーブ株式会社(岡山県瀬戸内市、服部恭一郎社長)は、同社が運営する牛窓オリーブ園(岡山県瀬戸内市)で、コーヒー専門カフェ「山の上のロースタリ」が4月17日にオープンした。
こだわりの1杯とともに、「日本のエーゲ海」とも称される牛窓の美しい景色を堪能出来るとしている。

「山の上のロースタリ」のオーナーは、コーヒー専門店「キノシタショウテン」オーナーの木下尚之氏。
店内では、あえて照明をつけず、季節や時間、天候や潮の満ち引きが織り成す瀬戸内海の自然の表情そのままを体感出来るという。
オーナー自らがコーヒー豆の種類・産地を厳選、店内で焙煎をしており、利用客は、ドリップだけでなくフレンチプレス、エアロプレスやエスプレッソなど好みの淹れ方をカスタマイズ可能としている。

20180418nippon-olive
(さらに…)