【ニュース】 大正大学など、東京・巣鴨の商店街を舞台に「新庄まつりin巣鴨」を10月28日・29日に開催、3基の山車が巣鴨の街を巡行 山形県新庄市

2017.10.04
大正大学(東京都豊島区、大塚伸夫学長)と一般社団法人コンソーシアムすがも花街道(東京都豊島区、柏木正博代表理事)は、10月28日・29日の2日間、東京・巣鴨の商店街を舞台に「新庄まつりin巣鴨」を開催する。

山形県新庄市で毎年夏に開催される新庄まつりは、昨年11月にユネスコ無形文化遺産のひとつに登録された伝統行事。

同大学はこれまで、地域連携・地域創生に力を入れて取り組んできた。
中でも地域創生学部は、東京と地方の双方で40日に及ぶ実習を通じ、地域の経済・活性化を考え行動する人材育成に取組んでいるという。
20171004大正大学
(さらに…)

【PR記事】 国際興業と庄内交通、庄内地方と東京都心を結ぶ夜行高速バス「夕陽号」で10月1日出発便より系統を新設、「東京ディズニーランド(R)」へ乗入れを開始 山形県酒田市

2017.09.27
バス事業・ホテル事業などを手掛ける国際興業株式会社(東京都中央区、南正人社長)と庄内交通株式会社(山形県鶴岡市、村紀明社長)は、山形県庄内地方と東京都心を結ぶ夜行高速バス「夕陽号」で、10月1日出発便より系統を新設、「東京ディズニーランド(R)」へ乗入れを開始する。

同系統は、山形県の「鶴岡・余目・酒田」と「池袋・東京ディズニーランド(R)」を結ぶ夕陽号の新系統。
庄内地方から「東京ディズニーランド(R)」までを乗り換えなしで結ぶことで、同地方からパークへのアクセスが飛躍的に向上するとともに、首都圏から同地方を訪れる観光客の増加も見込む。
20170927庄内交通
(さらに…)

【ニュース】 YAMAGATA DESIGN、庄内の自然を味わうカフェ「FARMER’S DINING CAFE IRODORI」を鶴岡市豊田地区で9月1日にオープン 山形県鶴岡市

2017.08.25
YAMAGATA DESIGN株式会社(山形県鶴岡市、山中大介代表)は、日本有数の米どころ、庄内平野の中心にある鶴岡市豊田地区で、水田を眺めながら地域の食材とともに究極の白米や酵素玄米を味わうカフェ「FARMER‘S DINING CAFE IRODORI」を9月1日にオープンする。
同カフェは、地産地消の文化を発信する拠点として、庄内地域の街づくり会社である同社が運営する最初の店舗。
日本で唯一ユネスコの創造都市ネットワークの食文化分野に選ばれた鶴岡市の豊かな食を気軽に味わえるという。

同カフェのコンセプトは「地域の自然を味わう」。
農村の中で、友人・知人と地域の自然を味わいながら時間を過ごす、第三の居場所とする。
また、庄内地域を中心に自然との調和を考える農家から食材を調達、古民家と蔵と田んぼに囲まれた空間で、添加物を可能な限り使用しない「心と身体とを満たす」食事を提供するとしている。
20170825YAMAGATA DESIGN
(さらに…)

【ニュース】 YAMAGATA DESIGN、サイエンスパークの宿泊滞在複合施設名称を「SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE」に決定、スタッフの募集を開始 山形県鶴岡市

2017.08.09
YAMAGATA DESIGN株式会社(山形県鶴岡市、山中大介代表)は、サイエンスパーク(山形県鶴岡市)で、2018年夏に開業予定の宿泊滞在複合施設の名称を「SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE」(ショウナイ ホテル スイデン テラス)に決定した。
あわせて施設の名称とロゴを公開、スタッフの募集も開始した。

サイエンスパークでは、慶應義塾大学先端生命科学研究所を核に、人工合成クモ糸繊維の開発で知られるSpiber株式会社や、うつ病のバイオマーカーの開発で知られるHMT株式会社などのバイオベンチャーが続々と誕生。
地方創生のモデルと言われている。

今回の同施設は、プリツカー賞を受賞した建築家の坂茂氏が設計を担当。
周辺の田園風景に調和する、木造低層の客室棟が並ぶ特徴的な外観とする。
20170809山形デザイン
(さらに…)

【ニュース】 フィーノホテルズ、既存ホテルをリブランドし「ベストウェスタン山形エアポート(仮称)」を出店 山形県東根市

2017.06.15
価値開発株式会社(東京都千代田区、高倉茂社長)は、同社連結子会社の株式会社フィーノホテルズが、山形県では「ベストウェスタン」ブランド2店舗目となる直営ホテル「ベストウェスタン山形エアポート(仮称)」(山形県東根市)を出店すると発表した。
オープンは今年10月の予定。

同ホテルは、現在別会社が運営しているイーストプラザ東根を、同社グループが7月1日より建物オーナーからマスターリースして運営を開始し、運営を行いながら「ベストウェスタン」のブランド基準を満たすリノベーション工事を行い、リブランドオープンするもの。
(さらに…)

【PR記事】 成田エクセルホテル東急、第44回日本のワインを楽しむ会「山形県スペシャル」を5月13日に、レストランフェア「山形県フェア」を翌14日に開催 山形県山形市

2017.05.11
成田エクセルホテル東急(千葉県成田市、藤森伸一総支配人)は、日本料理「あづま」で第44回日本のワインを楽しむ会「山形県スペシャル」を5月13日に、レストラン「ガーデニア」でレストランフェア「山形県フェア」を翌5月14日に開催する。

44回目となる日本のワインを楽しむ会では、山形県内のワイナリーからセレクトした、風土の恵みとぶどう園の人たちの想いを詰め込んだ美味しいワインを提供。
日本料理とのマリアージュが楽しめるとしている。
参加ワイナリーは、創業明治25年、東北で最も歴史のある酒井ワイナリーや、洞爺湖サミットでも供されたタケダワイナリーなど。

翌日のレストランフェア「山形県フェア」はランチブッフェ形式で開催。
会場には、実演調理の「味噌マリネした山形県産の国産牛のステーキ」や「山形県産食材を使用したパワーサラダ」に加え、名物「芋煮」「つや姫で作ったバレンシアライス」など、同県の「美味しい」がズラリと並ぶという。
また、レストラン前に設置する物産展示即売会場では、山形県のおいしい物や特産品などを用意。
山形県農産物キャラクター「ぺロリン」も応援に駆け付け、会場を盛り上げるという。
20170511成田エクセルホテル東急
(さらに…)

【ニュース】 リングローと舟形町、廃校利用でIT普及と地域活性化を目指した交流施設「長沢集学校」を4月15日に開校、今後のイベントスケジュールを公開 山形県舟形町

2017.04.14
リングロー株式会社(東京都豊島区、碇敏之代表)と山形県舟形町(森富広町長)は、廃校を活用した共同プロジェクト「長沢集学校」(山形県舟形町)を4月15日にオープンする。
同施設は、旧長沢小学校を、IT普及と地域活性を目指した交流施設として活用するもの。
同社が推進する「おかえり集学校プロジェクト」の第1弾となる。

「おかえり集学校プロジェクト」とは、「楽しむ」「触れる」「相談する」「遊ぶ」「学ぶ」など様々な視点から廃校を活用し、IT普及と地域活性を目的とした交流施設として再利用するプロジェクト。
今回オープンする「長沢集学校」では、2016年5月より社員1名が駐在し、無料のパソコン相談室を開設して地域の人々と交流を図ってきた。
今年1月より改修工事を開始、4月5日に竣工している。
20170414リングロー
(さらに…)

【ニュース】 国土交通省、全国初、庄交コーポレーションが実施する民間誘導施設等整備事業計画を認定、コンパクトシティ推進へ 山形県鶴岡市

2017.04.04
国土交通省は、株式会社庄交コーポレーション(山形県鶴岡市、國井英夫社長)が鶴岡市内で行う民間誘導施設等整備事業計画(コンパクトシティ施策の一端を担う、市内中心部でのホテル等の大規模改修)について、都市再生特別措置法第96条第1項の規定により、4月1日付で同計画を認定した。

同事業は、鶴岡市の立地適正化計画(コンパクトシティ推進に向けたマスタープラン)で定められた都市機能誘導区域内で、「誘導施設」として設定されている「集会機能を備えたホテル」「バスターミナルを備えた商業施設」「スポーツ施設」の3施設について、老朽化が進んでいることから大規模改修を行うもの。
これにより、各施設の機能維持・強化による生活利便性の向上、中心部の賑わいの創出、公共交通のネットワーク強化、さらには耐震改修による防災性の向上が期待されるとしている。
20170404庄交コーポレーション
(さらに…)

【ニュース】 山形鉄道など、花をモチーフとした4種類のラッピング車両の登場などを記念し、縁結びや還暦祝い等の旅行プラン5種を発売 山形県長井市

2017.023.01
山形鉄道株式会社(山形県長井市、内谷重治社長)とやまがた長井観光局は2月27日、花の名所が多いローカル鉄道「フラワー長井線」沿線をより楽しむための旅行プラン5種類を発売した。

同プランは、同線を走る、花をモチーフとした4種類のラッピング車両と、車両内でお弁当等を食べることができるシンボル車両が登場したことを記念したもの。
両者は、山形県・長井市・南陽市・白鷹町・川西町などと共に「フラワー長井線沿線稼ぐ力創造協議会(会長:長井市長)」を設置、内閣府の地方創生加速化交付金を活用しながら、フラワー長井線沿線の利用拡大等に取り組んでおり、同プランの発売もその一環。
(さらに…)

【ニュース】 フォーブス、東京・有楽町で庄内名物「どんがら汁」と銘酒を味わう「大山と山形郷土料理を楽しむ会」を2月20日に開催 山形県鶴岡市

2017.02.13
ホテル・レストランの運営などを手掛ける株式会社フォーブス(東京都千代田区、松崎充宏代表)は、同社が運営する酒蔵レストラン宝(東京都千代田区)で、東京ではめったに食べることができない山形の郷土料理と地酒を味わう「大山と山形郷土料理を楽しむ会」を2月20日に開催する。

庄内名物「どんがら汁」とは、味噌仕立ての汁に真鱈の身・骨・内臓など余すところなく入れて煮込んだ、厳冬の日本海・庄内の名物鍋。
12月~2月頃までの真冬が旬の真鱈は「寒鱈」とも呼ばれ、荒波にもまれて身がしまり、脂もたっぷりのっており、とろけるような口当たりで濃厚な旨味の白子も絶品。
「どんがら汁」は庄内地方の家庭で食べられるほか、地元の料亭や旅館でも提供されているが、東京ではめったに食べることができないという。
20170213酒蔵レストラン宝
(さらに…)