【ニュース】 春の神武祭実行委員会、4月7日~9日開催の「春の神武祭」を皮切りに台湾との文化交流を開始 奈良県橿原市

2017.03.30
春の神武祭実行委員会(奈良県橿原市、森下豊委員長)は、4月7日~9日に橿原市を挙げて開催する祭典「春の神武祭」を皮切りに、台湾との文化交流を開始する。
昨年市政60周年を迎えた同市では、これを今後のインバウンドに向けた新たな海外発信事業にしたいという。

「春の神武祭」では、4月7日に台湾・鄧雨賢音楽隊による「春の神武祭 開会式コンサート」を、4月8日・9日に「台湾健康体操らーちん」「台湾
Xfitnessダンス」の特設ステージを、4月8日に台湾の関係者も参加した「参道パレード」を実施する予定。
20170330春の神武祭実行委員会
(さらに…)

【ニュース】 奈良ホテル、木造本館の耐震補強工事と客室などをリニューアル、歴史的価値を遺しながら時代に適応 奈良県奈良市

2017.03.27
奈良ホテル(奈良県奈良市、株式会社奈良ホテル、五十嵐晃社長)は、2013年11月に施行された建築物耐震改修促進法に伴い、2017年5月ごろより約3年間の工程予定で、耐震補強工事を実施する。
これに先がけ、4月中旬より一部客室などのリニューアル工事に着手する。

今回の工事では、木造本館の壁などを補強し、地震に対する構造部を強化。
これに合わせて、一部客室などのリニューアル工事、老朽設備の取り替え工事も実施する予定。
なお、工事は分割して行うため、一部営業は休止しながらも、工事施工箇所以外のエリアは利用出来るという。
(さらに…)

【ニュース】 近鉄不動産、和風戸建リノベーション物件第1号「近鉄のリノベーション戸建プロジェクト 奈良松陽台」を販売、3月18日より現地案内会を開催 奈良県奈良市

2017.03.17
近鉄不動産株式会社(大阪市天王寺区、赤坂秀則社長)はこのほど、同社の中古住宅買取再販事業で、初めて和風戸建をリノベーションし、販売する。
和風戸建リノベーションの第1号となるのは「近鉄のリノベーション戸建プロジェクト 奈良松陽台」(奈良県奈良市)。
2015年11月に中古住宅買取再販事業に参入して以来、6件目のリノベーション物件となる。

同社は、1950年から近鉄が開発した「奈良・学園前」エリアをはじめとする多くのエリアで、戸建・マンションの分譲を行ってきた。
同物件の所在地「松陽台住宅地」は、1981年から分譲を開始した同社の住宅地で、自然と調和した閑静な美しい街並みを今も維持しているという。
(さらに…)

【ニュース】 奈良交通、綜合警備保障の「地域見守り体制整備・活性化支援事業」に協力、生駒市を運行する路線バスの一部にALSOKの「みまもりタグ」の感知器を設置 奈良県生駒市

2017.03.06
奈良交通株式会社(奈良県奈良市、植田良壽社長)は、綜合警備保障株式会社(ALSOK、東京都港区、青山幸恭社長)の「みまもりタグを活用した地域見守り体制整備・活性化支援事業」に協力、生駒市を運行する奈良交通の路線バスの一部で「みまもりタグ」の感知器を4月以降に設置する。

同事業は、国土交通省の「平成28年度スマートウェルネス住宅等推進モデル事業」に係る補助事業の対象に選定されたもの。
生駒市とALSOKは、地域見守り体制整備・活性化に関する包括協定を3月3日に締結した。
同事業で、バス車両への感知器設置は、奈良交通が全国初となる。
(さらに…)

【ニュース】 奈良交通、「月ヶ瀬梅林」の開花と「町家の雛めぐり」の開催に合わせ臨時バスを運行 奈良県奈良市

2017.02.28
奈良交通株式会社(奈良県奈良市、植田良壽社長)は、日本を代表する梅林のひとつ「月ヶ瀬梅林」(奈良県奈良市)と、伝統的な町並みが残る土佐地区(奈良県高取町)の恒例行事「町家の雛めぐり」に便利な臨時バスを運行する。

「月ヶ瀬梅林」方面への臨時バスの運行期間は3月4日~26日、運行区間はJR・近鉄奈良駅~尾山(月ヶ瀬梅林)、運賃は大人片道1,400円
(尾山まで)。
その他、「賀名生梅林」(あのうばいりん、奈良県五條市)、「広橋梅林」
(奈良県下市町)へは、同社の一般路線バスが利用可能。
20170228奈良交通
(さらに…)

【ニュース】 中心市街地商店街の若手店主など、商店街を舞台とした演劇イベントを2月25日・26日に開催、初日は商店街のリアルに触れる「商店街まち歩き」も開催 奈良県奈良市

2017.02.14
奈良市中心市街地にある8つの商店街の若手店主らで構成するショウテンガイエイト実行委員会は、商店街を舞台とした演劇イベント「超時空地域活性化演劇・ショウテンガイエイト」を2月25日・26日に開催する。
同企画は、商店街の魅力を演劇の力を借りてアピールしようと2015年よりスタートしたもの。

3年目となる今年は、町内のコミュニティ・スペースを劇場に仕立て、全編新作のオリジナル演劇を2日間にわたって上演する。
素人の商店街メンバーと、地元の劇団などで活躍する若手の役者たちが同じ舞台に立ち、少子高齢化が進む現代の商店街を舞台に、見過ごされがちながらも大切な「町の宝もの」を伝えるため、熱演を繰り広げるという。
あわせて、初日の2月25日には、商店街のリアルに触れる「商店街まち歩き」も開催する。
20170214奈良市中心市街地活性化協議会
(さらに…)

【ニュース】 近畿大学、奈良県産の柑橘類「大和橘」を病院食として提供、農学部×医学部奈良病院「食事満足度向上プログラム」の一環 奈良県大和郡山市

2017.01.23
近畿大学医学部奈良病院(奈良県生駒市)は1月26日、なら橘プロジェクト推進協議会および同大学農学部と連携し、奈良県大和郡山市で収穫した、日本固有の柑橘類「大和橘」を病院食として入院患者に提供する。

同イベントは、病院食を通じて入院患者に楽しい時間を提供することを目的に、医学部奈良病院と農学部が取り組む「食事満足度向上プログラム」の一環として行われるもの。
当日は、大和郡山市で栽培された大和橘をサバの塩焼きに添え、酸味と香りを楽しんでもらうという。
(さらに…)

【ニュース】 学習塾運営のケーイーシー、就活生向けに「寺子屋型インターンシップ」を1月22日に開催、元そば屋の築100年の古民家を「学びの場」へ 奈良県生駒市

2017.01.19
奈良県で学習塾を運営する株式会社ケーイーシー(奈良県生駒市、小椋義則代表)は、生駒市に所有する古民家で、就職活動を控えた大学3年生を対象に、社会人としての基礎を教える「寺子屋型インターンシッ
プ」を1月22日に開講する。

同社では、新しい学びの場として、2016年11月に元々蕎麦屋だった生駒市の古民家を購入。
檜風呂やピザ釜、BBQ設備などを改修し、「古民家(コミンケ)~ション」がとれるこだわりの空間に仕上げたという。
20170119ケーイーシー
(さらに…)

【PR記事】 奈良ホテル、「ウィンタースイーツバイキング」を限定開催、奈良県産いちご「古都華」を使用したデザートなどを提供 奈良県奈良市

2017.01.17
奈良ホテル(株式会社奈良ホテル、奈良県奈良市、五十嵐晃社長)は、甘いスイーツでほっと心なごむ時間が過ごせる「ウィンタースイーツバイキング」を1月16日~2月28日の月・火・水曜日限定で開催する。

今回で3回目となるスイーツバイキングのテーマは冬。
スイートポテトやアップルパイなど、この時期ならではの温かい冬スイーツをはじめ、奈良県産いちご「古都華」を使用したデザートなどが楽しめるという。
初開催のバレンタインウィーク(2月6日~15日の月・火・水曜日)では、チョコレートスイーツが中心のコレクションも登場する。
20170117奈良ホテル
(さらに…)

【ニュース】 生駒市、全国初となる新婚当初の気持ちが3年後に届く婚姻届の受付を12月20日より開始 奈良県生駒市

2016.12.14
生駒市は、人生の大きな節目となる結婚をより思い出に残るものにするため、全国初となる手紙付きのオリジナル婚姻届「おもいをかわす婚姻届」を作成した。
12月13日から市民課窓口で配布を開始しており、12月20日から受け付ける。

同オリジナル婚姻届は、左隣には夫から妻へ、右隣には妻から夫へ宛てたメッセージが記入できる便箋が付いおり、届出時に手紙を提出すると、生駒市で大切に保管し、3年後の届出月に二人のもとへ郵送するというもの。
届出時に封筒に封をしてもらうため、第三者が中身を確認することはないという。
なお、手紙の郵送は生駒市役所市民課窓口で開庁時間内に受け付けたものが対象。
婚姻届は生駒市役所以外でも届出できるが、生駒市以外で届け出たときは手紙の預かりはできないとしている。
(さらに…)