【ニュース】 奈良県、奈良の山の魅力を伝えるイベント「奈良の木マルシェ」を10月28日・29日に道の駅吉野路大淀iセンターで開催 奈良県大淀町

2017.10.24
奈良県は、奈良の山の魅力を伝えるイベント「奈良の木マルシェ~山からのおくりもの~」を、10月28日・29日に道の駅吉野路大淀iセンター(奈良県大淀町)で開催する。

当日は、奈良の山の魅力を「山」「木」「樽」「酒」「米」「川」の6つのテーマに分け、子どもから大人まで楽しめる自然豊かなコンテンツを多数展開。
林業に携わる山の職人「山行きさん」のコスチュームを着ての写真撮影や、大きな丸太切りなど、ここでしかできない体験が楽しめるほか、奈良の名物「柿の葉寿司」や、清酒発祥の地・奈良県の日本酒の販売なども行う。

マルシェが開催される10月28日・29日は、秋も徐々に深まりはじめ、紅葉が見頃となる時期。
桜の名所として有名な吉野山は、秋の紅葉も人気だという。
20171024奈良県
(さらに…)

【ニュース】 近鉄リテーリング、料亭「百楽荘」で訪日外国人向け「料亭のおもてなしと日本文化の体験プラン」の取扱いを開始 奈良県奈良市

2017.10.16
株式会社近鉄リテーリング(大阪市天王寺区、中井潔社長)は10月16日、同社が運営する料亭「百楽荘」(奈良県奈良市)で、訪日外国人向け「料亭のおもてなしと日本文化の体験プラン」の取扱いを開始した。

同体験プランは、日本食(手巻き寿司、会席料理 長寿膳)を楽しんでもらうとともに、押し花や万華鏡の作品制作や茶道体験を通じ、日本文化や四季をより深く感じてもらおうというもの。
販売については、近鉄グループ旅行会社のほか、来日後の旅行手配を行う各社(ランドオペレーター)を通じ、日帰りオプショナルツアーとして販売する。
リクエストにより、通訳案内士の手配も可能だという。
20171016百楽荘
(さらに…)

【PR記事】 ホスピタリティオペレーションズ、サンホテル奈良をリブランド、「スマイルホテル奈良」として10月1日にオープン 奈良県奈良市

2017.09.29
ホテル・スキー場・ゴルフ場の運営を手掛ける株式会社ホスピタリティオペレーションズ(東京都千代田区、田中章生代表)は、サンホテル奈良(奈良県奈良市)をリブランド、「スマイルホテル奈良」として10月1日にオープンする。

同ホテルはJR「奈良」駅東口より徒歩約2分の立地。
スマイルホテルチェーンとしては全国42店舗目、奈良県内では初出店となる。
20170929スマイルホテル奈良
(さらに…)

【ニュース】 奈良県など、奈良交通の路線バス飛鳥線で、自転車をバスの車内に積載して移動できる「サイクルバス」の社会実験を実施 奈良県明日香村

2017.09.27
奈良県・明日香村・奈良交通株式会社(奈良県奈良市、植田良壽社長)の3者は、奈良交通の路線バス飛鳥線「橿原神宮前駅東口」~「石舞台」~「飛鳥駅」間で、自転車をそのままバスの車内に積載して移動できる「サイクルバス」の運行を奈良県内で初めて実施する。

同事業は、同県の予算事業「公共交通基本計画推進事業」を活用し、社会実験として実施するもの。
自転車は自動車やバスよりも小回りがきき、徒歩よりも行動範囲が広いことから、周遊観光のツールとして活用される事例が増えているという。
(さらに…)

【ニュース】 奈良県など4者、路線バス・コミュニティバスで宅急便を輸送する「客貨混載」を県内で初めて実施、バスの生産性向上と物流の効率化を推進 奈良県宇陀市

2017.09.26
奈良県(荒井正吾知事)・宇陀地域公共交通活性化協議会(会長:竹内幹郎宇陀市長)・奈良交通株式会社(奈良県奈良市、植田良壽社長)・ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(東京都中央区、長尾裕社長)は、路線バス・コミュニティバスで宅急便を輸送する「客貨混載」を奈良県で初めて実施する。
過疎化や高齢化が進む中山間地域等でのバスの生産性向上と、物流の効率化による地域住民の生活サービス向上が目的。

同事業は、10月1日から2018年3月31日まで6ヵ月間、奈良県内の2つの地域(天川地区・奥宇陀地区)で社会実験として行うもの。
天川地区については奈良県の予算事業「公共交通基本計画推進事業」により実施し、奥宇陀地区については奈良県の予算事業「安心して暮らせる地域公共交通確保事業」を活用、宇陀地域協議会が実施する。

同県では、平成28年3月に「奈良県公共交通基本計画」「奈良県地域公共交通網形成計画」を策定、地域の実情に応じ、持続可能な公共交通の実現に取り組んできた。
平成28年9月に設置した宇陀地域協議会では、奈良県東部の宇陀市・曽爾村(そにむら)・御杖村(みつえむら)が連携し、国や県からの助言・支援を得ながら、地域の移動手段の維持・確保に資する取組を行っている。
(さらに…)

【PR記事】 ホテル日航奈良、米粉で作ったクッキー「ほろろ」と、茶葉の香り豊かな「チョコクランチ」を10月1日より発売 奈良県奈良市

2017.09.26
ホテル日航奈良(奈良県奈良市、津秦幸生総支配人)は、3階レストラン「セリーナ」と「和処 よしの」で、米粉で作ったクッキー「ほろろ」と、茶葉の香り豊かな「チョコクランチ」を、新たなテイクアウト商品として10月1日より発売する。

「ほろろ」(写真)は、口に入れるとほろりとくずれ、ふわっと溶ける食感の和風クッキーで、小麦粉や卵を使用せず、国産の米粉を使って焼き上げたもの。
「チョコクランチ」は、コーンフレークに抹茶チョコレートやほうじ茶チョコレートをたっぷり絡め、香り高く上品な味に仕上げたという。
20170926ホテル日航奈良
(さらに…)

【ニュース】 近鉄不動産、移住・定住促進と空き家対策などで広陵町と連携協定を締結、不動産に関する経験やノウハウを提供 奈良県広陵町

2017.09.22
近鉄不動産株式会社(大阪市天王寺区、善本烈社長)は9月21日、奈良県広陵町(山村吉由町長)と「移住及び定住の促進並びに空き家対策に係る連携協力に関する協定」を締結した。

同社は同協定締結を機に、これまで蓄積してきた不動産業に関する経験やノウハウを提供、同町の移住・定住の促進や空き家対策の実施に協力する。
(さらに…)

【ニュース】 奈良フードフェスティバル実行委員会、シェフ・生産者・消費者が交流する「C’festa(シェフェスタ)」を10月7日より奈良県内2ヶ所で開催 奈良県奈良市

2017.09.21
奈良フードフェスティバル実行委員会(奈良県⽣駒市)は、奈良フードフェスティバル2017「C’festa(シェフェスタ)」を10月7日より奈良県内2ヶ所で開催する。

同イベントは2009年に始まった食のイベント。
奈良県産食材のPR、レストランシェフと生産者との交流を目的としてスタートし、今年で9回目となる。
回を重ねるごとに、シェフ・生産者・消費者の交流が広がり、昨年の来場者数は約25万5,000人を数えた。
(さらに…)

【ニュース】 近鉄不動産、広陵町と「移住及び定住の促進並びに空き家対策に係る連携協力に関する協定」を締結、9月21日に締結式を実施 奈良県広陵町

2017.09.13
近鉄不動産株式会社(大阪市天王寺区、善本烈社長)は、奈良県広陵町(山村吉由町長)と「移住及び定住の促進並びに空き家対策に係る連携協力に関する協定」を9月21日に締結する。

連携協力の主な内容は、同町への移住促進、同町における定住促進、空き家対策など。
協定の期間は2017年9月21日から1年間(以降、1年ごとの自動更新)。

締結式の実施日時は2017年9月21日の14時~。
実施場所は広陵町役場。
調印者は奈良県広陵町・山村吉由町長、近鉄不動産株式会社・善本烈社長。
(さらに…)

【ニュース】 UR都市機構、ターンズとタイアップし、古都奈良を堪能できる平城・相楽ニュータウンへの「移住・交流体験ツアー」を10月21日~22日に実施 奈良県奈良市

2017.09.08
全国74万戸の賃貸住宅を管理する独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)は、地方で暮らすことをテーマに雑誌やSNS等で発信を続ける「ターンズ(TURNS)」(株式会社第一プログレス)とタイアップし、古都奈良を堪能できる平城・相楽ニュータウンへの移住・交流体験ツアー「TURNSツアーUR奈良」(1泊2日)を10月21日~22日に実施する。

1泊2日の同ツアーでは、首都圏やその他エリアに住む人に、古都「奈良」の歴史・文化に触れてもらうと同時に、「高の原エリア」ならではの住みやすさを体感してもらう。
さらに、地元住民の人々と交流してもらうなど、通常の観光ツアーとは一味異なる、「暮らすように過ごす」体験が出来るとしている。
(さらに…)