【ニュース】 鹿児島県、PR動画「Beauty of Life,Kagoshima」がYouTubeで100万回再生、中国版Twitter「微博」でも142万回 鹿児島県鹿児島市

2017.01.30
鹿児島県観光交流局かごしまPR課は、1月6日に公開した同県のPR動画シリーズ「Beauty of Life,Kagoshima」のYouTubeでの総再生回数が、1月26日時点で100万回を突破したと発表した。

「Beauty of Life,Kagoshima」は、「桜島」「食」「伝統的工芸品」「本場大島紬」「川辺仏壇」「薩摩焼」「薩摩切子」「ダイジェスト」の全8本で構成するPR動画シリーズ。
現時点で最も人気の動画は、鹿児島生まれの本場大島紬や薩摩切子等を紹介した「伝統的工芸品」(再生回数は17万回)、第2位は鹿児島の豊かな食材・食文化を紹介した「食」(再生回数13万回)。
その他の動画も合わせて、1月26日にシリーズ再生回数100万回を突破した。
20170130鹿児島県
(さらに…)

【ニュース】 JR九州、九州最大級の新築分譲マンション「MJRザ・ガーデン鹿児島中央」で平成29年1月7日より第2期をグランドオープン 鹿児島県鹿児島市

2016.12.27
九州旅客鉄道株式会社(福岡市博多区、青柳俊彦社長)は、同社が現在分譲中の新築分譲マンション「MJRザ・ガーデン鹿児島中央」で、平成29年1月7日より第2期をグランドオープンする。

同物件は、JR「鹿児島中央」駅より徒歩11分の立地。
九州7県の共同分譲住宅では、供給戸数が平成23年以降最大、敷地面積が平成14年以降最大の物件となる(株式会社九州産業研究所調べ、平成28年3月時点)。
これまでに1,000件を超える問い合わせがあり、7月のモデルルーム事前案内会開始以降は400件を越える来場、100件を超える申込みがあったという。
20161227JR九州
(さらに…)

【ニュース】 JR九州、九州新幹線全線開業5周年特別企画・第4弾となる冬の「さくらひらり弁当」を12月17日より販売 鹿児島県出水市

2016.12.14
九州旅客鉄道株式会社(福岡市博多区、青柳俊彦社長)は12月17日より、九州新幹線全線開業5周年記念特別企画・第4弾となる冬の「さくらひらり弁当」を、九州新幹線(博多~鹿児島中央間)の車内販売営業列車で限定販売する。

九州新幹線全線開業5周年記念特別企画の「さくらひらり弁当」は、購入客からの好評を得て、秋のリニューアルに続き第4弾の登場となる。
今回も鹿児島県出水市の松栄軒の協力のもと、客室乗務員がプロデュースして弁当を完成させた。
また、今回のリニューアルでは、購入客へのアンケートで得た意見を取り入れながら作成を行ったという。
20161214JR九州
(さらに…)

【PR記事】 ホテルウィングインターナショナル出水、「冬の使者 ツル観光プラン」を12月1日より提供、朝の餌まき時間に合わせ飛来地まで送迎 鹿児島県出水市

2016.11.25
ホテルウィングインターナショナル出水(鹿児島県出水市)は、国の特別天然記念物・出水平野の万羽鶴と地元食材を楽しむ宿泊プラン「冬の使者 ツル観光プラン」を12月1日より提供する。

出水市は、毎年1万羽を超える鶴が飛来する場所。
今回提供する同プランは、大自然のおりなす風物詩ともいえる鶴の美しい舞を間近で観賞し、地元食材も味わえる1泊2食付の宿泊プランとなっている。
1万羽のツルが一斉に飛び立つ風景は圧巻だという。
20161125ホテルウィングインターナショナル出水
(さらに…)

【PR記事】 阪急交通社、「地域超密着型」商品で交流人口を創出、鹿児島県「長島町大陸支店」開設記念(東京・広島・熊本発)「長島町への旅」を発売 鹿児島県長島町

2016.11.11
株式会社阪急交通社(大阪市北区、松田誠司社長)は、地域超密着型の新たな事業展開をするため、10月28日に鹿児島県長島町と観光振興に関する連携協定を締結、11月1日に「長島大陸支店」を長島町役場内に開設した。

開設記念として、長島町観光を組み込んだ新たな旅行商品を発売する。
第一歩として、今回11月10日に、東京発の新商品「こだわりの鹿児島県周遊3日間」を発売した。

今回のツアーは、長島町が世界に誇る、朝水揚げされた鰤(ぶり)のブランド「鰤王」の新鮮なお刺身を味わい、名湯、霧島、指宿に宿泊しながら、鹿児島をじっくりめぐる充実した内容とした。
また11月3日に既に先行発売している熊本発や広島発のツアーの集客も好調に推移しているという。

(さらに…)

【ニュース】 ボタニカルファクトリー、全国初となる廃校を活用した化粧品工場で開発したコスメシリーズを発売 鹿児島県南大隅町

2016.11.01
株式会社ボタニカルファクトリー(鹿児島県南大隅町、黒木靖之CEO)は11月1日、コスメシリーズ「BOTANICANON(ボタニカノン)」を発売した。

同シリーズは、鹿児島の「ボタニカル(植物)」を地産原料としたスキンケア・ヘアケア・環境配慮型食器洗い洗剤。
全国初(同社調べ)となる「廃校を活用した化粧品工場」で開発した。
WEBサイトを中心に、鹿児島県内の宿泊施設「野鶴亭」「悠離庵」など高級ホテル・旅館などでも販売する。
(さらに…)

【ニュース】 長島町と阪急交通社、観光振興に関する連携協定を締結、豊かな「食」で観光振興・雇用拡大を目指す 鹿児島県長島町

2016.10.31
長島町(川添健町長)と株式会社阪急交通社(大阪市北区、松田誠司社長)は10月28日、鹿児島県長島町の観光振興に関する連携協定を締結した。

同協定締結により、相互が連携し、同町で新たな観光需要と交流人口を創出して地域活性化を図る。
魅力溢れる同町を同社のツアーで訪れることにより、食のブランドづくりと付加価値の更なる向上に努め、観光産業で経済振興を図ることが狙い。
20161031阪急交通社
(さらに…)

【ニュース】 南九州市商工会など、日本一の茶産地・南九州市の3茶銘柄を2017年4月に「知覧茶」ブランドへ統一、「知覧茶の郷づくりプロジェクト」を本格始動 鹿児島県南九州市

2016.10.26
南九州市商工会「知覧茶全国展開・販路拡大プロジェクト委員会」(鹿児島県南九州市)はこのほど、2017年度4月から南九州市の「知覧茶」
「頴娃茶」「川辺茶」の3銘柄が「知覧茶」ブランドとして統一されるのを機に、「知覧茶」をキーワードに新たな地域活性化の取り組みを進めていくと発表した。

全国第2位の生産量を誇る鹿児島茶。
同県のお茶づくりを牽引するのが、市町村別栽培面積・生産量(1万
1,000t)日本一を誇る同市の知覧茶とされている。
知覧茶は、若葉の爽やかな香り、ふくよかで濃厚、旨味のある味わいが特徴。
全国茶品評会で農林水産大臣賞を連続受賞するなど名実ともに日本一の産地として高い評価を得ているという。

同商工会では、知覧茶ブランド統一を機に、これまで不十分であった観光資源としてのお茶の活用、PR活動の強化など、世界に誇る日本一の茶生産地を目指し、観光地「知覧」と連携した新たな仕掛けを図っていくとしている。
20161026南九州市商工会
(さらに…)

【PR記事】 霧島観光ホテル、愛犬と気兼ねなく旅行を満喫できる、ペットと泊まれる愛犬同伴専門客室「KIRI DOG」をオープン 鹿児島県霧島市

2016.10.24
霧島観光ホテル株式会社(鹿児島県霧島市)は2016年10月、同社が運営する霧島観光ホテル6階フロアを、ペットと泊まれる愛犬同伴専門の「KIRI DOG」(キリドッグ)としてオープンした。

同ホテルは、鹿児島空港から車で約30分、霧島の雄大な自然と源泉かけ流しの温泉を楽しめる大規模ホテル。
今回は6階フロアをペット同伴専用客室「KIRI DOG」とし、九州初
(2015年2月19日現在、株式会社マネジメント・シェルパ・クリエイト調べ)となる愛犬専用の会席を提供する。
専用玄関・フロント・レストランを完備し、専用ドッグランも併設した。
20161024kiridog
(さらに…)

【ニュース】 さつま交通観光など、アーモンドオイル搾油体験ツアーを実施、官民異業種連携の「9次産業化プロジェクト」 鹿児島県湧水町

2016.10.04
さつま交通観光株式会社(鹿児島県霧島市、後藤淳一代表)は、アーモンドオイルの搾油体験を目玉とするモニターツアーを10月28日~29日に実施する。
協力は、日本で唯一商業用アーモンドオイルを生産している有限会社鹿北製油(鹿児島県湧水町、和田久輝代表)・湧水町・霧島山麓湧水町観光協会・霧島市観光協会。
「9次産業化プロジェクト」と位置づけ、官民異業種連携、市町の広域連携で、地域の活性化を目指す。

鹿北製油では、2005年から農薬や化学肥料を使用しない自然農法でアーモンドを栽培してきた。
貴重な国産アーモンドは現在、ナッツやアーモンドオイルへと加工している。
また湧水町でも現在、地方創生事業の一環として「アーモンドのまちづくり」を進めており、霧島アートの森に続く沿道にアーモンドの花を咲かせる取り組みを行っているという。
20161004さつま交通観光
(さらに…)