【ニュース】 日総ニフティ、同社ブランド6棟目となる介護付き有料老人ホーム「すいとぴー東戸塚」を3月1日に開設 神奈川県横浜市

2018.02.20
横浜市内で有料老人ホームを展開する日総ニフティ株式会社(横浜市港北区、篠明俊社長)は、介護付き有料老人ホーム「すいとぴー東戸塚」(横浜市戸塚区)を3月1日に開設する。

同施設は、同社の介護ブランド「すいとぴー」6棟目の介護付き有料老人ホーム。
既存の「すいとぴー」各施設も全て横浜市内にあり、地元密着型の企業として、介護だけではなく入居者の暮らしにも目を向け、住環境にも細かな配慮をおこなっているという。

20180220日総ニフティ
(さらに…)

【PR記事】 アールエヌティーホテルズ、横浜駅西口で「リッチモンドホテル横浜駅前」を新規オープン、ロイヤルホスト横浜駅駅前店も同時オープン 神奈川県横浜市

2018.02.20
ロイヤルホールディングス傘下でリッチモンドホテルズを展開するアールエヌティーホテルズ株式会社(東京都世田谷区、成田鉄政代表)は2月20日、「リッチモンドホテル横浜駅前」(横浜市神奈川区)を新規オープンした。

同ホテルは、JR・京浜急行・東急・相鉄・地下鉄「横浜」駅きた西口より徒歩2分の立地。
同チェーンでは横浜市内2店舗目のホテルとなる。
館内2階には、ロイヤルホスト横浜駅駅前店が同時オープンした。

20180220リッチモンドホテル横浜駅前
(さらに…)

【ニュース】 神奈川県住宅供給公社、建替え団地のフロール元住吉で同公社初の有人管理「守人(もりびと)」を公募 神奈川県川崎市

2018.02.19
神奈川県住宅供給公社(横浜市中区、猪股篤雄理事長)は、建替え団地のフロール元住吉(川崎市中原区)で同公社初の有人管理「守人(もりびと)」を公募、管理業務及びコミュニティサポート業務受託者募集プロポーザルを実施する。

同公社ではこれまで、人口減少・超少子高齢社会・住宅余り等、時代の変化を汲み取り、これからの時代にあった賃貸住宅を供給すべく取組みを進めてきたという。

同物件では、同公社の一般賃貸住宅として初の「有人管理」を導入し、入居者が快適に暮らせるようにサポートをする。
あわせて、入居者が集う場となる「シェアラウンジ」と、入居者間だけではなく地域の人々も巻き込んだより豊かなコミュニティを創造するための「オープンスペース」を設置。
「生涯賃貸」実現の一端を担う計画と位置づけ、豊かな共用部をきっかけに人と人との「縁」が生まれ、入居者が愛着を感じて暮らすことができる住まいづくりを目指す。
(さらに…)

【ニュース】 イオンモール、日産旧座間工場の一部敷地で「イオンモール座間」を3月16日にグランドオープン、市内最大級のグルメゾーンなどを展開 神奈川県座間市

2018.02.08
イオンモール株式会社(千葉市美浜区、吉田昭夫社長)は、新規ショッピングモール「イオンモール座間」(神奈川県座間市)を3月16日にグランドオープンする。

同モールは、1965年より操業を続けている日産自動車座間事業所(旧座間工場)の一部の敷地を商業施設として利活用するもの。
市内最大級となる食のゾーンを展開するほか、ファッションからエンターテインメントまで、約160の専門店が出店する。
核店舗はイオンスタイル座間、サブ核店舖はスポーツオーソリティ・H&M・ユニクロGU・ノジマ・namco・紀伊國屋書店。
(さらに…)

【PR記事】 NENGOと相楽ホーム、簡易宿所をアートとリノベーションで再生した宿「日進月歩」をオープン、2月9日に一般向けの見学会を開催 神奈川県川崎市

2018.02.08
株式会社NENGO(川崎市高津区、的場敏行社長)と有限会社相楽ホーム(川崎市川崎区、的場敏行代表)は1月11日、簡易宿所をアートとリノベーションで再生した宿「日進月歩」(川崎市川崎区)をオープンした。
2月9日に一般向けの見学会(参加費無料)を開催する。

同宿では、成田空港・羽田空港・東京・横浜へのアクセスの良さを生かし、訪日外国人と若者を主な顧客層として想定。
こうしたリノベーションは、川崎市内の簡易宿所街では初の試みとなる。
両社では、簡易宿所街として知られる川崎日進町の活性化を図りたいという。

20180208日進月歩
(さらに…)

【PR記事】 旅館「奥湯河原 結唯」、別荘タイプの新棟「離れ 紫葉-SHIYO-」4棟をグランドオープン 神奈川県湯河原町

2018.02.07
奥湯河原温泉の旅館「奥湯河原 結唯」(おくゆがわら ゆい、神奈川県湯河原町、運営会社:株式会社奧邑、大串隆之代表)は1月22日、別荘タイプの新棟「離れ 紫葉-SHIYO-(しよう)」4棟をグランドオープンした。

今回オープンした「離れ 紫葉-SHIYO-」は、別荘に居ながらにして、旅館のサービスを受けられる、新しい宿の形。
4つの客室棟はそれぞれ、江戸から平成の日本の近現代をコンセプトに、純和建築をベースとして、高低差を生かした個性豊かな間取りとなっている。
客室は100~155㎡の贅沢な空間で、自由な時間を過ごしながら、隣接する本館「結唯-YUI-」の食事やサービスが楽しめるという。

20180207奥湯河原結唯
(さらに…)

【ニュース】 デリス建築研究所、横浜駅西口のデザイナーズレストランビル「デリス横浜ビル」で上棟式、設計デザインを手掛けた隈研吾氏らが出席 神奈川県横浜市

2018.02.07
株式会社デリス建築研究所(東京都千代田区、青木俊実代表)は2月5日、開発中のデザイナーズレストランビル「デリス横浜ビル」(横浜市神奈川区)で上棟式を実施した。

同ビルは、大規模再開発が進む「横浜駅」西口の鶴屋地区に立地。
世界5位の乗降客数を誇る同駅周辺は、飲食店の数が圧倒的に少ない、慢性的な供給不足エリアだという。

上棟式には、同ビルの設計デザインを手掛けた建築家の隈研吾氏をはじめ、多数の関係者が出席した。
オープンは2018年10月の予定。

20180207デリス建築研究所
(さらに…)

【PR記事】 アパホテル、旧相模原第一ホテルANNEXを「アパホテル相模原古淵駅前」としてリブランドオープン 神奈川県相模原市

2018.02.06
アパホテル株式会社(東京都港区、元谷芙美子社長)は2月6日、旧相模原第一ホテルANNEX(相模原市南区)を「アパホテル相模原古淵駅前」としてリブランドオープンした。
同社は昨年、同ホテルの運営で株式会社水谷トラスト(相模原市中央区、水谷好男代表)とフランチャイズ契約を締結している。

同ホテルはJR横浜線「古淵」駅より徒歩2分の立地。
神奈川県内のアパホテルは、アパホテル横浜関内(横浜市中区・全451室)、アパホテル横浜鶴見(横浜市鶴見区・全131室)、アパホテル相模原橋本駅前(相模原市・全99室)に続き、4棟目の開業となる。

20180206アパホテル相模原古淵駅前
(さらに…)

【ニュース】 東京工芸大学と神奈川県住宅供給公社、団地活性化で連携協定、学生が厚木市の緑ヶ丘団地に居住し団地活性サポーターに 神奈川県厚木市

2018.02.06
東京工芸大学(本部:東京都中野区)と神奈川県住宅供給公社(横浜市中区、猪股篤雄理事長)は、1月29日付で団地活性化に関する連携協定書を締結した。

今回の連携は、大学が有するテクノロジーとアート(建築・デザイン、住環境)の専門知識を活用し、リノベーションプランの設計など新たな住まい方の検討や、学生が実際に団地に居住することで高齢化が進む地域コミュニティの活性化を目指すというもの。
同大学の厚木キャンパスから約2kmに位置する公社緑ヶ丘団地(神奈川県厚木市)での取組みを予定している。

20180206東京工芸大学
(さらに…)

【ニュース】 京浜急行電鉄、日本初となる高架下タイニーハウスホステルやカフェラウンジ、水上アクティビティー拠点で構成する複合施設を2018年春に開業 神奈川県横浜市

2018.02.05
京浜急行電鉄株式会社(東京都港区、原田一之社長)は、京急線日ノ出町~黄金町駅間の高架下スペースに、日本初となる高架下タイニーハウスホステルやカフェラウンジ、水上アクティビティー拠点で構成する複合施設(横浜市中区)を2018年春に開業する。

同施設では、世界中のタイニーハウスのメディア運営などを手掛けるYADOKARI株式会社と連携し、アメリカ発祥の「タイニーハウス(小さな住まい)」を常設ホステルとして活用。
あわせて、まちに開かれたコミュニティスペースとしても活用できるカフェラウンジを出店する。
また、シャワーや更衣室を同施設内に整備、大岡川での水上アクティビティーの利用環境の充実を図るという。

20180205京浜急行
(さらに…)