【ニュース】 三菱地所、大手町・丸の内・八重洲・日本橋の結節点で敷地面積3.1haの大規模再開発「東京駅前常盤橋プロジェクト」A棟新築工事を着工 東京都千代田区

2018.02.21
三菱地所株式会社(東京都千代田区、吉田淳一社長)は2月20日、東京駅日本橋口前で開発中の「東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤 橋地区第一種市街地再開発事業)」(東京都千代田区・中央区)の施行者として、A棟新築工事の起工式(安全祈願祭)を実施した。
竣工予定は2021年4月末。

同プロジェクトは、国家戦略特別区域の認定事業として、街区内の都心の重要インフラの機能を維持・更新しながら10年超の事業期間をかけて段階的に開発を進める計画。
A棟とあわせて、C棟Ⅰ期にも着工、竣工予定は2021年4月末としている。
2017年4月に着工済みのD棟は2022年3月に竣工予定。
C棟Ⅱ期と、高さ約390mのB棟完成を以て、同プロジェクトが全体開業する2027度に向け、ビジネスや観光をはじめとした多様な機能を集積させ、世界中から人が集う TOKYOの新たなシンボルとなる魅力あふれるまちづくりを実現していくとしている。

20180221三菱地所
(さらに…)

【PR記事】 リブ・マックス、浅草橋駅徒歩1分、馬喰町駅徒歩2分の「ホテルリブマックス浅草橋駅前」を新規オープン 東京都台東区

2018.02.20
株式会社リブマックス(東京都港区、有山憲代表)は2月20日、新規ホテル「ホテルリブマックス浅草橋駅前」(東京都台東区)をオープンした。

同ホテルは、JR・都営地下鉄「浅草橋」駅より徒歩約1分、JR「馬喰町」駅より徒歩約2分、都営地下鉄「馬喰横山」駅より徒歩約2分の立地。
コンビニエンスストアが徒歩約1分圏内に3店舗、ドラッグストアが徒歩約2分にあるほか、周辺には飲食店も豊富で、金融機関、郵便局も至近にあるという。

20180220リブマックス
(さらに…)

【PR記事】 京浜急行電鉄など、「京急EXイン」浅草橋駅前店・高輪店で客室などの改装工事を実施しリニューアルオープン 東京都台東区

2018.02.19
京浜急行電鉄株式会社(東京都港区、原田一之社長)は、株式会社京急イーエックスイン(東京都港区、四宮浩社長)が運営する「京急EXイン浅草橋駅前」(東京都台東区)を3月30日に、「京急EXイン高輪」(東京都港区)を4月1日にリニューアルオープンする。

「京急EXイン」は2007年の開業以降、宿泊に特化した業態で、同社線や乗り入れ線の駅近接立地を中心に、羽田空港や品川駅へのアクセスに有利な高い利便性を強みとした営業を展開。
ビジネス利用のほか、近年はアジアを中心としたインバウンド需要の効果もあり、現在、高稼働率を維持しているという。

今回のリニューアルは、訪日外国人や女性グループ、家族連れの複数名利用など、より多様な利用客のニーズに対応するのが狙い。

20180219京急EXイン
(さらに…)

【ニュース】 フージャースコーポレーション、グループ初のサービスアパートメント「DUO FLATS 芝公園」を3月にグランドオープン 東京都港区

2018.02.19
フージャースホールディングス傘下の株式会社フージャースコーポレーション(東京都千代田区、小川栄一社長)は、同グループ初のサービスアパートメント「DUO FLATS 芝公園」(東京都港区)を3月にグランドオープンする。
同社グループは、訪日外国人観光客の増加等に伴う宿泊施設不足の深刻化や、ビジネスでの長期滞在ニーズ、また、2018年に施行される民泊新法による宿泊需要の増加を見据え、サービスアパートメントの開発に取り組んでいたという。

「DUO FLATS 芝公園」は、都営三田線「芝公園」駅より徒歩4分の新築物件。
近隣には「東京タワー」や「増上寺」等のほか、モノレール1本で羽田空港へアクセス可能な「浜松町」駅等がある。

20180219フージャースコーポレーション
(さらに…)

【編集部取材】 「破竹の勢い」が続くアパグループ。イメージとは異なる?冷静かつ慎重な出店戦略。 東京都港区

2018.02.16
日本のホテル市場では2010年以降、アパグループの「破竹の勢い」が止まらない。

同グループは、2010年4月にスタートした「SUMMIT5(頂上戦略)」で東京都心に集中特化する戦略をとり、東京23区内の直営ホテル数のみで67棟・1万7,064室(建築・設計中を含む、2017年12月時点)を達成。

東京都心では、既に開業している既存ホテルの高稼働を背景に、一部「前倒し」で計画を推進した例もある。
とくに新宿エリアでは、平成32年までの開業予定案件を含めると、9ホテル・総客室数3,105室というボリュームに達する見通しだ。

さらに2015年4月にスタートした「SUMMIT 5-Ⅱ(第二次頂上戦略)」では、国内は東京都心から地方中核都市へと展開を広げ、
2020年3月末までにパートナーホテルを含むアパホテルネットワークで10万室を目指している。

20180216アパホテル
(さらに…)

【ニュース】 南海電気鉄道とナインアワーズ、カプセルホテル型の宿泊施設「ナインアワーズ赤坂」を5月10日に開業、カプセルの「変幻自在さ」を体現した構造 東京都港区

2018.02.16
南海電気鉄道株式会社(大阪市浪速区、遠北光彦社長)は、株式会社ナインアワーズ(東京都港区、油井啓祐ファウンダー・松井隆浩代表)が運営する「ナインアワーズ赤坂」(東京都港区)を5月10日に開業する。

「ナインアワーズ」はナインアワーズが運営するカプセルホテル型の宿泊施設。
滞在中の「シャワー」+「睡眠」+「身支度」という3つの基本行動に特化し、それぞれの品質を徹底追求する考えで著名デザイナーとのコラボレーションによって開発、「ナインアワーズ赤坂」で7店舗目となる。

20180216ナインアワーズ赤坂
(さらに…)

【PR記事】 東急ステイなど、東京都内18店舗目となる長期滞在型ホテル「東急ステイ高輪(泉岳寺駅前)」をグランドオープン 東京都港区

2018.02.15
東急不動産ホールディングス傘下の東急ステイ株式会社(東京都渋谷区、髙谷昌吾社長)と、ホテル運営を担う東急ステイサービス株式会社(東京都渋谷区、木内伸好社長)は2月15日、長期滞在型ホテル「東急ステイ高輪(泉岳寺駅前)」(東京都港区)をグランドオープンした。

都内18店舗目となる同ホテルは、羽田空港へ直接アクセスが可能な都営地下鉄浅草線・京急本線「泉岳寺」駅より徒歩1分に位置し、2020年開業予定の「品川新駅(仮称)」へも至近の立地。
1階には「BUMBLEBEE CAFE(バンブルビーカフェ)」が同時オープン、宿泊客向けに朝食を提供するほか、ランチ・カフェタイム・バータイムの営業も行う。

20180215東急ステイ高輪
(さらに…)

【ニュース】 藤田観光、宿泊特化型ホテルの新ブランド誕生、1号店は浜松町で2019年夏にオープン 東京都港区

2018.02.14
藤田観光株式会社(東京都文京区、瀬川章社長)は、アクティブに旅を楽しむ「ミレニアル世代」の訪日外国人を主要ターゲットとした、宿泊特化型ホテルの新たなブランドを立ち上げる。
2019年夏に新ブランド第1号店となるホテルを東京都港区浜松町に、2020年初めには2号店を浅草に出店する予定。

今回新たに立ち上げるホテルブランドのコンセプトは「Active & Relax」。
日本の旅の中心にあるトラベルハブホテルを目指す。

客室はデスク等の家具を必要最低限に留め、浴室はシャワーブースのみとし、デッドスペースを荷物収納に活用するなど、12㎡とコンパクトでありながらもリラックスできる空間を提供。
また、ロビーはフォトジェニックでハイセンスな空間とし、朝はラウンジで無料の軽食やコーヒーを提供、利用客同士のコミュニケーションスペースとしても利用可能とする。
さらに、AIコンシェルジュを設置するなど最新技術も活用し、サービスの効率化により、ローコストオペレーションを構築するという。
(さらに…)

【PR記事】 アパホテル、新規ホテル「アパホテル神田駅前」を開業、ホテル1階にはレストラン「APRON the diner」が同日開業 東京都千代田区

2018.02.13
アパホテル株式会社(東京都港区、元谷芙美子社長)は2月9日、東京都千代田区内で9棟目となる「アパホテル神田駅前」(全142室)を開業、開業披露式典を実施した。
あわせて、ホテル1階にはレストラン「APRON the diner(エプロン・ザ・ダイナー)」が同日開業した。

開業に先立ち、2月6日には、抽選で60室(最大120名)を無料招待する「無料試泊会」を実施。
5,200件を超える応募があり、86倍ほどの高倍率となった。

開業記者発表では、元谷外志雄アパグループ代表が、「アパホテル神田駅前は2018年第1弾の新築ホテル開業であり、本年は18ホテル3,734室の開業を予定している。日本製品が世界を席捲できたのは、コンパクトかつ性能に優れているからであり、当社も高品質・高機能・環境対応型を理念とし、客室も環境に配慮してあえてコンパクトに造っている。今回、品質の面では、歯ブラシやボールペンの見直しを行い、持ち帰りたくなる程のグレードの高い備品・アメニティを導入した。」と述べた。

20180213アパホテル
(さらに…)

【ニュース】 日本法令とAirbnb、6月の住宅宿泊事業法施行に合わせ、Airbnbのホスト向けに、同法に対応した「民泊用客室案内セット」を販売 東京都千代田区

2108.02.13
株式会社日本法令(東京都千代田区、青木健次社長)とAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ)は、6月15日の住宅宿泊事業法施行に合わせ、Airbnbを利用しているホスト向けに、同法に対応した宿泊者名簿や宿泊者へのハウスルールなどをセットにした客室案内「民泊用客室案内セット」を販売する。
日本法令は、設立以来69年にわたり、法令届出様式や法律改正、新制度に関する専門書を発行してきた出版社。

6月に施行される同法により、アパート・マンションなど空き部屋、町家・古民家などの空き家を活用する民泊ホストは、これまで以上に法令の遵守が必須となる。
具体的には、犯罪防止・災害発生時の緊急時対応等の観点から宿泊者名簿の作成・備付、宿泊者による騒音やゴミ捨て、周辺地域の生活環境への悪影響の防止の観点から宿泊者に対して多言語による説明書類を準備するなどの措置が必要になるという。

20180213日本法令
(さらに…)