【ニュース】 京王電鉄、京王プラザホテル多摩内で会員制「サテライトオフィス&コワーキングスペース」を2018年秋に開業 東京都多摩市

2018.04.26
京王電鉄株式会社(東京都多摩市、紅村康社長)は、2018年秋、京王プラザホテル多摩(東京都多摩市)2階に会員制「サテライトオフィス&コワーキングスペース」を開業する。
また、2019年春には、京王多摩センター駅近くの京王相模原線高架下に「企業主導型保育所」の開設も予定しているという。

同施設は、働き方改革の一環としてテレワークを導入する企業が増える中、ラッシュ時間帯を避けて通勤したい人や、子育て・介護などと仕事の両立を図りたい人が、自宅近くのサテライトオフィスとして利用可能。
勤務先が企業主導型保育所の提携企業となれば、保育所付サテライトオフィスとしても利用可能としている。
(さらに…)

【ニュース】 三井不動産とブルガリホテルズ&リゾーツ、東京駅前で開発予定の超高層複合ビル内で日本初となるブルガリホテルの開業で合意 東京都中央区

2018.4.24
三井不動産株式会社(東京都中央区、菰田正信社長)とブルガリホテルズ&リゾーツは、東京駅前で開発予定の超高層複合ビル(東京都中央区)内に、日本初となるブルガリホテルを開業することで合意した。
新たなホテルは、「ブルガリホテル東京」として2022年末に開業する予定。

同ホテルは、「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」で建設予定の複合ビルのうち、39階~45階(最上階)の7フロアで展開。
なお同ビルは、オフィスや商業施設が入るハイグレードなミクストユースビルとなる。

ブルガリホテルズ&リゾーツは、ミラノ・ロンドン・バリ・北京・ドバイでラグジュアリーホテルを展開。
今後は、2018年に上海、2020年にモスクワ、パリにオープンする予定で、「ブルガリホテル東京」は9軒目となる。

20180424mitsuifudosan
(さらに…)

【編集部取材】 沖縄発タイ仕込み?36歳、ホテル業界の若きリーダーが仕掛ける気鋭の旗艦店「ホテルフェリーチェ赤坂」。 東京都港区

2018.04.23
デザイナーズホテルを手掛ける株式会社フェリーチェ(沖縄県那覇市、大森真代表)は4月20日、東京進出第3弾となる新規ホテル「ホテルフェリーチェ赤坂」(東京都港区)を報道陣に公開した。

同ホテルは、地下鉄千代田線「赤坂」駅より徒歩2分、地下鉄銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅より徒歩5分の立地。
ブランドコンセプトは「伝統と先端のミクスチャー ~まだ出会ったことのない日本~」。
建築デザインには、和の趣と未来的要素を融合した。

20180423yutosoken
(さらに…)

【PR記事】 ナインアワーズとヴィエント・クリエーション、独自のサウナと睡眠に特化したカプセルホテル「ドシー(°C)」の2号店を五反田にオープン 東京都品川区

2018.04.20
株式会社ナインアワーズ(東京都港区、油井啓祐代表・松井隆浩代表)と株式会社ヴィエント・クリエーション(東京都港区、岡島伸治社長)は4月20日、独自のサウナと睡眠に特化したカプセルホテル「ドシー(°C)」の2号店となる「ドシー五反田」(東京都品川区)をオープンした。

「ドシー」では、従来型のカプセルユニットをリユースするという、新しいビジネスモデルをデザインで実現。
設計には建築家の長坂常氏、サイン&グラフィックにはグラフィックデザイナーの廣村正彰氏を起用、アドバイザーにナインアワーズのクリエイティブディレクターでプロダクトデザイナーの柴田文江氏を迎え、日本のサウナを新たに捉えなおし、寝具やアメニティに至るまで、素材感や肌触りなど、快適性を追求したという。

20180420do-c
(さらに…)

【PR記事】 アマネク、都営浅草線「本所吾妻橋」駅徒歩3分、全館禁煙の新規ホテル「ホテル アマネク 浅草吾妻橋スカイ」をオープン 東京都墨田区

2018.04.18
株式会社アマネク(東京都中央区、安達禎文社長)は4月18日、全館禁煙の新規ホテル「ホテル アマネク 浅草吾妻橋スカイ」(東京都墨田区)をオープンした。

同ホテルは、都営地下鉄浅草線「本所吾妻橋」駅より徒歩3分、東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー」駅より徒歩7分、東京メトロ銀座線「浅草」駅より徒歩8分の立地。
浅草とスカイツリーの間の心安らぐ静かな下町「本所吾妻橋」に位置し、ビジネス・観光の拠点に適しているという。

20180418amanek
(さらに…)

【ニュース】 ミサワホーム不動産など、集合住宅の空き駐車場を時間貸し駐車場として利活用する取り組みを開始 東京都新宿区

2018.04.18
ミサワホーム不動産株式会社(東京都新宿区、岡村康晴社長)・株式会社シェアリングサービス(東京都新宿区、松橋淳人社長)・株式会社NTTドコモ(東京都千代田区、吉澤和弘社長)は、集合住宅の空き駐車場を時間貸し駐車場として利活用する業務提携契約を締結、4月16日より取り組みを開始した。

近年、入居者の生活スタイルの変化により、マンションやアパートなどの集合住宅の駐車場は、長期間、借り手が現れない空き駐車場の発生がオーナー側の経営課題として顕在化している。
一方、時間貸し駐車場は、都心部を中心に供給不足が続いており、また、集客に適した見通しの良い大通り沿いの土地の開発が優先される傾向があるため、住宅地の中心部では時間貸し駐車場が見つかりにくい状況が起きているという。
(さらに…)

【PR記事】 アパホテル、千代田区内で10棟目、馬喰町・東日本橋で2棟目となる「アパホテル日本橋馬喰町駅北」を開業 東京都千代田区

2018.04.16
アパホテル株式会社(東京都港区、元谷芙美子社長)は4月13日、千代田区内で10棟目、馬喰町・東日本橋で2棟目となる「アパホテル日本橋馬喰町駅北」(東京都千代田区)を開業、開業披露式典を実施した。

あわせてホテル1階では、飲食施設「九州居酒屋かてて もつすき鍋専門店」が同日のディナー営業から開業。
開業に先立ち、4月10日には抽選で40室(最大80名)を無料招待する無料試泊会を実施、3,800件を超える応募があった。

同ホテルは、JR総武快速線「馬喰町」駅より徒歩2分、都営新宿線「馬喰横山」駅より徒歩3分、都営浅草線「東日本橋」駅より徒歩3分の立地。
ホテル上層階の一部客室からは東京スカイツリー®も眺望可能だという。

20180416apa
(さらに…)

【ニュース】 京王電鉄、NPOバードリサーチの協力により、駅のツバメの巣の下にフン受け板を設置 東京都多摩市

2018.04.16
京王電鉄株式会社(東京都多摩市、紅村康社長)は、ツバメが巣作りをする春から初夏にかけて、駅の設置可能な箇所に、ツバメのフン受け板を設置する。

同施策は、認定特定非営利活動法人バードリサーチ(東京都府中市)協力のもと、2014年度から実施しているもの。
近年は、里地里山の減少や巣作りに適した軒下がある日本家屋の減少などにより、ツバメが駅に巣を作ることが増えているという。

20180416keio
(さらに…)

【ニュース】 西武ホールディングスなど、「(仮称)西武鉄道池袋ビル」の上棟式を実施、開業は2019年春の予定 東京都豊島区

2018.04.10
株式会社西武ホールディングス(埼玉県所沢市、後藤高志社長)は4月9日、同社連結子会社の西武鉄道株式会社(埼玉県所沢市、若林久社長)が保有し、株式会社西武プロパティーズ(埼玉県所沢市、上野彰久社長)が開発を推進する「(仮称)西武鉄道池袋ビル」(池袋旧本社ビル建替え計画)の上棟式を実施した。

池袋は、首都圏有数・西武鉄道最大のターミナル駅で、沿線の最重要エリア。
新たなランドマークとなるオフィスビルを建設し、豊島区が構想中の東西連絡通路と接続することを想定したデッキを整備することで、地域の回遊性を高め、池袋エリアの発展に寄与するとともに、不動産事業の収益力向上、保有不動産のポートフォリオの適正化を推進するという。

20180410seibuholdings
(さらに…)

【ニュース】 まるごとにっぽん、2018年度の全国市町村ブースに全国14自治体が出展、山口県岩国市と鹿児島県南九州市が初出展 東京都台東区

2018.04.06
株式会社まるごとにっぽん(東京都墨田区、小笠原功社長)が運営する浅草の商業施設「まるごとにっぽん」(東京都台東区)は4月1日、3階「Event space おすすめふるさと」に、2018年度出展の全国14自治体(新規出展2自治体を)がブース出展した。

「Event space おすすめふるさと」では、施設運営側が14市町村のブースをまとめて運営・管理するため、従来のアンテナショップ開設に伴う初期費用や人件費が発生せずブース出展が可能。
1年を通し、四季折々の魅力発信ができるほか、他自治体との合同イベントの開催、販売に関するコンサルティングなど、2015年12月の開業以来、これまで首都圏でのPRや販路開拓ができなかった市町村のチャレンジをバックアップしてきた。
スペース内では、大小さまざまな自治体が集結し、切磋琢磨しながら各地域の魅力を発信するという。
(さらに…)