【ニュース】 アパホテル、MIDとフランチャイズ契約を締結、「セントラルホテル八王子」を「アパホテル八王子駅西(仮称)」と改称し10月1日に開業予定 東京都八王子市

2018.08.09
アパホテル株式会社(東京都港区、元谷芙美子社長)は株式会社MID(東京都中央区、石田博己社長)とフランチャイズ契約を締結、MIDが運営中の「セントラルホテル八王子」(東京都八王子市)を「アパホテル八王子駅西(仮称)」と改称し、10月1日に開業(予定)することで合意した。

同ホテルは、JR中央本線「八王子」駅より徒歩9分、京王線「京王八王子」駅より徒歩15分、中央自動車道「八王子」ICより車で7分の立地。
同エリアには世界一の登山客を誇る「高尾山」があり、ビジネスだけでなくレジャー・観光需要も見込む。
(さらに…)

【ニュース】 近鉄・都ホテルズ、新ブランド「都シティ」の第1号ホテルとなる「都シティ 東京高輪」を2019年2月11日に開業 東京都港区

2018.08.09
株式会社近鉄・都ホテルズ(大阪市天王寺区、中山勉社長)は、新ブランド「都シティ」の第1号ホテルとなる「都シティ 東京高輪」(東京都港区)を、2019年2月11日に開業する。

国内外に21施設を展開する同社は、2019年4月にブランドを再編。
都市型フルサービスホテルを「都ホテル」、宿泊主体の都市型カジュアルサービスホテルを「都シティ」、リゾート型フルサービスホテルを「都リゾート」とする3つのカテゴリーを設定している。

20180809miyakohotels
(さらに…)

【PR記事】 旧新宿ニューシティホテル、全館休館し改装工事を実施、デザインホテル「ザ ノット 東京新宿」としてグランドオープン 東京都新宿区

2018.08.08
旧新宿ニューシティホテル(東京都新宿区)は、全館を休館し改装工事を実施、デザインホテル「ザ ノット 東京新宿」として8月8日にグランドオープンした。

同ホテルは、都営大江戸線「都庁前」駅A5番出口より徒歩約4分、JR「新宿」駅西口より徒歩14分(1.5km)に位置。
TOKYO BIKEとのコラボレーションで用意したレンタルサイクルにより、5km圏内の渋谷・中目黒・皇居・中野など東京を満喫できる立地だとしている。

20180808the-knottokyoshinjuku
(さらに…)

【ニュース】 野村不動産、板橋区とJR東日本が推進する「板橋駅板橋口一体開発事業」で共同施行予定者に選定、商業施設・公益施設・住宅施設で構成する複合施設を開発 東京都板橋区

2018.08.07
野村不動産株式会社(東京都新宿区、宮嶋誠一社長)は8月6日、板橋区とJR東日本が推進する「板橋駅板橋口一体開発事業」で、共同施行予定者に選定されたと発表した。

同事業は、板橋区の玄関口にふさわしい施設を整備、駅前の賑わい拠点形成を目指すというもの。
野村不動産は今後、JR東日本と連携の上、2020年度の着工を目指し、商業施設・公益施設・住宅施設で構成する複合施設の開発を推進する。

20180807nomura-re
(さらに…)

【ニュース】 グッドコムアセット、「壁面緑化・屋上緑化」を採用した分譲マンション「GENOVIA墨田文花 skygarden」を竣工、8月2日より分譲開始 東京都墨田区

2018.08.03
マンションの企画・開発・分譲を手掛ける株式会社グッドコムアセット(東京都新宿区、長嶋義和社長)は、「壁面緑化・屋上緑化」を採用した「GENOVIA Series」の48棟目となる分譲マンション「GENOVIA墨田文花 skygarden」(ジェノヴィア墨田文花スカイガーデン、東京都墨田区)を竣工、8月2日より分譲を開始した。

「壁面緑化・屋上緑化」は、ヒートアイランド現象を抑制し、建物の断熱性を高め、躯体保護や耐久性を向上させるほか、ライフサイクルコストの削減にも有効。
しかし、管理の難しさやコスト、手掛ける造園師の不足等の課題から、普及がなかなか進まないのが現状だという。
「GENOVIA Series」では、壁面緑化や屋上緑化を採用し、周囲の人々にもやさしいマンションを継続して開発していく体制を整えたとしている。

20180803goodcomasset
(さらに…)

【ニュース】 マイボイスコム、「民泊」でインターネット調査、民泊の認知率は90.7%、利用意向者は8.2% 東京都千代田区

2018.08.02
マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、高井和久社長)は、「民泊」に関するインターネット調査を7月1日~5日に実施、1万571件の回答から調査結果を発表した。

同調査によると、民泊の認知率は90.7%。
「内容を知っている」は34.9%、「名前を聞いたことがある程度」は55.8%で、10~30代では「知らない」が1割強~2割と他の層より高くなっている。

民泊の宿泊利用経験者は約4%、「国内で利用したことがある」「海外で利用したことがある」がそれぞれ約2%。
宿泊利用経験者のうち、「別荘一棟やマンションの一室などを貸切で利用」は53.0%、「家主(ホスト)が居住する住宅の一部を利用」は50.0%だった。
(さらに…)

【ニュース】 森ビル、Via社と連携し、虎ノ門ヒルズ・六本木ヒルズなどで最先端アルゴリズムによる「オンデマンド型シャトルサービス」の実証実験を開始 東京都港区

2018.08.02
森ビル株式会社(東京都港区、辻慎吾社長)は8月1日、米国・ニューヨーク市に拠点を置くVia社と連携し、虎ノ門ヒルズ・六本木ヒルズ(東京都港区)などで最先端アルゴリズムによる「オンデマンド型シャトルサービス(HillsVia)」の実証実験を開始した。

今回の実証実験では、Via社独自開発のアルゴリズムを採用することで、交通渋滞や環境負荷など都市交通が抱える課題の解決に寄与すると共に、移動手段の選択肢を増やすことで、より豊かな都市生活の実現を目指す。

20180802mori
(さらに…)

【ニュース】 西武ホールディングスなど、池袋旧本社ビル建替え計画の建物名称を「ダイヤゲート池袋」に決定 東京都豊島区

2018.08.01
株式会社西武ホールディングス(埼玉県所沢市、後藤高志社長)は、同社傘下の西武鉄道株式会社(埼玉県所沢市、若林久社長)が保有し、株式会社西武プロパティーズ(埼玉県所沢市、上野彰久社長)が開発を推進する「(仮称)西武鉄道池袋ビル(池袋旧本社ビル建替え計画)」(東京都豊島区)の建物名称を「ダイヤゲート池袋」に決定した。

同計画は、西武鉄道池袋線の線路上空と西武鉄道所有地の線路西側の用地を活用し、低層部分に商業店舗を配した地下2階・地上20階、延床面積約5万㎡のオフィスビルを建設するもの。
オフィスフロアの基準階貸室面積は、池袋エリア最大の約2,100㎡となり、総貸室面積では池袋エリアでトップクラスとなる。
開業は2019年春の予定。

20180801seibupros
(さらに…)

【ニュース】 ザイマックス、「からくさホテル」2棟を東京に初出店、「東京銀座」は2019年5月、「東京ステーション」は2019年7月に開業予定 東京都港区

2018.07.31
株式会社ザイマックス(東京都港区、吉本健二社長)は、東京初出店となる「からくさホテル」2棟のホテル名・開業日を決定した。
「からくさホテルプレミア東京銀座」(東京都港区)は2019年5月1日に、「からくさホテル東京ステーション」(東京都中央区)は2019年7月8日にそれぞれ開業する。

「からくさホテル」は、2016年3月に誕生した観光客向け宿泊特化型ホテル。
国際空港や観光都市に位置し、ツインルームを軸にしたフロア構成と、ファミリーやグループ利用に対応したコネクティングルームを多く設定している点が特徴となっている。

また、多様な外国人スタッフと外国語に堪能な日本人スタッフを擁し、多言語での対応を可能としているほか、プロ通訳とテレビ電話が可能なシステムも導入。
今回、東京銀座では、新たにワンランク上のブランドカテゴリーとなる「からくさホテルプレミア」シリーズを導入した。

20180731xymax
(さらに…)

【ニュース】 JA全中など4者、高速バスの貨客混載制度を活用し、特色ある農産物を東京・丸の内エリアに定期搬送 東京都千代田区

2018.07.30
全国農業協同組合中央会(JA全中)・農林中央金庫・三菱地所株式会社・一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会の4者は、旅客用高速バスを利用した貨客混載制度を活用した新サービスを8月2日より開始する。

同サービスは、生産量が少なく配送ルートの確保がネックとなっていた希少野菜や伝統野菜、朝採れ野菜等の特色ある農産物を丸の内エリア向けに定期搬送することで、食に対する感度が高い都市生活者のニーズに応え、各地の農産物の継続的な消費・購買につなげるというもの。

自動車運送業の担い手不足により、農産物の流通サービスの低下が危惧されている中、複数のバス会社と連携し、地方から東京への旅客用高速バスのトランクスペースに地方の新鮮な農産物を積み込み、東京都市部で乗客を降車させた後、丸の内エリアに納品する。

20180730mec
(さらに…)