【ニュース】 アキュラホーム、あらゆるモノ・コト・空間を「シェア」することでコミュニティを育むまちづくりを目指した「ヒルサイドテラス若葉台」を6月30日より公開 東京都稲城市

2018.06.25
木造注文住宅を手掛ける株式会社アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は、あらゆるモノ・コト・空間を「シェア」することでコミュニティを育む51区画の分譲住宅「シェアするまち『ヒルサイドテラス若葉台』(東京都稲城市)」を6月30日より一般公開する。

「ヒルサイドテラス若葉台」では、「シェア」の考え方を取り入れ、土地、家事育児、エネルギー などあらゆるものを「シェア」し、住民同士が自然とコミュニティを育むことで、資産価値の下がらないまちを目指す。

魅力的なランドスケープを追求し、区画数を減らしてまちに「余白(ゆとり)」 をつくり、道路は一般的な直線ではなく、曲線形の緑が連なるグリーンベルトとするといった工夫を通じ、変化に富んだ景観を生むという。

20180625aqura
(さらに…)

【ニュース】 まるごとにっぽん、「おすすめふるさと夏祭り」を7月14日~16日に開催、14地域の特産品を使用した「イノベーションたこ焼」で地方創生  東京都台東区

2018.06.25
株式会社まるごとにっぽん(東京都墨田区、小笠原功社長)が運営する、地方の魅力を体験できる浅草の商業施設「まるごとにっぽん」(東京都台東区)は、「地域の人の、地域の人による、地域の人のための、夏祭り」をテーマに「おすすめふるさと夏祭り」を7月14日~16日に開催する。

期間中は、14自治体による地域食材を使用した「築地 銀だこ」との共同企画「イノベーションたこ焼で地方創生」や、櫓を使用したステージで全国各地の盆踊りの実演などを行う「おすすめふるさと 夏祭りステージ」、昔ながらの「お祭り遊び」で14自治体のお宝を狙い撃ちできる「おすすめふるさと ステキな射的」を実施。
地域の食材を使用した「ご当地ジュース」の販売も行う。
(さらに…)

【ニュース】 住友不動産など、「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」が東京都知事より再開発組合の設立認可 東京都港区

2018.06.25
住友不動産株式会社(東京都新宿区、仁島浩順社長)は、同社が地権者・参加組合員として参画し、昨年9月に都市計画決定した「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」(東京都港区)が、6月22日付けで東京都知事より再開発組合の設立認可を受けたと発表した。

同社は今後、引き続き再開発組合と共に、早期の権利変換、着工に向けて事業を推進するとしている。
同地区は、JR「田町」駅西側300mの国道15号線と三田通りに面した「札の辻交差点」角地に位置しており、国家戦略特区に認定、特定都市再生緊急整備地域にも含まれている一画。

20180625sumitomo-rd
(さらに…)

【ニュース】 京浜急行電鉄、「雑色」駅周辺の高架下で7月より飲食店舗・クリニックモールなどを順次開業 東京都大田区

2018.06.19
京浜急行電鉄株式会社(東京都港区、原田一之社長)は、京急線「雑色(ぞうしき)」駅周辺の高架下で、今年4月に開業した認可保育園に続き、7月より飲食店舗、クリニックモールなどを順次開業する。

京急蒲田駅付近連続立体交差事業により高架化された「京急蒲田」駅周辺エリアは、品川・都心方面や横浜方面、羽田空港へのアクセスに優れ、近年人口が増加しているエリア。
その中でも、1日の乗降客数が3万人を超える「雑色」駅周辺は、大田区内で最大の店舗数を誇る雑色商店街を中心に賑わいを見せているほか、工場跡地に大型マンションが開発されるなど、ファミリー世帯も増加傾向にあるという。

20180919keikyu
(さらに…)

【ニュース】 京浜急行電鉄、地元大田区の町工場の技術力とクリエイターの創造力が集う活動拠点「ものづくり複合施設」を京急線大森町~梅屋敷駅間の高架下で2019年春に開業 東京都大田区

2018.06.18
京浜急行電鉄株式会社(東京都港区、原田一之社長)は、京急線大森町~梅屋敷駅間の高架下スペースで、地元地域の「町工場」と「クリエイター」の拠点を整備、新旧のものづくりが融合した「ものづくり複合施設」(東京都大田区)を2019年春に開業する。

同施設は、蒲田エリアで工房やシェアオフィス等クリエイターのための拠点づくりを行う株式会社アットカマタ(東京都大田区、茨田禎之社長)との連携により、コワーキング施設を整備し、クリエイターの拠点として活用するもの。
2018年夏よりイベントの開催を通じ、プロジェクトを推進する。

大田区は、大規模製造を支えてきた町工場が集積し、都内で最大の事業所数・従業員数規模を誇る。
近年はデザイン力や発想力を持ったクリエイターが流入し、新しいネットワークが形成されつつあるエリアでもあるという。

20180618keikyu
(さらに…)

【PR記事】 三井不動産と三井不動産ホテルマネジメント、大手町駅徒歩約3分、都内の観光名所やビジネス街にダイレクトアクセス可能な「三井ガーデンホテル大手町」を開業 東京都千代田区

2018.06.18
三井不動産株式会社(東京都中央区、菰田正信社長)と株式会社三井不動産ホテルマネジメント(東京都港区、足立充社長)は6月17日、「三井ガーデンホテル大手町」(東京都千代田区)を開業した。

同ホテルは、「大手町」駅より徒歩約3分に位置。
「東京」駅も徒歩圏内で、都内主要エリアへアクセスしやすく、観光やビジネスの拠点として幅広い目的で利用可能な立地で、「皇居ラン」やショッピングなど徒歩圏内の多彩なアクティビティも楽しめるロケーションだという。

20180618gardenhotels
(さらに…)

【ニュース】 ホテル京阪、「ホテル京阪 築地銀座 グランデ」「ホテル京阪 京都八条口」を12月に開業、直営ホテルは10店舗に 東京都中央区

2018.06.18
株式会社ホテル京阪(大阪市中央区、工藤俊也社長)は、2018年12月に「ホテル京阪 築地銀座 グランデ」(東京都中央区)と「ホテル京阪 京都八条口」(京都市南区)を開業する。

「ホテル京阪 築地銀座 グランデ」は東京メトロ日比谷線「築地」駅より徒歩2分、同有楽町線「新富町」駅より徒歩3分の立地。
銀座や観光地としても人気の高い築地市場にも近く、ビジネス利用のほか、観光利用も見込む。

「ホテル京阪 京都八条口」は、JR「京都」駅より徒歩8分の立地。
大浴場や観光情報コーナーのほか、大型バスの駐車スペースも確保するなど、観光ニーズにも対応し、ファミリーやグループ旅行をターゲットに展開する。
(さらに…)

【ニュース】 森トラスト、「(仮称)赤坂二丁目プロジェクト」が国家戦略特別区域計画に認定、竣工予定は2024年度 東京都港区

2018.06.18
森トラスト株式会社(東京都港区、伊達美和子社長)はこのほど、同社が赤坂ツインタワー跡地を中心とした約5,000坪の敷地で推進している「(仮称)赤坂二丁目プロジェクト」(東京都港区)が、東京圏国家戦略特別区域における国家戦略都市計画建築物等整備事業として、内閣総理大臣による認定を受けたと発表した。

同プロジェクトでは、国際性が高く、江戸文化を今に伝える名所が点在する赤坂エリアで、国際水準の滞在機能や訪日外国人のニーズを満たす歴史・文化発信施設等の整備により、同エリアの国際競争力強化を推進するというもの。
また、歩行者ネットワークの強化や、地形を活かした緑豊かなオープンスペースの創出にも取り組む。

20190618mori-trust
(さらに…)

【ニュース】 楽天LIFULL STAY、民泊新法の施行に伴い、民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」を開設、予約受付を開始 東京都千代田区

2018.06.18
楽天グループの民泊事業を手掛ける楽天LIFULL STAY株式会社(東京都千代田区、太田宗克代表)は6月15日、住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行に伴い、民泊・宿泊予約サイト「Vacation
STAY」を開設し、予約受付を開始した。

「Vacation STAY」は、民泊施設や簡易宿所を営むホストと旅行者をつなぐ民泊・宿泊予約サイト。
旅行者は、個人・法人のホストが登録した民泊施設や簡易宿所を簡単に予約することができる。

同サイトでは、一軒家からマンション・アパートなどの一部屋型、ホステルのベッドスペースなど様々なタイプの宿泊施設を掲載。
掲載施設は、民泊新法に基づく届出や、特区民泊の認定、旅館業法に基づく簡易宿所の許可を受けた施設のみとなる。
(さらに…)

【PR記事】 ビスタホテルマネジメント、「赤坂見附」「赤坂」駅より徒歩3分の「ホテルビスタプレミオ東京赤坂」を新規オープン 東京都港区

2018.06.14
株式会社ビスタホテルマネジメント(東京都千代田区、大内克郎社長)は6月14日、新規ホテル「ホテルビスタプレミオ東京赤坂」(東京都港区)をオープンした。

同ホテルは、交通は東京メトロ「赤坂見附」駅10番出口より徒歩約3分、東京メトロ 「赤坂」駅1番出口より徒歩3分の立地。
赤坂を象徴する「一ツ木通り」に面し、近隣にはTBS赤坂サカス等が徒歩圏内にある。

なお、「ビスタプレミオ」は、同社が展開するワンランク上のビジネスホテル「ホテルビスタ」の中でも、更に上位クラスのブランドになるという。

20180614hotel-vista
(さらに…)