【ニュース】 野村不動産など3社、事業参画する「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」が都市計画決定 岡山県岡山市

2019.04.01
野村不動産株式会社を代表企業とするグループ(野村不動産株式会社、JR西日本不動産開発株式会社、株式会社奥村組)は、同グループが事業協力者として参画している「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」が3月29日付で都市計画決定の告示を受けたと発表した。

同地区では、2016年9月に市街地再開発準備組合が設立。
2017年3月に同グループが事業協力者となり、再開発計画を進めてきた。

JR「岡山」駅周辺エリアは、商業・業務施設などが高度に集積し、鉄道・路面電車・バスなど交通の要所として機能している地区。
その中で、同事業を検討している地区は、低・未利用の土地が多く、既存建物の老朽化も進んでいることから、都市機能の再整備が望まれる状況にあったという。

201904011200
(さらに…)

【ニュース】 大京、諫早駅東地区再開発ビルⅡ棟の新築分譲マンション「ライオンズ諫早ステーションスクエア」で安全祈願祭を実施 長崎県諫早市

2019.03.25
株式会社大京(東京都渋谷区、小島一雄社長)は3月22日、諫早駅東地区再開発ビルⅡ棟の新築分譲マンション「ライオンズ諫早ステーションスクエア」(長崎県諫早市)の現地で安全祈願祭を実施した。

諫早市では、2022年度に予定されている九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)の開業にあわせ、2015年より「諫早駅東地区第二種市街地再開発事業」を進めている。
同再開発事業は、「交通結節機能の強化と交通広場の整備」を行い、「交流空間を備えた都市機能や商業・業務機能の集積」「土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新」を図ることで、交流とにぎわいのある都市環境を創出するというもの。

同物件は、長崎県初となる、新幹線停車駅周辺の市街地再開発事業で、今年2月15日に着工している。
建物は地上16 階建て、総戸数は105戸で、竣工は2021は年3月末の予定。

201903251100
(さらに…)