【PR記事】 旧ルネッサンス リゾート ナルト、「アオアヲナルトリゾート」としてリブランドオープン、今年秋より温泉大浴場・ロビー・レストラン・客室などをリニューアル 徳島県鳴門市

2019.04.03
株式会社エイチピーデイコーポレーション(大阪市淀川区、塩田貴能代表)は4月1日、同社が運営する旧「ルネッサンス リゾート ナルト」(徳島県鳴門市、高橋裕二総支配人)を「AoAwo Naruto Resort(アオアヲナルトリゾート)」としてリブランドオープンした。
今年秋より、温泉大浴場・ロビー・レストラン・客室などをリニューアルする。

アオは、「会う」または「合う」を意味する、やまと言葉のアヲが語源。
やまと言葉とは、豊かな国づくりのために誕生したヲシテ文字が起源とされている。
遠い昔より変わることのない日本の空への思いと、宿泊客との出会いへの感謝を、ヲシテ文字をモチーフとし、「AoAwo」という名に込めたという。

201904031140
(さらに…)

【ニュース】 リノベルとUプロジェクト、空き家利活用と地方移住促進を目的に「日本リテラス移住協会」を設立、「移住者(ヒト)の視点」に基づく空き家改修を普及 徳島県徳島市

2019.03.26
空き家再生事業を手掛けるリノベル株式会社(徳島県徳島市、喜田智彦代表)と地域活性事業を手掛ける株式会社Uプロジェクト(徳島県小松島市、酒井大輔代表)は、独自の空き家改修ノウハウをもとに、全国の空き家利活用と地方移住促進を目的に日本リテラス移住協会を設立する。

従来の空き家改修は、建築基準に沿った形で住むことが可能な物件に直すという「住居(モノ)視点」でのリフォームやリノベーションが中心。
安心して住める家に改修される一方で、コストが高く、移住者も空き家オーナーもその費用を捻出できないという状況が生じていたという。

同協会が提唱するリテラスは、住みたいと思えるかどうかという気持ちの部分に焦点を絞り、「移住者(ヒト)の視点」に基づいて空き家を改修する手法。
移住者の思いに応える内容で、従来よりも簡易的な改修を低コストで実施する。
これにより、空き家オーナーは空き家の利活用を前向きに検討することができるようになり、移住者は希望する土地で住まいを見つけて暮らすことができる、良い循環を生み出すことができるという。

201903261200
(さらに…)

【PR記事】 ルネッサンスリゾートナルト、週末ランチ「フレンチビュッフェ キャトルセゾン」で苺スイーツを堪能できるイベントを5月31日まで開催 徳島県鳴門市

2019.03.11
ルネッサンスリゾートナルト」(徳島県鳴門市、高橋裕二総支配人)は、週末ランチ「フレンチビュッフェ キャトルセゾン」で苺スイーツを堪能できる「Strawberry Parade ~ストロベリーパレード~」を5月31日まで開催する。

期間中は、徳島県産いちごをふんだんに使用したタルトやミルフィーユ、マカロンなど約25種の苺スイーツの他、フレッシュな苺を贅沢に楽しめる大人の苺狩りコーナーや、目の前で仕上げる苺のフランベデザートなども登場するという。

03110940
(さらに…)

【PR記事】 JRホテルクレメント徳島、ダイニングカフェ「クレメント」で期間限定朝食「阿波の恵み」を2月23日より販売 徳島県徳島市

2019.02.22
JRホテルクレメント徳島」(徳島県徳島市、井上佳治総支配人)は、ダイニングカフェ「クレメント」で期間限定朝食「阿波の恵み」を2月23日より販売する。

同商品は、「地産地消」をテーマに、地元徳島の食材をふんだんに使用したシェフこだわりのメニューで、宿泊客だけでなく一般客も利用可能。
デザートには、ホテル公式マスコットキャラクター「クレメちゃん」が矢を射る姿が可愛いホワイトチョコレートを用意、ブッフェ形式での朝食とは一味違った満足感を味わえるとしている。

02220940
(さらに…)

【PR記事】 ルネッサンスリゾートナルト、瀬戸内~淡路のこだわり食材が堪能できるグルメフェア宿泊プランを3月20日まで提供 徳島県鳴門市

2019.01.09
ルネッサンスリゾートナルト」(徳島県鳴門市、高橋裕二総支配人)は、瀬戸内~淡路のこだわり食材が堪能できるグルメフェア「うまいもん街道」宿泊プランを3月20日まで提供する。

同プランでは、鳴門鯛や伊勢海老、淡路牛など、館内レストラン自慢のメニューから料理を選択可能。
さらに、ホテル内で使用可能なギフト券1,000円分プレゼントなど、5つの特典を付けたという。

01090940
(さらに…)

【ニュース】 美馬市、首都圏企業と地元高校生が美馬市の未来を語る「ワールド・カフェ」を1月12日に開催 徳島県美馬市

2019.01.08
美馬市(藤田元治市長)は、「美馬みらい会議~美馬市の仲間と企業と一緒に考える~」を、美馬市内のイベント施設「AD LIV(アドリブ)」で1月12日に開催する。
運営はポート株式会社(東京都新宿区、春日博文代表)。

「美馬みらい会議」とは、企業のまちづくり事例を学び、参加者全員で同市の未来について楽しく語り合う「ワールド・カフェ」形式の交流会。
ここで生まれるアイデアの事業化を検討し、将来の就職先候補として地元で働くことをイメージしてもらうのが狙い。
参加者は首都圏企業と美馬エリア(美馬市・つるぎ町)の学校に通う高校生で、定員50名の枠は早々に埋まったという。
(さらに…)

【ニュース】 トランジットジェネラルオフィス、上勝町でごみステーションとホテルなどの複合施設をプロデュース、運営会社の社長を募集 徳島県上勝町

2018.12.12
株式会社トランジットジェネラルオフィス(東京都港区、中村貞裕社長)は、徳島県上勝町で2020年初春完成予定の複合施設「WHY(仮称)」のプロデュースを手掛ける。
併せて、同施設を経営するBIG EYE COMPANYの代表取締役の募集を12月1日より開始した。

同施設は、「ごみゼロ」を掲げる上勝町が開設する、ごみステーション・ラーニングセンター・ホテル・ラボラトリー・体験案内所を備えた複合施設。
大量消費・大量生産社会を問題視する次の建築を目指し、同町で伐採された杉材や不要になった建具や家具などを活用する。

201812120900
(さらに…)

【PR記事】 ルネッサンスリゾートナルト、「阿波藍ルーム」全4室を完成、本物の藍の良さを五感で体験できる「泊まれる阿波藍ギャラリー」 徳島県鳴門市

2018.11.26
ルネッサンスリゾートナルト」(徳島県鳴門市、高橋裕二総支配人)はこのほど、「阿波藍ルーム」全4室を完成した。

「阿波藍ルーム」は、阿波藍の魅力を広く発信するため、徳島県と阿波藍魅力創造発信プロジェクト協力・監修の下、今年7月24日、2室の販売を開始したもの。
伝統的な技法を今に伝える徳島を代表する4名の「藍染めの匠」が、「阿波踊り」や「渦」などをテーマに個性的で意匠美に満ちた客室に仕上げたという。

201811261040
(さらに…)

【PR記事】 JR四国、京都での1号店に続き、四国1号店となる簡易宿所「4S STAY阿波池田駅前」を開業、四国各地を周遊する旅の拠点に 徳島県三好市

2018.11.19
四国旅客鉄道株式会社(香川県高松市、半井真司社長)は11月17日、今年4月に開業した「4S STAY京都九条」(京都市南区)に続き、四国では1号店となる簡易宿所「4S STAY阿波池田駅前」(徳島県三好市)を開業した。

阿波池田は、古くから交通の要衝として、徳島県西部の政治・経済の中心地として発展してきた場所で、周辺には祖谷・大歩危など、外国人に人気の観光スポットも多い。
今回開業した同施設では、近年増加しているインバウンド旅行者を見込むとともに、阿波池田の街に暮らすように滞在し、四国各地を周遊する旅の拠点を目指す。
同社では、同施設を足掛かりに、観光列車「四国まんなか千年ものがたり」をはじめとする鉄道事業との連携を図りながら、地域に根ざした簡易宿所事業を展開するとしている。

201811191140
(さらに…)

【ニュース】 サンスターグループなど、徳島県と上勝町の観光資源や食材と「サンスター心身健康道場」を組み合わせたヘルスツーリズムを開発 徳島県上勝町

2018.10.24
徳島県・上勝町・サンスターグループ(大阪府高槻市)の3者は、ヘルスツーリズム「健康道場ツアー ~阿波遍路と葉っぱのまち 徳島・上勝コース~」を共同開発した。
同ツアーは、徳島県と上勝町の観光資源や食材と「サンスター心身健康道場」式健康法を組み合わせ、楽しい旅の記憶とともに健康法を体得するというもの。

取り組みにあたっては、観光資源を生かした新産業育成と、県民の健康づくりを推進する同県が、同県にハブラシ工場を持ち、ヘルスツーリズムのノウハウを持つ同グループに協力を要請。
日本料理に添える「つまもの(葉っぱの飾り)」の出荷額が日本一で、豊かな自然を持ち、町を挙げた環境整備、人材育成に積極的な同町がツアーの実施地に選ばれた。

201810241200
(さらに…)