【ニュース】 阪急阪神不動産、戸建新ブランド「ジオガーデン」を創設、第1弾「ジオガーデン彩都箕面」を8月より販売 大阪府箕面市 

2019.04.12
阪急阪神不動産株式会社(大阪市北区、若林常夫社長)は、戸建新ブランド「ジオガーデン」を創設、展開を開始する。
新ブランド「ジオガーデン」は、沿線開発で長年にわたり培ってきた阪急・阪神のノウハウと、分譲マンション「ジオ」の商品企画力を融合したもの。
第1号物件では8月より、「彩都箕面」の新街区で「ジオガーデン彩都箕面」(大阪府箕面市、総戸数40戸、第1期16戸)の販売を予定している。

従来「阪急」では、彩都・宝塚山手台等の大規模ニュータウンの開発分譲を進め、「阪神」では、関西・首都圏を中心に都市型戸建の分譲事業を推進してきた。
2018年4月1日の阪急阪神不動産株式会社発足以来、「阪急のまちづくり」と「阪神のいえづくり」のノウハウを生かし、一体開発が可能な新ブランドを検討してきたという。
(さらに…)

【ニュース】 大東公民連携まちづくり事業、地域包括支援センターの運営を受託、基幹型地域包括支援センターの民間委託は全国初 大阪府大東市

2019.04.09
大東公民連携まちづくり事業株式会社(大阪府大東市、入江智子代表)は、大東市より委託を受け、4月1日より市内5か所にある地域包括支援センターの運営を開始した。

基幹型の地域包括支援センターを民間事業者が運営するのは全国初。
公民連携ならではのクリエイティブなビジネス発想を生かし、これまで以上に高齢者とその家族の役に立つ保健・医療・福祉サービスの提供を支援するとしている。
(さらに…)

【ニュース】 南海電気鉄道、南海「難波」駅徒歩3分、大阪メトロ「難波」駅直結のオフィスビル「難波御堂筋センタービル」の信託受益権を新たに取得 大阪府大阪市

2019.04.04
南海電気鉄道株式会社(大阪市浪速区、遠北光彦社長)は4月3日、オフィスビル「難波御堂筋センタービル」(大阪市中央区)の信託受益権を新たに取得した。
取得相手先は合同会社TO-Z(東京都千代田区)、所有形態は信託受益権(受託者は三井住友信託銀行、個人所有部分を除く)。

今回の取得は、同社の中期経営計画「共創136計画」の基本方針「不動産事業の拡充」「なんばのまちづくり」の一環となるもの。
同ビルは南海「難波」駅より徒歩3分、大阪メトロ御堂筋線「難波」駅に直結した立地。

201904040900
(さらに…)

【ニュース】 近鉄不動産、天王寺公園エントランスエリア「てんしば」の年間入園者数がリニューアルオープン以降、過去最多の約440万人に 大阪府大阪市

2019.04.03
近鉄不動産株式会社(大阪市天王寺区、善本烈社長)は、大阪市との協定により、管理運営を行っている天王寺公園エントランスエリア「てんしば」(大阪市天王寺区)の2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)の年間入園者数がリニューアルオープン以降、過去最多の約440万人に達したと発表した。

「てんしば」は、2015年10月のリニューアルオープン以来、天王寺公園の新たな魅力とにぎわいの創出に努めてきた。
2018年3月末には、リニューアルオープンから約2年6カ月で、総入園者数が1,000万人を突破している。
今秋は新たに、「てんしばゲートエリア」の開業も予定しているという。

201904030900
(さらに…)

【ニュース】 日本エスコン、「栂・美木多」駅前「ガーデンシティ栂」跡地で地域密着型商業施設「tonarie 栂・美木多」を4月26日にグランドオープン 大阪府堺市

2019.04.02
株式会社日本エスコン(東京都千代田区、伊藤貴俊社長)は、同社グループが開発中の商業施設「tonarie 栂・美木多」(堺市南区)を4月26日にグランドオープンする。

同施設が所在する「栂・美木多(とが・みきた)」駅前は、46年間の営業を続けてきた「ガーデンシティ栂」が建物の老朽化とそれに伴うテナントの退去により、2017年7月31日に閉鎖。
ニュータウン地域再生の一環として、駅前の顔となる商業施設の開発が望まれていた。
今回グランドオープンする同施設は、「ガーデンシティ栂」の跡地に地域密着型の商業施設として開発したの。

201904021200
(さらに…)

【ニュース】 大和リースと慶應義塾大学SFC研究所、環境負荷の少ない構造用合板建築「ベニアハウス」を共同開発、販売を開始 大阪府大阪市

2019.04.01
大和ハウスグループの大和リース株式会社(大阪市中央区、森田俊作社長)は、慶應義塾大学SFC研究所(神奈川県藤沢市、研究担当者:小林博人大学院教授)と構造用合板建築「ベニアハウス(3K3Kタイプ、3K8Kタイプ)」を共同開発、小林教授が代表を務める小林・槇デザインワークショップ(KMDW)と提携し、4月1日より販売を開始した。

同商品では、間伐材や小径木を利用した合板を主要な構造部に使用。
ベニア合板の原材料となっている木がその成長過程で吸収した二酸化炭素をそのまま固定するため、地球温暖化の抑制に貢献する。

店舗・飲食店・休憩所といった本設建築物の他、イベント用施設などの仮設建築物としても活用可能で、使用する合板部材は、オフィス空間や店舗スペースなどの屋内に設置し、パーテーションなどにも応用可能だという。
(さらに…)

【ニュース】 日本エスコン、花見スポット「今川緑道」に面した新規分譲マンション「レ・ジェイド東住吉 今川緑道」を分譲 大阪府大阪市

2019.04.01
株式会社日本エスコン(東京都千代田区、伊藤貴俊社長)は3月30日、新規分譲マンション「レ・ジェイド東住吉 今川緑道」(大阪市東住吉区)の分譲を開始した。
入居予定は2020年2月下旬。

同物件は、JR関西本線「東部市場前」駅より徒歩4分の立地。
大阪市南部のターミナル駅「天王寺」駅までは1駅2分、自転車で9分と近く、花見スポットとして知られている「今川緑道」に面し、春には桜並木を目の前に楽しむことができるという。

201904010900
(さらに…)

【ニュース】 全国物流ネットワーク協会と大手物流4社、スーパーフルトレーラSF25を活用した共同幹線輸送を開始 大阪府茨木市

2019.03.29
一般社団法人全国物流ネットワーク協会(東京都渋谷区、森日出男会長)とその会員企業の西濃運輸株式会社(岐阜県大垣市、神谷正博社長)、日本通運株式会社(東京都港区、齋藤充社長)、日本郵便株式会社(東京都千代田区、横山邦男社長)、ヤマト運輸株式会社(東京都中央区、長尾裕社長)の4社は、関東~関西間での幹線輸送でスーパーフルトレーラSF25を活用した共同輸送を開始する。
開始にあたり、3月28日にヤマトグループの「関西ゲートウェイ」(大阪府茨木市)で出発式を開催した。
また、このSF25を活用した共同輸送の取り組みが同日、改正物流総合効率化法の対象として国土交通省より認定を受けた。

201903291000
(さらに…)

【ニュース】 Select Dining、水上レストラン「CORAL KITCHEN at sea」で、大阪市内を船上から観光できる特別プランを3月25日~4月7日に販売 大阪府大阪市

2019.03.25
株式会社Select Dining(大阪市中央区、楢崎浩也代表)は、同社が運営する水上レストラン「CORAL KITCHEN at sea」(大阪市福島区)で、3月25日~4月7日の期間、大阪市内を船上から観光できる特別プランを販売する。

「CORAL KITCHEN at sea」は、大阪駅からタクシーで14分ほどの都心部にありながら、大阪湾から直接接岸できる都心初の「海の駅」併設の水上レストラン。
JR「野田」駅や大阪メトロ「玉川」駅などの公共交通機関の他、ボートやクルーザーで安治川から来店することも可能だという。

201903250900
(さらに…)

【ニュース】 阪急阪神ホテルズ、「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」に出店予定の新ホテル名称を「Hotel Hankyu RESPIRE OSAKA」に決定、新ブランド1号店 大阪府大阪市

2019.03.22
株式会社阪急阪神ホテルズ(大阪市北区、藤本和秀社長)は、株式会社ヨドバシホールディングス(東京都新宿区、藤沢昭和代表)が開発する「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」(大阪市北区)に出店予定の新ホテル名称を「Hotel Hankyu RESPIRE OSAKA(ホテル阪急レスパイア大阪)」に決定した。

同ホテルは、阪急阪神ホテルが新たに立ち上げる宿泊主体型ホテルブランド「Hotel Hankyu RESPIRE」の1号店となるもの。
大阪・関西万博の開催も決定し、国際観光都市として更なる成長が期待される大阪で、2019年11月の開業を目指す。

201903221100
(さらに…)