Home > 6月 11th, 2018

【ニュース】 お遍路文化1200年の歴史に今も出合える場所のお接待処・旧遍路宿「坂本屋」の改修作業が完了、6月8日にお披露目会を開催 愛媛県松山市

2018.06.11
旧遍路宿「坂本屋」(愛媛県松山市)は、昨年11月より実施していた外観整備やトイレの改修工事を完了、6月8日にお披露目会を開催した。
運営は坂本屋運営委員会(会員はボランティア)。

旧遍路宿「坂本屋」は、四国霊場第45番札所の岩屋寺から46番浄瑠璃寺へ向かう約30kmの道中に開けた、米どころ・窪野町にある「お接待処」(お遍路さんのために開放されている無料の休憩所)。
歩き遍路の難所「三坂峠」を越えた場所にあり、お遍路さんにとってはほっと一息つく憩いの場となっている。

木造2階建ての建物は、明治末期から大正初期に建てられたもの。
当初は遍路宿を営み、坂本屋の周辺にも数軒の遍路宿があり、多くのお遍路さんを迎えていたが、戦後歩き遍路が減ったこともあって、次々と宿は閉鎖され、坂本屋も長らく廃屋となっていた。

20180611matsuyama
(さらに…)

【PR記事】 川崎日航ホテル、JAセレサ川崎と連携し商品開発、川崎市内で生産された野菜を使用したホテルメイドのプライベートブランド商品「川崎で採れた野菜のピクルス」を販売 神奈川県川崎市

2018.06.12
川崎日航ホテル(川崎市川崎区、山口祐一総支配人)は6月10日、同ホテル10階のカフェレストラン「ナトゥーラ」で、素材にこだわって「かわさきそだち」を使用して製造したホテルメイドのプライベートブランド商品「川崎で採れた野菜のピクルス」の販売を開始した。

同商品は、素材にこだわり、JAセレサ川崎と連携して商品開発し、川崎市内で生産された野菜「かわさきそだち」を使用したホテルメイドのピクルス。
「かわさきそだち」とは、川崎市内で生産、収穫される新鮮な農産物の総称。
同ピクルスの内容は、季節によって収穫される、その時の一番美味しい旬の野菜を使用する。

20180611jalhotels
(さらに…)

【ニュース】 沖縄県、平成30年度「スポーツイベント支援事業」でモデル事業を募集、沖縄でスポーツイベントを開催したい県内外のイベント主催者を公募 沖縄県那覇市

2018.06.11
沖縄県文化観光スポーツ部 スポーツ振興課(沖縄県那覇市)は、平成30年度「スポーツイベント支援事業(補助事業)」で、沖縄でスポーツイベントを開催したい、県内外のイベント主催者の公募を6月11日より開始した。

同事業の目的は、観光分野で力を入れている「スポーツツーリズム」の推進を促す事業として、民間等が取り組むスポーツイベントをモデル事業として募集し、その立ち上げ、定着を支援して、地域活性化につなげること。

同事業では、「1.新規事業支援枠(上限1,000万円)」「2.定着化枠(上限800万円)」の補助の公募を予定。
詳細な募集要領は、6月11日に沖縄県庁サイトで公開した。
なお、公募説明会は6月14日、企画提案書の提出〆切は7月2日必着予定(応募条件に説明会参加は含まない)。
(さらに…)

【ニュース】 エフ・ジェイ ホテルズ、「ハイアット リージェンシー福岡」を2019年5月に閉館し改装工事を実施、2019年冬に新しいホテルとしてリブランドオープン 福岡県福岡市

2018.06.11
株式会社エフ・ジェイ ホテルズ(福岡市博多区、清原邦彦社長)は、「ハイアット リージェンシー福岡」(福岡市博多区)を2019年5月に閉館、その後約6ヶ月かけて大幅かつ大胆な改装工事を行い、2019年冬に自社オリジナルブランドホテルとしてリブランドオープンする。

「ハイアット リージェンシー 福岡」は1993年7月に開業。
2019年5月のハイアット・インターナショナル・コーポレーションとの契約満了に伴い閉館、感謝イベントやキャンペーンを行う予定としている(詳細は順次発表)。

20180611hyattregencyfukuoka
(さらに…)

【PR記事】 ビケンテクノ、淡路町駅徒歩1分の新規ホテル「ベンケルホテル神田」をオープン 東京都千代田区

2018.06.11
ビルメンテナンス事業などを手掛ける株式会社ビケンテクノ(大阪府吹田市、梶山龍誠社長)は6月9日、自社運営による新規ホテル「ベルケンホテル神田」(東京都千代田区)をオープンした。
同社によるホテルとしては、2017年6月にオープンした「ベルケンホテル東京日本橋」、2017年9月に増床オープンした「那覇ウエスト・イン」に続く3棟目。

今回オープンした同ホテルは、東京メトロ「淡路町」駅より徒歩1分、JR「神田」駅より徒歩7分、JR「秋葉原」駅より徒歩7分、都営「小川町」駅より徒歩3分の立地。
JR「神田」駅から「東京」駅までは1駅2分。

20180611BELKENHOTELKANDA
(さらに…)

【ニュース】 北陸銀行、JR西日本・NOTEと協力し、「とやま古民家活用セミナー」を7月3日に富山市で開催 富山県富山市

2018.06.11
株式会社北陸銀行(富山県富山市、庵栄伸頭取)は、西日本旅客鉄道株式会社(大阪市北区、来島達夫社長)と株式会社NOTE(兵庫県篠山市、藤原岳史社長)と協力し、「とやま古民家活用セミナー」を7月3日に富山市で開催する。
古民家の活用を通じ、「観光振興」「雇用創出」「空き家対策」等、地域課題の解決に繋げるのが狙い。

古民家等の活用を検討している人や、観光事業・まちづくりに興味のある人を対象に、古民家を活用した観光まちづくりの先進事例や、富山県内での先進事業者の取組みを紹介するとともに、事業化へ向けた情報を提供するとしている。
(さらに…)

【ニュース】 住友不動産、八千代緑が丘駅徒歩5分の大規模新築分譲マンション「シティテラス八千代緑が丘ブリーズコート」で第1期販売を開始 千葉県八千代市

2018.06.11
住友不動産株式会社(東京都新宿区、仁島浩順社長)は、東葉高速鉄道「八千代緑が丘」駅より徒歩5分の大規模新築分譲マンション「シティテラス八千代緑が丘ブリーズコート」(千葉県八千代市、全569戸)の第1期販売を5月28日に開始した。

同物件は、沿線最大級(不動産経済研究所調べ)となる合計総戸数1,006戸の大規模マンションプロジェクトで、2017年1月に竣工した「シティテラス八千代緑が丘ステーションコート」(全437戸)とともに開発を進めていたもの。
周辺では、開発面積約140ha(東京ドーム約30個分)におよぶ「西八千代北部特定土地区画整理事業」が進行中で、電柱が地中化された幅員の広い都市計画道路をはじめ、歩行者専用道路、小学校、保育園、公園・緑地などが新設される。

20180611sumitomord
(さらに…)

【PR記事】 シー・ヴイ・エス・ベイエリア、浦安駅徒歩1分のアパートタイプホテル「ベイホテル浦安駅前」をオープン 千葉県浦安市

2018.06.11
コンビニエンスストアやホテルの運営などを手掛ける株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア(千葉県浦安市、上山富彦社長)は6月9日、長期滞在にも対応するアパートタイプホテル「ベイホテル浦安駅前」(千葉県浦安市)をオープンした。

同ホテルは、東京メトロ東西線「浦安」駅より徒歩1分の立地。
ディズニーランド最寄のJR京葉線「舞浜」駅までは東京ベイシティバスで約30分。
建物1階にはコンビニエンスストアがあり、徒歩圏内には飲食店も多数あるという。

20180611bayhotel
(さらに…)

【ニュース】 JR西日本不動産開発、ベストウェイより一棟賃貸の収益用不動産「フォレスト宮崎台」を取得 神奈川県川崎市

2018.06.11
JR西日本不動産開発株式会社(兵庫県尼崎市、柴田信社長)は、5月11日付で株式会社ベストウェイ(東京都目黒区、黒田史郎代表)より収益用不動産「フォレスト宮崎台」(川崎市宮前区、一棟賃貸)を取得した。

同社の首都圏における収益用不動産の取得は今回で6物件目。
2016年4月に東京オフィス開設して以降は、調布市の事務所ビル、さいたま市の賃貸マンションに続く物件となる。
(さらに…)

【ニュース】 JR青森駅、NTT東日本と連携し、指定席券売機の利用案内を行うコミュニケーションロボットを導入 青森県青森市

2018.06.11
東日本旅客鉄道株式会社盛岡支社の青森駅(大原健治駅長)は6月7日、東日本電信電話株式会社青森支店(井沢厚支店長)と連携し、コミュニケーションロボットを同駅に導入した。

同駅では、指定席券売機を活用した「待たせない」仕組みづくりや、窓口の混雑緩和・インターネットサービス「えきねっと」の利用促進を目的に、駅の利便性・サービス向上に取組んでおり、コミュニケーションロボット導入もその一環。
同駅社員の発意・提案によるものだという。

20180611jrmorioka
(さらに…)