【編集部取材】 コーヒーで「地方創生」はあり得るのか?その鍵は、あえて世界を意識しない「独自進化」。 岡山県岡山市

2018.05.14
昨今、この国では、「地方創生」や「まちおこし」に関するニュースの中に、「コーヒー」を媒介とする話題が増えている。

今さら説明するまでもなく、原材料となるコーヒー豆は、ほぼ
100%が輸入品だ。
近年、沖縄や徳之島などでコーヒー豆の生産が始まったが、これらはまだまだレアケースである。

普通に考えたら、輸入依存の原材料と、「地方創生」や「まちおこし」は馴染まないかも知れない。
しかし、このコーヒーという商品、原材料は外国産でも、ブレンドや焙煎、バリスタの技量などにより、流通や小売りの過程で、相当程度、「日本オリジナル」に化けるのである。

20180514yutosoken

日本では、どこの地方に行っても必ず存在する、「純喫茶」と呼ばれる喫茶店。
それぞれにこだわりを持つ各店の個性は、今や、「日本固有の文化」のひとつとして認識されるようになってきた。
2015年に日本に進出したアメリカの某コーヒーショップチェーンが、実は日本の「喫茶店文化」に大きくインスパイアされていたことは有名な話だ。

今回は岡山と鳥取で、「地方創生」の視点から、コーヒーの可能性について考察してみた。

続きを読む(note 遊都総研編集部取材頁へ移動します)